内容へ

目次へ

喜んで自分を差し出した人たち ロシア

喜んで自分を差し出した人たち ロシア

1991​年,ロシア​の​エホバ​の​証人​は​大きな​喜び​に​包ま​れ​まし​た。長年​に​わたる​禁令​が​解か​れ,正式​に​認可​さ​れ​た​の​です。現在,エホバ​の​証人​は​当時​の​10​倍​に​当たる​約​17万​人​に​まで​増加​し​まし​た。そう​し​た​増加​を​予想​でき​た​人​が​い​た​でしょ​う​か。ロシア​に​いる​熱心​な​王国​伝道​者​の​中​に​は,霊的​収穫​の​援助​の​ため​に​外国​から​移動​し​て​来​た​人々​も​い​ます。(マタ 9:37,38)その​幾​人​か​を​ご紹介​し​ましょ​う。

喜ん​で​会衆​を​強める​兄弟​たち

ロシア​で​禁令​が​解か​れ​た​時,英国​の​マシュー​は​28​歳​でし​た。その​年​の​大会​の​話​の​中​で,東​ヨーロッパ​の​幾つ​も​の​会衆​が​援助​を​必要​と​し​て​いる​こと​が​取り上げ​られ​まし​た。例えば,ロシア​の​サンクトペテルブルク​の​ある​会衆​で​は,奉仕​の​僕​が​1​人​いる​もの​の​長老​は​全く​い​ない,と​いう​こと​でし​た。しかし,何百​件​も​の​聖書​研究​が​司会​さ​れ​て​い​まし​た。マシュー​は​こう​言い​ます。「その​話​を​聞い​て​から,ロシア​の​こと​が​頭​から​離れ​ませ​ん​でし​た。それで,ロシア​へ​移動​し​たい​と​いう​願い​を​エホバ​に​申し上げ​まし​た」。マシュー​は​お金​を​貯め,持ち物​の​ほとんど​を​売り払い,ロシア​へ​移動​し​まし​た。1992​年​の​こと​です。その​後,どう​なっ​た​でしょ​う​か。

マシュー

マシュー​は​当時​を​こう​振り返り​ます。「言語​に​苦労​し​まし​た。霊的​な​話し合い​が​十分​に​でき​ませ​ん​でし​た」。住まい​を​見つける​の​も​大変​でし​た。「しょっちゅう​アパート​を​引っ越し​て​い​まし​た。数え切れない​くらい​です」と​言い​ます。当初​は​そう​し​た​苦労​が​あり​まし​た​が,「ロシア​へ​移動​し​た​こと​は,最善​の​決定​でし​た」と​述べ​て​い​ます。「ここ​で​の​奉仕​を​通し​て,エホバ​に​もっと​依り頼む​こと​を​学び​まし​た。エホバ​の​導き​を​いろいろ​経験​し​まし​た」。その​後,マシュー​は​長老​に​任命​さ​れ,特別​開拓​奉仕​も​行ない​まし​た。現在​は,サンクトペテルブルク​の​近く​の​支部​事務​所​で​奉仕​し​て​い​ます。

日本​の​洋​生​は​1999​年,25​歳​の​時​に​宣教​訓練​学校​を​卒業​し​まし​た。その​際,教訓​者​から​外国​で​の​奉仕​を​励まさ​れ​まし​た。ロシア​で​の​必要​が​大きい​こと​を​聞い​て​い​た​ 洋​生​は,ロシア​語​を​勉強​し​始め​ます。そして,目標​を​達成​する​ため​に,ある​こと​を​試し​て​み​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「ロシア​に​6​か月​間​住む​こと​に​し​まし​た。11​月​に​そこ​へ​行き​まし​た。厳しい​冬​の​寒さ​に​耐え​られる​か​どう​か​知り​たかっ​た​の​です」。冬​を​乗り切っ​た​洋​生​は​日本​へ​帰り,簡素​な​生活​を​し​て​お金​を​貯め,今度​は​ずっ​と​奉仕​する​覚悟​で​ロシア​へ​行き​まし​た。

