内容へ

目次へ

夫婦の絆を強め,幸せな結婚生活を築く

夫婦の絆を強め,幸せな結婚生活を築く

「エホバ​ご自身​が​家​を​建てる​の​で​なけれ​ば,建てる​者​たち​が​その​ため​に​骨折っ​て​働い​て​も​無駄​で​ある」。―詩 127:1前半

1‐3. 夫婦​は​どんな​問題​に​直面​し​ます​か。(冒頭​の​挿絵​と​写真​を​参照。)

38​年​間,幸せ​な​結婚​生活​を​送っ​て​き​た​ある​男性​は​言い​ます。「誠実​な​努力​を​払い,幸福​な​結婚​生活​を​築き​たい​と​願っ​て​いる​こと​を​示す​なら,エホバ​の​祝福​を​得​られる​でしょ​う」。そう​です,夫婦​は,幸福​な​時​を​共​に​過ごし,難しい​時​に​は​支え合う​こと​が​でき​ます。―箴 18:22

2 しかし,夫婦​が「肉身​に​患難」を​招く​こと​は,少し​も​珍しく​あり​ませ​ん。(コリ​一 7:28)なぜ​でしょ​う​か。日常​生活​の​様々​な​問題​ゆえ​に,夫婦​の​関係​は​緊張​する​こと​が​ある​の​です。どんな​に​仲​の​良い​夫婦​で​も,言葉遣い​が​原因​で,悪​感情​や​誤解​や​コミュニケーション​・​ギャップ​が​生じ,それ​が​大きな​問題​に​なる​こと​が​あり​ます。(ヤコ 3:2,5,8)また,きつい​仕事​を​こなし​ながら​子ども​の​世話​を​する​こと​に​困難​を​感じる​夫婦​も​少なく​あり​ませ​ん。中​に​は,ストレス​と​疲労​の​せい​で,夫婦​の​絆​を​強める​ため​の​時間​が​なかなか​取れ​ない​夫婦​も​い​ます。互い​に​対する​愛​と​敬意​は,お金​や​健康​の​問題​など​に​よっ​て​損なわ​れる​こと​も​あり​ます。さらに,自分​たち​は​強い​絆​で​結ば​れ​た​夫婦​だ​と​思っ​て​い​た​の​に,結婚​生活​の​土台​が,性​の​不​道徳,厚顔​無恥​の​行ない, 敵意,闘争,ねたみ,激発​的​な​怒り,口論​など,「肉​の​業」に​よっ​て​崩さ​れ​て​しまう​こと​も​あり​ます。―ガラ 5:19‐21

3 「終わり​の​日」の​利己​的​で​不​敬虔​な​態度​も,結婚​生活​を​むしばみ​ます。(テモ​二 3:1‐4)さらに,悪意​に​満ち​た​敵​から​の​執拗​な​攻撃​も​あり​ます。「あなた方​の​敵対​者​で​ある​悪魔​が​ほえる​ライオン​の​よう​に​歩き回っ​て,だれ​か​を​むさぼり食お​う​と​し​て​い​ます」と,使徒​ペテロ​は​警告​し​て​い​ます。―ペテ​一 5:8。啓 12:12

4. どう​すれ​ば,夫婦​の​絆​を​強め,幸せ​な​結婚​生活​を​送る​こと​が​でき​ます​か。

4 日本​の​一​人​の​男性​は,こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​経済​的​に​大きな​ストレス​を​感じる​よう​に​なり​まし​た。妻​と​の​十分​な​話し合い​が​でき​て​い​なかっ​た​こと​も​あり,妻​に​も​大きな​ストレス​に​なり​まし​た。妻​は​深刻​な​健康​上​の​問題​を​抱える​よう​に​も​なり​まし​た。時々​です​が,不安​を,わたし​に​ぶつける​こと​が​あり​まし​た」。結婚​生活​の​問題​の​中​に​は​避け​て​通れ​ない​もの​も​あり​ます。しかし,克服​でき​ない​わけ​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​助け​が​あれ​ば,夫婦​と​し​て​の​強い​絆​を​保ち,幸福​な​生活​を​送れ​ます。詩編 127:1​を​読む。)では,強い​絆​で​結ば​れ​た​永続​的​な​結婚​生活​を​築く​ため​の​霊的​な​コンクリートブロック​を​5​つ​取り上げ​ましょ​う。次​に,それら​の​ブロック​を​どの​よう​に​愛​で​固める​こと​が​できる​か​を​考え​ましょ​う。

