内容へ

 幸せ家庭

信頼を回復する

信頼を回復する

スティーブ *: 「妻​の​ジョディー​が​姦淫​を​犯す​なんて,夢​に​も​思い​ませ​ん​でし​た。ジョディー​を​全く​信用​でき​なく​なり​まし​た。許す​こと​が​どれ​ほど​難しかっ​た​か,言葉​で​は​言い表わせ​ませ​ん」。

ジョディー: 「スティーブ​に​信頼​し​て​もらえ​なく​なっ​た​の​も​当然​です。自分​が​どれ​ほど​悔やん​で​いる​か,分かっ​て​もらう​まで​に​は​何​年​も​かかり​まし​た」。

聖書​で​は,離婚​する​か​どう​か​を​決める​権利​は,姦淫​を​犯し​た​人​の​配偶​者​に​ある,と​され​て​い​ます。 *マタイ 19:9)スティーブ​は,離婚​し​ない​こと​に​し​まし​た。スティーブ​と​ジョディー​は​共​に,夫婦​関係​を​再び​良い​もの​に​し​よう​と​決意​し​まし​た。しかし​すぐ​に,ただ​一緒​に​生活​し​続ける​だけ​で​は​だめ​だ,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。なぜなら,上記​の​二​人​の​言葉​から​も​分かる​よう​に,ジョディー​の​不倫​に​よっ​て,夫婦​の​信頼​関係​が​すっかり​損​な​われ​て​しまっ​た​から​です。幸せ​な​結婚​生活​を​送る​に​は​相互​の​信頼​が​不可欠​な​の​で,二​人​に​は​し​なけれ​ば​なら​ない​こと​が​あり​まし​た。

姦淫​と​いっ​た​重大​な​罪​に​よっ​て​夫婦​関係​が​損なわ​れ​た​後​に,関係​を​再び​良い​もの​に​し​よう​と​努力​し​て​いる​人​は,難しい​問題​に​直面​する​もの​です。罪​が​発覚​し​て​から​数​か月​間​は,特に​耐え​難い​か​も​しれ​ませ​ん。でも,必ず​乗り越え​られ​ます。信頼​を​回復​する​うえ​で,聖書​に​収め​られ​て​いる​知恵​が​助け​に​なり​ます。以下​の​四つ​の​提案​を​考え​て​み​ましょ​う。

1 互い​に​正直​に​話す。

「あなた方​は​偽り​を​捨て去っ​た​の​ですから,……真実​を​語り​なさい」と​使徒​パウロ​は​書い​て​い​ます。(エフェソス 4:25)うそ​を​つい​たり,都合​の​よい​こと​しか​話さ​なかっ​たり,ただ​黙っ​て​い​たり​する​と,信頼​感​は​薄れ​ます。ですから,互い​に​対し​て​隠し立て​し​たり​せ​ず,正直​に​話す​必要​が​あり​ます。

最初​の​うち​は,夫婦​双方​が​あまりに​も​動揺​し​て​い​て,その​出来事​に​つい​て​話し合う​こと​など​でき​ない​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​いずれ​は,何​が​あっ​た​か​に​つい​て​包み隠さ​ ず​話さ​なけれ​ば​なら​ない​でしょ​う。事細か​に​は​話さ​ない​と​し​て​も,その​話題​自体​を​避ける​の​は​賢明​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。上記​の​ジョディー​は,こう​述べ​て​い​ます。「最初​の​頃,その​こと​に​つい​て​話す​の​は,とても​難しく,とても​嫌​でし​た。深く​後悔​し​て​い​まし​た​し,どこ​か​に​し​まい​込ん​で​忘れ​て​しまい​たかっ​た​から​です」。しかし,その​よう​に​意思​の​疎通​が​なくなっ​た​ため,いろいろ​問題​が​生じ​まし​た。その​理由​を​スティーブ​は,「ジョディー​が​不倫​に​つい​て​話そ​う​と​し​なかっ​た​の​で,わたし​は​猜疑​心​を​拭え​ませ​ん​でし​た」と​言い​ます。当時​の​こと​を​ジョディー​は,「あの​件​を​夫​と​話し合わ​なかっ​た​の​で,心​の​傷​が​いえ​て​ゆか​なかっ​た​の​です」と​言っ​て​い​ます。