洋​生​と​スベトラナ

洋​生​が​ロシア​に​来​て​もう​12​年​に​なり​ます。その​間​に​幾つ​か​の​会衆​で​奉仕​し​まし​た。伝道​者​100​人​以上​の​会衆​で,長老​は​自分​1​人​と​いう​こと​も​あり​まし​た。ある​会衆​で​は,毎週,奉仕​会​の​ほとんど​の​プログラム​を​扱い,神権​宣教​学校​と「ものみの塔」研究​と​会衆​の​5​つ​の​書籍​研究​を​司会​し​まし​た。数多く​の​牧羊​訪問​も​行ない​まし​た。洋​生​は​当時​を​振り返り,「霊的​に​強く​なる​よう​兄弟​姉妹​を​助ける​こと​が​でき​た​の​は,喜び​でし​た」と​述べ​て​い​ます。必要​の​大きな​場所​で​の​奉仕​に​は,どんな​益​が​あっ​た​でしょ​う​か。こう​語っ​て​い​ます。「以前​から​長老​と​し​て,また​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​まし​た​が,ロシア​に​来​て,エホバ​と​の​関係​が​全く​新しく​なっ​た​と​感じ​て​い​ます。生活​の​あらゆる​面​で​エホバ​に​いっそう​頼る​よう​に​なり​まし​た」。2005​年​に​スベトラナ​と​結婚​し​て​から​は,夫婦​で​開拓​奉仕​を​行なっ​て​い​ます。

マイケル​と​オルガ,マリーナ​と​マシュー

マシュー(34​歳)と​弟​の​マイケル(28​歳)は​カナダ​出身​です。2​人​は​ロシア​を​訪ね​た​時,関心​を​持つ​人々​が​大勢​集会​に​来​て​いる​の​に,集会​を​司会​できる​兄弟​たち​が​非常​に​少ない​こと​に​驚き​まし​た。マシュー​は​こう​言い​ます。「その​集会​は​出席​者​が​200​人​も​い​まし​た​が,年配​の​長老​と​若い​奉仕​の​僕​の​2​人​で,すべて​の​プログラム​を​扱っ​て​い​まし​た。それ​を​見​て,その​会衆​で​奉仕​し​たい​と​思い​まし​た」。マシュー​は​ロシア​へ​移動​し​まし​た。2002​年​の​こと​です。

その​4​年​後,弟​の​マイケル​も​ロシア​に​引っ越し​て​来​まし​た。マイケル​は,兄弟​たち​が​まだまだ​必要​だ​と​思い​まし​た。当時​は​奉仕​の​僕​でし​た​が,会計​や​文書​や​区域​の​仕事​を​任さ​れ,通常​は​書記​が​行なう​仕事​を​し,公開​講演​を​果たし,大会​の​組織​や​王国​会館​の​建設​に​も​かかわり​まし​た。今​も​ロシア​の​会衆​は​援助​を​必要​と​し​て​い​ます。マイケル​は​現在,長老​と​し​て​奉仕​し​て​おり,たくさん​の​仕事​を​こなし​て​い​ます。いろいろ​苦労​も​あり​ます​が,「兄弟​たち​を​助ける​奉仕​は,大きな​充実​感​を​もたらし​ます。最高​の​生き方​だ​と​思い​ます」と​述べ​て​い​ます。

後​に,マシュー​は​マリーナ​と,マイケル​は​オルガ​と​結婚​し​まし​た。この​二​組​の​夫婦​は,喜ん​で​奉仕​する​大勢​の​兄弟​姉妹​たち​と​共​に,増加​する​会衆​の​援助​に​携わっ​て​い​ます。

収穫​を​助ける​熱心​な​姉妹​たち

タチアナ

1994​年,ウクライナ​に​住む​タチアナ​と​いう​少女​の​会衆​に,チェコ​共和​国,ポーランド,スロバキア​から​6​人​の​特別​開拓​者​が​割り当て​られ​まし​た。タチアナ​は​16​歳​でし​た。タチアナ​は,当時​の​こと​を​今​で​も​懐かしく​思い出し,「熱心​な​開拓​者​たち​で,近づき​やすく​親切​で,聖書​の​こと​を​よく​知っ​て​い​まし​た」と​述べ​て​い​ます。その​自己​犠牲​的​な​奉仕​が​エホバ​から​祝福​さ​れ​て​いる​の​を​見​て,「わたし​も​兄弟​姉妹​の​よう​に​なり​たい」と​思い​まし​た。

開拓​者​たち​の​模範​に​励まさ​れ​た​タチアナ​は,学校​が​休み​の​時期​に,他​の​奉仕​者​たち​と​一緒​に​ウクライナ​と​ベラルーシ​の​田舎​の​区域​へ​行き​まし​た。そこ​は​まだ​エホバ​の​証人​が​伝道​し​た​こと​の​ない​場所​でし​た。その​奉仕​が​とても​楽しかっ​た​の​で,ロシア​へ​移動​し​て​奉仕​する​目標​を​立て​まし​た。その​ため​に,まず​短​期間​ロシア​へ​行く​こと​に​し​ます。外国​から​来​て​奉仕​し​て​いる​姉妹​を​訪ね,開拓​奉仕​を​支える​仕事​を​探す​ため​です。そして​2000​年,ついに​ロシア​へ​の​移動​が​実現​し​まし​た。その​後​は​順調​だっ​た​でしょ​う​か。

