内容へ

目次へ

神が日ごとに語りかけてくださるようにしていますか

神が日ごとに語りかけてくださるようにしていますか

あなた​は​どれ​ほど​頻繁​に​鏡​で​自分​を​見​ます​か。ほとんど​の​人​は,毎日,見​ます。恐らく,一日​に​何​度​も​そう​する​でしょ​う。それ​は,身だしなみ​に​気​を​配っ​て​いる​から​です。

聖書​を​読む​こと​は,鏡​を​熟視​する​こと​に​例え​られ​ます。(ヤコブ 1:23‐25)神​の​言葉​に​記さ​れ​て​いる​音信​に​は,わたしたち​が​自分​自身​を​ありのまま​に​見る​こと​が​できる​よう​に​する​力​が​あり​ます。その​音信​は『魂​と​霊​を​分ける​まで​に​刺し通し』ます。(ヘブライ 4:12)言い換えれ​ば,外面​の​見かけ​の​姿​と​内面​の​ありのまま​の​姿​と​を​分け​ます。鏡​の​場合​と​同じ​よう​に,調整​の​必要​な​箇所​を​明らか​に​する​の​です。

聖書​は,調整​の​必要​な​箇所​を​明らか​に​する​だけ​で​なく,調整​を​助ける​働き​も​し​ます。使徒​パウロ​が​こう​書い​て​い​ます。「聖書​全体​は​神​の​霊感​を​受け​た​もの​で,教え,戒め,物事​を​正し,義​に​そっ​て​訓育​する​の​に​有益​です」。(テモテ​第​二 3:16,17)注目​し​たい​の​は,次​の​点​です。すなわち,強調​さ​れ​て​いる​四つ​の​益​の​うち,戒める,物事​を​正す,訓育​する​と​いう​三つ​が,わたしたち​の​態度​や​行動​の​調整​に​関係​し​て​いる​こと​です。わたしたち​に​とっ​て,自分​の​身だしなみ​を​整える​ため​定期​的​に​鏡​を​見る​必要​が​ある​の​で​あれ​ば,神​の​言葉 聖書​を​定期​的​に​読む​こと​は​もっと​重要​でしょ​う。

エホバ​神​は​ヨシュア​に,イスラエル​国民​を​導く​よう​任命​する​と​すぐ,こう​お告げ​に​なり​まし​た。「この​律法​の​書​が​あなた​の​口​から​離れ​て​は​いけ​ない。あなた​は​それ​を​昼​も​夜​も​小声​で​読ま​なけれ​ば​なら​ない。注意​し​て​そこ​に​記さ​れ​て​いる​すべて​の​こと​を​その​とおり​に​行なう​ため​で​ある。そう​すれ​ば​あなた​は​自分​の​道​を​成功​さ​せ,賢く​行動​できる​から​で​ある」。(ヨシュア 1:8)そう​です,ヨシュア​は​成功​する​ため​に​は,神​の​言葉​を「昼​も​夜​も」,つまり​定期​的​に​読む​必要​が​あっ​た​の​です。

詩編​の第​1​編​も,聖書​を​定期​的​に​読む​こと​の​益​を​うたい,こう​述べ​て​い​ます。「幸い​なる​かな,邪悪​な​者​の​計り事​に​歩ま​ず,罪人​の​道​に​立た​ず,あざける​者​の​座​に​すわら​なかっ​た​人​は。かえって,その​人​の​喜び​は​エホバ​の​律法​に​あり,その​律法​を​昼​も​夜​も​小声​で​読む。そして,彼​は​必ず​水​の​流れ​の​ほとり​に​植え​られ​た​木​の​よう​に​なり,それ​は​その​季節​に​実​を​与え,その​葉​は​枯れる​こと​が​ない。彼​の​行なう​こと​は​すべて​成功​する」。(詩編 1:1‐3)わたしたち​も,その​よう​な​人​で​あり​たい​と​思う​はず​です。

聖書​を​毎日​読む​こと​に​し​て​いる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。ある​クリスチャン​は,日​ごと​に​聖書​を​読む​理由​を​尋ね​られ​て,こう​答え​まし​た。「日中,何​度​も​神​に​ 祈り,その​祈り​を​聞い​て​くださる​よう​期待​する​の​で​あれ​ば,当然,自分​も​日​ごと​に​み言葉​を​読む​こと​に​よっ​て​神​の​語る​こと​に​耳​を​傾ける​べき​だ​と​思い​ます。良い​友​で​い​たけれ​ば,こちら​が​話す​ば​かり​と​いう​こと​は​ない​はず​です」。確か​に,その​とおり​です。聖書​を​読む​こと​は,神​の​語る​こと​に​耳​を​傾ける​の​と​似​て​おり,それ​に​よっ​て,様々​な​物事​に​関する​神​の​見方​を​知る​の​です。