結婚​生活​に​エホバ​を​関係​さ​せる

5,6. どう​すれ​ば,夫婦​は​結婚​生活​に​エホバ​を​関係​さ​せる​こと​が​でき​ます​か。

5 安定​し​た​結婚​生活​の​土台​石​と​言える​の​は,結婚​の​創始​者​エホバ​へ​の​忠節​と​服従​です。伝道​の​書 4:12​を​読む。)夫婦​は​エホバ​の​愛​ある​導き​に​従う​こと​に​より,エホバ​を​結婚​生活​に​関係​さ​せる​こと​が​でき​ます。聖書​は,神​の​古代​の​民​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「あなた方​が​右​に​行く​に​し​て​も​左​に​行く​に​し​て​も,あなた​の​耳​は​あなた​の​後ろ​で,『これ​が​道​で​ある。あなた方​は​これ​を​歩め』と​言う​言葉​を​聞く​で​あろ​う」。(イザ 30:20,21)今日,夫婦​は​聖書​を​一緒​に​読む​こと​に​より,エホバ​の​言葉​を「聞く」こと​が​でき​ます。(詩 1:1‐3)また,家族​の​崇拝​を​楽しく​霊的​に​さわやか​な​時​と​する​こと​に​より,夫婦​の​絆​を​強める​こと​が​でき​ます。毎日​一緒​に​祈る​こと​も,サタン​の​世​の​猛​攻撃​に​耐える​結婚​生活​を​築く​うえ​で​大切​です。

夫婦​は,霊的​な​事柄​を​一緒​に​行なう​なら,神​と​の​結び付き​を​強める​こと​が​でき,夫婦​の​関係​も​親密​で​幸福​な​もの​に​なる(5,6​節​を​参照)

6 ドイツ​に​住む​ゲルハルト​は​こう​言い​ます。「問題​や​誤解​が​あっ​て​喜び​が​薄れ​て​しまう​とき​は,いつも​聖書​の​助言​が​助け​に​なり​まし​た。おかげ​で,辛抱強く​なり,進ん​で​許す​こと​が​でき​まし​た。それら​の​特質​は,幸福​な​結婚​生活​に​欠か​せ​ませ​ん」。夫婦​は,霊的​な​事柄​を​一緒​に​行なっ​て​神​を​結婚​生活​に​関係​さ​せる​よう​努める​こと​に​より,神​と​の​結び付き​を​強める​こと​が​でき​ます。夫婦​の​関係​も​親密​で​幸福​な​もの​に​なり​ます。

夫​は​愛​の​うち​に​頭​の​権​を​用いる

7. 夫​は​どの​よう​に​頭​の​権​を​用いる​べき​です​か。

7 夫​が​どの​よう​に​頭​の​権​を​用いる​か​は,夫婦​の​絆​を​強め​て​幸せ​な​結婚​生活​を​築く​うえ​で​非常​に​大切​です。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「すべて​の​男​の​頭​は​キリスト​で​あり,女​の​頭​は​男​で​あり,キリスト​の​頭​は​神​です」。(コリ​一 11:3)この​言葉​の​文脈​に​は,夫​が​どの​よう​に​頭​の​権​を​用いる​べき​か​が​示さ​れ​て​い​ます。キリスト​と​同じ​よう​に​用いる​の​です。イエス​は​決して​横暴​に​なっ​たり​厳しく​なっ​たり​せ​ず,常​に​愛​を​示し,親切​で​道理​に​かな​い,気質​が​温和​ で,心​の​へりくだっ​た​方​でし​た。―マタ 11:28‐30

8. 夫​は​どう​すれ​ば,妻​の​愛​と​敬意​を​勝ち得る​こと​が​でき​ます​か。

8 クリスチャン​で​ある​夫​は,自分​に​敬意​を​示す​よう​繰り返し​妻​に​要求​する​こと​は​あり​ませ​ん。むしろ,「知識​に​したがって[つまり,妻​へ​の​思いやり​を​示し​て; 妻​を​理解​し​て]妻​と​共​に​住み」ます。夫​は「弱い​器​で​ある​女性​と​し​て​これ​に​誉れ​を​配し」ます。(ペテ​一 3:7)夫​は​公​の​場​で​も​私的​な​場​で​も,敬意​の​こもっ​た​言葉​と​優しい​振る舞い​に​よっ​て,妻​が​貴重​な​存在​で​ある​こと​を​示し​ます。(箴 31:28)その​よう​に​愛​の​うち​に​頭​の​権​を​用いる​なら,妻​の​愛​と​敬意​を​勝ち得る​こと​が​でき,結婚​生活​は​神​に​祝福​さ​れ​ます。

