内容へ

目次へ

 お子さん教えましょ

神からも友達からも愛された少女

神からも友達からも愛された少女

今日,その​少女​の​名前​を​知っ​て​いる​人​は​い​ませ​ん。分かっ​て​いる​の​は,父親​が​エフタ​と​いう​名​で​あっ​た​こと​だけ​です。聖書​から​その​二​人​に​つい​て​学び​ましょ​う。そうすれば,エフタ​の​娘​が​神​から​も​友達​から​も​愛さ​れ​た​こと​が​分かる​でしょ​う。

聖書​の「裁き人​の​書​」第​11​章​に,エフタ​と​その​娘​の​こと​が​記さ​れ​て​い​ます。エフタ​は,神​の​忠実​な​僕​でし​た​から,娘​と​定期​的​に​聖書​に​つい​て​話し合っ​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。

エフタ​は,神​の​民​で​あっ​た​イスラエル​人​が​自分​たち​を​治め​て​くれる​人間​の​王​を​求める​より​前​の​時代​の​人​です。戦う​能力​の​ある​強い​人​でし​た。その​ため,イスラエル​人​は​エフタ​に,自分​たち​を​率い​て,隣​の​国​の​民​で​敵​で​も​ある​アンモン​人​と​戦っ​て​くれる​よう​頼み​まし​た。

エフタ​は,アンモン​人​を​撃ち破る​ため​に​エホバ​の​助け​が​欲しかっ​た​の​で,一つ​の​約束​を​し​まし​た。『もし​エホバ​が​勝利​を​与え​て​くださる​なら​ば,戻っ​た​時​に​家​から​最初​に​出​て​来る​者​を​エホバ​に​ささげ​ます』と​言っ​た​の​です。その​者​は,神​の​幕屋―当時,神​へ​の​崇拝​が​行なわ​れ​て​い​た​場所―で,死ぬ​まで​ずっ​と​神​に​仕える​こと​に​なり​ます。だれ最初か,知っますか。― *

 そう,エフタ​の​娘​です。エフタ​は​とても​悲しく​なり​まし​た。子ども​は​その​娘​しか​い​なかっ​た​から​です。しかし,エホバ​に​約束​し​た​の​で,それ​を​守ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん。すると,娘​は​すぐ​に,「お父さま,エホバ​に​向かっ​て​口​を​開か​れ​た​の​でし​たら,口​から​出​た​その​とおり​に​わたし​に​なさっ​て​ください」と​言い​まし​た。そして,2​か月​間​独り​で​山​に​行っ​て​泣く[つまり「嘆き悲しむ」]こと​を​許し​て​欲しい,と​頼み​まし​た。なぜ​悲しむ​の​でしょ​う​か。父親​の​誓い​を​守る​なら,結婚​し​て​子ども​を​持つ​権利​を​手放す​こと​に​なる​から​です。それでも,自分​の​願い​を​一番​重要​な​こと​と​は​みなし​ませ​ん​でし​た。父親​に​従い​たい,また​エホバ​に​対し​て​忠節​で​あり​たい,と​思っ​た​から​です。エフタエホバ父親喜ばせた,と思いますか。―

それで,エフタ​は​娘​を​2​か月​間​去ら​せ,娘​は​女​友達​と​一緒​に​出かけ​て​行き​まし​た。娘​が​帰っ​て​来る​と,父​エフタ​は,誓い​どおり​に​娘​を​シロ​に​ある​神​の​幕屋​へ​送り,生涯​そこで​仕え​さ​せ​まし​た。イスラエル​の​娘​たち​は​毎年,シロ​に​行っ​て​エフタ​の​娘​を​励まし​まし​た。

あなた知っいる若者たちに,親従い,エホバ愛しいるますか。その​よう​な​子​を​もっと​よく​知っ​て​友達​に​なる​の​は​良い​こと​です。あなた​も,エフタ​の​娘​に​倣っ​て​従順​と​忠節​を​示す​なら,良い​友達​を​持て​ます。そして,親​を​喜ばせる​こと​が​でき,エホバ​から​も​愛さ​れる​こと​でしょ​う。

^ 6節 お子さん​と​一緒​に​読ん​で​いる​の​で​あれ​ば,ダッシュ(―)の​所​で​休止​を​入れ,お子さん​の​答え​を​聞い​て​みる​こと​が​でき​ます。