内容へ

目次へ

エホバに感謝し,祝福を得なさい

エホバに感謝し,祝福を得なさい

「エホバ​に​感謝​せよ。神​は​善良​な​方​だ​から​で​ある」。―詩 106:1

1. エホバ​は​感謝​を​ささげる​に​ふさわしい​方​で​ある,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

「あらゆる​良い​賜物,また​あらゆる​完全​な​贈り物」の​与え主​で​ある​エホバ​は,まさに​わたしたち​が​感謝​を​ささげる​に​ふさわしい​方​です。(ヤコ 1:17)愛​ある​牧者​と​し​て,わたしたち​の​身体​的​また​霊的​な​必要​すべて​を​満たし,優しく​世話​し​て​くださっ​て​い​ます。(詩 23:1‐3)また,「わたしたち​の​ため​の​避難​所,力」で​ある​こと​を​示し​て​こら​れ​まし​た。わたしたち​が​苦難​に​遭う​とき​は​特に​そう​言え​ます。(詩 46:1)ですから,詩編​作者​の​次​の​言葉​に​心​から​同意​できる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。「エホバ​に​感謝​せよ。神​は​善良​な​方​だ​から​で​ある。その​愛​ある​親切​は​定め​の​ない​時​に​まで​及ぶ​から​で​ある」。―詩 106:1

2015​年​の​年句: 「エホバ​に​感謝​せよ。神​は​善良​な​方​だ​から​で​ある」。―詩編 106:1

2,3. (イ)どんな​場合​に,祝福​を​当たり前​の​もの​と​みなし​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​こと​を​考え​ます​か。

2 感謝​する​こと​に​つい​て​考える​の​は,なぜ​大切​です​か。聖書​の​預言​どおり,この​終わり​の​日​に​生きる​人々​は​ますます​感謝​し​ない​者​と​なっ​て​い​ます。(テモ​二 3:2)どんな​良い​もの​を​得​て​も,それ​を​当たり前​と​みなす​人​が​少なく​あり​ませ​ん。人々​は,商業​界​の​宣伝​に​影響​さ​れ​て,今​ ある​もの​で​満足​する​の​で​は​なく,さらに​多く​の​もの​を​得​よう​と​必死​に​なっ​て​い​ます。わたしたち​も,こう​し​た​感謝​の​欠け​た​態度​に​影響​され​かね​ませ​ん。古代​イスラエル​人​の​よう​に,エホバ​と​の​貴重​な​関係​や​エホバ​から​の​祝福​に​対する​感謝​の​気持ち​を​失っ​て​しまう​可能​性​が​ある​の​です。―詩 106:7,11‐13

3 また,試練​に​遭っ​た​場合​は​どう​でしょ​う​か。すぐ​に​圧倒​さ​れ​て​しまい,得​て​いる​祝福​が​見え​なく​なる​か​も​しれ​ませ​ん。(詩 116:3)では,感謝​に​満ち​た​心​を​培っ​て​保つ​に​は,どう​すれ​ば​よい​でしょ​う​か。つらい​試練​に​遭っ​て​も​前向き​な​態度​を​持ち​続ける​秘訣​は​何​です​か。考え​て​み​ましょ​う。

「エホバ​よ,あなた​自ら​多く​の​こと​を​行なわ​れ​まし​た」

4. どう​すれ​ば​感謝​に​満ち​た​心​を​保て​ます​か。

4 感謝​に​満ち​た​心​を​培っ​て​保つ​に​は,エホバ​から​祝福​さ​れ​て​いる​こと​を​自覚​し,そう​し​た​祝福​に​つい​て​黙想​し​て​感謝​の​思い​を​深める​と​とも​に,エホバ​が​どの​よう​に​忠節​な​愛​を​示し​て​くださっ​て​いる​か​を​じっくり​考え​なけれ​ば​なり​ませ​ん。詩編​作者​は​その​よう​に​し​た​結果,多く​の​素晴らしい​こと​を​行なっ​て​くださっ​た​エホバ​に​畏敬​の​念​を​抱く​よう​に​なり​まし​た。―詩編 40:5; 107:43​を​読む。

