内容へ

目次へ

神の民の中で敬われ,貴ばれる

神の民の中で敬われ,貴ばれる

イエス​は,地上​に​い​た​時,天​の​父​の​ご性格​と​物事​の​仕方​を​完ぺき​に​反映​し​まし​た。こう​語っ​て​い​ます。『わたし​は​これら​の​こと​を,ちょうど​父​が​教え​て​くださっ​た​とおり​に​話し​て​い​ます。わたし​は​常​に,その​方​の​喜ば​れる​こと​を​行ない​ます』。(ヨハネ 8:28,29。コロサイ 1:15)ですから,イエス​が​女性​に​どう​接し,どんな​態度​を​取っ​た​か​に​注目​すれ​ば,神​が​女性​を​どう​ご覧​に​なり,女性​に​何​を​期待​し​て​おら​れる​か,理解​でき​ます。

多く​の​学​者​たち​は,福音​書​に​記さ​れ​て​いる​事柄​に​基づい​て,女性​に​対する​イエス​の​見方​が​全く​革命​的​な​もの​で​あっ​た​こと​を​認め​て​い​ます。どうして​革命​的​と​言える​の​でしょ​う​か。また,より​重要​な​こと​と​し​て,イエス​の​教え​は,今日​で​も​影響​を​及ぼし​て,女性​に​一層​の​自由​を​もたらし​て​いる​でしょ​う​か。

イエス​は​女性​に​どう​接し​た​か

イエス​は​女性​を​不​道徳​な​目​で​見​なかっ​た。一部​の​ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​は,異性​と​接触​すれ​ば​欲情​を​かき立て​られる​だけ​だ,と​考え​て​い​まし​た。女性​は,男性​を​誘惑​する​者​と​思わ​れ​て​い​た​の​で,人前​で​男性​に​話しかけ​たり,ベール​を​かぶら​ず​に​外出​し​たり​する​こと​ を​許さ​れ​て​い​ませ​ん​でし​た。しかし​イエス​は,男性​たち​に,肉​の​欲望​を​制する​よう,そして​女性​を​社交​の​場​から​遠ざけ​たり​せ​ず,品位​を​もっ​て​接する​よう​に​勧め​まし​た。―マタイ 5:28

イエス​は​また,「だれ​で​も​自分​の​妻​を​離婚​し​て​別​の​女​と​結婚​する​者​は,彼女​に​対し​て​姦淫​を​犯す​の​です」と​述べ​まし​た。(マルコ 10:11,12)そう​述べる​こと​に​より,当時​広く​受け入れ​られ​て​い​た,男性​は「どんな​根拠​に​よる​場合​で​も」妻​を​離婚​する​こと​が​許さ​れる,と​いう​ラビ​の​教え​を​一蹴​し​まし​た。(マタイ 19:3,9妻​に​対し​て​姦淫​を​犯す​と​いう​の​は,ほとんど​の​ユダヤ​人​に​とっ​て​異質​の​概念​でし​た。ラビ​の​教え​に​よれ​ば,夫​が​妻​に​対し​て​姦淫​を​犯す​と​いう​の​は​あり得​ない​こと​でし​た。つまり,不貞​を​働く​の​は​女性​の​側​だけ​だ​と​いう​考え​です。ある​聖書​解説​書​が​述べ​て​いる​よう​に,「イエス​は,夫​を​妻​と​同一​の​道義​的​義務​の​もと​に​置く​こと​に​よっ​て,女性​の​身分​と​尊厳​を​高め」た​の​です。

今日​に​おける​その​教え​の​影響: エホバ​の​証人​の​クリスチャン​会衆​で​は,女性​も​集会​で​気兼ねなく​男性​と​の​交友​を​持っ​て​い​ます。いや​らしい​目​で​見​られ​たり,なれなれしく​され​たり​する​心配​は​あり​ませ​ん。なぜなら,クリスチャン​の​男子​は,「年長​の​婦人​に​は​母親​に​対する​よう​に,若い​婦人​に​は​姉妹​に​対する​よう​に​貞潔​を​つくし​て」接する​こと​を​心がけ​て​いる​から​です。―テモテ​第​一 5:2

イエス​は​時間​を​割い​て​女性​を​教え​た。当時​広く​受け入れ​られ​て​い​た​ラビ​の​見方​の​せい​で,女性​は​無知​の​状態​に​置か​れ​て​い​まし​た​が,そう​し​た​見方​と​は​対照​的​に,イエス​は​女性​に,様々​な​こと​を​教える​と​とも​に,気持ち​や​考え​を​言い表わす​よう​勧め​まし​た。教え​を​受ける​喜び​を​マリア​から​奪う​の​を​拒む​こと​に​より,女性​の​居​場所​は​台所​だけ​で​は​ない,と​いう​こと​を​示し​まし​た。(ルカ 10:38‐42)マリア​の​姉妹​マルタ​も,イエス​の​教え​から​益​を​受け​て​い​まし​た。その​証拠​に,ラザロ​の​死後,イエス​に​聡明​な​返答​を​し​て​い​ます。―ヨハネ 11:21‐27

