内容へ

目次へ

聖書時代における化粧

聖書時代における化粧

聖書​時代​の​女性​たち​の​美容​法​に​は,目​や​顔​や​肌​の​ため​の​化粧​品​の​使用​も​含ま​れ​て​い​た

その​女性​は,水浴び​し​た​後,柔らかく​なっ​た​肌​に​幾らか​香油​を​塗り​ます。その​あと,色鮮やか​な​装飾​の​施さ​れ​た​箱​を​開き​ます。その​中​に​は,ガラス,象牙,貝殻,あるいは​石​で​でき​た,幾つ​も​の​小瓶​や​壺​が​見え​ます。それら​に​は,バルサム,カルダモン,肉桂,乳香,蜜,没薬​など​の​繊細​な​香り​の​する,いろいろ​な​油​や​香料​が​入っ​て​い​ます。

女性​は​その​箱​から,繊細​な​細工​の​施さ​れ​た,さじ​や​皿​や​鉢​を​幾つ​か​取り出し​ます。それら​を​使っ​て,その​日​の​ため​に​選ん​だ​品々​を​混ぜ合わせ,青銅​の​鏡​を​のぞき込み​ながら,自分​の​やり方​で​念入り​に​化粧​を​し​ます。

最古​の​時代​から,女性​は​自分​を​美しく​見せる​こと​に​強い​関心​を​抱い​て​い​た​よう​です。昔​の​墳墓​の​壁画​や​フレスコ​画​や​モザイク​画​は​みな,古代​の​メソポタミア​や​エジプト​の​人々​の​間​で,広く​化粧​品​が​使わ​れ​て​い​た​こと​を​示し​て​い​ます。エジプト​人​女性​の​肖像​に​見​られる,厚化粧​し​た​アーモンド​型​の​目​は,非常​に​人気​が​あり​まし​た。

では,イスラエル​人​は​どう​だっ​た​でしょ​う​か。古代​イスラエル​の​女性​は​化粧​品​を​使っ​た​でしょ​う​か。そう​だ​と​し​たら,どんな​もの​を​使っ​た​の​でしょ​う​か。もちろん,参考​に​できる​よう​な,古代​イスラエル​の​墳墓​の​壁画​や​フレスコ​画​は​あり​ませ​ん。しかし,聖書​の​記述​や,聖書​の​地​で​発掘​さ​れ​た​古代​の​品々​から,聖書​時代​に​化粧​品​が​どの​よう​に​使わ​れ​て​い​た​か​を​窺い知る​こと​が​でき​ます。

使わ​れ​て​い​た​化粧​道具

化粧​用​の​石灰​石​の​パレット,イスラエル

イスラエル​各地​の​発掘​現場​で,化粧​品​や​香料​の​使用​に​関連​し​た​品々​が​無数​に​出土​し​て​い​ます。化粧​品​の​材料​を​すり​潰し​て​混ぜる​ため​の​石​の​鉢​や​パレット,ニンジン​形​の​香油​瓶,雪花石こう​製​の​塗り油​入れ,青銅​を​磨い​て​作っ​た​手鏡​など​が​発見​さ​れ​て​き​まし​た。一つ​の​象牙​の​さじ​の​場合,柄​の​片面​に​は​ヤシ​の​葉​の​模様​が,もう​片面​に​は​周囲​に​ハト​を​あしらっ​た​女性​の​頭部​が​彫り込ま​れ​て​い​ます。

装飾​の​施さ​れ​た​貝殻​は,化粧​品​の​容器​と​し​て,裕福​な​人々​の​間​で​人気​が​あっ​た​よう​です。エジプト​や​カナン​の​遺跡​で​は,象牙​製​または​木製​の​化粧​用​さじ​も​発見​さ​れ​て​い​ます。それら​の​中​に​は,少女​たち​の​泳い​で​いる​姿​や​他​の​様々​な​込み入っ​た​形​に​彫刻​さ​れ​た​もの​も​あり​ます。それら​は​みな,当時​の​女性​たち​が​化粧​品​を​よく​使っ​て​い​た​こと​を​物語っ​て​い​ます。

