内容へ

目次へ

 幸せ​な​家庭​の​鍵

子どもが障害を持っている場合

子どもが障害を持っている場合

カルロ: * 「息子​の​アンジェロ​は​ダウン​症​です。わたしたち​夫婦​は​その​世話​の​ため,身体​面​で​も​精神​面​で​も​感情​面​で​も​疲れ切っ​て​しまい​ます。健康​な​子ども​の​面倒​を​見る​の​に​必要​な​力​の​百​倍​も​の​エネルギー​が​必要​に​なる​の​です。その​ため​に​夫婦​関係​が​ぎくしゃく​する​こと​も​あり​ます」。

ミーア: 「アンジェロ​に​ごく​簡単​な​こと​を​教える​に​も,根気強さ​と​大変​な​辛抱強さ​が​必要​です。わたし​は,本当​に​疲れる​と,夫​の​カルロ​に​対し​て​イライラ​し​たり​短気​に​なっ​たり​し​がち​です。いろいろ​な​こと​で​意見​が​合わ​ず,口論​に​なる​こと​も​あり​ます」。

あなた​は​お子さん​が​生ま​れ​た​日​の​こと​を​覚え​て​おら​れ​ます​か。早く​抱き​たく​て​仕方​が​なかっ​た​に​違いあり​ませ​ん。しかし,そう​し​た​喜び​も,カルロ​と​ミーア​の​よう​に,『お子さん​は​病気​です』と​か『お子さん​に​は​障害​が​あり​ます』と​告げ​られ​た​場合,心配​や​不安​の​入り交じっ​た​もの​に​なり​ます。

あなた​の​お子さん​も​障害​を​持っ​て​い​ます​か。そう​で​あれ​ば,ちゃんと​育て​られる​だろ​う​か​と​不安​に​思っ​て​おら​れる​か​も​しれ​ませ​ん。でも,くじけ​ない​で​ください。同じ​よう​な​問題​を​上手​に​乗り越え​て​き​た​親​たち​が​いる​から​です。では,あなた​が​直面​する​か​も​しれ​ない,よく​ある​三つ​の​問題​と,聖書​中​の​知恵​が​どの​よう​に​助け​に​なる​か​を​見​て​み​ましょ​う。

問題​その​1: 診断​を​受け入れる​こと​が​でき​ない。

親​は​大抵,我​が​子​が​病気​だ​と​診断​さ​れる​と,打ちひしが​れ​ます。メキシコ​の​ジュリアナ​と​いう​母親​も,こう​述べ​て​い​ます。「医師​たち​から,息子​の​サンティアゴ​が​脳性​麻痺​に​かかっ​て​いる​と​聞かさ​れ​た​時​は,信じ​られ​ませ​ん​でし​た。まさに​青天​の​へきれき​でし​た」。また,イタリア​人​の​ビラナ​と​いう​ 母親​と​同じ​よう​な​気持ち​に​なる​人​も​いる​こと​でしょ​う。ビラナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は,わたし​ぐらい​の​年齢​で​の​出産​に​は​危険​が​伴う​と​知り​ながら,子ども​を​持つ​こと​に​し​まし​た。そして​今,息子​が​ダウン​症​に​関連​し​た​数々​の​問題​に​直面​する​の​を​見る​と,罪悪​感​を​覚え​ます」。

あなた​も​絶望​感​や​罪悪​感​と​闘っ​て​い​ます​か。それ​は​決して​異常​な​反応​で​は​あり​ませ​ん。病気​は,神​の​本来​意図​し​た​こと​で​は​あり​ませ​ん。(創世記 1:27,28)神​は,親​と​なる​人間​を,不​自然​な​こと​を​抵抗​なく​受け入れ​られる​者​と​し​て​創造​さ​れ​ませ​ん​でし​た。ですから,子ども​が​健康​で​は​ない​こと​を,ある​意味​で“嘆き悲しむ”必要​が​あり,気持ち​を​整理​し​て,新た​な​状況​に​順応​する​に​は,時間​が​かかる​もの​です。