5. 感謝​を​培う​こと​に​つい​て,使徒​パウロ​から​何​を​学べ​ます​か。

5 感謝​を​培う​こと​に​つい​て,使徒​パウロ​から​多く​を​学べ​ます。パウロ​は,受け​て​いる​祝福​を​黙想​し​て​い​た​の​でしょ​う。心​から​の​感謝​を​頻繁​に​言い表わし​て​い​ます。自分​が「冒とく​者​で​あり,迫害​者​で​あり,不遜​な​者​で​あっ​た」こと​を​よく​理解​し​て​い​た​の​で,過去​に​罪深い​行ない​を​し​た​自分​に​対し​て,神​と​キリスト​が​憐れみ​を​示し​奉仕​の​務め​を​託し​て​くださっ​た​と​いう​こと​に​感謝​し​た​の​です。テモテ​第​一 1:12‐14​を​読む。)また​パウロ​は,仲間​の​クリスチャン​を​高く​評価​し,その​立派​な​特質​や​忠実​な​奉仕​に​つい​て​エホバ​に​感謝​し​まし​た。(フィリ 1:3‐5,7。テサ​一 1:2,3)試練​に​直面​し​た​時​に​信仰​の​仲間​たち​から​ちょうど​良い​タイミング​で​与え​られ​た​支え​に​つい​て​も,すぐ​に​エホバ​に​感謝​し​まし​た。(使徒 28:15。コリ​二 7:5‐7)ですから,パウロ​が​当時​の​クリスチャン​に​書き送っ​た​手紙​の​中​で,「感謝​を​抱い​て​いる​こと​を​示し​なさい。……詩​と,神​へ​の​賛美​と,慈しみ[または,感謝]の​こもっ​た​霊​の​歌​と​を​もっ​て​互い​に」励まし合い​なさい,と​勧め​て​いる​の​も​うなずけ​ます。―コロ 3:15‐17

黙想​と​祈り ― 感謝​を​保つ​かぎ

6. あなた​は,特に​どんな​こと​を​エホバ​に​感謝​し​て​い​ます​か。

6 感謝​を​培っ​て​言い表わす​うえ​で,パウロ​の​立派​な​模範​に​どの​よう​に​倣え​ます​か。エホバ​が​自分​の​ため​に​し​て​くださっ​た​こと​を​黙想​し​ましょ​う。(詩 116:12)あなた​は,エホバ​から​の​どんな​祝福​に​感謝​し​て​い​ます​か。エホバ​と​の​貴重​な​関係​や,キリスト​の​贖い​の​犠牲​に​対する​信仰​ゆえに​得​られる​許し​でしょ​う​か。厳しい​試練​の​際​に​支え​て​くれ​た​兄弟​姉妹​は​どう​です​か。愛する​配偶​者​や​子ども​たち​の​こと​も​思い浮かぶ​でしょ​う。時間​を​取っ​て​そう​し​た​祝福​に​つい​て​黙想​する​なら,心​は​感謝​で​満ちあふれ,愛​ある​父​エホバ​に​毎日​感謝​を​ささげ​たい​と​いう​気持ち​に​なる​でしょ​う。―詩編 92:1,2​を​読む。

7. (イ)感謝​の​祈り​を​ささげる​べき​な​の​は​なぜ​です​か。(ロ)感謝​の​祈り​を​ささげる​こと​に​は​どんな​益​が​あり​ます​か。

7 受け​て​いる​祝福​を​思い​と​心​に​しっかり​と​刻む​なら,感謝​の​祈り​を​エホバ​に​ささげる​こと​が​でき​ます。(詩 95:2; 100:4,5)多く​の​人​に​ とっ​て,祈り​と​は​神​に​何​か​を​求める​手段​に​過ぎ​ませ​ん。しかし,わたしたち​が​祈り​で​感謝​を​言い表わす​時,エホバ​は​喜ん​で​ください​ます。聖書​に​は,心​温まる​感謝​の​祈り​が​数多く​記録​さ​れ​て​い​ます。例えば,ハンナ​や​ヒゼキヤ​の​祈り​が​そう​です。(サム​一 2:1‐10。イザ 38:9‐20)その​よう​な​感謝​に​満ち​た​精神​を​示し​た​忠実​な​僕​たち​に​倣い​ましょ​う。受け​て​いる​祝福​に​感謝​する​祈り​を​エホバ​に​ささげる​の​です。(テサ​一 5:17,18)そう​し​た​祈り​を​ささげる​こと​に​は​多く​の​益​が​あり​ます。気持ち​が​前向き​に​なり,エホバ​へ​の​愛​が​深まり,エホバ​に​いっそう​近づけ​ます。―ヤコ 4:8

