内容へ

目次へ

聖書は人の生き方を変える

聖書は人の生き方を変える

神​に​関心​が​なく,前途​有望​な​仕事​に​就い​て​い​た​若い​女性​が,人生​の​真​の​目的​を​見いだし​まし​た。どんな​いきさつ​が​あっ​た​の​でしょ​う​か。カトリック​教徒​の​青年​が,死​に​つい​て​の​真実​を​知り,生き方​を​変え​まし​た。どんな​こと​を​学ん​だ​の​でしょ​う​か。人生​に​幻滅​し​て​い​た​若い​男性​が​神​に​つい​て​知り,クリスチャン​の​奉仕​者​に​なり​まし​た。どんな​こと​を​知っ​た​の​でしょ​う​か。本人​たち​の​述べる​事柄​を​お読み​ください。

『「人間​は​なぜ​存在​し​て​いる​の​だろ​う」と,幾​年​も​考え​て​い​まし​た』。―ロザリンド​・​ジョン

  • 生ま​れ​た​年: 1963​年

  • 生ま​れ​た​国: イギリス

  • かつて​は: 栄誉​ある​仕事​に​生きがい​を​感じ​て​い​た

過去​の​歩み:

わたし​は​サウスロンドン​の​クロイドン​で,9​人​兄弟​の​6​番​目​と​し​て​生ま​れ​まし​た。両親​は​カリブ​海​の​セントビンセント​島​の​出身​です。母​は​メソジスト​教会​に​通っ​て​い​まし​た​が,わたし​は​神​に​つい​て​学ぶ​こと​に​関心​が​あり​ませ​ん​でし​た。もっとも,知識​欲​は​旺盛​でし​た。学校​の​休み​の​時期​に​は,地元​の​湖​の​ほとり​に​行き,図書​館​から​借り​た​何​冊​も​の​本​を​読ん​で​過ごし​た​もの​です。

卒業​し​て​数​年​後,社会​的​弱者​の​力​に​なり​たい​と​思う​よう​に​なり​まし​た。それで,ホームレス​の​人​や​身体​障害​・​学習​障害​を​抱え​て​いる​人​たち​を​支援​する​仕事​を​始め,その​後,大学​で​健康​科学​の​課程​を​履修​し​まし​た。そして​卒業​後,次々​と,驚く​ほど​栄誉​ある​立場​に​就け​られ,生活​は​ますます​贅沢​に​なっ​て​ゆき​まし​た。フリー​の​経営​コンサルタント​また​社会​学​者​と​し​て,ノートパソコン​と​インターネット​接続​が​あれ​ば​仕事​が​でき​まし​た。それで,1​回​に​2​週​間​ほど​海外​へ​旅行​し,お気​に​入り​の​ホテル​に​滞在​し,美しい​風景​を​楽しみ,フィットネス​の​ため​の​温泉​付き​ジム​を​利用​し​た​もの​です。まさに,人生​は​素晴らしい​と​思っ​て​い​まし​た。それでも,虐げ​られ​て​いる​人々​に​対する​関心​は​失い​ませ​ん​でし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

わたし​は,『人間​は​なぜ​存在​し​て​いる​の​だろ​う。何​の​ため​に​生き​て​いる​の​だろ​う』と,幾​年​も​考え​て​い​まし​た​が,答え​を​求め​て​聖書​を​調べ​よう​と​は​し​ませ​ん​でし​た。1999​年​の​ある​日,エホバ​の​証人​と​なっ​て​い​た​妹​の​マーガレット​が,友達​と​一緒​に​わたし​を​訪ね​て​来​た​時,同じく​エホバ​の​証人​で​あっ​た​その​友達​が​個人​的​な​関心​を​示し​て​くれ​た​の​で,わたし​は​聖書​研究​を​する​こと​に​つい​同意​し​て​しまい​まし​た。しかし,遅々​と​し​て​進歩​し​ませ​ん​でし​た。仕事​と​生活​に​多く​の​時間​を​取ら​れ​て​い​た​から​です。