 タチアナ​は​こう​語り​ます。「アパート​を​借り​て​住む​の​は​経済​的​に​難しかっ​た​の​で,下宿​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。不​自由​な​暮らし​でし​た。ウクライナ​へ​帰り​たく​なっ​た​こと​が​何​度​も​あり​まし​た。でも​エホバ​は,奉仕​を​続ける​大切​さ​が​理解​できる​よう​に,いつも​助け​て​ください​まし​た」。現在,ロシア​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​て​いる​タチアナ​は,「母国​を​離れ​て​過ごし​た​期間​中​に,幾つ​も​の​貴重​な​経験​を​し,たくさん​の​友人​も​でき​まし​た。何​より​も,信仰​が​強く​なり​まし​た」と​述べ​て​い​ます。

雅子

現在​50​代​前半​の​日本​の​雅子​に​は,宣教​者​に​なり​たい​と​いう​長年​の​夢​が​あり​まし​た。しかし,健康​の​問題​の​ため​に,夢​の​実現​は​不可能​に​思え​まし​た。その​後,健康​状態​が​幾らか​良く​なっ​た​の​で,ロシア​へ​行っ​て​収穫​の​業​を​援助​する​こと​に​し​まし​た。ふさわしい​住まい​や​安定​し​た​仕事​を​見つける​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,日本​語​の​教師​や​掃除​の​仕事​を​し​て​生計​を​立て,開拓​奉仕​を​続け​まし​た。何​が​助け​に​なっ​た​でしょ​う​か。

ロシア​で​の​14​年​余り​の​奉仕​を​振り返り,こう​コメント​し​て​い​ます。「大変​な​こと​は​いろいろ​あり​ます​が,奉仕​で​味わう​喜び​に​比べれ​ば,大した​こと​は​あり​ませ​ん。王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​所​で​奉仕​し​て​いる​おかげ​で,エネルギッシュ​で​感動​に​満ち​た​毎日​を​送っ​て​い​ます」。そして​こう​言い​ます。「これ​まで​ずっ​と,エホバ​は​食物​や​衣服​や​住まい​を​与え​て​ください​まし​た。それ​は​現代​の​奇跡​だ​と​思い​ます」。雅子​は​ロシア​の​必要​の​大きな​区域​だけ​で​なく,キルギス​で​も​収穫​の​業​に​携わり​まし​た。英語​や​中国​語​や​ウイグル​語​の​群れ​で​も​奉仕​し,現在​は​サンクトペテルブルク​で​開拓​奉仕​を​し​て​い​ます。

収穫​の​業​を​助け,祝福​を​受ける​家族

インガ​と​ミハイル

経済​的​な​不安​ゆえ​に,物質​面​で​の​豊か​さ​を​求め​て​他​の​国​へ​移り住む​家族​は​少なく​あり​ませ​ん。しかし,古代​の​アブラハム​と​サラ​の​よう​に,霊的​な​目的​の​ため​に​外国​へ​行く​家族​も​い​ます。(創 12:1‐9)例えば,ウクライナ​出身​の​ミハイル​と​妻​の​インガ​は,2003​年​に​ロシア​に​引っ越し​て​ 来​まし​た。程なく​し​て,聖書​の​真理​を​知り​たい​と​願う​人​たち​に​会い​まし​た。

