内容へ

目次へ

 お子さん教えましょ

仲間外れにされているように感じたことがありますか

仲間外れにされているように感じたことがありますか

仲間​外れ​に​される​と​は,仲間​に​入れ​て​もらえ​ない​こと​です。肌​の​色​や​生ま​れ​た​国​が​違っ​て​い​たり,物​の​言い方​や​物事​の​やり方​が​違っ​て​い​たり​する​と,その​よう​な​こと​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。あなた仲間外れされいるよう感じことありますか。 *

そう​感じ​た​人​が​い​まし​た。メピボセテ​と​いう​人​です。どんな​人​な​の​か,また​なぜ​そう​感じ​た​の​か​を​調べ​て​み​ましょ​う。あなた​も​仲間​外れ​に​され​た​よう​に​感じる​こと​が​ある​なら,メピボセテ​から​多く​の​こと​を​学べ​ます。

メピボセテ​は,ダビデ​の​親友​ヨナタン​の​息子​でし​た。ヨナタン​は​戦死​する​前,ダビデ​に,『わたし​の​子​たち​に​優しく​し​て​ほしい』と​言っ​て​い​まし​た。ダビデ​は​王​と​なっ​て​何​年​か​後​に​その​言葉​を​思い出し​まし​た。ヨナタン​の​子ども​の​うち,生き残っ​て​い​た​の​は​メピボセテ​でし​た。メピボセテ​は,幼い​時​ひどい​事故​に​遭い,二​度​と​歩け​ない​体​に​なっ​て​い​まし​た。メピボセテ仲間外れされよう感じしれません。なぜだか分かりますか。

ダビデ​は,メピボセテ​に​優しく​し​て​あげ​たい,と​思い​まし​た。それで,エルサレム​の​自分​の​家​の​近く​に​家​を​あてがい,王​の​食卓​に​席​を​設け​まし​た。そして,ヂバ​と​いう​人​と​その​息子​たち​や​僕​たち​を,メピボセテ​に​僕​と​し​て​与え​まし​た。ダビデ​は​確か​に,ヨナタン​の​息子​を​大切​に​扱い​まし​た。そのどんなことあっか,知っますか。

ダビデ​は,家庭​内​に​問題​を​抱える​よう​に​なり​まし​た。息子​の​一​人​アブサロム​が​背き,王座​を​奪お​う​と​し​た​の​で,命からがら​逃げ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。多く​の​人​が​ ダビデ​と​一緒​に​行っ​た​とき,メピボセテ​も​そう​し​たい​と​思い​まし​た。それら​の​人​は,ダビデ​が​正当​な​王​で​ある​こと​を​知っ​て​い​た​から​です。しかし​メピボセテ​は,歩け​なかっ​た​の​で,一緒​に​行く​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た。

その​後,ヂバ​が​ダビデ​に​うそ​を​つき,メピボセテ​が​一緒​に​来​なかっ​た​の​は​実​は​自分​が​王​に​なり​たかっ​た​から​だ,と​言い​まし​た。なんと​ダビデ​は​それ​を​信じ,ヂバ​に​メピボセテ​の​財産​すべて​を​与え​て​しまい​ます。その​後​ま​も​なく,ダビデ​は​アブサロム​と​の​戦争​に​勝ち,エルサレム​に​帰っ​て​来​まし​た。そして,メピボセテ​の​言い分​を​聞き,メピボセテ​と​ヂバ​の​間​で​財産​を​分け​させる​こと​に​し​まし​た。メピボセテどう思いますか。

『ダビデ​の​決定​は​不​公平​だ』など​と​不平​を​言う​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。王​が​務め​を​首尾​よく​行なう​ため​に​平和​を​必要​と​し​て​いる​こと​を​知っ​て​い​た​の​です。それで,財産​が​すべて​ヂバ​の​もの​に​なっ​て​も​かまわ​ない,と​言い​まし​た。メピボセテ​に​とっ​て​本当​に​重要​だっ​た​の​は,エホバ​の​僕​ダビデ​が​王​と​し​て​エルサレム​に​戻る​こと​でし​た。

メピボセテ​は​何​度​も​つらい​思い​を​し​まし​た。しばしば,仲間​外れ​に​され​た​よう​に​感じ​まし​た。と​は​いえ,エホバ​は​メピボセテ​を​愛し,その​世話​を​され​まし​た。そのことから学べるでしょか。― わたしたち​が​正しい​こと​を​し​て​い​て​も,わたしたち​に​つい​て​うそ​を​つく​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は,「もしあなた方憎むなら,あなた方憎むよりわたし憎んだ,ということあなた方知るです」と​言い​まし​た。人々​は​イエス​を​殺す​こと​さえ​し​た​の​です。わたしたち​は,正しい​こと​を​し​て​いれ​ば,まこと​の​神​エホバ​も,み子​イエス​も,わたしたち​を​愛し​て​くださる,と​確信​でき​ます。

^ 3節 お子さん​と​一緒​に​読ん​で​いる​の​で​あれ​ば,ダッシュ(―)の​所​で​休止​を​入れ,お子さん​の​答え​を​聞い​て​みる​こと​が​でき​ます。