自分​の​せい​で​子ども​が​障害​を​抱え​た,と​思える​場合​は​どう​でしょ​う​か。遺伝​や​環境​その他​の​要素​が​子ども​の​健康​に​どう​影響​する​か​を​完全​に​理解​し​て​いる​人​など​い​ない,と​いう​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。また​一方​で​は,配偶​者​を​責め​たく​なる​こと​も​ある​でしょ​う。その​衝動​を​抑え​て​ください。配偶​者​と​協力​し​て​子ども​の​世話​に​努力​を​集中​する​ほう​が​うまく​ゆき​ます。―伝道​の​書 4:9,10

提案: 子ども​の​病状​に​つい​て​知る​よう​に​し​て​ください。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「良い​家族​を​持つ​に​は​知恵​が​要り,家族​を​強める​に​は​理解​が​要る」。―箴言 24:3,「ニューセンチュリー​訳」(英語)。

医療​専門​家​や​信頼​できる​出版​物​から​多く​の​こと​を​学べ​ます。子ども​の​病状​に​つい​て​知る​過程​は,新しい​言語​を​習得​する​過程​に​似​て​い​ます。最初​の​うち​は​難しい​と​し​て​も,学習​する​こと​は​可能​です。

冒頭​で​紹介​し​た​カルロ​と​ミーア​は,掛かり付け​の​医師​や,息子​と​同じ​障害​を​専門​に​扱う​組織​から,情報​を​得る​よう​に​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「それ​に​よっ​て,予期​できる​種々​の​問題​だけ​で​なく,ダウン​症​の“明るい”面​に​つい​て​も​理解​でき​まし​た。息子​が​多く​の​面​で​普通​の​生活​を​送れる,と​いう​こと​が​分かっ​た​の​です。とても​慰め​られ​まし​た」。

やっ​て​み​ましょ​う: 子ども​の​行なえる​事柄​に​目​を​向け​て​ください。家族​一緒​に​何​か​を​行なう​よう​計画​する​こと​です。ごく​小さな​こと​で​も​お子さん​が​何​か​を“達成”し​た​なら,すぐ​に​褒め​て,一緒​に​喜び​ましょ​う。

問題​その​2: 疲れ果て​て​孤立​無援​に​思える。

病気​の​子​の​世話​を​し​て​いる​と,精根​尽き​て​しまう​よう​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん。ニュージーランド​に​住む​ジェニー​と​いう​母親​は,こう​述べ​て​い​ます。「息子​が​脊椎​披裂​と​診断​さ​れ​て​から​数​年​間​は,通常​の​家事​以上​の​こと​を​し​よう​と​する​と,疲れ果て​て,めそめそ​し​て​い​まし​た」。

孤立​感​も,問題​と​なる​場合​が​あり​ます。ベン​に​は,筋​ジストロフィー​と​アスペルガー​症​候​群​を​抱え​て​いる​息子​が​い​ます。ベン​は,「わたしたち​の​生活​が​どの​よう​な​もの​か,本当​に​理解​できる​人​は​ほとんど​い​ない​でしょ​う」と​言い​ます。だれ​か​に​話し​たく​て​たまら​ない​と​し​て​も,友人​の​大半​が​健康​な​子​を​持つ​人​たち​で​あれ​ば,思い​を​打ち明ける​気​に​は​なれ​ない​か​も​しれ​ませ​ん。

提案: 助け​を​求め,助け​が​差し伸べ​られ​た​なら,それ​を​受け入れる​こと​です。先​ほど​の​ジュリアナ​は,「夫​も​わたし​も,助け​を​求める​の​を​恥ずかしく​思う​こと​が​あり​ます」と​認め​ながら​も,こう​述べ​て​い​ます。「でも,自分​たち​に​は​他​の​人​の​助け​が​必要​だ,と​いう​こと​が​分かっ​て​き​まし​た。助け​て​もらう​と,孤立​し​て​いる​よう​に​は​感じ​ませ​ん」。何​か​の​集い​や​クリスチャン​の​集会​の​時​に,親しい​友人​か​家族​の​だれ​か​が​子ども​の​そば​に​いる​こと​を​申し出​て​くれる​なら,それ​を​感謝​し​て​受け入れ​て​ください。聖書​の​格言​も,「真​の​友​は​どんな​時​に​も​愛し​つづける​もの​で​あり,苦難​の​とき​の​ため​に​生ま​れ​た​兄弟​で​ある」と​述べ​て​い​ます。―箴言 17:17

