内容へ

目次へ

不変の愛は存在しますか

不変の愛は存在しますか

「[愛​の]燃え盛る​勢い​は​火​の​燃え盛る​勢い,ヤハ​の​炎​です」。―歌 8:6

1,2. 「ソロモン​の​歌」は​どんな​人​たち​に​とっ​て​有益​です​か。なぜ​です​か。(冒頭​の​挿絵​と​写真​を​参照。)

『2​人​は​愛情​を​こめ​て​見つめ​合い,優しく​抱擁​を​交わし​た。2​人​が​深く​愛し合っ​て​いる​こと​は​間違い​ない』。結婚​式​の​話​を​終え​た​長老​は,そう​思い​まし​た。しかし,披露宴​の​会場​で​優雅​に​踊る​初々しい​2​人​を​見​ながら,ふと​考え​まし​た。『この​結婚​は​時​の​試練​に​耐える​だろ​う​か。2​人​の​愛​は​歳月​と​共​に​深まっ​て​いく​だろ​う​か,それ​と​も​翼​が​生​え​て​どこ​か​へ​飛び去っ​て​しまう​だろ​う​か』と。男女​間​の​愛​は,揺らぐ​こと​の​ない​もの​で​ある​こと​が​証明​さ​れ​て​こそ,真​の​意味​で​美しい​と​言える​の​です。しかし,多く​の​結婚​が​破綻​し​て​いる​こと​を​考える​と,永続​的​な​愛​は​存在​する​の​だろ​う​か,と​いう​疑問​が​生じ​ます。

2 真​の​愛​は​古代​イスラエル​の​ソロモン​王​の​時代​に​も,まれ​でし​た。ソロモン​は​当時​の​道徳​的​な​傾向​に​つい​て,こう​書い​て​い​ます。「わたし​は​千​人​の​中​から​一​人​の[廉直​な]男​を​見いだし​た​が,それら​すべて​の​中​から​女​を​見いだす​こと​は​でき​なかっ​た。見よ,ただ​この​こと​を​わたし​は​見いだし​た。まこと​の​神​は​人間​を​廉直​な​者​と​し​て​造ら​れ​た​が,彼ら​自身​が​多く​の​計画​を​探り出し​た​の​で​ある」。(伝 7:26‐29)バアル​崇拝​を​行なう​異国​の​女​たち​の​影響​が​大きかっ​た​ため,当時​の​道徳​規準​は​ひどく​低下​し​て​い​まし​た。それ​で​ソロモン​は, 道徳​的​な​男女​を​見いだす​こと​に​困難​を​覚え​まし​た。 * しかし,その​20​年​ほど​前​に​ソロモン​が​書い​た​詩​に​は,男女​間​の​愛​が​永続​的​な​もの​と​なり​得る​こと​が​示さ​れ​て​い​ます。その​詩,つまり「ソロモン​の​歌」に​は,そう​し​た​真​の​愛​が​どの​よう​な​もの​で,どの​よう​に​表わさ​れる​か​が​生き生き​と​描か​れ​て​い​ます。結婚​し​て​いる​人​も​独身​の​人​も,エホバ​を​崇拝​する​人​たち​は,この​書​を​注意深く​調べる​こと​に​より,その​愛​に​つい​て​多く​を​学べ​ます。

真​の​愛​は​存在​する

3. 男女​間​の​真​の​愛​が​存在​する​と​言える​の​は,なぜ​です​か。

3 ソロモン​の​歌 8:6​を​読む。愛​は「ヤハ​の​炎」で​ある​と​いう​言葉​は,多く​の​こと​を​物語っ​て​い​ます。真​の​愛​は​エホバ​から​出​て​いる​と​いう​意味​で,「ヤハ​の​炎」です。エホバ​は​人間​を​ご自分​の​像​に​創造​し,愛する​能力​を​付与​さ​れ​まし​た。(創 1:26,27)神​が​最初​の​女​エバ​を​最初​の​男​アダム​に​紹介​し​た​時,アダム​の​口​から​発せ​られ​た​言葉​は,紛れ​も​ない​詩​でし​た。エバ​は​アダム​に​親しみ​を​覚え​た​に​違いあり​ませ​ん。エバ​は​アダム​から「取ら​れ​た」から​です。(創 2:21‐23)エホバ​は​初め​から,男性​と​女性​が​互い​に​対し​て​揺らぐ​こと​の​ない​不変​の​愛​を​抱ける​よう​に​され​た​の​です。