確か​に,その​裏切り​行為​に​つい​て​話し合う​の​は,辛い​こと​でしょ​う。デビー​の​場合,夫​の​ポール​が​秘書​と​姦淫​を​犯し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「尋ね​たい​こと​が​山​ほど​あり​まし​た。どういう​経緯​で? なぜ? 二​人​で​どんな​話​を​し​た​の? わたし​は​ひどく​感情​的​に​なっ​て,その​こと​ばかり​考え,週​を​追う​ごと​に​ますます​多く​の​質問​を​する​よう​に​なり​まし​た」。ポール​は​こう​言い​ます。「当然​ながら,デビー​と​の​話し合い​が​口論​に​なっ​て​しまう​こと​も​あり​まし​た。しかし,いつも,後​で​互い​に​謝り​まし​た。その​よう​に​正直​に​話し合っ​た​結果,より​親密​に​なれ​まし​た」。

では,話し合う​際​の​そう​し​た​緊張​を,どう​すれ​ば​多少​と​も​和らげる​こと​が​できる​でしょ​う​か。次​の​こと​を​忘れ​ない​よう​に​する​必要​が​あり​ます。話し合う​目的​は​主​に,配偶​者​を​罰する​こと​で​は​なく,悲劇​から​学び,夫婦​関係​を​強める​こと​に​あり​ます。チャル​・​スー​と​妻​の​ミー​・​ヤン​を​例​に​挙げ​て,考え​て​み​ましょ​う。チャル​・​スー​の​不倫​事件​を​きっかけ​に,二​人​は​自分​たち​の​関係​を​吟味​し​まし​た。チャル​・​スー​は​こう​言い​ます。「それ​で​気づい​た​の​です​が,わたし​は​自分​個人​の​関心事​ばかり​に​かまけ​て​い​まし​た。また,人​の​歓心​を​買っ​たり​期待​に​応え​たり​する​こと​ばかり​気​に​かけ​て​い​まし​た。自分​の​時間​や​関心​の​大半​を​他​の​人​たち​に​振り向け​て​い​た​の​です。その​ため,妻​と​一緒​に​いる​こと​は​ほとんど​あり​ませ​ん​でし​た」。その​よう​に​問題​点​を​見抜い​た​結果,チャル​・​スー​も​ミー​・​ヤン​も​変化​を​遂げる​こと​が​でき,夫婦​関係​は​強まり​まし​た。

やっましょう: もし​あなた​が​浮気​を​し​た​の​で​あれ​ば,言い訳​し​たり​配偶​者​を​責め​たり​し​て​は​なり​ませ​ん。自分​の​し​た​こと​と​配偶​者​を​傷つけ​て​しまっ​た​こと​の​責任​を​負い​ましょ​う。もし​あなた​が​傷つけ​られ​た​側​なら,配偶​者​に​対し​て​わめき立て​たり​ののしっ​たり​し​て​は​なり​ませ​ん。そう​し​ない​よう​に​すれ​ば,配偶​者​は​引き続き​隠し立て​せ​ず​に​話そ​う​と​いう​気​に​なる​から​です。―エフェソス 4:32

2 協力​し​合う。

「二​人​は​一​人​に​勝る」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。なぜなら,「彼ら​は​その​骨折り​に​対し​て​良い​報い​を​得る」から​です。「もしも​その​うち​の​一​人​が​倒れる​なら,他方​の​者​が​その​仲間​を​起き上がら​せる​こと​が​できる」の​です。(伝道​の​書 4:9,10)この​言葉​は,信頼​を​回復​し​よう​と​努めて​いる​夫婦​に​特に​当てはまり​ます。

あなた​も​あなた​の​配偶​者​も,関係​悪化​の​原因​で​ある​不信​を​解消​する​よう​努力​でき​ます。しかし,夫婦​関係​を​再び​良い​もの​に​する​こと​に,​取り組む​必要​が​あり​ます。もし​一人一人​で​対処​し​よう​と​する​なら,より​多く​の​問題​を​招く​こと​に​なり​かね​ませ​ん。ですから,互い​を​パートナー​と​考える​必要​が​ある​の​です。