2002​年​の​夏,わたし​は​イングランド​南西​部​に​引っ越し,社会​学​の​修士​号​を​取る​ため​に​大学院​に​通い​始め​まし​た。最終​的​に​博士​号​を​取得​する​こと​を​目指し​て​い​た​の​です。わたし​は,幼い​息子​を​連れ​て,以前​より​も​定期​的​に​地元​の​王国​会館​で​の​集会​に​出席​する​よう​に​なり​まし​た。高等​教育​を​受け​て​い​まし​た​が,聖書​研究​を​し​て​い​た​の​で,世​の​諸​問題​や​その​解決​策​を​一層​よく​理解​する​こと​が​でき​まし​た。また,マタイ 6​章​24​節​の​真実​さ​に​も​気づき​まし​た。『だれ​も​二​人​の​主人​に​仕える​こと​ は​でき​ない。神​か​富​か​を​選ば​なけれ​ば​なら​ない』と​あり​ます。それで,自分​の​生活​の​中​で​の​優先​順位​を​変える​必要​の​ある​こと​が​分かり​まし​た。

その​前​の​年,わたし​は,証人​たち​が「あなた​の​こと​を​気づかう​創造​者​が​おら​れ​ます​か」 * と​いう​本​を​用い​て​個人​の​家​で​行なっ​て​い​た​聖書​研究​に,しばしば​出席​し​て​い​まし​た。そして,人類​の​抱える​諸​問題​は​創造​者​エホバ​に​しか​解決​でき​ない,と​確信​する​よう​に​なり​まし​た。しかし​大学​で​は,人生​の​意義​は​創造​者​に​対する​信仰​と​は​関係​が​ない,と​教え​られ​て​い​まし​た。わたし​は​腹立たしく​思い,2​か月​後​に​退学​し,霊的​な​事柄​に​もっと​時間​を​割こ​う​と​心​に​決め​まし​た。

生き方​を​変え​よう​と​いう​気持ち​は,箴言 3​章​5,6​節​の​この​言葉​に​よっ​て​強まり​まし​た。「心​を​つく​し​て​エホバ​に​依り頼め。自分​の​理解​に​頼っ​て​は​なら​ない。あなた​の​すべて​の​道​に​おい​て​神​を​認めよ。そうすれば,神​ご自身​が​あなた​の​道筋​を​まっすぐ​に​し​て​くださる」。愛​ある​神​に​つい​て​知る​こと​は,博士​号​を​取得​すれ​ば​得​られる​か​も​しれ​ない​富​や​地位​より​も​報い​の​大きな​もの​でし​た。わたし​は,地球​に​関する​エホバ​の​目的​や,人類​の​ため​に​イエス​が​自分​の​命​を​犠牲​に​し​た​こと​に​つい​て​知れ​ば​知る​ほど,創造​者​に​献身​し​たい​と​思う​よう​に​なり​まし​た。そして,2003​年​4​月​に​バプテスマ​を​受け,次第​に​生活​を​簡素​な​もの​に​し​て​ゆき​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

エホバ​と​の​友​の​よう​な​関係​は,お金​で​は​買え​ない​貴重​な​もの​です。わたし​は​エホバ​を​知る​こと​に​より,本当​の​意味​で​の​平安​と​喜び​を​得​まし​た。また,神​を​心​から​崇拝​する​人​たち​と​の​交わり​から​も,深い​幸福​感​を​味わっ​て​い​ます。

わたし​の​知識​欲​は,今​なお​聖書​と​クリスチャン​の​集会​から​学ぶ​事柄​に​よっ​て​豊か​に​満たさ​れ​て​い​ます。わたし​は​自分​の​信仰​を​他​の​人​たち​に​伝える​こと​を​楽しん​で​い​ます。これ​が​わたし​の​本職​と​なり​まし​た。この​仕事​に​よっ​て,人々​が​現在​の​生活​を​改善​できる​よう,また​新しい​世​で​生きる​と​いう​素晴らしい​希望​を​持てる​よう,実際​に​助ける​こと​が​できる​の​です。わたし​は​2008​年​6​月​以来,宣教​奉仕​に​全​時間​携わっ​て​おり,以前​より​も​幸福​で​満ち足り​た​気持ち​で​い​ます。今​で​は​人生​の​真​の​目的​を​知っ​て​おり,その​こと​で​エホバ​に​本当​に​感謝​し​て​い​ます。

