内容へ

目次へ

 聖書​に​つい​て​の​話し合い

神は人の苦しみを気にかけておられますか

神は人の苦しみを気にかけておられますか

以下​は,エホバ​の​証人​が​近所​の​人​と​行なう​話し合い​の​典型​的​な​例​です。エホバ​の​証人​の​メグ​が,サラ​と​いう​女性​の​家​を​訪ね​た​と​し​ましょ​う。

どうして​こんな​こと​が​起きる​の​です​か

メグ: 今日​は​ご近所​の​皆さん​に,これ​を​差し上げ​て​い​ます。「真理​を​知り​たい​と​思わ​れ​ませ​ん​か」と​いう​パンフレット​です。どうぞ。

サラ: これ,宗教​の​で​すね。

メグ: そう​です。ここ​に​は​六つ​の​質問​が​載せ​られ​て​い​ます​が,どの​質問​が……

サラ: あのー,わたし​に​話し​て​も​時間​の​無駄​です​よ。

メグ: あら,どうして​です​か。

サラ: わたし​は​神​を​信じ​て​なんか​い​ませ​ん​から。

メグ: そう​です​か。率直​に​答え​て​くださっ​て,ありがとう​ござい​ます。これ​まで​ずっ​と​そう​だっ​た​ん​です​か。

サラ: いえ,若い​頃​は​教会​に​通っ​て​い​まし​た。でも,ずっ​と​前​に​やめ​まし​た。

メグ: そう​でし​た​か。ところで,わたし​は​メグ​と​言い​ます​が,奥様​は?

サラ: サラ​です。

メグ: そう​です​か。どうぞ​よろしく。サラ​さん,わたし​は​自分​の​信仰​を​押しつけ​に​来​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,差し支え​なけれ​ば,神​の​存在​を​信じ​られ​なく​なっ​た​わけ​を​教え​て​いただけ​ませ​ん​か。

サラ: 実​は,17​年​前​に​母​が​交通​事故​に​巻き込ま​れ​て。

メグ: まあ。けが​を​され​た​ん​です​か。

サラ: ええ。それ​以来,体​が​麻痺​し​て​しまっ​た​ん​です。

メグ: それ​は​お気​の​毒​です。辛い​です​ね。

サラ: 本当​に​神​が​いる​の​なら,どうして​こんな​こと​が​起きる​の​だろ​う,っ​て​考え​て​しまう​ん​です。神​は​なぜ​こんな​苦しみ​を​許さ​れる​の​です​か。

理由​を​尋ねる​の​は​間違っ​た​こと​です​か

メグ: そういう​気持ち​に​なっ​て,その​よう​な​疑問​を​抱く​の​は,無理​も​ない​こと​です。苦しみ​に​遭え​ば,だれ​で​も『なぜ』と​考え​ます​もの。実際,聖書​時代​の​忠実​な​人​たち​で​さえ,そう​考え​まし​た​から​ね。

サラ: えっ,本当​です​か。

メグ: 本当​です​よ。聖書​から​実例​を​見​て​いただけ​ます​か。

サラ: ええ,ぜひ。

メグ: 忠実​な​預言​者​ハバクク​が​神​に​何​と​尋ね​た​か,ご覧​ください。ハバクク 1​章​の​2​節​と​3​節に​こう​書か​れ​て​い​ます。「エホバ​よ,いつ​まで​わたし​は​助け​を​叫び求め​なけれ​ば​なら​ない​の​です​か。そして​あなた​は​聞い​て​くださら​ない​の​です​か。いつ​まで​わたし​は​暴虐​から​の​救助​を​呼び求め,そして​あなた​は​救っ​て​くださら​ない​の​です​か。有害​な​事柄​を​わたし​に​見​させ,あなた​が​難儀​を​ただ​見​て​おら​れる​の​は​どうして​です​か」。こう​し​た​問いかけ​は,サラ​さん​の​抱い​て​おら​れ​た​疑問​と​よく​似​て​いる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

サラ: あら,そう​です​ね。

メグ: エホバ​神​は,その​よう​な​こと​を​尋ね​た​ハバクク​を​叱っ​たり​は​され​ませ​ん​でし​た​し,『あなた​に​は​もっと​信仰​が​必要​だ』など​と​言っ​たり​も​され​ませ​ん​でし​た。

サラ: 本当​で​すね​ー。知り​ませ​ん​でし​た。

エホバ​は​苦しみ​を​見​て​耐え​難く​感じ​て​おら​れる

メグ: 聖書​は,神​が​人​の​苦しみ​を​知っ​て​おら​れ,気遣っ​て​おら​れる,と​教え​て​い​ます。

サラ: 気遣っ​て​くださっ​て​いる​ん​です​か。

メグ: はい,その​良い​例​が,出エジプト​記 3​章​7​節​に​あり​ます。この​節​を​読ん​で​いただけ​ます​か。

サラ: いい​です​よ。「すると​エホバ​は​なおも​こう​言わ​れ​た。『わたし​は,エジプト​に​いる​わたし​の​民​の​苦悩​を​確か​に​見​た。彼ら​を​駆り立て​て​働か​せる​者​たち​ゆえ​の​その​叫び​を​聞い​た。わたし​は​彼ら​の​忍ぶ​苦痛​を​よく​知っ​て​いる​の​で​ある』」。

 メグ: ありがとう​ござい​ます。この​聖句​に​よれ​ば,神​は​ご自分​の​民​が​苦しん​で​い​た​時,その​こと​を​知っ​て​おら​れ​た​でしょ​う​か。