スティーブ​と​ジョディー​は,その​こと​に​気づき​まし​た。ジョディー​は​こう​述べ​て​い​ます。「時間​は​かかり​まし​た​が,スティーブ​と​わたし​は,絆​を​固い​もの​に​する​ため​に​協力​し​合い​まし​た。スティーブ​に​は​二​度​と​あの​よう​な​心痛​は​させ​まい,と​固く​決心​し​まし​た。スティーブ​は,傷つき​ながら​も,結婚​を​終わらせ​ない​こと​を​決意​し​て​くれ​まし​た。わたし​は,様々​な​方法​で​自分​の​忠節​を​スティーブ​に​確信​し​て​もらえる​よう​に​し,スティーブ​も​絶え​ず​わたし​に​対する​愛​を​示し​て​くれ​まし​た。その​こと​に​は​いつ​まで​も​感謝​する​でしょ​う」。

やっましょう: 共​に,夫婦​間​の​信頼​を​回復​する​ため​協力​し​合う​こと​を​決意​し​て​ください。

3 これ​まで​の​習慣​を​改める。

イエス​は​耳​を​傾け​て​い​た​人​たち​に,姦淫​を​非​と​する​話​を​し​た​あと,「もし​あなた​ の​右​の​目​が​あなた​を​つまずか​せ​て​いる​なら,それ​を​えぐり出し​て​捨て去り​なさい」と​いう​助言​を​与え​まし​た。(マタイ 5:27‐29)あなた​が​罪​を​犯し​た​側​で​あれ​ば,夫婦​関係​を​良く​する​ため​に,どんな​行為​や​態度​を​えぐり出し​て​捨て去る​べき​か,思い当たり​ます​か。

言う​まで​も​なく,姦淫​の​相手​と​の​接触​は​絶つ​必要​が​あり​ます。 *箴言 6:32。コリント​第​一 15:33)先​ほど​の​ポール​は,相手​の​女性​と​は​二​度​と​連絡​を​取ら​ない​よう​に​する​ため,勤務​予定​と​携帯​電話​の​番号​を​変更​し​まし​た。それでも​接触​を​すべて​絶つ​こと​は​でき​なかっ​た​の​で,妻​の​信頼​を​取り戻そ​う​と​固く​決心​し​て​その​会社​を​辞め,また​自分​の​携帯​電話​を​処分​し​て​妻​の​携帯​電話​だけ​を​使う​よう​に​し​まし​た。そう​し​た​不便​は​忍ぶ​だけ​の​価値​が​あっ​た​でしょ​う​か。妻​の​デビー​は​こう​言っ​て​い​ます。「もう​6​年​に​なり​ます​が,わたし​は​今​で​も​相手​の​女性​が​連絡​を​取ろ​う​と​する​の​で​は​ない​か​と​心配​に​なる​こと​が​あり​ます。でも​今​で​は,ポール​が​誘惑​に​屈する​こと​は​ない,と​信じ​て​い​ます」。

罪​を​犯し​た​側​に​は,人格​を​改める​必要​も​ある​でしょ​う。異性​の​気​を​引こ​う​と​する​傾向​や,他​の​人​と​の​ロマンチック​な​関係​を​空想​する​傾向​が​ある​なら,「古い​人格​を​その​習わし​と​共​に​脱ぎ捨て」ましょ​う。以前​の​習慣​を​改めて,配偶​者​から​もっと​信頼​し​て​もらえる​よう​に​する​の​です。(コロサイ 3:9,10)あなた​は​自分​の​生い立ち​ゆえ​に,愛情​を​言葉​や​仕種​で​表現​する​の​が​苦手​です​か。そう​で​あれ​ば,配偶​者​に​愛​を​示す​こと​や​安心​さ​せる​言葉​を​かける​の​は,初め​の​うち​きまり悪く​思える​か​も​しれ​ませ​ん​が,惜しみなく​そう​する​よう​努力​し​て​ください。スティーブ​は​回顧​し​て​こう​述べ​て​い​ます。「ジョディー​は,よく​わたし​に​触れ​て​愛情​を​示し,『愛し​て​いる​わ』と​いつも​言っ​て​くれ​まし​た」。