『友達​を​亡くし​て​ショック​を​受け​まし​た』。―ローマン​・​イルネスベルガ

  • 生ま​れ​た​年: 1973​年

  • 生ま​れ​た​国: オーストリア

  • かつて​は: ギャンブル​好き​だっ​た

過去​の​歩み:

わたし​は,オーストリア​の​ブラウナウ​と​いう​小さな​町​で​育ち​まし​た。その​地域​の​人々​は​裕福​で,犯罪​は​ほとんど​見​られ​ませ​ん​でし​た。父​は​カトリック​教徒​で,わたし​も​その​宗教​の​中​で​育ち​まし​た。

わたし​は,子ども​の​ころ,ある​出来事​から​大きな​影響​を​受け​まし​た。1984​年,11​歳​だっ​た​時,親しい​友達​ の​一​人​と​サッカー​を​し​て​遊ん​だ​その​午後​に,その​子​が​自動​車​事故​に​遭っ​て​死ん​だ​の​です。わたし​は​友達​を​亡くし​て​非常​に​大きな​ショック​を​受け,その​後​幾​年​も,『人​は​死ん​だら​どう​なる​の​だろ​う』と​いう​疑問​が​頭​から​離れ​ませ​ん​でし​た。

学校​卒業​後​は,電気​技師​と​し​て​働き​まし​た。ギャンブル​の​とりこ​に​なり,大金​を​つぎ込ん​だり​し​まし​た​が,お金​に​困る​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。また,スポーツ​に​も​多く​の​時間​を​費やし,ヘビーメタル​や​パンクロック​音楽​を​愛好​する​よう​に​も​なり​まし​た。ディスコ​から​ディスコ​へ,パーティー​から​パーティー​へ​と​はしご​する​生活​でし​た。その​よう​な​快楽​追求​の​不​道徳​な​生活​を​送り​ながら,むなしさ​も​感じ​て​い​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

1995​年,ある​年配​の​エホバ​の​証人​が​訪ね​て​来​て,『死ん​だら​どう​なる​か』と​いう​疑問​に​対する​聖書​の​答え​が​載せ​られ​て​いる​本​を​勧め​て​くれ​まし​た。わたし​は,年若い​友達​を​悲惨​な​事故​で​亡くし​た​こと​が​まだ​心​に​かかっ​て​い​た​の​で,その​本​を​受け取り​まし​た。そして,死​に​つい​て​の​章​だけ​で​なく,全部​の​章​を​読ん​で​しまい​まし​た。

その​内容​から,死​に​つい​て​の​疑問​の​答え​だけ​で​なく,それ​以上​の​こと​も​知り​まし​た。わたし​は,カトリック​教徒​と​し​て​育て​られ​た​の​で,イエス​を​まず​何​より​も​中心​に​し​た​信仰​を​抱い​て​い​まし​た。しかし,聖書​を​注意深く​研究​し​て,イエス​の​父​で​ある​エホバ​神​と​の​親しい​友​の​よう​な​関係​を​築く​よう​助け​られ​まし​た。また,エホバ​が​秘密​主義​の​超然​と​し​た​方​で​は​なく,真​の​神​を​探し求める​人​に​ご自分​を​はっきり​示さ​れる,と​いう​こと​を​知っ​て​胸​の​躍る​思い​でし​た。(マタイ 7:7‐11)さらに,エホバ​が​感情​を​持っ​て​おら​れる​こと​や,常​に​約束​を​守る​方​で​ある​こと​も​知り​まし​た。その​こと​から,聖書​預言​に​深い​関心​を​抱い​て,それ​が​どの​よう​に​成就​し​て​き​た​か​を​調べる​よう​に​なり,様々​な​事柄​を​新た​に​知っ​て,神​に​対する​信仰​が​強まり​まし​た。

