内容へ

目次へ

 近づく

「あなたは慕われます」

「あなたは慕われます」

愛する​者​の​苦しみ​や​死​を​目​に​する​の​は​つらい​こと​で​あり,その​死​を​悼む​の​は​ごく​自然​な​こと​です。それでも,慰め​と​なる​の​は,創造​者​エホバ​神​が​その​悲嘆​を​理解​し​て​くださっ​て​いる​だけ​で​なく,全能​の​力​を​行使​し​て​死者​を​生き返ら​せ​たい​と​心​から​思っ​て​おら​れる​こと​です。ヨブ 14​章​13‐15​節​の​ヨブ​の​言葉​に​示さ​れ​て​いる​希望​に​注目​し​て​ください。

ヨブ​と​いう​人​は,際立っ​た​信仰​の​持ち主​でし​た​が,財産​を​失い,愛する​子ども​全員​を​亡くし,苦痛​を​伴う​病気​に​かかる​と​いう,厳しい​試練​の​ただ中​に​あり​まし​た。ヨブ​は,そう​し​た​不幸​の​どん底​に​あっ​て,神​に,『あなた​が​私​を​シェオル[人類​共通​の​墓]に​隠し​て​くだされ​ば​よい​の​に』と​叫び​まし​た。(13​節)シェオル​を​苦しみ​の​終わり​と​みなし​た​の​です。そこ​で​は,宝​で​ある​か​の​よう​に​神​に​よっ​て​隠さ​れ,苦難​と​苦痛​から​解放​さ​れる​から​です。 *

ヨブ​は,シェオル​に​永久​に​とどまる​こと​に​なる,と​思っ​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。その​あと​続け​て,「私​の​ため​に​時​の​限り​を​設け​て,私​を​覚え​て​くだされ​ば​よい​の​に」と​祈っ​て​いる​から​です。自分​が​シェオル​に​とどまる​の​は​一時​的​な​こと​で,エホバ​に​忘れ​られる​こと​は​ない,と​確信​し​て​い​た​の​で,シェオル​で​過ごす​期間​を「強制​奉仕」つまり,待つ​こと​を​余儀なく​される​期間​に​なぞ​ら​え,「私​の​解放​が​来る​まで」と​述べ​て​い​ます。(14​節)その​時​が​来れ​ば,シェオル​から​解放​さ​れる,言い換えれ​ば,死人​の​中​から​復活​さ​せ​られる​の​です。

解放​が​来る​こと​を​確信​し​て​い​た​の​は,愛​ある​創造​者​が​ご自分​の​亡くなっ​た​忠実​な​崇拝​者​を​どう​思っ​て​おら​れる​か​を​知っ​て​い​た​から​です。「あなた​は​呼ん​で​くださり,私​は​あなた​に​答え​ます。ご自分​の​み手​の​業​を​あなた​は​慕わ​れ​ます」と​述べ​て​いる​とおり​です。(15​節)ヨブ​は​自分​が​神​の​み手​の​業​で​ある​こと​を​認識​し​て​い​まし​た。命​の​与え主​で​あり​ヨブ​を​母親​の​胎内​で​形造っ​た​方​は,ヨブ​が​死ん​で​も​必ず​生き返ら​せる​こと​が​できる​の​です。―ヨブ 10:8,9; 31:15

ヨブ​の​言葉​から,エホバ​の​憐れみ深さ​が​分かり​ます。エホバ​は,ヨブ​の​よう​に​神​の​み手​に​身​を​ゆだね​て​形造ら​れ,神​の​目​に​望ましい​者​と​なる​人​に,特別​の​愛着​を​抱か​れ​ます。(イザヤ 64:8)ご自分​の​忠実​な​崇拝​者​を​宝​の​よう​に​扱い,亡くなっ​た​忠節​な​人​たち​を「慕わ​れ​ます」。そう​訳さ​れ​て​いる​ヘブライ​語​が「切​に​望む​気持ち​を​表明​する​最も​強い​言葉​の​一つ​で​ある​こと​に​疑問​の​余地​は​ない」と,ある​学​者​は​述べ​て​い​ます。そう​です,エホバ​は​ご自分​の​崇拝​者​の​うち​亡くなっ​た​人​たち​を​覚え​て​おら​れる​だけ​で​なく,彼ら​を​生き返ら​せ​たい​と​切​に​望ん​で​おら​れる​の​です。

感謝​す​べき​こと​に,エホバ​は,死者​を​復活​さ​せる​と​いう​ご自分​の​目的​を,聖書​の​中​でも​ごく​初期​に​書か​れ​た​ヨブ​記​の​中​で​啓示​する​こと​を​よし​と​され​まし​た。 * そして,あなた​を​死別​し​た​家族​と​再会​さ​せ​たい,と​思っ​て​おら​れ​ます。そう​考える​と,愛する​人​を​亡くし​た​悲しみ​に​耐え​やすく​なり​ます。愛​ある​この​神​に​つい​て,また​どう​すれ​ば​神​の​目的​の​実現​を​目撃​する​人​に​なる​よう​形造っ​て​いただける​か​に​つい​て,もっと​学ん​で​は​いかが​です​か。

3聖書通読範囲:

エステル 1‐10ヨブ 1‐15

^ 4節 ある​参考​文献​に​よる​と,『私​を​隠し​て​ください』と​いう​ヨブ​の​言葉​に​は,「[私​を]貴重​な​保管​物​の​よう​に​安全​に​しまっ​て​おい​て​ください」と​いう​意味​が​あり,別​の​資料​に​よれ​ば,「私​を​宝​の​よう​に​隠し​て​ください」と​いう​意味​も​あり​ます。

^ 8節 義​の​新しい​世​で​の​復活​と​いう​聖書​の​約束​に​つい​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​7​章​を​ご覧​ください。