あなた​は,エホバ​から​の​どんな​祝福​に​感謝​し​て​い​ます​か(6,7​節​を​参照)

8. エホバ​へ​の​感謝​を​失わせ​かね​ない​要素​に​は,どんな​もの​が​あり​ます​か。

8 エホバ​の​善良​さ​に​対する​感謝​を​失う​危険​に​絶え​ず​警戒​す​べき​な​の​は,なぜ​でしょ​う​か。それ​は,わたしたち​が​感謝​し​ない​傾向​を​受け継い​で​いる​から​です。次​の​こと​を​考え​て​み​て​ください。最初​の​人間​夫婦​で​あっ​た​アダム​と​エバ​は,楽園​と​いう​素晴らしい​住まい​を​与え​られ​て​い​まし​た。すべて​の​必要​が​満たさ​れ​て​おり,平和​な​環境​で​永遠​に​生きる​見込み​も​あり​まし​た。(創 1:28)しかし,2​人​は​そう​し​た​祝福​に​感謝​し​ませ​ん​でし​た。貪欲​に​も,さらに​多く​を​手​に​入れ​よう​と​し,結果​的​に​すべて​を​失っ​て​しまい​まし​た。(創 3:6,7,17‐19)感謝​に​欠け​た​世​で​生活​し​て​いる​わたしたち​も,エホバ​が​し​て​くださっ​た​事柄​を​見失っ​て​しまう​恐れ​が​あり​ます。エホバ​と​の​関係​が​当たり前​の​もの​に​思え​て​き​たり,世界​中​に​仲間​が​いる​こと​へ​の​感謝​を​失っ​たり​する​か​も​しれ​ませ​ん。間​も​なく​過ぎ去る​この​世​の​事柄​に​心​を​奪わ​れ​て​しまう​こと​も​あり得​ます。(ヨハ​一 2:15‐17)そう​し​た​悪​循環​に​陥ら​ない​ため​に,いま​得​て​いる​祝福​に​つい​て​黙想​し,神​の​民​の​一​人​で​ある​こと​を​エホバ​に​いつも​感謝​し​ましょ​う。―詩編 27:4​を​読む。

試練​に​対処​する

9. つらい​試練​に​直面​し​た​とき,自分​が​得​て​いる​祝福​に​つい​て​思い巡らす​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

9 感謝​に​満ち​た​心​が​あれ​ば,つらい​試練​に​耐える​こと​が​でき​ます。配偶​者​の​裏切り,命​に​かかわる​病気,愛する​人​の​死,自然​災害​に​よる​甚大​な​被害​と​いっ​た,人生​を​一変​さ​せる​よう​な​状況​に​突然​見舞わ​れる​と,圧倒​さ​れる​よう​に​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。そういう​時​に​こそ,自分​が​得​て​いる​祝福​に​つい​て​思い巡らす​なら, 慰め​や​力​を​得る​こと​が​でき​ます。実際​の​経験​を​幾つ​か​取り上げ​ましょ​う。

10. イリーナ​は​祝福​を​数え上げる​こと​から,どんな​益​を​得​て​い​ます​か。

10 イリーナ​ *は​米国​に​住む​正規​開拓​者​です。夫​は​長老​でし​た​が,イリーナ​を​裏切り,彼女​と​子ども​たち​を​見捨て​て​家​を​出​て​行き​まし​た。イリーナ​に​とっ​て,エホバ​に​忠実​に​仕え​続ける​うえ​で​何​が​助け​と​なっ​た​の​でしょ​う​か。こう​語っ​て​い​ます。「エホバ​が​この​わたし​を​親切​に​世話​し​て​くださっ​て​いる​こと​に​感謝​し​て​い​ます。受け​て​いる​祝福​を​毎日​数え上げる​ん​です。そう​する​と,天​の​父​が​わたし​の​こと​を​理解​し,愛し,守っ​て​くださっ​て​いる​と​実感​し​ます。本当​に​素晴らしい​こと​だ​と​思い​ます。エホバ​は​絶対​に​わたし​を​見捨て​ませ​ん」。イリーナ​は​痛ましい​経験​を​し​た​と​は​いえ,喜び​に​満ち​た​精神​を​保ち,他​の​人​を​励ます​存在​と​なっ​て​い​ます。