そして​間​も​なく,聖書​を​理解​する​よう​人々​を​助ける​ため​に​真剣​に​努力​し​て​いる​の​は​エホバ​の​証人​だけ​で​ある,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。また,証人​たち​の​出版​物​の​中​で​言及​さ​れ​て​いる​聖句​に​注目​し,それら​を​自分​の​カトリック​の​聖書​で​確認​し​まし​た。調べれ​ば​調べる​ほど,『これ​は​真理​だ』と​確信​する​よう​に​なり​まし​た。

わたし​は,聖書​研究​を​通し​て,エホバ​から​ご自分​の​規準​に​従っ​て​生きる​よう​期待​さ​れ​て​いる​こと​を​学び​まし​た。エフェソス 4​章​22‐24​節​の​聖句​を​読ん​で,「以前​の​生き方」に​よっ​て​形作ら​れ​た「古い​人格」を​脱ぎ捨て​て「神​の​ご意志​に​そい​つつ……創造​さ​れ​た​新しい​人格​を​着ける」必要​が​ある,と​いう​こと​も​理解​でき​まし​た。それで,不​道徳​な​生活​を​やめ​まし​た。また,ギャンブル​を​やめる​必要​も​理解​し​まし​た。その​習慣​は​物質​主義​や​貪欲​を​助長​する​から​です。(コリント​第​一 6:9,10)そう​し​た​変化​を​遂げる​ため​に​は,以前​の​友人​たち​に​会う​の​を​やめ​て,自分​と​同じ​価値​規準​に​従う​新しい​仲間​を​求める​必要​が​ある​こと​を​知り​まし​た。

変化​を​遂げる​の​は​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,わたし​は​王国​会館​で​の​証人​たち​の​集会​に​出席​し​始め,地元​の​会衆​内​の​人​たち​を​新た​な​友​と​する​よう​に​なり​まし​た。また,自分​個人​で​も​注意深い​聖書​研究​を​続け​まし​た。その​よう​に​し​て​ゆく​に​つれ,音楽​の​好み​も​人生​の​目標​も​変わり,きちんと​し​た​身なり​を​する​よう​に​なり​まし​た。そして​1995​年​に​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

今​で​は,お金​や​所有​物​に​対し​ て​平衡​の​取れ​た​見方​を​する​こと​が​でき​ます。かつて​は​短気​でし​た​が,今​で​は​温厚​に​なり​まし​た。また,将来​の​こと​を​過度​に​思い煩う​こと​も​なくなり​まし​た。

わたし​は,エホバ​に​仕える​人々​から​成る​国際​的​な​グループ​の​一員​で​ある​こと​を​嬉しく​思っ​て​い​ます。それら​の​人​の​中​に​は,問題​と​闘い​ながら​も​忠実​に​神​に​仕え​て​いる​人​たち​が​い​ます。わたし​は​今,自分​自身​の​欲望​を​満たす​ため​で​は​なく,エホバ​を​崇拝​し​他​の​人​に​善​を​行なう​ため​に,自分​の​時間​と​エネルギー​の​すべて​を​費やす​こと​が​でき,とても​幸せ​です。

「人生​は​ついに​目的​の​ある​もの​と​なり​まし​た」。―イアン​・​キング

  • 生ま​れ​た​年: 1963​年

  • 生ま​れ​た​国: イギリス

  • かつて​は: 人生​に​幻滅​し​て​い​た

過去​の​歩み:

わたし​は,イギリス​で​生ま​れ​まし​た​が,7​歳​の​ころ​に,家族​が​オーストラリア​へ​移住​し​まし​た。わたしたち​家族​は,オーストラリア​の​クイーンズランド​州​の​観光​地,ゴールド​・​コースト​に​落ち着き​まし​た。家族​は​裕福​で​は​なかっ​た​もの​の,必要​な​物​に​事欠く​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。

