内容へ

目次へ

 神​に​近づく

神はわたしたちの「心を存分に」満たしてくださっている

神はわたしたちの「心を存分に」満たしてくださっている

エホバ​神​は,人間​の​こと​を​本当​に​気遣っ​て​おら​れる​でしょ​う​か,それとも,この​地上​の​人々​の​苦しみ​に​無​関心​でしょ​う​か。この​問い​に​対する​聖書​の​答え​は,心​温まる​もの​です。神​は​現に​人類​を​気遣い,わたしたち​が​生活​を​楽しむ​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます。毎日,人々​に ― 全く​感謝​し​ない​人​たち​に​さえ ― ご自分​の​豊か​な​善良​さ​の​恩恵​が​及ぶ​の​を​許し​て​おら​れる​の​です。その​点​を​使徒​パウロ​の​言葉​から​考え​て​み​ましょ​う。使徒 14:16,17​を​読ん​で​ください。

パウロ​は,エホバ​を​崇拝​し​て​は​い​なかっ​た,ルステラ​と​いう​都市​の​人々​に,こう​言い​まし​た。「過去​の​世代​に​おい​て,神​は​諸​国民​すべて​が​自分​の​道​を​進む​の​を​許さ​れ​まし​た。と​は​いえ,ご自分​は​善い​こと​を​行なっ​て,あなた方​に​天​から​の​雨​と​実り​の​季節​を​与え,食物​と​楽しさ​と​を​もっ​て​あなた方​の​心​を​存分​に​満たさ​れ​た​の​ですから,決して​ご自身​を​証し​の​ない​まま​に​し​て​おか​れ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん」。人々​は​これ​を​聞い​て,どんな​感化​を​受け​た​でしょ​う​か。

ルステラ​の​人々​は,パウロ​の​言っ​た​事柄​を​すぐ​理解​でき​まし​た。農耕​を​営む,肥沃​で​水​の​豊か​な​地域​に​住ん​で​い​た​から​です。しかし,パウロ​が​思い起こさ​せ​た​よう​に,雨​や​実り​の​季節​を​もたらし​て​くださる​の​は​神​です。ですから​人々​は,豊か​に​実っ​た​穀物​を​収穫​し​て​食事​を​楽しむ​たび​に,神​の​善良​さ​の​恩恵​に​あずかっ​て​いる​の​です。

わたしたち​は,ルステラ​の​人々​に​パウロ​が​語っ​た​言葉​から,エホバ​神​に​つい​て​幾つ​か​の​重要​な​事柄​を​学べ​ます。

エホバ​は​わたしたち​に​自由​意志​を​与え​て​くださっ​て​いる。エホバ​が​異邦​諸​国民​すべて​に「自分​の​道​を​進む」の​を​許さ​れ​た,と​いう​点​に​注目​し​て​ください。聖書​翻訳​の​一​参考​書​に​よれ​ば,この​表現​は「自分​の​好き​な​よう​に​進む」もしくは「自分​自身​で​最善​と​考える​とおり​に​行なう」こと​を​意味​する​場合​も​あり​ます。エホバ​は,無理やり​ご自分​を​崇拝​さ​せ​たり​は​され​ませ​ん。人間​に​自由​意志 ― 生き方​を​自分​で​選ぶ​能力 ― を​授け​て​おら​れる​から​です。―申命記 30:19

エホバ​は​わたしたち​に​ご自分​を​知っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる。神​は「ご自身​を​証し​の​ない」まま​に​され​た​わけ​で​は​ない,と​パウロ​は​説明​し​て​い​ます。先​ほど​の​参考​書​に​よる​と,この​表現​を​含む​一文​は,「神​は​人々​に​ご自分​が​一体​どんな​神​で​ある​か​を​はっきり​示し​て​こら​れ​た」と​も​訳せ​ます。神​の​創造​物​は,善良​さ,知恵,力,愛​と​いっ​た,神​の「見え​ない​特質」を​雄弁​に​証し​し​て​い​ます。(ローマ 1:20)エホバ​は​ご自身​に​つい​て​さらに​多く​の​こと​を​聖書​の​中​で​明示​し​て​おら​れ​ます。(テモテ​第​二 3:16,17)ご自分​を​知っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる​こと​は​明らか​で​は​ない​でしょ​う​か。

神​は​毎日,人々​に ― 全く​感謝​し​ない​人​たち​に​さえ ― ご自分​の​豊か​な​善良​さ​の​恩恵​が​及ぶ​の​を​許し​て​おら​れる

エホバ​は​わたしたち​に​幸福​で​い​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる。神​は『食物​と​楽しさ​と​を​もっ​て​わたしたち​の​心​を​存分​に』満たし​て​おら​れる,と​パウロ​は​述べ​て​い​ます。エホバ​を​認め​ない​罪人​で​さえ,心ゆく​まで​食事​を​楽しみ,幸福​感​を​ある​程度​味わう​こと​でしょ​う。しかし​神​は​わたしたち​に,永続​する​真​の​幸福​を​享受​し​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れ​ます。わたしたち​は,神​に​つい​て​の​真理​を​学ん​で​自分​の​生活​に​当てはめれ​ば,その​よう​な​幸福​を​享受​でき​ます。―詩編 144:15。マタイ 5:3

わたしたち​は​皆,日々​エホバ​の​善良​さ​から​益​を​受け​て​い​ます。では,わたしたち​の​心​を『食物​と​楽しさ​と​を​もっ​て​存分​に』満たし​て​くださっ​て​いる​神​に,どう​すれ​ば​感謝​を​表わす​こと​が​できる​か,さらに​学ん​で​は​いかが​です​か。

7​月​の​聖書​通読​の​範囲

使徒 11​章–28​章