内容へ

目次へ

世界中から偏見がなくなる ― いつ?

世界中から偏見がなくなる ― いつ?

「わたし​に​は​夢​が​ある」。今​から​50​年​前​の​1963​年​8​月​28​日,米国​の​公民​権​運動​の​指導​者​マーチン​・​ルーサー​・​キング​2​世​が,最も​有名​な​演説​の​中​で​そう​言い​まし​た。キング​牧師​は,人​を​引きつける​その​言葉​を​繰り返し​て,いつ​の​日​か​人々​が​人種​偏見​の​ない​生活​を​楽しむ​よう​に​なる​と​いう​自分​の​夢​つまり​希望​を​言い表わし​まし​た。その​願望​は​米国​の​聴衆​に​向け​て​語ら​れ​た​もの​です​が,夢​の​本質​的​な​部分​は​多く​の​国​の​人々​に​も​受け入れ​られ​て​き​まし​た。

公民​権​に​関する​演説​を​し​て​いる,マーチン​・​ルーサー​・​キング​2​世

その​演説​の​3​か月​後,1963​年​11​月​20​日​に​は,100​余り​の​国々​が,あらゆる​形態​の​人種​差別​の​撤廃​に​関する​国際​連合​宣言​を​採択​し​まし​た。その​後​の​数十​年​間​に,他​の​世界​的​規模​の​行動​計画​も​採択​さ​れ​まし​た。その​よう​な​大々的​な​努力​が​払わ​れ​た​の​ですから,当然,それ​は​どんな​結果​を​もたらし​て​き​た​の​か,と​いう​問い​が​生じ​ます。

2012​年​3​月​21​日,パン​・​ギムン​国連​事務​総長​は​こう​述べ​まし​た。「人種​主義,人種​差別,外国​人​排斥,および​それ​に​関連​し​た​不​寛容​を​防ぐ​と​とも​に​一掃​する​ため​の,価値​ある​条約​や​手段​が​数多く​ある。また,その​ため​の​包括​的​な​世界​的​規模​の​枠組み​も​ある。にもかかわらず,今​なお​人種​主義​が​原因​で​世界​中​の​多く​の​人々​が​苦しん​で​いる」。

人種​主義​その他​の​偏見​と​の​闘い​の​点​で​幾らか​成功​し​て​いる​国​や​地域​に​おい​て​さえ,いまだ​に​次​の​よう​な​疑問​が​残っ​て​い​ます。そう​し​た​進歩​に​よっ​て​本当​に​人々​の​根強い​偏見​が​取り除か​れ​た​でしょ​う​か。それとも,単に​偏見​が​表​に​出​ない​よう​に​され​た​だけ​でしょ​う​か。それ​は​差別​を​防ぐ​一助​と​なる​だけ​で,偏見​を​根絶​する​点​で​は​無力​だ,と​考え​て​いる​人​も​い​ます。なぜ​そう​な​の​でしょ​う​か。なぜなら,差別​は​目​に​見え,法律​で​処罰​できる​行為​で​ある​の​に​対し,偏見​は​人々​の​内奥​の​考え​や​感情​に​関連​し​た,容易​に​は​規制​でき​ない​もの​だ​から​です。

ですから,偏見​を​根絶​し​よう​と​する​試み​は,差別​行為​を​単に​抑制​する​だけ​で​は​なく,特定​の​集団​の​人々​に​対する​考え​や​気持ち​を​も​変え​させる​もの​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。しかし,その​よう​な​こと​が​本当​に​可能​でしょ​う​か。可能​だ​と​し​たら,どの​よう​に​し​て​する​の​でしょ​う​か。では,そう​し​た​変化​を​遂げ​られる​こと,また​そう​する​の​に​助け​に​なる​もの​が​ある​こと​を​理解​する​ため​に,幾つ​か​の​実例​を​見​て​み​ましょ​う。