アイメーク

聖書​中​で​ヨブ​の​娘​の​一​人​は,「ケレン​・​ハプク」と​名づけ​られ​て​い​ます。その​名​は,ヘブライ​語​で「(目​の)黒色​顔料​の​角」と​いう​意味​が​あり,コール​と​呼ば​れる​アイメーク​用​顔料​など​の​化粧​品​の​入れ​物​もしくは​箱​を​指し​て​い​た,と​考え​られ​ます。(ヨブ 42:14)その​名前​は,娘​が​概して​美しかっ​た​こと​を​暗に​指し​て​いる​の​か​も​しれ​ませ​ん​が,当時​も​化粧​が​行なわ​れ​て​い​た​こと​を​示し​て​いる​よう​です。

 意味深い​こと​に,聖書​中​で​目​を​塗る​こと​が​述べ​られ​て​いる​場合,それ​は​常​に,腹黒い​王妃​イゼベル​や,預言​者​の​エレミヤ​や​エゼキエル​が​売春​婦​と​し​て​描写​し​た​不​忠実​な​エルサレム​など,悪名​高い​女性​たち​と​結びつけ​られ​て​い​ます。(列王​第​二 9:30。エレミヤ 4:30。エゼキエル 23:40)出土​し​た​数多く​の,ガラス​や​石​で​作ら​れ​た​容器​に,コール​で​アイライン​を​引く​ため​の​小さな​棒状​の​道具​が​付い​て​い​た​こと​から​し​て,背教​し​た​イスラエル​の​多く​の​女性,特に​王家​や​富裕​層​の​婦人​たち​に,アイライナー​や​他​の​化粧​品​で​厚化粧​する​習慣​が​あっ​た​こと​は​明らか​です。

神聖​な​香油​と​一般​用​の​香油

古代​イスラエル​で​は​長い​年月​に​わたり,オリーブ​油​を​基​に​し​た​香料​が​製造​さ​れ,使用​さ​れ​て​い​まし​た。聖書​の​出エジプト​記​に​は,祭司​たち​が​神殿​で​の​奉仕​に​用い​た​神聖​な​香油​の​製法​が​収め​られ​て​い​ます。その​香油​は,肉桂​と​没薬​と​他​の​芳香​植物​を​混ぜ合わせ​た​もの​です。(出エジプト​記 30:22‐25)考古​学​者​たち​は,エルサレム​で​発見​し​た​ある​遺跡​を,西暦​1​世紀​に​神殿​用​の​香料​や​香​が​製造​さ​れ​て​い​た​工房​ と​考え​て​い​ます。聖書​に​は,神聖​な​奉仕​で​使わ​れ​た​香油​と​日常​生活​で​使わ​れ​た​香油​の​こと​に​触れ​て​いる​箇所​が​数多く​あり​ます。―歴代​第​二 16:14。ルカ 7:37‐46; 23:56

テラコッタ​製​の​香料​入れ,イスラエル

そこ​は​世界​で​も​水​が​希少​な​地域​だっ​た​の​で,香料​入り​の​油​は,日常​の​衛生​管理​の​一環​と​し​て​よく​使わ​れ​て​い​まし​た。油​は,暑く​て​乾燥​し​た​気候​の​中​で​皮膚​を​保護​する​ため​だけ​で​なく,化粧​品​と​し​て​も​用い​られ​まし​た。(ルツ 3:3。サムエル​第​二 12:20)ユダヤ​人​の​乙女​で​あっ​た​エステル​は,アハシュエロス​王​の​ところ​へ​行く​前​に,12​か月​間​に​及ぶ​全身​美容 ― 6​か月​は​没薬​の​油​を​使っ​た​マッサージ,さらに​6​か月​は​バルサム​油​を​使っ​た​トリートメント ― を​施さ​れ​まし​た。―エステル 2:12

香料​や​香油​は,銀​や​金​に​も​匹敵​する,価値​ある​商品​でし​た。シェバ​の​女王​が​大​旅行​を​し​て​ソロモン​王​の​もと​を​訪れ​た​時,持っ​て​来​た​高価​な​贈り物​の​中​に​は,金​や​宝石​の​ほか​に​バルサム​油​も​含ま​れ​て​い​まし​た。(列王​第​一 10:2,10)ヒゼキヤ​王​は,バビロン​から​来​た​使節​に,自分​の​家​の​宝物​を​見せ​た​時,銀​や​金,および​すべて​の​武器​庫​と​とも​に,誇らしげ​に「バルサム​油,良質​の​油」も​見せ​まし​た。―イザヤ 39:1,2