11. キョンスク​が​命​に​かかわる​病気​に​対処​する​うえ​で,何​が​助け​と​なり​まし​た​か。

11 アジア​に​住む​キョンスク​は,夫​と​共​に​20​年​余り​正規​開拓​奉仕​を​行なっ​て​い​まし​た。しかし,ある​日​突然,進行​性​肺がん​で​ある​こと​が​分かり,余命​3​か月​から​半年​と​宣告​さ​れ​まし​た。2​人​は,これ​まで​大小​さまざま​な​試練​に​直面​し​まし​た​が,健康​に​は​いつも​自信​が​あり​まし​た。キョンスク​は​こう​述べ​て​い​ます。「本当​に​ショック​でし​た。もう​すべて​終わり​だ​と​感じ,とても​怖く​なり​まし​た」。状況​に​対処​する​うえ​で​何​が​キョンスク​の​助け​に​なっ​て​いる​でしょ​う​か。「毎晩​寝る​前​に,家​の​屋上​へ​行っ​て​その​日​に​感謝​し​て​いる​こと​を​5​つ,声​に​出し​て​祈り​ます。そう​する​と​気持ち​が​落ち着き,エホバ​を​どれ​ほど​愛し​て​いる​か​を​祈ら​ず​に​は​いら​れ​なく​なり​ます」。キョンスク​は,晩​に​ささげる​こう​し​た​祈り​から​どんな​益​を​得​て​き​た​でしょ​う​か。「エホバ​が​試練​の​間​ずっ​と​支え​て​くださる​こと,人生​に​は​試練​より​も​祝福​の​ほう​が​はるか​に​多い​こと​に​気づかさ​れ​まし​た」。

生き延び​た​弟​の​ジョン​と(13​節​を​参照)

12. 妻​を​亡くし​た​後,ジェーソン​は​どんな​こと​から​慰め​を​得​まし​た​か。

12 アフリカ​の​ある​支部​で​奉仕​し​て​いる​ジェーソン​は,全​時間​奉仕​を​始め​て​30​年​余り​に​なり​ます。こう​語り​ます。「7​年​前​に​妻​を​がん​で​亡くし​まし​た。その​悲しみ​は​耐え​難い​もの​です。妻​が​闘病​中​に​経験​し​た​事柄​を​あれこれ​考える​と,心​が​折れ​そう​に​なり​ます」。ジェーソン​に​とっ​て​何​が​助け​と​なっ​て​き​まし​た​か。「ある​日,妻​と​過ごし​た​楽しい​時​の​こと​を​考え​て​い​まし​た。その​思い出​に​つい​て​エホバ​に​感謝​の​祈り​を​ささげ​た​ところ,平安​な​気持ち​に​なっ​た​ん​です。それ​以来,妻​と​の​幸せ​な​思い出​に​つい​て​エホバ​に​感謝​する​よう​に​なり​まし​た。感謝​の​気持ち​が​わたし​の​見方​を​大きく​変え​まし​た。今​も​悲しみ​は​消え​ませ​ん​が,素晴らしい​結婚​生活​を​送れ​た​こと​や,エホバ​を​深く​愛し​て​い​た​人​と​一緒​に​奉仕​でき​た​こと​に​感謝​する​よう​に​なっ​て​から​は,前向き​な​見方​が​できる​よう​に​なり​まし​た」。