4,5. 「ソロモン​の​歌」の​物語​の​あらすじ​を​述べ​て​ください。

4 男女​間​の​愛​は​揺るぎない​永続​的​な​もの​と​なり​得る​だけ​で​なく,別​の​特色​も​備え​て​い​ます。「ソロモン​の​歌」に​は​その​幾つ​か​が​美しく​描か​れ​て​い​ます。オペラ​の​台本​の​よう​な​趣​で​記さ​れ​た​この​物語​は,シュネム(シュレム)の​村​の​娘​と,娘​の​恋人​で​ある​羊飼い​と​の​愛​を​歌い上げ​た​もの​です。娘​が​番​を​し​て​い​た​ぶどう​園​の​近く​に​ソロモン​の​宿営​が​あり,娘​は​その​美しさ​ゆえに​ソロモン​に​見初め​られ,宿営​に​連れ​て​来​られ​ます。しかし,娘​は​羊飼い​を​愛し​て​い​まし​た。ソロモン​が​娘​の​愛​を​勝ち得​よう​と​する​と,娘​は​羊飼い​と​一緒​に​い​たい​と​いう​熱い​思い​を​隠さ​ず​に​言い表わし​ます。(歌 1:4‐14)羊飼い​が​宿営​を​見つけ​て​やっ​て​来る​と,2​人​は​美しい​愛​の​言葉​を​交わし​ます。―歌 1:15‐17

5 ソロモン​は​娘​を​連れ​て​エルサレム​に​帰り​ます。羊飼い​も​その​後​を​追い​ます。(歌 4:1‐5,8,9)娘​の​愛​を​勝ち得​よう​と​する​ソロモン​の​努力​は,すべて​無駄​に​終わり​まし​た。(歌 6:4‐7; 7:1‐10)結局,王​は​娘​を​家​に​帰し​ます。この​歌​は,娘​が​恋人​に​対し​て,「ガゼル……の​よう​に」速く,自分​の​ところ​に​走っ​て​来る​こと​を​願う​言葉​で​結ば​れ​て​い​ます。―歌 8:14

6. この​物語​の​話者​を​特定​する​の​が​難しい​の​は,なぜ​です​か。

6 これ​は,ソロモン​に​よる​意味深く​て​美しい「最も​優れ​た​歌」ですが,対話,独白,夢​の​部分​の​話者​を​特定​する​こと​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん。(歌 1:1)「新 注釈​者​の​聖書​辞典」(英語)は,「話​の​筋,物語,ストーリー​展開,登場​人物​など​は,それ​ほど​重要​な​事柄​で​は​ない」と​述べ​て​い​ます。話者​の​名前​を​記し​て​い​ない​こと​に​は,読者​の​注意​を​作品​の​詩的​な​特色​から​そらさ​ない​よう​に​する​意図​が​あっ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。それでも,話者​が​だれ​か​は,述べ​られ​て​いる​言葉​の​内容​から​特定​でき​ます。 *

 「あなた​の​愛情​の​表現​は​ぶどう​酒​に​勝る」

7,8. 「ソロモン​の​歌」に​見​られる「愛情​の​表現」に​つい​て,どんな​こと​が​言え​ます​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