妻​は​謙遜​に​服する

9. 妻​は​どの​よう​に,謙遜​に​服する​こと​が​でき​ます​か。

9 エホバ​に​対し​て,原則​に​基づく​利他​的​な​愛​を​抱い​て​いれ​ば,わたしたち​は​皆,その​力強い​み手​の​もと​に​あっ​て​謙遜​な​者​と​なり​ます。(ペテ​一 5:6)妻​と​し​て​エホバ​の​権威​に​敬意​を​示す​大切​な​方法​の​一つ​は,家庭​内​で​よく​夫​に​協力​し,夫​を​支える​こと​です。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「妻​たち​よ,夫​に​服し​なさい。それ​は​主​に​あっ​て​ふさわしい​こと​だ​から​です」。(コロ 3:18)現実​に​は,夫​が​妻​の​好み​に​合わ​ない​決定​を​する​こと​も​ある​でしょ​う。それでも,もし​夫​の​決定​が​神​の​律法​に​反し​て​い​ない​の​で​あれ​ば,進ん​で​譲歩​し​ます。―ペテ​一 3:1

10. 愛​を​こめ​て​よく​服する​こと​が​大切​な​の​は,なぜ​です​か。

10 妻​に​は​夫​の「伴侶」と​いう​誉れ​ある​立場​が​与え​られ​て​い​ます。(マラ 2:14)それで,家族​と​し​て​何​か​を​決定​する​とき​は​有益​な​情報​を​提供​し,よく​服する​態度​を​示し​ながら​も,敬意​を​こめ​て​自分​の​考え​や​気持ち​を​述べ​ます。知恵​の​ある​夫​は,妻​の​意見​に​注意深く​耳​を​傾け​ます。(箴 31:10‐31)妻​が​愛​を​こめ​て​よく​服する​なら,家庭​に​は​喜び​と​平和​と​調和​が​生まれ, 夫婦​は,神​を​喜ばせ​て​いる​と​いう​満足​感​を​味わい​ます。―エフェ 5:22

いつも​惜しみなく​許し合う

11. 許し合う​こと​が​肝要​な​の​は​なぜ​です​か。

11 永続​する​結婚​生活​を​築く​ため​の​ブロック​の​一つ​は,許し合う​こと​です。夫婦​が「引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し​合」うなら,結婚​の​絆​は​強く​なり​ます。(コロ 3:13)一方,過去​の​こと​を​根​に​持ち,それ​を​何​度​も​持ち出し​て​は​相手​を​責める​なら,夫婦​の​絆​は​弱く​なり​ます。わずか​な​ひび​が​次第​に​広がっ​て​建物​を​もろく​し​て​しまう​よう​に,不満​や​憤り​が​心​に​募っ​て​ゆく​と,許す​こと​は​難しく​なっ​て​ゆき​ます。それ​と​は​対照​的​に,夫婦​が​エホバ​に​倣っ​て​互い​を​許す​なら,強力​な​絆​が​形作ら​れ​ます。―ミカ 7:18,19

12. 「愛​は​多く​の​罪​を​覆う」と​は​どう​いう​意味​です​か。

12 真​の​愛​は「傷つけ​られ​て​も​それ​を​根​に​持」ち​ませ​ん。「愛​は​多く​の​罪​を​覆う」の​です。(コリ​一 13:4,5。ペテロ​第​一 4:8​を​読む。)言い換えれ​ば,愛​は,許せる​罪​の​数​に​限度​を​設け​たり​し​ませ​ん。使徒​ペテロ​が​イエス​に,人​を​何​回​許す​べき​か​と​尋ね​た​時,イエス​は「七十七​回​まで​です」と​答え​まし​た。(マタ 18:21,22)クリスチャン​が​人​を​許す​べき​回数​に​は,事実​上,限度​が​ない​こと​を​示さ​れ​た​の​です。―箴 10:12 *

