内容へ

目次へ

喜んで自分を差し出した人たち ― ニューヨーク州

喜んで自分を差し出した人たち ― ニューヨーク州

数​年​前,セサル​と​妻​の​ロシオ​は​カリフォルニア​州​で​快適​な​生活​を​送っ​て​い​まし​た。セサル​は​空調​設備​の​仕事​を​フルタイム​で​行なっ​て​おり,ロシオ​は​診療​所​で​パートタイム​で​働い​て​い​まし​た。2​人​に​は​持ち家​が​あり,子ども​は​い​ませ​ん​でし​た。しかし,ある​こと​が​きっかけ​で​2​人​の​人生​は​変わり​まし​た。何​が​あっ​た​の​でしょ​う​か。

2009​年​10​月,米国​支部​は​国内​の​すべて​の​会衆​に​手紙​を​送り,技術​を​持つ​奉仕​者​たち​に​一時​的​な​ベテル​奉仕​を​申し込む​よう​励まし​まし​た。ニューヨーク​州​ウォールキル​の​支部​施設​拡張​工事​を​手伝う​ため​です。ベテル​奉仕​に​申し込める​年齢​の​上限​を​超え​た​人​たち​に​も​招待​が​差し伸べ​られ​まし​た。セサル​と​ロシオ​は​こう​言い​ます。「わたしたち​の​年齢​を​考える​と,ベテル​奉仕​を​する​一生​に​一度​の​チャンス​でし​た。この​機会​を​逃す​わけ​に​は​いか​ない,と​思い​まし​た」。2​人​は​すぐ​に​申込​書​を​出し​まし​た。

ウォーウィック​で​働い​て​いる​自発​奉仕​者​たち(一部)

ところが,1​年​以上​たっ​て​も,セサル​と​ロシオ​は​ベテル​に​招待​さ​れ​ませ​ん​でし​た。それでも,2​人​は​目標​を​達成​できる​よう,生活​を​簡素​に​し​て​努力​を​続け​まし​た。セサル​は​こう​語っ​て​い​ます。「自分​たち​の​家​を​人​に​貸せる​よう​に​する​ため,ガレージ​を​ワンルーム​の​家​に​改装​し​まし​た。そして,数​年​前​に​建て​た​200​平方㍍​の​念願​の​マイホーム​から,25​平方㍍​の​その​小さな​家​に​移り​まし​た。こう​し​た​調整​を​する​こと​に​よっ​て,ベテル​の​招待​が​来​た​時​に​受け入れ​やすい​立場​に​なり​まし​た」。その​後​どう​なっ​た​でしょ​う​か。ロシオ​が​続け​ます。「その​家​に​移っ​て​1​か月​後,ウォールキル​で​テンポラリー​・​ボランティア​と​し​て​奉仕​する​よう​招待​さ​れ​まし​た。生活​を​簡素​に​し​た​の​で​エホバ​が​祝福​し​て​くださっ​た,と​いう​こと​が​はっきり​分かり​まし​た」。

ジェーソン,セサル,ウィリアム

自己​犠牲​の​精神​は​祝福​さ​れる

セサル​と​ロシオ​の​よう​に,大勢​の​兄弟​姉妹​が​犠牲​を​払っ​て,ニューヨーク​州​で​の​建設​に​携わっ​て​い​ます。ウォールキル​の​拡張​工事​を​支援​し​て​いる​人​たち​も​いれ​ば,ウォーウィック​ の​世界​本部​の​建設​ *を​援助​する​と​いう​格別​な​機会​に​あずかっ​て​いる​人​たち​も​い​ます。何​組​も​の​夫婦​が​エホバ​に​一層​お仕え​する​ため,快適​な​住まい,良い​仕事,かわいがっ​て​い​た​ペット​さえ​手離し​まし​た。その​よう​な​自己​犠牲​の​精神​を,エホバ​は​確か​に​祝福​し​て​こら​れ​まし​た。