イエス​は​女性​たち​の​考え​に​関心​を​抱い​て​い​まし​た。当時,ユダヤ​人​女性​の​ほとんど​は,立派​な​息子,できれ​ば​預言​者​と​なる​子​を​持つ​こと​が​幸福​の​かぎ​だ,と​考え​て​い​まし​た。女性​の​一​人​が「あなた​を​はらん​だ​胎……は​幸い​です!」と​叫ん​だ​時,イエス​は​その​機会​に,それ​に​勝る​事柄​に​つい​て​教え​まし​た。(ルカ 11:27,28)その​人​に,霊性​の​ほう​が​重要​で​ある​こと​を​示し,女性​の​伝統​的​な​役割​に​勝る​事柄​を​指摘​し​た​の​です。―ヨハネ 8:32

今日​に​おける​その​教え​の​影響: クリスチャン​会衆​内​で​教える​人​たち​は,会衆​の​集会​で​女性​たち​の​注解​を​歓迎​し​ます。また,円熟​し​た​女性​たち​に​敬意​を​払い​ます。それら​の​人​が​模範​的​な​振る舞い​に​よっ​て​公私​に​わたり 「良い​こと​を​教える​者」と​なっ​て​いる​から​です。(テトス 2:3)さらに,神​の​王国​の​良い​たより​を​公​に​告げ知らせる​面​で​の​女性​たち​の​大きな​働き​に​も​感謝​し​て​い​ます。―詩編 68:11。9​ページ​の 「使徒​パウロ​は​女性​が​話す​こと​を​禁じ​た​か」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

イエス​は​女性​を​気遣っ​た。聖書​時代,娘​は​息子​ほど​に​は​貴ば​れ​ませ​ん​でし​た。タルムード​は​その​見方​を​反映​し,「子ども​が​息子​ばかり​の​人​は​幸い​だ​が,娘​ばかり​の​人​は​災い​だ」と​述べ​て​い​ます。親​たち​の​中​に​は,娘​を​育てる​ほう​が​負担​が​大きい​と​考える​人​も​い​まし​た。配偶​者​を​見つけ​て​持参​金​を​持たせ​て​やら​なけれ​ば​なら​ず,自分​が​年老い​て​も​その​娘​に​頼れ​ない​から​です。

イエス​は​少女​の​命​が​少年​の​命​と​同じ​ほど​大切​で​ある​こと​を​示し​まし​た。ナイン​の​やもめ​の​息子​を​生き返ら​せ​た​の​と​同じ​よう​に,ヤイロ​の​娘​を​も​復活​さ​せ​た​から​です。(マルコ 5:35,41,42。ルカ 7:11‐15)また,「十八​年​の​あいだ​虚弱​の​霊」に​悩まさ​れ​て​い​た​女性​を​癒やし​た​後,その​人​を「アブラハム​の​娘」と​呼び​まし​た。それ​は,ユダヤ​人​の​書物​の​中​で​は​ほとんど​知ら​れ​て​い​ない​表現​でし​た。(ルカ 13:10‐16)イエス​は,そう​し​た​敬意​の​こもっ​た​優しい​表現​を​使う​こと​に​より,その​女性​を​社会​の​立派​な​一員​と​みなし​た​だけ​で​なく,その​信仰​の​強さ​を​も​認め​た​の​です。―ルカ 19:9。ガラテア 3:7

今日​に​おける​その​教え​の​影響: アジア​に​は,「娘​を​育てる​の​は​隣人​の​庭​に​水​を​やる​よう​な​もの​だ」と​いう​ことわざ​が​あり​ます。クリスチャン​で​あり​父親​で​も​ある​愛情​深い​人​は,その​よう​な​精神​に​影響​さ​れ​たり​せ​ず,自分​の​子ども​を​息子​も​娘​も​みな​大事​に​育て​ます。親​の​立場​に​ある​クリスチャン​は,どの​子​も​ふさわしい​教育​を​受け,健康​で​いら​れる​よう​に​し​ます。

イエス​は​女性​を​信頼​し​た。ユダヤ​人​の​法廷​で​は,女性​の​証言​は​奴隷​の​証言​と​同等​と​しか​みなさ​れ​ませ​ん​でし​た。1​世紀​の​歴史​家​ヨセフス​は,「女性​の​提出​する​証拠​は​一切​受け入れ​て​は​なら​ない。女性​は​その​性​の​ゆえに​軽率​で​無鉄砲​だ​から​だ」と​忠告​し​まし​た。