サラ: そう​です​ね。知っ​て​おら​れ​た​よう​です​ね。

メグ: しかも,何​か​起き​て​いる​と​気づい​て​おら​れ​た​だけ,と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。もう​一度,この​節​の​最後​の​部分​を​ご覧​ください。神​は「彼ら​の​忍ぶ​苦痛​を​よく​知っ​て​いる」と​言っ​て​おら​れ​ます。冷たく​て​近寄り​難い​方​の​言葉​の​よう​に​思え​ます​か。

サラ: いいえ,そう​で​は​あり​ませ​ん​ね。

メグ: もちろん,ある​状況​に​気づい​て​も,それ​に​心​を​動かさ​れる,つまり​その​状況​を​見​て​感情​が​かき立て​られる​と​は​限り​ませ​ん​よ​ね。

サラ: ええ,そう​思い​ます。

メグ: この​こと​を​念頭​に​置い​て,神​の​民​が​苦しん​で​い​た​もう​一つ​別​の​時​の​こと​に​つい​て​読ん​で​み​ましょ​う。イザヤ 63​章​9​節​に​記さ​れ​て​い​ます。この​節​の​最初​の​ところ​に,「彼ら​が​苦難​に​遭っ​て​いる​とき,どの​苦難​も​神​に​苦難​を​与える​もの​で​あっ​た」と​あり​ます​ね。どう​でしょ​う,神​は​ご自分​の​民​の​苦しみ​を​見​て​何​か​感じ​て​おら​れ​た​でしょ​う​か。

サラ: 確か​に,感じ​て​おら​れ​た​よう​です​ね。

メグ: そう​です,神​は​わたしたち​の​こと​を​深く​気遣い,わたしたち​が​苦しむ​の​を​見​て​耐え​難く​感じ​て​おら​れ​ます。わたしたち​が​辛い​時,神​も​辛い​思い​を​される​の​です。

神​は​なぜ​何​も​され​ない​の​です​か

メグ: 失礼​する​前​に,もう​一つ​だけ,いい​でしょ​う​か。

サラ: ええ,いい​です​よ。

メグ: 神​の​力​に​つい​て​聖書​が​何​と​教え​て​いる​か,考え​て​み​て​ください。エレミヤ 10​章​12​節​な​ん​です​が,読ん​で​いただけ​ます​か。

サラ: はい。「神​は​その​力​に​よっ​て​地​を​造っ​た​方,その​知恵​に​よっ​て​産出​的​な​地​を​堅く​立て​た​方,その​理解​に​よっ​て​天​を​張り伸ばし​た​方​で​ある」。

メグ: ありがとう​ござい​ます。この​聖句​に​つい​て​ちょっと​考え​て​ください。神​に​とっ​て,広大​な​宇宙​と​その​中​の​あらゆる​物​を​創造​する​の​に,多大​の​力​が​必要​だっ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

サラ: もちろん,そう​でしょ​う​ね。

メグ: で​あれ​ば,あらゆる​物​を​創造​する​力​の​ある​方​に​は,創造​し​た​物​を​制御​する​力​も​ある,と​考え​て​よ​い​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

サラ: ええ。

メグ: では,もう​一度,お母さん​の​こと​を​考え​て​み​て​ください。その​苦しみ​を​見る​に​忍びない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

サラ: それ​は,愛し​て​いる​から​です​よ。母​です​から​ね。

メグ: もし​サラ​さん​に,お母さん​を​治す​力​が​ある​なら,そう​さ​れる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

サラ: もちろん​です。

メグ: では,考え​て​み​て​ください。聖書​は,神​が​わたしたち​の​苦しみ​を​知っ​て​おら​れ,同情​し​て​おら​れ,しかも​膨大​な​力​を​持っ​て​おら​れる,と​教え​て​い​ます。その​神​が​事態​に​介入​なさら​ず,わたしたち​の​苦しみ​を​すぐ​に​なくす​こと​は​され​ない​の​ですから,相当​の​自制​心​を​働か​せ​て​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。そう​思わ​れ​ませ​ん​か。

サラ: 確か​に,そう​です​ね。そんな​ふう​に​考え​た​こと,あり​ませ​ん​でし​た。

メグ: 神​が​わたしたち​の​抱え​て​いる​様々​な​問題​を​終わらせる​ため​に​まだ​介入​し​て​おら​れ​ない​の​は,十分​の​理由​が​あっ​て​の​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。 *

サラ: うーん,そう​か​も​しれ​ない​わ​ね。

メグ: あら,お電話​が​かかっ​て​き​た​よう​です​ね。では,これ​で​失礼​し​ます。また​今度,続き​の​お話し合い​が​できれ​ば​うれしい​です。

サラ: そう​です​ね。 *

これ​まで​聖書​に​関する​何​か​の​疑問​を​抱い​た​こと​が​おあり​です​か。あるいは,エホバ​の​証人​の​信じ​て​いる​事柄​や​宗教​的​な​活動​に​つい​て,何​か​疑問​に​思わ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。そう​で​あれ​ば,この​次​に​エホバ​の​証人​と​会う​時​に​尋ね​て​み​て​は​いかが​です​か。喜ん​で​その​点​に​つい​て​答え​て​くれる​でしょ​う。

^ 59節 詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​11​章​を​ご覧​ください。

^ 62節 この​シリーズ​の​今後​の​記事​で,神​が​苦しみ​を​許し​て​おら​れる​理由​に​つい​て​取り上げ​ます。