ウェイ

例えば,電気​技師​の​ウェイ​と​妻​の​デブラ​は​2​人​と​も​50​代​後半​です​が,家​と​ほとんど​の​持ち物​を​売り,コミューター​ *と​し​て​ベテル​で​奉仕​する​ため,カンザス​州​から​ウォールキル​に​引っ越し​まし​た。多く​の​調整​が​求め​られ​まし​た​が,そう​する​だけ​の​価値​が​あっ​た​と​感じ​て​い​ます。デブラ​は​ベテル​で​の​自分​の​割り当て​に​つい​て​こう​言い​ます。「まるで​出版​物​に​出​て​くる​楽園​で​の​建設​現場​に​いる​よう​な,そんな​気持ち​に​なる​こと​が​あり​ます」。

サウス​・​カロライナ​州​の​メルビン​と​シャロン​は,ウォーウィック​で​の​建設​に​参加​できる​よう,家​と​持ち物​を​売り​まし​た。その​よう​な​犠牲​を​払う​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,この​歴史​的​な​プロジェクト​に​加われる​こと​を​特権​だ​と​感じ​て​い​ます。「世界​的​な​組織​に​貢献​でき​て​いる,と​いう​自覚​から​来る​喜び​は​何もの​に​も​代え​られ​ませ​ん」と,2​人​は​述べ​て​い​ます。

ケネス

かつて​住宅​建設​に​携わっ​て​い​た​ケネス​と​妻​の​モーリーン​は​50​代​半ば​です。ウォーウィック​の​建設​プロジェクト​で​奉仕​する​ため​に​カリフォルニア​州​から​やっ​て​き​まし​た。引っ越す​際​に,自宅​の​管理​を​ある​姉妹​に​委ね,ケネス​の​高齢​の​父親​の​世話​を​身内​に​頼み​まし​た。ベテル​奉仕​の​ため​に​犠牲​を​払っ​た​こと​を​後悔​し​て​いる​でしょ​う​か。ケネス​は​こう​答え​ます。「良い​こと​を​たくさん​経験​し​て​い​ます。大変​な​こと​も​あり​ます​が,人生​が​豊か​に​なり​まし​た。この​奉仕​を​みなさん​に​心​から​勧め​たい​と​思い​ます」。

困難​を​乗り越える

自分​を​差し出し​た​人​たち​の​ほとんど​が,何らか​の​障害​を​乗り越える​必要​が​あり​まし​た。例えば,60​代​前半​の​ウィリアム​と​サンドラ​は,ペンシルバニア​州​で​安定​し​た​生活​を​楽しん​で​い​まし​た。経営​し​て​いる​精密​加工​会社​は​順調​で,従業​員​が​17​人​い​まし​た。2​人​は​子ども​の​頃​から​ずっ​と​同じ​会衆​に​交わっ​て​い​て,親族​の​大半​も​近く​に​住ん​で​い​ます。その​ため,ウォールキル​で​コミューター​と​し​て​奉仕​する​機会​が​開か​れ​た​時,それ​は​慣れ親しん​だ​人​や​物​の​ほとんど​に​別れ​を​告げる​こと​を​意味​し​まし​た。「言う​まで​も​なく,最大​の​挑戦​は​居​心地​の​良い​場所​を​離れる​こと​でし​た」と​ウィリアム​は​言い​ます。しかし,2​人​は​何​度​も​祈り,移動​を​決意​し​まし​た。その​こと​を​後悔​し​て​は​い​ませ​ん。ウィリアム​は​こう​述べ​て​い​ます。「ベテル​ 家族​に​加わっ​て​共​に​奉仕​する​喜び​を,何​か​と​比べる​なんて​でき​ませ​ん。わたし​も​妻​も,これ​まで​で​一番​幸せ​です」。

ウォールキル​で​働い​て​いる​夫婦(一部)

