内容へ

目次へ

ご存じでしたか

ご存じでしたか

聖書​時代​に​は,どんな​ペン​と​インク​が​使わ​れ​た​の​でしょ​う​か。

葦​の​ペン。西暦​1​世紀​ごろ​の​エジプト​の​もの

聖書​に​は​使徒​ヨハネ​の​書い​た​手紙​が​3​通​収め​られ​て​い​ます​が,ヨハネ​は​3​通​目​の​結び​で,「わたし​に​は​あなた​に​書く​べき​こと​が​たくさん​あり​まし​た​が,インク​と​ペン​で​書い​て​ゆく​こと​を​望み​ませ​ん」と​述べ​て​い​ます。ヨハネ​の​用い​た​原語​の​ギリシャ​語​を​字義​どおり​に​訳せ​ば,「黒い[インク]と​葦」で​書く​の​を​望ま​ない,と​いう​こと​です。―ヨハネ​第​三 13,「ギリシャ​語​聖書 王国​行間​逐語​訳」(英語)。

書士​の​使っ​た​ペン​は,適当​な​長さ​に​切っ​た​固い​葦​の​端​を​斜め​に​そぎ,その​先端​に​細い​切れ目​を​入れ​た​もの​で,ペン​先​を​軽石​で​研い​で​尖らせる​こと​が​でき​まし​た。形​も​機能​も,金属​製​の​ペン​先​を​持つ​現代​の​万年筆​に​よく​似​て​い​まし​た。

大抵​の​インク,つまり「黒い」顔料​は,煤​や​油煙​を,接着​剤​と​も​なる​ゴム​と​混ぜ合わせ​た​もの​で,乾燥​さ​せ​た​状態​で​売ら​れ​て​おり,使う​時​に​は,水​で​溶い​て​ちょうど​よい​濃さ​に​する​必要​が​あり​まし​た。その​よう​な​インク​で​パピルス​や​皮紙<パーチメント>に​文字​を​書い​た​場合,インク​は​その​表面​で​乾く​だけ​で,染み込ま​なかっ​た​の​で,書き間違え​たら,湿らせ​た​海綿​で​拭っ​て​書き直す​こと​も​容易​に​でき​まし​た。それで,書士​は​海綿​を​筆記​用具​の​一つ​と​し​て​常備​し​て​い​まし​た。古代​の​インク​に​関する​こう​し​た​細か​な​点​を​知れ​ば,聖書​筆者​たち​が​何​を​念頭​に​置き​つつ,神​の​覚え​の​書​から​名前​を​拭い去ら​れる,つまり​消し去ら​れる​こと​に​つい​て​述べ​た​の​か​も,推察​でき​ます。―出エジプト​記 32:32,33。啓示 3:5,「王国​行間​逐語​訳」。

使徒​パウロ​は​どんな​天幕​を​作っ​た​の​でしょ​う​か。

裁縫​道具。西暦​1​世紀​か​2​世紀​の​もの

使徒 18​章​3​節​に​よれ​ば,使徒​パウロ​は​天幕​作り​を​その​職​と​し​て​い​まし​た。聖書​時代,天幕​を​作る​人​たち​は,ラクダ​か​ヤギ​の​毛​で​細長い​布​を​織り,それら​を​縫い合わせ​て​旅行​者​用​の​天幕​を​作り​まし​た。と​は​いえ,当時​は​革製​の​天幕​も​少なく​あり​ませ​ん​でし​た。また,亜麻​布​で​作ら​れ​た​もの​も​あり,それ​は​パウロ​の​郷里​タルソス​で​製造​さ​れ​て​い​まし​た。パウロ​は​材料​と​し​て​毛​織物,革,亜麻​布​など​の​いずれ​か,あるいは​すべて​を​使っ​た​と​考え​られ​ます。と​は​いえ​アクラ​と​一緒​に​働い​て​い​た​時​に​は,民家​の​中庭​を​屋根​の​よう​に​覆う​亜麻​布​の​日よけ​を​作っ​て​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。

パウロ​は​この​仕事​を​若い​ころ​に​学ん​だ​もの​と​思わ​れ​ます。エジプト​の​パピルス​の​記述​に​よる​と,ローマ​占領​下​に​あっ​た​エジプト​で​は,見習い​工​は​13​歳​ごろ​に​仕事​を​学び​始め​た​よう​です。パウロ​も,その​年齢​で​仕事​を​始め​た​と​すれ​ば,15​歳​か​16​歳​ごろ​まで​に​は,使う​材料​を​種々​の​形​や​大きさ​に​切っ​て​から​様々​な​突き​錐​と​縫い方​を​駆使​し​て​縫い合わせる​技術​を​身​に​着け​て​い​た​こと​でしょ​う。「パウロ​の​宣教​奉仕​の​社会​的​背景」(英語)と​いう​本​に​は,「パウロ​は,見習い​期間​を​終える​ころ​に,自分​用​の​道具​一式​を​与え​られ​た​か​も​しれ​ない」と​述べ​られ​て​い​ます。この​本​に​よれ​ば,「天幕​作り​は,必要​な​小刀​と​突き​錐​さえ​あれ​ば​どこ​で​でも​できる​仕事」でし​た。パウロ​は​その​よう​な​仕事​で​生計​を​立て​ながら,旅行​する​宣教​者​と​し​て​活動​でき​た​の​です。