偏見​を​克服​する​の​に​聖書​が​助け​に​なっ​た

「偏見​へ​の​とらわれ​から​解放​さ​れ​た​よう​に​感じ​て​い​ます」。―リンダ

リンダ: わたし​は,南​アフリカ​で​生ま​れ​まし​た。そして,南​アフリカ​の​白人​以外​の​人々​を,劣っ​た,教養​の​ない,信頼​でき​ない​人,また​白人​に​仕える​人​と​みなし​て​い​まし​た。それ​は,偏見​に​とらわれ​て​い​た​から​です​が,その​こと​に​気づき​も​し​ませ​ん​でし​た。しかし,そう​し​た​態度​は,聖書​を​学ぶ​よう​に​なっ​て​変わり​始め​まし​た。わたし​は,『神​が​不​公平​な​方​で​は​ない』こと,また​肌​の​色​や​話す​言語​より​心​の​ほう​が​重要​で​ある​こと​を​知り​まし​た。(使徒 10:34,35。箴言 17:3)また,フィリピ 2​章​3​節​を​読ん​で,どの​人​を​も​自分​より​上​と​考えれ​ば​偏見​は​克服​できる,と​いう​こと​が​分かり​まし​た。そう​し​た​聖書​の​原則​に​従う​こと​に​より,他​の​人​の​肌​の​色​が​どう​で​あれ,その​人​に​関心​を​払える​よう​に​なっ​て​き​まし​た。そして​今​で​は,偏見​へ​の​とらわれ​から​解放​さ​れ​た​よう​に​感じ​て​い​ます。

「人々​に​対する​神​の​見方​を​理解​する​よう​に​なり​まし​た」。―マイケル

 マイケル: わたし​は,オーストラリア​の,住民​の​大半​が​白人​の​地域​で​育ち,アジア​人,特に​中国​人​に​対する​非常​に​強い​偏見​を​持つ​よう​に​なり​まし​た。車​を​運転​し​て​い​て​アジア​系​の​人​を​見かける​と,窓​を​開け​て,「国​へ​帰れ! アジア​人」など​と​口汚く​叫び​まし​た。後​に,聖書​を​学び​始め,人々​に​対する​神​の​見方​を​理解​する​よう​に​なり​まし​た。神​は​人々​を,どの​国​の​出身​か,どんな​外見​を​し​て​いる​か​に​関係​なく,愛し​て​おら​れ​ます。わたし​は​その​愛​に​感動​し,憎しみ​を​捨て​て​愛​を​培い​まし​た。その​よう​な​劇的​な​変化​を​経験​する​の​は,驚く​べき​こと​です。今​で​は,あらゆる​国​の​様々​な​背景​の​人々​と​の​交友​を​大いに​楽しん​で​い​ます。それ​に​よっ​て,人生​観​が​大きく​変わり,喜び​が​増し加わっ​て​い​ます。

「自分​の​考え方​を​調整​し,……穏やか​な​気持ち​に​なり​まし​た」。―サンドラ

サンドラ: わたし​の​母​は,ナイジェリア​の​デルタ​州​に​ある​ウムネデ​と​いう​町​の​出身​です​が,父​の​親族​は,エド​州​の​出身​で,エサン​語​を​話し​ます。そう​し​た​違い​が​あっ​た​ため,母​は,死ぬ​まで​父​の​親族​から​の​ひどい​偏見​に​悩まさ​れ​て​い​まし​た。それで,わたし​は,エサン​語​を​話す​人​と​は​関わり​を​持た​ない,また​エド​州​出身​の​人​と​は​絶対​に​結婚​し​ない,と​心​に​誓い​まし​た。でも,聖書​を​学び​始め​て,物事​を​それ​まで​と​は​違っ​た​観点​から​見る​よう​に​なり​まし​た。神​は​不​公平​な​方​で​は​なく,神​を​恐れる​人​は​だれ​で​も​神​に​受け入れ​られる,と​聖書​が​述べ​て​いる​以上,人​を​部族​や​言語​の​違い​を​理由​に​憎む​こと​など​でき​ませ​ん。それで,わたし​は​自分​の​考え方​を​調整​し,父​の​親族​と​仲直り​し​て​穏やか​な​気持ち​に​なり​まし​た。聖書​の​様々​な​原則​を​当てはめ​た​こと​で,幸福​に​なり,平安​な​日々​を​過ごし​て​い​ます。また,他​の​人​と,その​生い立ち,人種,言語,国籍​など​に​は​関係​なく,仲良く​やっ​て​ゆける​よう​に​なり​まし​た。そして,わたし​が​結婚​し​た​相手​は,なんと​エド​州​出身​の,エサン​語​を​話す​人​な​の​です。