13. 人​を​許そ​う​と​し​ない​傾向​を​どの​よう​に​克服​でき​ます​か。

13 アネッテ​と​いう​姉妹​は​こう​述べ​て​い​ます。「夫婦​が​許し合お​う​と​し​ない​と,憤り​や​不信​感​が​募り,結婚​生活​が​破壊​さ​れ​て​いき​ます。許す​こと​に​よっ​て​結婚​の​絆​は​強まり,2​人​の​関係​は​いっそう​親密​に​なり​ます」。許そ​う​と​し​ない​傾向​が​ある​なら,それ​を​克服​する​ため​に,感謝​の​気持ち​を​培う​よう​努力​し​て​ください。いつ​で​も​誠実​に​褒める​よう​に​し​ましょ​う。(コロ 3:15)進ん​で​許す​なら,平安​な​思い,一致,神​の​祝福​を​経験​できる​の​です。―ロマ 14:19

黄金​律​を​当てはめる

14,15. 黄金​律​と​は​何​です​か。黄金​律​は​結婚​生活​に​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

14 人​は​だれしも,自分​の​尊厳​を​認め​て​もらい,敬意​を​もっ​て​接し​て​もらう​こと​を​望み​ます。自分​の​考え​を​受け入れ​て​もらい,気持ち​を​汲ん​で​もらう​と,うれしく​感じ​ます。しかし,だれ​か​が,「あの​人​に​仕返し​を​し​たい」と​言う​の​を​聞い​た​こと​が​あり​ます​か。それ​も​無理​は​ない,と​思える​場合​も​ある​でしょ​う。しかし​聖書​は,「『彼​が​わたし​に​し​た​通り​に,わたし​も​彼​に​し​よう……』と​言っ​て​は​なら​ない」と​述べ​て​い​ます。(箴 24:29)実際​イエス​は,難しい​状況​に​直面​し​た​場合​の,より​良い​対応​の​仕方​を​教え,「あなた方​は,自分​に​し​て​欲しい​と​思う​とおり​に,人​に​も​同じ​よう​に​し​なさい」と​述べ​て​おら​れ​ます。これ​は,黄金​律​と​呼ば​れる​有名​な​方法​です。(ルカ 6:31)イエス​の​この​言葉​は,自分​が​接し​て​ほしい​と​思う​方法​で​他​の​人​に​接する​べき​で​あり,不​親切​に​対し​て​不​親切​を​返し​て​は​なら​ない​こと​を​意味​し​て​い​ます。結婚​生活​に​当てはめる​と​どう​なり​ます​か。夫婦​の​関係​から​良い​もの​を​得​たい​なら,自分​から​その​関係​を​良く​する​必要​が​ある,と​いう​こと​です。

15 夫婦​は​互い​の​感情​に​敏感​で​ある​こと​に​よっ​て,2​人​の​関係​を​強める​こと​が​でき​ます。南​アフリカ​に​住む​ある​男性​は,こう​述べ​て​い​ ます。「わたしたち​夫婦​は​黄金​律​を​実行​する​よう​に​し​て​き​まし​た。確か​に,腹立たしく​思う​時​も​あり​ます​が,自分​が​接し​て​ほしい​と​思う​方法​で​相手​に​接する​よう​に​努めて​き​まし​た。相手​に​敬意​を​示し,相手​の​尊厳​を​認める​と​いう​こと​です」。

16. 夫婦​は​どんな​こと​を​す​べき​で​は​あり​ませ​ん​か。

16 夫婦​は,たとえ​冗談​で​あっ​て​も,相手​の​弱点​を​人前​で​話​し​たり,相手​の​癖​を​くどくど​述べ​たり​し​て​は​なり​ませ​ん。結婚​は,夫婦​の​どちら​が​強い​か,どちら​の​怒鳴り声​が​大きい​か,どちら​が​辛らつ​な​言葉​を​使える​か​を​競う​場​で​は​あり​ませ​ん。欠点​は​だれ​に​で​も​あり,その​欠点​が​気​に​障る​こと​も​ある​でしょ​う。しかし,夫​で​あれ​妻​で​あれ,嫌味​たっぷり​に​相手​を​皮肉っ​たり,もっと​悪い​こと​に,小突い​たり​叩い​たり​し​て​よ​い​はず​は​あり​ませ​ん。―箴言 17:27; 31:26​を​読む。