イエス​は,自分​の​復活​を​使徒​たち​に​知らせる​栄誉​を,マリア​・​マグダレネ​に​与え​た

それ​と​は​全く​対照​的​に​イエス​は,自分​の​復活​を​証し​さ​せる​の​に​女性​たち​を​選び​まし​た。(マタイ 28:1,8‐10)それら​忠実​な​女性​は​自分​たち​の​主​が​処刑​され​埋葬​さ​れ​た​こと​の​目撃​証人​でし​た​が,使徒​たち​は​その​女性​たち​の​言う​こと​が​なかなか​信じ​られ​ませ​ん​でし​た。(マタイ 27:55,56,61。ルカ 24:10,11)と​は​いえ,復活​し​た​キリスト​は,最初​に​女性​たち​の​前​に​現われる​こと​に​より,女性​を​他​の​弟子​たち​と​同様,証し​を​する​者​と​し​て​ふさわしい,と​みなし​て​い​た​の​です。―使徒 1:8,14

今日​に​おける​その​教え​の​影響: エホバ​の​証人​の​会衆​で​責任​を​委ね​られ​て​いる​男子​たち​は,女性​たち​の​意見​ を​考慮​に​入れる​こと​に​より,女性​へ​の​配慮​を​示し​ます。また,クリスチャン​で​ある​夫​たち​は,妻​の​言う​こと​に​注意深く​耳​を​傾ける​こと​に​より,妻​に「誉れ​を​配し」ます。―ペテロ​第​一 3:7。創世記 21:12

聖書​の​諸​原則​は​女性​の​幸福​に​寄与​する

男性​が​キリスト​に​倣え​ば,女性​は,神​が​女性​の​ため​に​本来​意図​し​て​おら​れ​た​敬意​と​自由​を​得​られ​ます。(創世記 1:27,28)クリスチャン​で​ある​夫​は,男尊女卑​と​いう​考え​を​支持​する​の​で​は​なく,聖書​の​諸​原則​を​導き​と​し​ます。そう​する​こと​は​妻​の​幸福​に​寄与​し​ます。―エフェソス 5:28,29

聖書​の​諸​原則​に​従う​人​は,女性​を​敬い,貴ぶ

エレナ​と​いう​女性​は,聖書​を​学び​始め​た​時,夫​の​ひどい​仕打ち​に​黙っ​て​耐え​て​い​まし​た。夫​は,誘拐​結婚​や​身体​的​虐待​が​ごく​普通​の​暴力​的​な​環境​で​育っ​た​人​でし​た。エレナ​は​こう​言い​ます。「わたし​は​聖書​から​学ん​だ​事柄​に​強め​られ​まし​た。わたし​を​とても​愛し,貴び,気遣っ​て​くださる​方​が​おら​れる​こと​が​分かり​まし​た。そして,もし​夫​が​聖書​研究​を​すれ​ば,わたし​に​対する​夫​の​態度​は​変わる,と​いう​こと​も​分かり​まし​た」。エレナ​の​その​願い​は​現実​と​なり​まし​た。夫​が​ついに​聖書​研究​に​応じ,その​後​バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なっ​た​の​です。「夫​は​自制​心​を​働か​せる​点​で​皆​の​模範​と​なり,わたしたち​は​惜しみなく​許し合う​よう​に​なり​まし​た」と​エレナ​は​言っ​て​い​ます。そして​結び​に,「わたし​は​聖書​の​諸​原則​を​学ん​だ​おかげ​で,結婚​生活​の​中​で​自分​が​必要​と​され​保護​さ​れ​て​いる​と​感じ​られる​よう​に​なり​まし​た」と​述べ​て​い​ます。―コロサイ 3:13,18,19

その​よう​な​経験​を​し​た​の​は​エレナ​だけ​で​は​あり​ませ​ん。幾百万​人​も​の​クリスチャン​の​女性​が,夫​と​一緒​に​聖書​の​原則​を​結婚​生活​に​当てはめる​よう​努力​し​て​幸福​に​なっ​て​い​ます。それら​の​人​は,仲間​の​クリスチャン​たち​と​の​交友​の​中​で​も,敬わ​れ,慰め​られ,自由​を​享受​し​て​い​ます。―ヨハネ 13:34,35

クリスチャン​は​男性​も​女性​も,自分​が​罪​を​受け継い​で​いる​不​完全​な​人間​で​ある​こと​を​認識​し​て​い​ます。それでも,愛情​深い​神​また​父​で​ある​エホバ​に​近づく​こと​に​より,罪​を​受け継い​で​いる​不​完全​な​状態「から​自由​に​され(る)」と​いう​希望​を​抱い​て​おり,真​の​命​を​得​られる​と​信じ​て​い​ます。男性​で​あれ​女性​で​あれ,神​の​民​と​なる​人​に​は,なんと​素晴らしい​見込み​が​ある​の​でしょ​う。―ローマ 8:20,21