内容へ

目次へ

スワヒリ語で神の名が知らされる

スワヒリ語で神の名が知らされる

“スワヒリ語”と聞くと,アフリカや,セレンゲティの草原を歩き回る野生動物を連想する人は少なくありません。とはいえ,スワヒリ語とそれを話す人々に関しては,知るべきことがもっとたくさんあります。

スワヒリ語は,アフリカの中部から東部にかけて少なくとも12か国で,1億人もの人々によって話されています。 * ケニア,タンザニア,ウガンダなど,幾つかの国の国語もしくは公用語となっています。また,その周辺地域での共通語でもあり,様々な地方の人々が交易を行なったり意思を通わせたりするのに役立っています。

スワヒリ語は,東アフリカの人々を一つに結び合わせるうえで,非常に重要な役割を果たしてきました。タンザニアを例に取ると,この国だけで少なくとも114の部族語が話されています。自分の家からほんの40㌔ないし80㌔離れた所に住んでいる人々が自分とは全く異なる言語を使っていたり,ある言語を話すのがわずか二,三の小さな村に住んでいる人たちだけだったりするのです。そのような状況なので,意思の疎通を図るのに共通言語がいかに有用であるかは,容易に理解できます。

スワヒリ語の歴史

スワヒリ語は,遅くとも西暦10世紀には話されていた,と考えられています。そして16世紀には,文字で書き記されるようになりました。スワヒリ 語を学ぶ人は,幾つもの言葉がアラビア語に似ていることにすぐ気づきます。実際,スワヒリ語の語彙の多くはアフリカに起源があるとはいえ,少なくとも20%はアラビア語に由来しています。ですから,何百年もの間スワヒリ語がアラビア文字で記されていたのも,驚くには当たりません。

今日,スワヒリ語はローマ字で書かれます。どうしてそのように変わったのでしょうか。答えを知るためには,19世紀半ばに遡らなければなりません。そのころに,初めてヨーロッパから宣教師たちが東アフリカにやって来て,先住民に聖書の音信を伝えようとしたのです。

神の言葉が初めて東アフリカに達する

1499年,バスコ・ダ・ガマがアフリカ南端経由のかの有名な航海をしていた時に,ポルトガルの宣教師たちがザンジバルに布教所を設け,東アフリカにカトリックの教えを広め始めました。しかし,200年もたたないうちに,地元の人々からの反対が起き,ポルトガル人は“キリスト教”もろとも,その地域から締め出されてしまいました。

その後,150年が経過してようやく,神の言葉が再び東アフリカに伝えられます。このたび伝えたのは,ドイツ人宣教師ヨハン・ルートウィヒ・クラプフでした。クラプフがケニアのモンバサに到着した1844年,東アフリカの沿岸部ではイスラム教が広く定着しており,内陸部では主に伝統的な精霊崇拝が行なわれていました。クラプフは,聖書をだれもが読めるようにすることが必要不可欠だ,と考えました。

それで早速,スワヒリ語を勉強し始め,到着して間もない1844年6月には,聖書を翻訳するという難しい仕事に取りかかりました。しかし,痛ましいことに,翌7月には,結婚して2年になる妻が亡くなり,その数日後には,幼い娘も亡くなりました。クラプフは,悲嘆したに違いありませんが,聖書の翻訳という極めて重要な仕事を続けました。そして1847年に,創世記の最初の三つの章が出版され,スワヒリ語初の印刷された文書となりました。

ヨハン・クラプフによる1847年のスワヒリ語訳の創世記 1章1-3節

クラプフは,スワヒリ語を書き記すのに,慣例のアラビア文字ではなく,初めてローマ字を用いました。アラビア文字を使うのをやめた理由には,後にその言語を学ぶ「ヨーロッパ人にとってアラビア文字体系は障害でしかない」ことや,「『現地の人々がヨーロッパの言語を勉強する』のにローマ字のほうが便利」ということもありました。アラビア文字は,その後も長年,一部の人々によって用いられ,聖書の幾つ かの書もその文字で出版されましたが,ローマ字を用いたことで,スワヒリ語を学びやすくなった人は少なくありません。宣教師などスワヒリ語を学ぶ人たちの多くが,そうした変化をありがたく思っているに違いありません。