ハワイ​州​で​建築​プロジェクト​・​マネージャー​を​し​て​い​た​リッキー​は,ベテル​の​コミューター​と​し​て​奉仕​し​て​ウォーウィック​の​建設​を​助け​て​もらえ​ない​か,と​打診​さ​れ​まし​た。妻​の​ケンドラ​は​その​招待​を​受け​て​ほしい​と​思い​まし​た​が,2​人​に​は​気がかり​な​こと​が​あり​まし​た。11​歳​の​息子​ジェイコブ​の​こと​です。ニューヨーク​州​に​移る​の​は​本当​に​賢明​な​の​か,息子​は​まったく​違う​環境​に​順応​できる​の​か,心配​だっ​た​の​です。

「若者​たち​が​霊的​に​がんばっ​て​いる​会衆​を​探す​の​は,特に​大事​だ​と​思い​まし​た。ジェイコブ​に​良い​交わり​を​たくさん​持っ​て​ほしかっ​た​から​です」と​リッキー​は​言い​ます。結局,家族​が​移動​し​た​会衆​に​は,子ども​が​ほとんど​い​ませ​ん​でし​た​が,ベテル​奉仕​者​が​何​人​か​交わっ​て​い​まし​た。リッキー​は​こう​続け​ます。「そこ​で​の​最初​の​集会​の​後,同​年代​の​子ども​が​い​なかっ​た​の​で,新しい​会衆​を​どう​思っ​た​か​ジェイコブ​に​尋ね​まし​た。すると​息子​は,『お父さん,大丈夫。ベテル​の​若い​兄弟​たち​が​友達​に​なっ​て​くれる​よ』と​答え​まし​た」。

ジェイコブ​と​両親​は,会衆​に​いる​ベテル​奉仕​者​と​の​交わり​を​楽しん​で​いる

確か​に,ベテル​の​若い​兄弟​たち​は​ジェイコブ​の​友達​に​なっ​て​くれ​まし​た。どんな​良い​影響​が​あっ​た​か​に​つい​て,リッキー​は​こう​語り​ます。「ある​晩,息子​の​部屋​の​前​を​通る​と,まだ​電気​が​つい​て​い​まし​た。ゲーム​を​やっ​て​る​ところ​を​見つけ​た​ぞ,と​思い​まし​た​が,息子​は​聖書​を​読ん​で​い​た​ん​です。何​を​し​て​いる​の​か​聞く​と,息子​は『ぼく,ベテル​奉仕​者​に​なる​ん​だ。だから​1​年​で​聖書​を​読む​つもり​な​ん​だ』と​言い​まし​た」。リッキー​と​ケンドラ​は,リッキー​が​ウォーウィック​の​建設​に​携われる​だけ​で​なく,この​移動​が​息子​の​霊的​成長​を​促し​た​の​で,心​から​喜ん​で​い​ます。―箴 22:6

先​の​こと​を​心配​し​ない

ルイス​と​デール

ウォールキル​や​ウォーウィック​で​の​建設​は​いずれ​完了​し​ます。ですから,援助​に​来​て​いる​人​たち​は,自分​たち​の​ベテル​奉仕​が​一時​的​だ​と​いう​こと​に​気づい​て​い​ます。それら​の​兄弟​姉妹​が,どこ​で​何​を​する​こと​に​なる​か​を​過度​に​心配​する​こと​は​全く​あり​ませ​ん。多く​の​人​が,フロリダ​州​から​来​た​2​組​の​中年​の​夫婦​と​同じ​よう​に​感じ​て​い​ます。コンストラクション​・​マネージャー​の​ジョン​と​妻​の​カルメン​は,ウォーウィック​で​テンポラリー​・​ボランティア​と​し​て​奉仕​し​て​い​ます​が,こう​話​し​て​い​ます。「これ​まで​エホバ​が​わたしたち​の​特定​の​必要​を​顧み​て​くださる​ の​を​見​て​き​まし​た。エホバ​が​ここ​に​連れ​て​き​て​後​で​見捨てる​なんて​考え​られ​ませ​ん」。(詩 119:116)消火​システム​の​設計​を​し​て​いる​ルイス​と​妻​の​ケニア​は,ウォールキル​で​奉仕​し​て​い​ます。2​人​は​こう​述べ​ます。「エホバ​が​わたしたち​の​必要​物​を​寛大​に​備え​て​くださる​の​を​経験​し​て​き​まし​た。いつ,どこ​で,どの​よう​に​か​は​分かり​ませ​ん​が,神​は​これ​から​も​ずっ​と​顧み​て​くださる​と​確信​し​て​い​ます」。―詩 34:10; 37:25