「エホバ​が​わたし​の​神​だ​と​いう​こと​に​すごく​感謝​し​て​い​ます」。―シェリル

13. シェリル​に​とっ​て,家族​の​死​を​乗り越える​うえ​で​何​が​助け​と​なり​まし​た​か。

13 2013​年​の​終わり​ごろ​に​スーパー​台風​ハイエン​が​フィリピン​中央​部​を​襲っ​た​時,13​歳​の​シェリル​は​ほぼ​すべて​の​もの​を​失い​まし​た。「家​も​なくなり,家族​も​死に​まし​た」と​言い​ます。両親​と​きょうだい​3​人​は​猛烈​な​嵐​に​よる​高潮​に​のま​れ​て​亡くなり​まし​た。それでも,絶望​し​て​しまう​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。悲しみ​を​乗り越える​うえ​で,何​が​助け​に​なっ​て​い​ます​か。シェリル​は,感謝​に​満ち​た​心​を​持ち,いま​得​て​いる​祝福​に​いつも​注意​を​向け​て​い​ます。「兄弟​姉妹​たち​が​救援​物資​を​運ん​で​き​て,被災​し​ た​人​たち​を​慰め​て​いる​の​を​見​まし​た。わたし​の​ため​に​世界​中​の​兄弟​たち​が​祈っ​て​くれ​て​いる​こと​も​知り​まし​た。エホバ​が​わたし​の​神​だ​と​いう​こと​に​すごく​感謝​し​て​い​ます。必要​な​もの​を​いつ​で​も​与え​て​ください​ます」。いま​得​て​いる​祝福​を​常​に​意識​する​こと​は,深い​悲しみ​に​のみ込ま​れ​て​しまわ​ない​ため​の​かぎ​です。感謝​に​満ち​た​心​が​あれ​ば,どんな​つらい​試練​に​直面​し​よう​と​も,前進​し​続ける​力​を​得​られ​ます。―エフェ 5:20。フィリピ 4:6,7​を​読む。

「わたし​は,ただ​エホバ​に​あっ​て​歓喜​し……ます」

14. わたしたち​に​は​どんな​胸​の​躍る​よう​な​見込み​が​あり​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

14 どの​時代​の​エホバ​の​民​も,祝福​を​受け​て​歓喜​し​て​き​まし​た。例えば​イスラエル​人​は,紅海​で​ファラオ​と​その​軍勢​から​救出​さ​れ​た​後,賛美​と​感謝​に​あふれ​た​歌​に​よっ​て​喜び​を​表現​し​まし​た。(出 15:1‐21)現代​の​わたしたち​が​特に​大切​に​し​て​いる​祝福​の​中​に​は,痛み​や​苦しみ​を​もたらす​もの​すべて​から​救出​さ​れる​と​いう​確か​な​希望​が​あり​ます。(詩 37:9‐11。イザ 25:8; 33:24)想像​し​て​み​て​ください。エホバ​は​ご自分​の​敵​すべて​を​打ち砕き,わたしたち​を​平和​と​義​の​宿る​新しい​世​へ​と​迎え入れ​て​くださる​の​です。それ​は​感謝​に​満ちあふれる​日​と​なる​こと​でしょ​う。―啓 20:1‐3; 21:3,4

15. あなた​は​今年​一​年,どんな​こと​を​決意​し​て​い​ます​か。

15 わたしたち​は​2015​年​も,エホバ​から​たくさん​の​霊的​な​祝福​を​受ける​こと​を​心待ち​に​し​て​い​ます。もちろん,試練​に​直面​する​こと​も​ある​でしょ​う。しかし,何​が​起き​よう​と​も,エホバ​は​わたしたち​を​決して​お見捨て​に​なり​ませ​ん。(申 31:8。詩 9:9,10)わたしたち​が​忠実​に​仕える​うえ​で​必要​と​する​もの​すべて​を​与え​続け​て​ください​ます。ですから,次​の​よう​に​述べ​た​ハバクク​と​同じ​精神​を​保つ​よう​決意​し​ましょ​う。「いちじく​の​木​が​花​を​つけ​ず,ぶどう​の​木​に​実​が​なら​なく​て​も,オリーブ​の​木​が​不作​に​終わり,段丘​が​全く​食物​を​産み出さ​なく​て​も,羊​の​群れ​が​全く​おり​から​絶え,囲い​の​中​に​牛​の​群れ​が​い​なく​なっ​て​も,それでも​わたし​は,ただ​エホバ​に​あっ​て​歓喜​し,わたし​の​救い​の​神​に​あっ​て​喜び​に​あふれ​ます」。(ハバ 3:17,18)2015​年​も​祝福​を​喜び​の​うち​に​思い巡らし,次​の​年句​の​勧め​に​従っ​て​ゆけ​ます​よう​に。「エホバ​に​感謝​せよ。神​は​善良​な​方​だ​から​で​ある」。―詩 106:1

^ 10節 この​記事​に​出​て​くる​一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。