わたし​は,まずまず​の​環境​で​育て​られ​た​もの​の,本当​に​幸福​と​いう​こと​は​なく,人生​に​幻滅​する​よう​に​なり​まし​た。父​は​大酒​飲み​で,わたし​は​父​に​あまり​愛情​を​感じ​ませ​ん​でし​た。それ​は​主​に,父​の​飲酒​と​母​に​対する​接し方​が​原因​でし​た。わたし​は​幾​年​も​後​に​なっ​て​初めて,父​が​マラヤ​で​兵士​だっ​た​時​に​経験​し​た​事柄​を​知り,父​が​あの​よう​な​行動​を​する​わけ​も​理解​する​よう​に​なり​まし​た。

わたし​は​高校​在学​中​から​酒浸り​に​なり,16​歳​の​時​に​学校​を​中退​し​て​海軍​に​入り​まし​た。また,麻薬​を​使い​始め,たばこ​も​やめ​られ​なく​なり​まし​た。ますます​アルコール​に​依存​する​よう​に​なり,週末​ごと​に​飲ん​で​騒い​で​い​た​の​が,その​うち​に​毎日​の​こと​に​なり​まし​た。

また,10​代​後半​から​20​代​初め​に​かけ​て,神​の​存在​を​疑問​視​する​よう​に​なり​まし​た。『もし​本当​に​神​が​いる​の​なら,人​が​苦しん​で​死ぬ​の​を​なぜ​許し​て​いる​の​か』と​考え​た​の​です。そして,世​の​中​の​悪​すべて​を​神​の​せい​に​する​詩​を​書い​たり​も​し​まし​た。

23​歳​の​時​に​海軍​を​やめ,職​を​転々​と​し,1​年​に​わたっ​て​海外​旅行​も​し​まし​た​が,少し​も​落胆​から​救わ​れ​ませ​ん​でし​た。目標​を​持と​う,何​か​を​達成​し​よう,と​いっ​た​意欲​は​全く​持て​ず,どんな​こと​に​も​魅力​を​感じ​なかっ​た​の​です。家​を​所有​し,安定​し​た​仕事​に​就き,昇進​する​と​いっ​た​見込み​も,意味​の​ない​こと​の​よう​に​思え​まし​た。“楽しみ”と​言え​ば,酒​を​飲む​こと​と​音楽​を​聴く​こと​ぐらい​しか​あり​ませ​ん​でし​た。

人生​の​目的​を​知り​たい​と​いう​一番​強い​気持ち​が​湧い​て​き​た​時​の​こと​は​忘れ​も​し​ませ​ん。それ​は,ポーランド​で,悪名​高い​アウシュビッツ​強制​収容​所​を​見学​し​た​時​でし​た。そこで​起き​た​残虐​行為​に​つい​て​は​読ん​だ​こと​が​あり​まし​た​が,実際​に​そこ​に​立っ​て​収容​所​の​規模​の​大きさ​を​目​に​し​た​時,がく然​と​し​まし​た。人間​が​同じ​人間​に​対し​て​どうして​これ​ほど​残酷​に​振る舞える​の​ か,理解​でき​ませ​ん​でし​た。収容​所​内​を『なぜ​だ』と​つぶやき​ながら​目​に​涙​を​浮かべ​て​歩い​た​の​を​覚え​て​い​ます。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

1993​年,海外​から​帰国​し​た​あと,答え​を​探し求め​て​聖書​を​読み​始め​まし​た。その​後​ま​も​なく,エホバ​の​証人​が​二​人,わたし​の​家​の​戸口​に​やっ​て​来​て,わたし​を​近く​の​競技​場​で​開か​れる​大会​に​招待​し​て​くれ​まし​た。わたし​は​行っ​て​みる​こと​に​し​まし​た。

