内容へ

目次へ

神による裁き ― 残酷なものだったか

神による裁き ― 残酷なものだったか

この​点​に​関し​て​は,聖書​中​に​記さ​れ​て​いる,神​に​よる​裁き​の​例​を​二つ​見​て​み​ましょ​う。ノア​の​日​に​大​洪水​が​起き​た​こと​と,カナン​人​が​滅ぼし絶やさ​れ​た​こと​です。

ノア​の​日​の​大​洪水

人々​の​言う​こと: 「ノア​と​その​家族​以外​の​人々​すべて​を​滅ぼす​よう​な​洪水​を​引き起こす​なんて,神​は​残酷​だ」。

聖書​の​教え: 神​は​こう​言わ​れ​まし​た。「わたし​は,邪悪​な​者​の​死​で​は​なく,邪悪​な​者​が​その​道​から​立ち返っ​て,実際​に​生き​つづける​こと​を​喜ぶ」。(エゼキエル 33:11)ですから,神​は​ノア​の​日​の​邪悪​な​人々​の​滅び​を​少し​も​喜ば​れ​ませ​ん​でし​た。では,なぜ​滅ぼし​た​の​でしょ​う​か。

聖書​に​よれ​ば,神​が​古代​の​不​敬虔​な​人々​に​その​よう​な​裁き​を​下さ​れ​た​の​は,『来たる​べき​事​の​型​を​不​敬虔​な​者​たち​に​示す』ため​でし​た。(ペテロ​第​二 2:5,6)神​は​どんな​型​を​示さ​れ​た​の​でしょ​う​か。

第​一​に,苦難​を​引き起こし​て​いる​残酷​な​人々​に​必ず​目​を​留め​て​その​行ない​の​言い開き​を​求める,と​いう​型​を​確立​さ​れ​まし​た。人々​を​滅ぼす​の​が​ご自分​に​とっ​て​苦痛​で​ある​と​し​て​も,必ず​言い開き​を​お求め​に​なる​の​です。ですから,いずれ​は​不​公正​と​苦難​すべて​を​終わらせ​て​ください​ます。

第​二​に,裁き​を​執行​する​前​に​は​愛​の​動機​から​人々​に​警告​を​与える,と​いう​型​を​ご自分​の​行動​パターン​に​よっ​て​確立​さ​れ​まし​た。義​の​伝道​者​ノア​を​通し​て​人々​に​警告​を​お与え​に​なり​まし​た​が,ほとんど​の​人々​は​ノア​の​言う​こと​を​無視​し​まし​た。「洪水​が​来​て​彼ら​すべて​を​流し去る​まで​注意​し​ませ​ん​でし​た」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。―マタイ 24:39

神​は​その​型​を,確か​に​守っ​て​こら​れ​まし​た。例えば,ご自分​の​民​イスラエル​に​対し​て,もし​周り​の​諸​国民​と​同じ​よう​に​悪​を​行なう​なら,敵​たち​が​その​地​を​侵略​し,首都​エルサレム​を​滅ぼし,民​を​流刑​に​する​こと​に​なる,と​警告​なさい​まし​た。イスラエル​は​実際​に​悪​を​行ない,子ども​を​生贄​に​する​こと​まで​し​まし​た。エホバ​は​行動​を​起こさ​れ​た​でしょ​う​か。確か​に,起こさ​れ​まし​た。と​は​いえ​それ​は,何​度​も​何​度​も​預言​者​たち​を​遣わし​て,手後れ​に​なら​ない​うち​に​歩み​を​改める​よう​民​に​警告​し​た​後​の​こと​でし​た。「主権​者​なる​主​エホバ​は,内密​の​事柄​を​自分​の​僕​で​ある​預言​者​たち​に​啓示​し​て​から​で​なけれ​ば​何一つ​事​を​行なわ​ない」と​さえ​言っ​て​おら​れ​ます。―アモス 3:7

あなた​に​も​関係​が​ある: エホバ​の​かつて​の​裁き​に​見​られる​ その​よう​な​型​を​知れ​ば,希望​を​抱く​こと​が​でき​ます。そして,苦難​を​引き起こし​て​いる​残酷​な​者​たち​に​対する​神​の​裁き​を,確信​を​抱い​て​待ち望め​ます。聖書​に​は,「悪​を​行なう​者​たち​は​断ち滅ぼさ​れる……。しかし​柔和​な​者​たち​は​地​を​所有​し,豊か​な​平和​に​まさに​無上​の​喜び​を​見いだす​で​あろ​う」と​述べ​られ​て​い​ます。(詩編 37:9‐11)あなた​は,人類​を​苦難​から​解放​する​裁き​の​こと​を,残酷​な​もの​だ​と​思い​ます​か。それとも,憐れみ深い​もの​だ​と​思い​ます​か。