自分​の​健康​に​も​気​を​配っ​て​ください。救急​車​が,いつ​で​も​患者​を​病院​に​運べる​よう,燃料​を​定期​的​に​補給​し​て​おく​必要​が​ある​の​と​同様,あなた​も,お子さん​を​ふさわしく​世話​し​て​ゆける​よう,自ら​十分​の​栄養​を​摂取​し,運動​し,休息​を​取っ​て,エネルギー​を​回復​する​必要​が​あり​ます。足​の​不​自由​な​息子​の​いる​ハビエル​は,こう​述べ​て​い​ます。「息子​が​歩け​ない​の​で,わたし​は,自分​が​しっかり​食べ​なけれ​ば​なら​ない,と​思っ​て​い​ます。息子​を​動き回れる​よう​に​し​て​やれる​の​は,この​わたし​です​から​ね。わたし​は​あの​子​の​足​な​ん​です​よ」。

どう​すれ​ば​自分​の​健康​に​気​を​配る​ため​の​時間​を​取れる​でしょ​う​か。親​たち​の​中​に​は,子ども​の​世話​を​交替​で​行なっ​て​いる​人​も​い​ます。その​よう​に​すれ​ば,交互​に​休息​を​取っ​たり​他​の​個人​的​な​必要​を​顧み​たり​でき​ます。また,さほど​重要​で​は​ない​活動​から​時間​を​買い取る​必要​も​あり​ます​が,平衡​を​保つ​の​は​容易​で​は​ない​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,インド​に​住ん​で​いる​マユリー​と​いう​母親​は,「やがて​は,慣れる​もの​です」と​述べ​て​い​ます。

信頼​できる​友人​に​話し​て​ください。病気​の​子ども​の​い​ない​ 友人​で​も,親身​に​なっ​て​耳​を​傾け​て​くれる​人​は​いる​もの​です。エホバ​神​に​祈る​こと​も​でき​ます。祈り​は​本当​に​助け​に​なり​ます。ヤズミン​と​いう​母親​は,嚢胞​性​線維​症​の​子ども​が​二​人​おり,「窒息​死​し​て​しまい​そう​な​重圧​を​感じ​た​時​も​何​度​か​あり​ます」と​言い​ます。それでも,「エホバ​に​安らぎ​と​力​を​求め​て​祈る​と,やっ​て​ゆける​よう​に​感じ​ます」と​述べ​て​い​ます。―詩編 145:18

やっ​て​み​ましょ​う: 何​を​食べ,いつ​運動​し,どれ​ほど​睡眠​を​取っ​て​いる​か,振り返っ​て​み​て​ください。また,自分​の​健康​に​気​を​配れる​よう,どう​すれ​ば​さほど​重要​で​は​ない​仕事​から​時間​を​買い取れる​か,見極め​て​ください。必要​に​応じ​て​自分​の​スケジュール​を​調整​し​て​ゆき​ましょ​う。

問題​その​3: 病気​の​子​の​世話​に​かまけ​て,他​の​子​や​配偶​者​を​ないがしろ​に​し​て​しまう。

病気​の​子​が​いる​と,家族​で​何​を​食べる​か,どこ​に​出かける​か,親​が​子ども​一人一人​と​どれ​ほど​の​時間​を​一緒​に​過ごせる​か​は,病気​の​子​次第​と​いう​こと​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。その​結果,他​の​子ども​たち​は​ないがしろ​に​され​て​いる​と​感じる​場合​が​あり​ます。さらに,親​は​病気​の​子​の​世話​に​忙殺​さ​れ​て​夫婦​関係​が​ぎくしゃく​する​場合​も​あり​ます。リベリア​に​住む​ライオネル​と​いう​父親​は,こう​述べ​て​い​ます。「妻​は​時々,息子​の​こと​で『わたし​ばっかり​大変​な​思い​を​し​て,あなた​は​何​も​し​て​くれ​ない』と​言い​ます。わたし​は​見下さ​れ​て​いる​よう​に​感じ​て,言い返し​て​しまう​こと​が​あり​ます」。