クラプフは,神の言葉をスワヒリ語に翻訳する先駆者となっただけでなく,後の翻訳者たちのための基礎も据えました。スワヒリ語の初めての文法書や辞書を作ったのです。

スワヒリ語での神の名

アラビア文字で表記された1891年のスワヒリ語訳のマタイ 1章の一部

創世記の最初の三つの章が出版された当初,神の名は単に「全能の神」と訳されていました。しかし,19世紀の終わりごろ,他の幾人かの人が東アフリカにやって来て,聖書全巻をスワヒリ語に翻訳する仕事を行ないました。ヨハン・レープマン,ウィリアム・テイラー,ハリー・ビンス,エドワード・スティア,フランシス・ホジソン,アーサー・マダンなどがそうです。

注目すべきことに,それら初期の翻訳の中には,神の名が含まれていました。それも,数か所だけではなく,ヘブライ語聖書全巻に出ていたのです。ザンジバルで翻訳した人たちは神の名を「ヤフワ」と訳し,モンバサを根拠地とした人たちは「ジェホバ」と訳しました。

1895年までにはスワヒリ語の聖書全巻が入手可能になりました。その後数十年間に,他の翻訳も幾つか入手できるようになりましたが,あまり頒布されなかったものもあります。20世紀初期に,東アフリカではスワヒリ語を標準化することにかなりの努力が払われました。その結果,1952年に聖書の「スワヒリ語連合訳」が発行されることになり,現在,最も広く頒布されています。それにより,スワヒリ語での神の名も,「イェホファ」が最も一般的な訳となりました。

「スワヒリ語連合訳」の冒頭ページの,エホバという神の名が出ている節

しかし残念なことに,それら初期の翻訳が印刷されなくなると,それに伴って神の名も見られなくなりました。幾つかの新たな翻訳の中には,神の名をすべて取り除いたものもあれば,ほんの数か所にとどめているものもあります。例えば,「連合訳」の初版には神の名が15回だけ出ていましたが,2006年版には11回しか見られません。 *

神の名を「ヤフワ」または「ジェホバ」と訳している初期の翻訳

その翻訳は,ほとんどの箇所で神の名を省いていますが,注目すべき特色もあります。冒頭のあるページで目立つように,神の名がエホバであることを明示しているのです。この点は,真理を求める人が自分の聖書を開いて天の父の固有の名を知るよう,それらの人を助けるのにとても役立っています。

しかし,話はこれで終わりではありません。1996 年に,「クリスチャン・ギリシャ語聖書 新世界訳」のスワヒリ語版が発表されたのです。これは,聖書中のマタイによる書から「啓示」の書までの237か所でエホバの名を復元した最初のスワヒリ語訳です。その後,2003年には,スワヒリ語の「新世界訳聖書」全巻が発表されました。このスワヒリ語版は,現在までに全部で約90万部印刷されました。

神の名はもはや,特定の称号で置き換えられることはなく,前書きの注記の中でしか言及されないということもありません。今や,心の正直な人たちは,スワヒリ語の「新世界訳」を開くとき,7,000回余り出ている神のお名前を読むたびにエホバを身近に感じるのです。

この翻訳では,東アフリカでスワヒリ語を話すどんな人にも理解しやすいように,現代スワヒリ語を用いる努力が払われました。さらに,他の多くの翻訳に入り込んでいた数々の誤りも除かれました。ですから,読む人は,創造者エホバ神の霊感のもとに書かれたとおりの「真実の正確な言葉」を読んでいる,と確信できます。―伝道の書 12:10

多くの人が喜んで「新世界訳聖書」スワヒリ語版を用いている

このスワヒリ語「新世界訳」に感謝を述べる人は少なくありません。エホバの証人の全時間奉仕者である,21歳のビセントは,「『新世界訳』には易しいスワヒリ語が使われているし,エホバの名が本来あった箇所に戻されているので,とてもうれしく思いました」と言います。3人の子どもの母親であるフリーダは,人々に聖書の真理を説明しやすくなったように感じています。

神の言葉をスワヒリ語に翻訳する仕事は,その小さな始まりから150年以上も続いてきました。イエスは自分が『み父の名を明らかにした』と述べました。(ヨハネ 17:6)それで今,アフリカの中部と東部で,スワヒリ語を話す7万6,000人余りのエホバの証人は,「新世界訳」を使ってあらゆる人にエホバの名を知らせる活動に喜んで携わっています。

^ 3節 それらの国では,スワヒリ語の様々な方言が使われています。