カナン​人​が​滅ぼし絶やさ​れ​た​こと

人々​の​言う​こと: 「カナン​人​を​滅ぼし​た​こと​は,現代​の​集団​虐殺​に​も​匹敵​する​残酷​な​戦争​犯罪​だ」。

聖書​の​教え: 「[神​の]すべて​の​道​は​公正​で​ある。[神​は]忠実​の​神,不正​な​ところ​は​少し​も​ない」。(申命記 32:4)神​の​公正​な​裁き​の​執行​は,人間​の​戦争​と​は​全く​異なり​ます。なぜなら,神​は​人間​と​は​異​なり,どんな​人​の​心​も​読める​から​です。

例えば,神​が​二つ​の​都市​ソドム​と​ゴモラ​を​裁い​て,滅ぼす​こと​に​決定​さ​れ​た​時,忠実​な​人​アブラハム​は​その​公正​さ​に​懸念​を​抱き​まし​た。公正​な​神​が「義人​を​邪悪​な​者​と​共​に​ぬぐい去ら​れる」と​は​思え​なかっ​た​の​です。神​は​アブラハム​に​辛抱強く​接し,ソドム​に​義人​が​10​人​で​も​いれ​ば,その​人​たち​の​ため​に​その​都市​を​滅ぼさ​ない,と​確約​なさい​まし​た。(創世記 18:20‐33)神​が​ソドム​と​ゴモラ​の​人々​の​心​を​くまなく​調べ​て​その​邪悪​さ​の​ほど​を​見抜い​て​おら​れ​た​こと​は​明らか​です。―歴代​第​一 28:9

同様​に,神​が​カナン​人​を​裁き,その​滅び​を​お命じ​に​なっ​た​の​は​正当​な​こと​でし​た。カナン​人​は​残酷​な​こと​で​悪名​を​馳せ​て​い​まし​た。子ども​を​生き​た​まま​火あぶり​に​し​て​生贄​と​する​こと​など​も​し​て​い​た​の​です。 *列王​第​二 16:3)カナン​人​は,エホバ​が​イスラエル​に​カナン​の​全土​を​所有​する​よう​命じ​て​おら​れ​た​こと​を​知っ​て​い​まし​た。ですから,そこ​に​とどまっ​て​戦う​こと​を​選ん​だ​者​たち​は,イスラエル​人​だけ​で​なく​エホバ​に​も​敵対​する​立場​を​故意​に​取っ​て​い​まし​た。エホバ​が​ご自分​の​民​と​共​に​いる​こと​の​強力​な​証拠​を​与え​て​おら​れ​た​から​です。

しかも​エホバ​神​は,カナン​人​で​も​悪​を​捨て​て​ご自分​の​高い​道徳​規準​を​受け入れ​た​人​に​は​憐れみ​を​差し伸べ​られ​まし​た。例えば,カナン​人​の​遊女​ラハブ​は​自分​の​家族​と​共​に​救わ​れ​まし​た。また,カナン​の​都市​ギベオン​の​住民​と​その​子ども​たち​も,憐れみ​を​求め​た​の​で,滅ぼさ​れる​こと​なく​生き延び​まし​た。―ヨシュア 6:25; 9:3,24‐26

あなた​に​も​関係​が​ある: カナン​人​に​対する​裁き​から​非常​に​重要​な​教訓​が​得​られ​ます。今日,予告​さ​れ​て​い​た「不​敬虔​な​人々​の​裁き​と​滅び​の​日」が​目前​に​迫っ​て​い​ます。(ペテロ​第​二 3:7)エホバ​を​愛し​て​いる​人​は,エホバ​が​ご自分​の​公正​な​支配​を​退ける​者​たち​を​地​から​取り除い​て​人間​の​苦難​を​終わらせ​て​くださる​時,益​を​受ける​こと​が​でき​ます。

カナン​人​は​残酷​な​こと​で​悪名​を​馳せ​て​おり,故意​に​神​と​その​民​に​敵対​し​て​い​た

エホバ​は​愛情​深く​も,親​の​する​選択​が​子ども​に​影響​を​及ぼす​こと​を​思い起こさ​せ​て​くださっ​て​い​ます。神​の​言葉 聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「あなた​は​命​を​選び,あなた​も​あなた​の​子孫​も​共​に​生き​つづける​よう​に​し​なけれ​ば​なら​ない。すなわち,あなた​の​神​エホバ​を​愛し,その​声​に​聴き従い,これ​に​堅く​付く​の​で​ある」。(申命記 30:19,20)これ​は,残酷​な​神​の​言葉​でしょ​う​か。それとも,人々​を​愛し,正しい​選択​を​し​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる​神​の​言葉​でしょ​う​か。

^ 15節 考古​学​者​たち​の​行なっ​た​発掘​に​より,カナン​人​が​崇拝​の​一部​と​し​て​赤子​を​生贄​に​し​て​い​た​こと​が​明らか​に​なっ​て​い​ます。