提案: どの​子​も​親​が​自分​に​関心​を​払っ​て​くれ​て​いる​と​思える​よう​に,皆​の​楽しめる​活動​を​計画​し​て​は​いかが​です​か。先​ほど​の​母親​ジェニー​は,「時​に​は,一番​上​の​息子​の​ため​に​特別​の​こと​を​し​ます。と​いっ​て​も,その​子​の​お気​に​入り​の​レストラン​で​昼食​を​取る​こと​ぐらい​です​が」と​述べ​て​い​ます。

どの​子​に​も​関心​を​払う​よう​に​し​ましょ​う

夫婦​関係​を​守る​ため,配偶​者​に​話しかけ​たり,一緒​に​祈っ​たり​し​ましょ​う。インド​に​住ん​で​いる​アシーム​と​いう​男性​の​息子​は​よく​てんかん​の​発作​を​起こし​ます。アシーム​は​こう​述べ​て​い​ます。「妻​も​わたし​も,精神​的​に​疲れ​て​イライラ​する​時​に​は,腰​を​下ろし​て​話し合い,共​に​祈り​ます。毎朝,子ども​たち​が​目​を​覚ます​前​に,夫婦​で​共​に​聖書​の​一​節​を​読ん​で​話し合う​よう​に​し​て​い​ます」。床​に​就く​前​に​二​人​だけ​で​話し合う​夫婦​も​あり​ます。二​人​だけ​で​言葉​を​交わし,また​誠実​に​祈る​なら,強い​ストレス​に​さらさ​れ​て​い​て​も​夫婦​の​きずな​を​強める​こと​が​でき​ます。(箴言 15:22)ある​夫婦​は,「二​人​で​過ごし​た​人生​で​特に​良い​思い出​と​なっ​て​いる​の​は,最も​大変​だっ​た​日々​の​こと​です」と​言っ​て​い​ます。

やっ​て​み​ましょ​う: 子ども​が​病気​の​子​の​ため​に​何​か​助け​に​なる​こと​を​し​た​時​に​は,どんな​こと​で​あれ​褒め​て​ください。折​ある​ごと​に,子ども​や​配偶​者​に​対する​愛​と​感謝​の​気持ち​を​言い表わす​よう​に​し​ましょ​う。

楽観​的​な​態度​を​保つ

聖書​の​約束​どおり,間​も​なく​神​は,若い​人​に​も​年配​の​人​に​も​苦痛​を​もたらし​て​いる​病気​や​障害​すべて​を​除き去っ​て​ください​ます。(啓示 21:3,4)その​日​に​は,「『わたし​は​病気​だ』と​言う​居住​者​は​い​ない」の​です。 *イザヤ 33:24

それ​まで​の​間​も,障害​を​持つ​子ども​の​親​と​し​て,首尾​よく​問題​に​対処​する​こと​は​可能​です。先​ほど​の​カルロ​と​ミーア​は,こう​言っ​て​い​ます。「何​も​か​も​が​うまく​ゆか​ない​よう​に​思え​て​も,がっかり​し​て​は​いけ​ませ​ん。子ども​の​素晴らしい​ところ​だけ​を​考える​よう​に​する​こと​です。そう​し​た​事柄​は​数多く​ある​から​です」。

^ 3節 この​記事​に​出​て​くる​名前​は​変え​て​あり​ます。

^ 29節 完全​な​健康​に​関する​聖書​の​約束​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​3​章​で​詳しく​説明​さ​れ​て​い​ます。

考え​て​み​ましょ​う…

  • 自分​自身​の​身体​的,感情​的,また​霊的​な​健康​を​できる​だけ​良い​状態​に​保つ​ため​に,どんな​こと​を​し​て​いる​だろ​う​か

  • この​前,手助け​を​し​て​くれ​た​子​を​褒め​た​の​は,いつ​だっ​た​だろ​う​か