その​競技​場​に​は,数​か月​前​に​も,ある​試合​を​観戦​する​ため​に​行っ​た​こと​が​あり​まし​た​が,この​大会​は​それ​と​は​あまりに​も​対照​的​でし​た。証人​たち​は​身なり​が​きちんと​し​て​い​て​礼儀正しく,子ども​たち​も​行儀​良く​し​て​い​まし​た。また,昼休み​に​目​に​し​た​事柄​に​びっくり​し​まし​た。幾百​人​も​の​証人​たち​が​フィールド​内​で​昼食​を​取っ​た​の​です​が,彼ら​が​席​に​戻っ​た​後​の​フィールド​に​ごみ​が​一つ​も​残っ​て​い​なかっ​た​の​です。しかも,それら​の​人​は​満ち足り​た​平安​な​気持ち​で​いる​よう​でし​た。それ​は​わたし​が​切望​し​て​い​た​もの​です。わたし​は,その​日​に​行なわ​れ​た​どの​講演​も​覚え​て​い​ませ​ん​が,証人​たち​の​行状​に​は​深い​感銘​を​受け​まし​た。

その​晩​わたし​は,いとこ​から​聞い​た​話​を​思い出し​まし​た。その​いとこ​は,聖書​を​読ん​だり​様々​な​宗教​を​研究​し​たり​し​て​い​た​人​で,数​年​前​に,『真​の​宗教​は​その​実​に​よっ​て​分かる』と​イエス​は​述べ​た,と​言っ​て​い​まし​た。(マタイ 7:15‐20)それで,証人​たち​が​他​の​人々​と​あれ​ほど​違う​の​は​なぜ​な​の​か,調べ​て​みる​だけ​の​価値​は​ある,と​思い​まし​た。そして,生ま​れ​て​初めて,少し​だけ​楽観​的​に​なり,希望​を​持て​そう​な​気​が​し​まし​た。

翌週,わたし​を​招待​し​て​くれ​た​証人​たち​が,また​訪ね​て​来​まし​た。わたし​は,聖書​研究​を​勧め​られ​た​の​で​そう​する​こと​に​し,クリスチャン​の​集会​に​一緒​に​出席​する​よう​に​も​なり​まし​た。

聖書​研究​を​し​て,神​に​対する​わたし​の​見方​は​すっかり​変わり​まし​た。悪​や​苦しみ​を​引き起こし​て​いる​の​は​神​で​は​なく,人​が​悪い​こと​を​すれ​ば​神​は​心​を​痛め​られる,と​いう​こと​を​知り​まし​た。(創世記 6:6。詩編 78:40,41)わたし​は,もう​エホバ​に​心痛​を​もたらす​よう​な​こと​は​決して​すまい,と​固く​決意​し​まし​た。そして,エホバ​の​心​を​歓ばせ​たい​と​思い​まし​た。(箴言 27:11)過度​の​飲酒​や​たばこ​を​やめ,不​道徳​に​関係​する​こと​も​やめ​まし​た。そして​1994​年​3​月,バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

わたし​は,真​の​幸福​感​と​満足​感​を​味わっ​て​い​ます。もはや,問題​を​解決​し​よう​と​し​て​アルコール​に​頼っ​たり​は​し​ませ​ん。重荷​を​エホバ​に​ゆだねる​こと​を​学ん​だ​の​です。―詩編 55:22

今​で​は,やはり​エホバ​の​証人​で​ある​カレン​と​いう​美しい​女性​と​結婚​し​て​10​年​に​なり,カレン​の​立派​な​娘​ネラ​も​一緒​に​暮らし​て​い​ます。わたしたち​3​人​は,クリスチャン​と​し​て​宣教​奉仕​に​多く​の​時間​を​充て​て,神​に​つい​て​の​真理​を​学ぶ​よう​他​の​人​たち​を​助け​て​い​ます。わたし​の​人生​は​ついに​目的​の​ある​もの​と​なり​まし​た。

^ 11節 発行: エホバ​の​証人