それら​の​人​や​他​の​多く​の​人​が​根強い​憎しみ​や​偏見​を​克服​する​うえ​で,聖書​が​助け​に​なっ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。それ​は,聖書​が​神​の​言葉​だ​から​です。聖書​に​は,人​の​考え方​や​他​の​人々​に​対する​感じ方​を​変化​さ​せる​ 力​が​あり​ます。それ​だけ​で​なく,偏見​すべて​を​なくす​ため​に​必要​な​他​の​事柄​に​つい​て​も,聖書​は​明らか​に​し​て​い​ます。

神​の​王国​が​偏見​すべて​を​なくす

強い​感情​を​制する​に​も​捨て去る​に​も​聖書​の​知識​が​助け​に​なる​と​は​いえ,偏見​を​完全​に​なくす​ため​に​は,ほか​に​も​取り組ま​なけれ​ば​なら​ない​問題​が​二つ​あり​ます。一つ​は,人間​の​不​完全​さ​と​罪​です。聖書​は​はっきり​と,「罪​を​おかさ​ない​人​は​ひとり​も​い​ない」と​述べ​て​い​ます。(列王​第​一 8:46)ですから,わたしたち​は,いくら​努力​し​て​も​過ち​を​犯し​て​しまい,「自分​で​は​正しい​こと​を​し​たい​と​願う​の​に,悪​が​自分​に​ある」と​書い​た​使徒​パウロ​と​同様​の​葛藤​を​経験​し​ます。(ローマ 7:21)時々,不​完全​な​心​に​促さ​れ​て,偏見​に​つながる「害​に​なる​推論」を​し​て​しまう​の​は,その​ため​です。―マルコ 7:21

二つ​め​に,悪魔​サタン​の​影響​が​あり​ます。聖書​に​よれ​ば,悪魔​は「人殺し」で,「人​の​住む​全地​を​惑わし​て」い​ます。(ヨハネ 8:44。啓示 12:9)だから​こそ,世界​中​に​偏見​が​はびこり,人類​は​偏狭,差別,集団​虐殺​など,異なる​人種​や​宗教​や​社会​的​階層​に​対する​不​寛容​を​前​に​し​て​非常​に​無力​な​の​です。

ですから,偏見​が​全く​なくなる​ため​に​は,人間​の​罪​と​不​完全​さ,および​悪魔​サタン​の​影響​が​除か​れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。聖書​は,神​の​王国​が​まさに​その​こと​を​成し遂げる,と​教え​て​い​ます。

イエス​・​キリスト​は,神​に「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に。あなた​の​ご意志​が​天​に​おける​と​同じ​よう​に,地上​に​おい​て​も​なさ​れ​ます​よう​に」と​祈る​べき​こと​を​弟子​たち​に​教え​まし​た。(マタイ 6:10)神​の​王国​こそ,あらゆる​不​寛容​や​偏見​を​含め​不​公正​すべて​を​なくす​ため​の​手段​な​の​です。

神​の​王国​が​来​て​地上​の​物事​を​掌握​する​時,サタン​は『縛ら​れ』つまり​完全​に​拘束​さ​れ​て,『諸​国民​を​惑わす​こと​が​でき​なく』なり​ます。(啓示 20:2,3)その​時,「新しい​地」つまり​新しい​人間​社会​が​実現​し,そこ​に​は「義​が​宿り​ます」。 *ペテロ​第​二 3:13

義​に​かなっ​た​その​人間​社会​に​住む​人々​は,やがて​完全​に​なり,罪​から​解放​さ​れ​ます。(ローマ 8:21)神​の​王国​の​臣民​と​し​て,『害する​こと​も​損なう​こと​も​し​ませ​ん』。なぜなら,「地​は​必ず​エホバ​に​つい​て​の​知識​で​満ちる​から」です。(イザヤ 11:9)その​時​に​は,すべて​の​人​が​エホバ​神​の​道​を​学ん​で,神​の​愛​ある​ご性格​に​倣い​ます。それ​に​よっ​て,まさしく​すべて​の​偏見​が​なくなる​の​です。「神​に​不​公平​は​ない​から​です」。―ローマ 2:11

^ 17節 神​の​王国​と​それ​が​間​も​なく​成し遂げる​事柄​に​つい​て,詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​3​章,第​8​章,第​9​章​を​ご覧​ください。