しばらく​は,自分​の​日常​の​活動​すべて​を​包み隠さ​ず​話す​の​が​よい​でしょ​う。先​ほど​の​ミー​・​ヤン​は​こう​述べ​て​い​ます。「チャル​・​スー​は,わたし​に​何​も​隠し立て​し​て​い​ない​こと​を​示そ​う​と​し​て,毎日​必ず,自分​の​身​の​回り​で​起き​た​事柄​を,ごく​ささい​な​こと​まで​全部,話し​て​くれ​まし​た」。

やっましょう: どう​すれ​ば​信頼​を​回復​し​やすく​なる​か,互い​に​尋ね​て​み​て​ください。そして,それぞれ​の​答え​を​書き出し​て,その​とおり​に​し​て​みる​こと​です。また,定期​的​に​行なう​事柄​の​中​に,何​か​一緒​に​楽しめる​こと​を​加え​ましょ​う。

4 次​の​段階​に​進む​べき​時​を​わきまえる。

気​を​早く​し​て,もう​すべて​が​元どおり​の​良い​状態​に​なっ​た​か​の​よう​に​生活​し​て​も​よい,と​考え​て​なり​ませ​ん。箴言 21​章​5​節​で​は,「性急​な​者​は​みな​必ず​窮乏​に​向かう」と​警告​さ​れ​て​い​ます。信頼​の​回復​に​は​時間​が​かかり​ます。何​年​も​かかる​場合​が​ある​の​です。

裏切ら​れ​た​側​も,十分​に​許せる​よう​に​なる​まで​に​は​時間​が​かかる​もの​です。ミー​・​ヤン​は​回顧​し​て​こう​述べ​て​い​ます。「かつて​は,妻​が​夫​の​浮気​を​許せ​ない​なんて​おかしい,と​思っ​て​い​まし​た。いつ​まで​も​腹​を​立て​て​いる​の​は​なぜ​な​の​か,理解​でき​ませ​ん​でし​た。でも,自分​の​夫​が​浮気​し​た​時,許す​の​が​なぜ​難しい​の​か,分かり​まし​た」。そう​です,許す―そして​信頼​する―こと​は,大抵,一朝一夕​に​は​でき​ない​の​です。

と​は​いえ,『いえる​時』が​来る,と​伝道​の​書 3​章​1‐3​節​に​述べ​られ​て​い​ます。最初​の​うち​は,自分​の​感情​を​配偶​者​に​知らせ​ない​の​が​一番​無難​だ​と​思える​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,そう​する​なら,配偶​者​を​再び​信頼​できる​よう​に​は​なら​ない​でしょ​う。傷​が​いえる​ため​に​は,相手​を​許し,その​事実​を,自分​の​考え​や​気持ち​を​話す​こと​に​よっ​て​示す​必要​が​あり​ます。また,相手​に​も,うれしい​こと​や​心配​な​こと​を​話す​よう​勧め​て​ください。

苦々しい​気持ち​を​募ら​せ​て​は​なり​ませ​ん。そういう​感情​に​打ち勝つ​よう​に​努めて​ください。(エフェソス 4:32)神​ご自身​の​手本​に​つい​て​思い巡らす​と​よい​でしょ​う。エホバ​神​は,古代​の​ご自分​の​崇拝​者​たち​から​背​を​向け​られ​た​時,大きな​心痛​を​経験​さ​れ,ご自身​を​妻​に​裏切ら​れ​た​夫​に​なぞらえる​こと​さえ​され​まし​た。(エレミヤ 3:8,9; 9:2)それでも,「定め​の​ない​時​に​至る​まで​ 憤慨​し​つづけ」たり​は​され​ませ​ん​でし​た。(エレミヤ 3:12)ご自分​の​民​が​心​から​悔い改め​て​戻っ​て​来​た​時​に​は,彼ら​を​お許し​に​なり​まし​た。