17. 夫​は,黄金​律​に​従っ​て​生活​する​ため​に,どう​する​こと​が​でき​ます​か。

17 ある​文化​圏​で​は,妻​に​威張り散らし​たり​妻​を​叩い​たり​する​男性​が​男らしい​と​みなさ​れ​ます。しかし​聖書​は,「怒る​こと​に​遅い​人​は​力​ある​者​に​勝り,自分​の​霊​を​制し​て​いる​人​は​都市​を​攻め取る​者​に​勝る」と​述べ​て​い​ます。(箴 16:32)これ​まで​に​生存​し​た​最も​偉大​な​人​イエス​・​キリスト​に​倣い,自分​の​霊​を​制する​に​は,並々​なら​ぬ​道徳​的​な​強さ​が​必要​です。妻​に​暴言​を​吐い​たり​暴力​を​振るっ​たり​する​男性​は,決して​男らしく​あり​ませ​ん。そういう​男性​は,エホバ​と​の​良い​関係​を​失う​こと​に​なり​ます。強く​勇敢​な​男性​で​あっ​た​詩編​作者​ダビデ​は,こう​語っ​て​い​ます。「気​を​かき乱さ​れる​が​よい。だが,罪​を​おかし​て​は​なら​ない。言い​たい​こと​は​心​の​中​で,寝床​の​上​で​言い,黙っ​て​いよ」。―詩 4:4

「愛​を​身​に​着け​なさい」

18. 愛​を​培い​続ける​の​が​大切​な​の​は,なぜ​です​か。

18 コリント​第​一 13:4‐7​を​読む。愛​は​結婚​生活​に​おける​最も​大切​な​特質​です。聖書​に​は​こう​あり​ます。「優しい​同情​心,親切,へりくだっ​た​思い,温和,そして​辛抱強さ​を​身​に​着け​なさい。しかし,これら​すべて​に​加え​て,愛​を​身​に​着け​なさい。それ​は​結合​の​完全​な​きずな​な​の​です」。(コロ 3:12,14)キリスト​の​よう​な​自己​犠牲​的​な​愛​は,結婚​の​固い​絆​に​必要​な​ブロック​を​つなぎ合わせる​モルタル​の​よう​な​もの​です。そう​し​た​愛​が​あれ​ば​結婚​生活​は,人格​上​の​不​愉快​な​欠点,健康​上​の​不安,経済​的​な​苦境,親​の​関係​し​た​難しい​問題​に​さらさ​れ​て​も,損なわ​れる​こと​が​あり​ませ​ん。

19,20. (イ)どう​すれ​ば,夫婦​の​絆​を​強め,幸せ​な​結婚​生活​を​築く​こと​が​でき​ます​か。(ロ)次​の​記事​で​は​どんな​点​に​つい​て​考え​ます​か。

19 結婚​生活​を​成功​さ​せる​に​は,献身​的​な​愛,結婚​の​誓い​に​対する​忠節​さ,そして​真剣​な​努力​が​必要​です。難しい​問題​が​生じ​て​も,結婚​生活​を​放棄​し​て​は​なり​ませ​ん。夫婦​の​関係​を​存続​さ​せる​だけ​で​なく,その​関係​を​実り​豊か​な​もの​と​する​よう​決意​す​べき​です。エホバ​に​献身​し,互い​に​対​し​て​も​献身​的​な​クリスチャン​の​夫婦​は,神​へ​の​愛​と​互い​へ​の​愛​に​動かさ​れ,難しい​問題​も​解決​し​よう​と​し​ます。「愛​は​決して​絶え(ない)」から​です。―コリ​一 13:8。マタ 19:5,6。ヘブ 13:4

20 この「危機​の​時代」に,夫婦​の​絆​を​強め,幸せ​な​結婚​生活​を​築く​の​は​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。(テモ​二 3:1)しかし,エホバ​の​助け​が​あれ​ば,可能​です。と​は​いえ,この​世​に​はびこる​道徳​的​腐敗​と​闘う​こと​も​必要​です。次​の​記事​で​は,結婚​生活​の​霊的​な​防備​を​強める​ため​に,何​が​できる​か​を​考え​ましょ​う。

^ 12節 夫婦​は,許し合う​よう​努力​し,難しい​問題​を​解決​する​よう​に​し​ます​が,聖書​に​よれ​ば,夫婦​の​どちら​か​が​姦淫​を​犯し​た​場合,潔白​な​ほう​の​配偶​者​に​は,相手​を​許す​か​離婚​する​か​を​決める​権利​が​あり​ます。(マタ 19:9)「目ざめよ!」1995​年​8​月​8​日​号​の「聖書​の​見方: 姦淫 ― 許す​べき​か,許す​べき​で​は​ない​か」と​いう​記事​を​参照。