様々​な​花,果実,葉,樹脂,あるいは​樹皮​から​抽出​できる​香料​や​精油​は,ごく​わずか​でし​た。聖書​に​は,アロエ,バルサム,ブデリウム​樹脂,しょうぶ,カシア,肉桂,乳香,没薬,サフラン,甘松​など,数々​の​芳香​植物​の​こと​が​出​て​い​ます。それら​の​植物​の​中​に​は,ヨルダン​渓谷​に​自生​し​て​い​た​もの​も​あれ​ば,インド​や​アラビア​南部​その他​の​地​から​伝説​的​な​香料​交易​路​を​通っ​て​輸入​さ​れ​た​もの​も​あり​まし​た。

実体​の​よく​分から​ない​バルサム​油

バルサム​油​は,すでに​述べ​た​とおり,聖書​中​の​王妃​エステル,シェバ​の​女王,および​ヒゼキヤ​王​に​関する​記述​の​中​に​出​て​き​ます。1988​年​に,死海​西岸​の​クムラン​に​近い​洞くつ​で,油​の​小さな​壺​が​発見​さ​れ,多く​の​臆測​を​呼び​まし​た。それ​は​名高い​バルサム​油​で,残っ​て​い​た​最後​の​もの​でしょ​う​か。研究​者​たち​に​も​確か​な​こと​は​分かっ​て​い​ませ​ん。栽培​者​たち​は,今日​に​至る​まで,かつて​有名​だっ​た​バルサム​の​木立​を​よみがえらせ​よう​と​努力​し​て​き​まし​た。

象牙​の​化粧​品​の​容器,イスラエル

証拠​から​する​と,聖書​中​で​言及​さ​れ​て​いる​バルサム​の​木​が​エン​・​ゲディ​周辺​の​地域​で​栽培​さ​れ​て​い​た​こと​は​明らか​な​よう​です。発掘​調査​に​よっ​て,西暦​前​6​世紀​の​もの​で​ある,炉​や​壺,また​様々​な​金属​や​骨​で​作っ​た​物​が​発見​さ​れ​まし​た。それら​は,他​の​地域​で​香料​作り​の​ため​に​使わ​れ​て​い​た​物​と​類似​し​て​い​ます。ほとんど​の​学​者​は,バルサム​の​木​が​元​は​アラビア​か​アフリカ​の​もの​だっ​た,と​考え​て​い​ます。バルサム​の​香り​は​その​樹液​から​生じ​まし​た。バルサム​油​は​あまりに​も​珍重​さ​れ​た​ため,その​栽培​法​や​製造​法​は​秘密​に​され​まし​た。

バルサム​は,政治​的​駆け引き​の​材料​と​し​て​も​使わ​れ​まし​た。例えば,歴史​家​ヨセフス​に​よれ​ば,マルクス​・​アントニウス​は,それら​貴重​な​植物​の​木立​を​そっくり​手​に​入れ​て,エジプト​の​女王​クレオパトラ​へ​の​贈り物​と​し​まし​た。ローマ​の​歴史​家​プリニウス​は,西暦​1​世紀​の​ユダヤ​戦争​の​期間​中,ユダヤ​人​の​戦士​たち​が,戦勝​軍​の​ローマ​人​に​バルサム​を​奪わ​れ​ない​よう,その​植物​すべて​を​焼き尽くそ​う​と​し​た,と​述べ​て​い​ます。

わたしたち​は,聖書​の​述べ​て​いる​事柄​と​考古​学​上​の​発見​に​基づい​て,聖書​時代​の​人々​が​どの​よう​に​化粧​を​し​て​い​た​か​を​幾らか​知る​こと​が​でき​ます。聖書​は,化粧​品​や​他​の​装飾​品​の​使用​を​非​と​する​の​で​は​なく,慎み​と​健全​な​思い​と​を​もっ​て​用いる​べき​こと​を​強調​し​て​い​ます。(テモテ​第​一 2:9)使徒​ペテロ​は,「神​の​目​に​大いに​価値​の​ある」もの​は「もの静か​で​温和​な​霊」で​ある,と​述べ​まし​た。スタイル​や​ファッション​は​常​に​変化​する​もの​な​の​で,その​言葉​は,老若​を​問わ​ず​クリスチャン​の​女性​に​とっ​て​確か​に​良い​アドバイス​で​ある,と​言え​ます。―ペテロ​第​一 3:3,4