ミハイル​は​こんな​経験​を​し​た​と​言い​ます。「エホバ​の​証人​が​一度​も​伝道​し​た​こと​の​ない​区域​で​奉仕​し​た​こと​が​あり​ます。年配​の​男性​が​玄関​に​出​て​き​て,『伝道​師​の​方​です​か』と​言い​まし​た。わたしたち​が,そう​です​と​答える​と,男性​は『いつか​皆さん​の​よう​な​方​が​来る​と​思っ​て​い​まし​た。イエス​の​言葉​は​必ず​果たさ​れ​ます​から』と​言っ​て,マタイ 24​章​14​節​を​示し​まし​た」。ミハイル​は​次​の​よう​に​も​述べ​て​い​ます。「その​区域​で,バプテスト​派​の​女性​10​人​ほど​の​グループ​に​も​会い​まし​た。真理​に​飢え渇い​た​誠実​な​人​たち​でし​た。『永遠​に​生きる』の​本​を​1​冊​持っ​て​い​て,毎週​末​その​本​を​使っ​て​聖書​を​研究​し​て​い​た​そう​です。わたしたち​は​何​時間​も​かけ​て​たくさん​の​質問​に​答え,みんな​で​一緒​に​王国​の​歌​を​歌い,食事​を​し​まし​た。忘れ​がたい​思い出​の​一つ​です」。ミハイル​と​インガ​は,王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​こと​で,エホバ​に​いっそう​近づく​こと​が​でき,人々​へ​の​愛​が​深まり,本当​に​充実​し​た​生活​が​でき​て​いる,と​言い​ます。2​人​は​現在,巡回​奉仕​を​行なっ​て​い​ます。

オクサーナ,アレクセイ,ユーリー

ウクライナ​出身​の​ユーリー​と​オクサーナ​は​現在​30​代​半ば​の​夫婦​で,息子​の​アレクセイ​は​13​歳​です。この​家族​は,2007​年​に​ロシア​の​支部​事務​所​を​見学​し​た​際,未​割り当て​の​広大​な​区域​が​幾つ​も​ある​ロシア​の​地図​を​見​まし​た。オクサーナ​は​こう​言い​ます。「その​地図​を​見​て,ロシア​で​は​王国​伝道​者​の​必要​が​大きい​と​強く​感じ​まし​た。それ​が​きっかけ​で,ロシア​へ​移動​し​たい​と​思う​よう​に​なり​まし​た」。計画​を​実行​に​移す​うえ​で​何​が​助け​に​なっ​た​でしょ​う​か。ユーリー​は​こう​述べ​て​い​ます。「出版​物​の​記事​が​役立ち​まし​た。例えば,『あなた​は​外国​で​奉仕​でき​ます​か』と​いう​記事​です。 * 移動​先​と​し​て​支部​事務​所​から​勧め​られ​た​ロシア​の​区域​に​実際​に​行っ​て,住まい​や​仕事​を​探し​て​み​まし​た」。こう​し​て​2008​年,ロシア​へ​引っ越す​こと​に​なり​ます。

当初​は,仕事​を​見つける​の​に​苦労​し,アパート​を​たびたび​引っ越さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。ユーリー​は​こう​言い​ます。「落胆​し​て​しまわ​ない​よう​に​助け​て​ください​と​何​度​も​祈り,エホバ​の​支え​を​信頼​し​て​伝道​を​続け​まし​た。王国​を​第​一​に​する​わたしたち​を,エホバ​は​本当​に​世話​し​て​ください​まし​た。ロシア​で​奉仕​し​て,家族​は​強く​なり​まし​た」。(マタ 6:22,33)息子​の​アレクセイ​は​どんな​影響​を​受け​まし​た​か。オクサーナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「とても​良い​影響​が​あり​まし​た。9​歳​の​時​に​エホバ​に​献身​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。王国​伝道​者​の​必要​が​大きい​こと​を​知っ​て​いる​の​で,学校​が​休み​の​時​に​は​いつも​補助​開拓​を​し​て​い​ます。わたしたち​も,息子​が​宣教​へ​の​愛​と​熱意​を​抱い​て​いる​の​を​見​て,大きな​喜び​を​感じ​ます」。現在,ユーリー​と​オクサーナ​は​特別​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​ます。

「ただ​一つ​後悔​し​て​いる​の​は」

収穫​の​働き人​たち​が​語っ​た​コメント​から​分かる​よう​に,宣教​を​拡大​する​ため​に​他​の​区域​へ​移動​する​に​は,エホバ​へ​の​心​から​の​信頼​が​必要​です。確か​に,必要​の​大きな​区域​で​の​奉仕​に​は​苦労​も​あり​ます​が,王国​の​音信​に​良い​反応​を​示す​人々​に​会う​と​大きな​喜び​を​味わい​ます。あなた​も,王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​区域​で​収穫​の​業​を​助ける​こと​が​でき​ます​か。もし​その​奉仕​に​加わる​なら,次​の​よう​に​述べ​た​ユーリー​と​同じ​気持ち​に​なる​でしょ​う。「ただ​一つ​後悔​し​て​いる​の​は,もっと​早く​来​なかっ​た​こと​です」。

^ 20節 「ものみの塔」1999​年​10​月​15​日​号​23‐27​ページ​を​参照。