続か​ない​と​いう​問題​に​立ち向かう

もしか​し​たら,あなた​は​すでに​何らか​の​聖書​通読​の​計画​を​進め​て​こら​れ​た​か​も​しれ​ませ​ん。もう​全部​読み通し​まし​た​か。そう​する​こと​は,聖書​の​内容​を​よく​知る​の​に​大変​役立ち​ます。しかし,全巻​を​通読​し​よう​と​し​て​始め​て​も​途中​で​続か​なく​なる​こと​が​何​度​も​あっ​た,と​いう​人​も​い​ます。あなた​も​その​よう​な​問題​に​直面​し​た​こと​が​あり​ます​か。全部​読み通す​と​いう​目標​を​達成​する​ため​に,どんな​こと​が​できる​でしょ​う​か。次​の​二つ​の​提案​に​沿っ​て​行なっ​て​み​て​は​いかが​です​か。

聖書​通読​の​時間​を​毎日​取り分ける​こと​が​でき​ます​か

聖書​通読​を​日課​に​組み込む。1​日​の​うち​で​聖書​通読​を​最も​行ない​やすい​時間​帯​を​選び​ましょ​う。同時​に,代替​策​も​考え​て​おき​ましょ​う。望ん​で​い​た​時間​に​何​か​の​こと​で​聖書​通読​が​でき​ない​場合​に,決め​て​おい​た​別​の​時間​を​用いる​の​です。そうすれば,神​の​言葉​を​読ま​ず​に​1​日​が​過ぎ​て​しまう​と​いう​こと​は​あり​ませ​ん。その​よう​に​し​て​古代​ベレア​の​人々​の​模範​に​倣う​こと​が​でき​ます。そこ​の​人々​は「きわめて​意欲​的​な​態度​で​み言葉​を​受け入れ,それ​が​その​とおり​か​どう​か​と​日​ごと​に​聖書​を​注意深く​調べ​た」と​言わ​れ​て​い​ます。―使徒 17:11

明確​な​目標​を​定める。例えば,日​ごと​に​聖書​中​の​三つ,ない​し​五つ​の​章​を​読む​なら,ちょうど​1​年​で​全巻​を​読む​こと​が​でき​ます。次​の​15‐18​ページ​の​表​を​見れ​ば,どの​よう​に​できる​か​が​分かる​でしょ​う。この​計画​表​を​活用​し​よう​と​決意​し​て​は​いかが​です​か。「日付」の​欄​に,一連​の​章​を​読む​日​を​記入​し​て​おき​ます。その​部分​を​読み​終え​た​なら,右横​の​□​に​チェック​を​入れ​ます。そうすれば,進捗​状況​を​把握​し​やすい​でしょ​う。

その​よう​に​し​て​聖書​全巻​を​一度​読み​終え​た​と​し​て​も,それ​で​やめ​ない​よう​に​し​ましょ​う。同じ​計画​表​を​用い​て,年​に​一度,全部​を​読み通す​こと​が​でき​ます。毎年,異なっ​た​区分​から​読み​始める​よう​に​し​て​も​よい​でしょ​う。あるいは,もう​少し​ゆっくり​し​た​ペース​で​読み​終え​たい​と​思う​の​で​あれ​ば,予定​さ​れ​て​いる​範囲​それぞれ​に​2​日​ない​し​3​日​を​充てる​こと​が​でき​ます。

あなた​は​聖書​を​読む​たび​に,生活​に​適用​できる​新た​な​点 ― 以前​に​は​気づか​なかっ​た​点 ― を​見いだす​こと​でしょ​う。それ​は,『この​世​の​ありさま​が​変わり​つつ​あり』,わたしたち​の​生活​や​境遇​も​絶え​ず​変化​し​て​いる​から​です。(コリント​第​一 7:31)ですから,神​の​言葉 聖書​と​いう​鏡​を​毎日​見る​こと​を​固く​決意​し​ましょ​う。そうすれば,神​が​日​ごと​に​語りかけ​て​くださる​よう​に​する​こと​が​できる​の​です。―詩編 16:8