「何​の​不足​も​ない​まで​に……祝福​を​注ぎ出す」

ジョン​と​メルビン

ニューヨーク​州​で​の​建設​に​参加​し​て​いる​人​たち​の​大半​ は,奉仕​し​ない​理由​を​見つける​こと​も​でき​まし​た。しかし,エホバ​を​試み​まし​た。エホバ​は​わたしたち​すべて​に​も,そう​する​よう​勧め​て​おら​れ​ます。「どうか​わたし​を​試みる​よう​に……。わたし​が​あなた方​に​向かっ​て​天​の​水門​を​開き,もはや​何​の​不足​も​ない​まで​に​あなた方​の​上​に​祝福​を​注ぎ出す​か​どう​か​を​見よ」。―マラ 3:10

あなた​も​エホバ​を​試み​て,豊か​な​祝福​を​経験​し​たい​と​思い​ます​か。ニューヨーク​州​や​他​の​神権​的​な​建設​プロジェクト​で​胸​の​躍る​よう​な​奉仕​に​参加​する​ため​に,何​が​できる​か​祈り​の​うち​に​検討​し​て​ください。そして,エホバ​が​どの​よう​に​報い​て​くださる​か​を​じかに​体験​し​て​ください。―マル 10:29,30

ゲーリー

アラバマ​州​から​来​た​土木​技師​の​デール​と​妻​の​キャシー​は,この​分野​の​奉仕​を​強く​勧め​て​い​ます。ウォールキル​で​働い​て​いる​2​人​は,「慣れ親しん​だ​環境​を​後​に​する​勇気​が​ある​なら,エホバ​の​霊​の​働き​を​実感​でき​ます」と​言っ​て​い​ます。自分​を​差し出す​ため​に​は​何​を​する​必要​が​あり​ます​か。デール​は​こう​答え​ます。「簡素​に,とにかく​簡素​に​する​こと​です。後悔​する​こと​は​絶対​に​ない​でしょ​う」。ノース​・​カロライナ​州​出身​の​ゲーリー​は,コンストラクション​・​マネージャー​の​経験​が​30​年​あり​ます。ゲーリー​と​妻​の​モーリーン​は,「ベテル​で​エホバ​に​長年​仕え​て​き​た​大勢​の​素晴らしい​兄弟​姉妹​と​出会い,共​に​働ける​こと」が,ウォーウィック​で​得​て​いる​祝福​の​1​つ​だ​と​言い​ます。ゲーリー​は​さらに,「ベテル​で​奉仕​する​に​は​生活​を​簡素​に​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​が,それ​は​この​事物​の​体制​で​生活​し​て​ゆく​一番​良い​方法​です」と​述べ​て​い​ます。イリノイ​州​で​電気​工事​請負​業者​だっ​た​ジェーソン​と​妻​の​ジェニファー​に​よる​と,ウォールキル​の​建設​プロジェクト​で​働く​こと​は,「新しい​世​で​の​生活​を​いち早く​体験​できる​方法」です。ジェニファー​は​この​よう​に​も​述べ​て​い​ます。「自分​たち​の​行なっ​て​いる​こと​すべて​が​エホバ​に​高く​評価​さ​れ​て​い​て,エホバ​が​備え​て​おら​れる​将来​へ​の​投資​に​なっ​て​いる,と​考える​と,感激​で​胸​が​いっぱい​に​なり​ます。エホバ​は​あふれる​ほど​豊か​に​祝福​し​て​くださっ​て​い​ます」。

^ 7節 パートタイム​・​コミューター​の​ベテル​奉仕​者​は,住まい​や​生活​費​を​自分​で​賄い​ながら,週​に​1​日​か​それ​以上​ベテル​で​奉仕​し​ます。