やがて​は​あなた​も​配偶​者​も,夫婦​関係​に​おける​必要​な​変化​を​遂げ​られ​た​と​思える​よう​に​なり,安心​感​を​抱ける​こと​でしょ​う。そう​なれ​ば,専ら​夫婦​関係​を​再び​良い​もの​に​する​こと​に​心​を​砕く​必要​は​なくなり,一緒​に​他​の​目標​に​向かっ​て​進める​よう​に​なり​ます。しかし​それ​で​も,定期​的​に​自分​たち​の​進歩​を​吟味​する​ため​の​時間​を​取る​よう​計画​し​ましょ​う。自己​満足​に​陥っ​て​は​なり​ませ​ん。少し​後戻り​し​た​と​思える​なら,その​点​に​対処​し​て,互い​へ​の​誓約​を​再​確認​し​ましょ​う。―ガラテア 6:9

やっましょう: 夫婦​関係​を​元​に​戻す​と​いう​より​は,新た​に​以前​より​も​強固​な​関係​を​築き上げる​の​だ​と​考え​ましょ​う。

あなた​に​も​できる

おぼつか​ない​よう​に​思える​時​に​は,結婚​の​創始​者​は​神​で​ある,と​いう​こと​を​思い出し​て​ください。(マタイ 19:4‐6)ですから,神​の​助け​を​得る​なら,あなた​に​も​夫婦​関係​を​円満​な​もの​に​する​こと​が​でき​ます。この​記事​に​出​て​き​た​どの​夫婦​も,聖書​の​賢明​な​助言​を​当てはめ​て,関係​を​再び​良い​もの​に​する​こと​が​でき​まし​た。

スティーブ​と​ジョディー​の​関係​が​危機​に​瀕し​た​時​から,もう​20​年​余り​たち​まし​た。スティーブ​は,どの​よう​に​し​て​回復​でき​た​か​を​こう​要約​し​て​い​ます。「夫婦​関係​が​特に​著しく​好転​し​た​の​は,エホバ​の​証人​と​聖書​研究​を​始め​て​から​の​こと​でし​た。本当​に​助かり​まし​た。おかげ​で​二​人​と​も,あの​辛い​時期​を​切り抜ける​こと​が​でき​まし​た」。ジョディー​は​こう​言い​ます。「夫婦​と​し​て​あの​悲痛​な​時​を​耐え抜く​こと​が​でき​て,わたし​は​豊か​に​祝福​さ​れ​た​と​思っ​て​い​ます。二​人​で​一緒​に​聖書​研究​を​し,懸命​に​努力​し​た​結果,今​で​は​関係​が​素晴らしく​良い​もの​に​なっ​て​い​ます」。

^ 3節 名前​は​変え​て​あり​ます。

^ 5節 どう​する​か​を​決める​際​の​アドバイス​に​つい​て​は,「目ざめよ!」1999​年​4​月​22​日​号​6​ページ​と​1995​年​8​月​8​日​号​10‐11​ページ​を​ご覧​ください。

^ 17節 もし​一定​の​期間,何らか​の​接触(例えば,仕事​上​の​遣り​取り)が​避け​られ​ない​の​で​あれ​ば,そう​し​た​接触​は​必要​最小限​に​す​べき​です。それ​も,他​の​人​たち​の​いる​所​で,また​配偶​者​に​すべて​知らせ​た​うえ​で​行なっ​て​ください。

考え​て​み​ましょ​う…

  • わたし​が,夫(または​妻)の​浮気​に​も​かかわら​ず,離婚​し​ない​こと​に​し​た​の​は​なぜ​だろ​う​か

  • 今,わたし​の​夫(または​妻)に​は,どんな​好ましい​特質​が​見​られる​だろ​う​か

  • わたし​は,かつて​交際​し​て​い​た​時,ささやか​ながら​も​どの​よう​に​愛​を​示し​た​だろ​う​か。今,再び​どの​よう​に​愛​を​示せる​だろ​う​か