7 「ソロモン​の​歌」は,娘​と​羊飼い​の​間​の「愛情​の​表現」に​あふれ​て​い​ます。そう​し​た​表現​は​3,000​年​ほど​前​の​東洋​の​もの​で​あり,現代​の​読者​は​違和感​を​覚える​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,そこ​に​は​深い​意味​が​込め​られ​て​おり,表現​さ​れ​て​いる​感情​は,わたしたち​に​とっ​て​理解​でき​ない​もの​で​は​あり​ませ​ん。例えば,羊飼い​は​娘​の​穏やか​で​優しい​目​を​褒め,「はと​の​目」に​なぞらえ​まし​た。(歌 1:15)娘​は​羊飼い​の​目​を,はと​の​目​で​は​なく,はと​そのもの​に​例え​まし​た。ソロモン​の​歌 5:12​を​読む。)黒い​瞳​が​白い​部分​に​囲ま​れ​て​いる​様子​が,はと​が​乳​の​中​で​水浴び​し​て​いる​よう​に​美しく​見え​た​の​です。

8 羊飼い​と​娘​は,互い​の​外見​だけ​を​褒め​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。例えば,羊飼い​は​娘​の​親切​な​話し方​に​引か​れ​て​い​まし​た。ソロモン​の​歌 4:7,11​を​読む。)娘​の​唇​は「蜜ばち​の​巣​の​蜜​を​もっ​て​滴(る)」と​表現​さ​れ​て​い​ます。なぜ​でしょ​う​か。蜜ばち​の​巣​の​蜜​は,空気​に​さらさ​れ​た​蜜​より​も​甘く,香り​が​良い​から​です。「蜜​と​乳​が[娘​の]舌​の​裏​に​あり」ます。つまり,その​話し方​は​蜜​と​乳​の​よう​に,快く​良い​もの​です。「あなた​は​全く​美しい。あなた​に​は​欠け​た​ところ​が​ない」と​述べ​た​羊飼い​は,明らか​に,娘​の​外見​の​美しさ​だけ​に​言及​し​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。

9. (イ)夫婦​間​の​愛​に​は,何​が​含ま​れ​ます​か。(ロ)夫婦​が​愛情​を​表現​し​合う​の​は,なぜ​大切​な​こと​です​か。

9 結婚​の​取り決め​は,愛​の​伴わ​ない​単なる​契約​で​は​あり​ませ​ん。実際,クリスチャン​の​結婚​に​愛​は​不可欠​です。それ​は​どんな​愛​でしょ​う​か。聖書​の​原則​に​支配​さ​れ​た​愛​です​か。(ヨハ​一 4:8)家族​が​互い​に​対し​て​抱く​よう​な​自然​な​愛​です​か。真​の​友​の​間​に​見​られる​よう​な,温か​で​優しい​愛​です​か。(ヨハ 11:3)恋愛​です​か。(箴 5:15‐20)実​は,夫婦​間​の​真​の​不変​の​愛​に​は,これら​すべて​が​含ま​れ​ます。愛​は​表現​し​なけれ​ば​十分​に​は​伝わり​ませ​ん。どんな​に​忙しく​て​も,愛情​を​表現​し​合う​こと​を​忘れ​ない​よう​に​し​ましょ​う。それ​は​本当​に​大切​な​こと​です。愛情​を​表現​し​合う​なら,結婚​生活​の​安心​感​や​幸福​感​は​大いに​増し加わり​ます。ある​文化​圏​で​は,周囲​の​人​たち​が​結婚​を​取り決め,当人​たち​は​結婚​式​の​日​まで​お互い​の​こと​を​ほとんど​知ら​ない​こと​が​あり​ます。しかし,夫婦​が​よく​知り合い,愛​を​成長​さ​せる​ため​に​は,互い​へ​の​愛​を​言葉​で​表現​する​必要​が​あり​ます。そうすれば,2​人​は​いっそう​親しく​なり,結婚​の​絆​は​強く​なり​ます。

10. 愛情​の​表現​に​関する​記憶​は,どんな​益​を​もたらし​ます​か。

10 夫婦​間​で​愛情​を​表現​する​こと​は,それ​以外​に​も​良い​影響​を​もたらし​ます。ソロモン​王​は​シュラム​の​娘​に,「あなた​の​ため​に​金​の​飾り輪​を​作ろ​う。それ​と​共​に​銀​の​飾りびょう​も」と​言い​まし​た。また​娘​に,「満月​の​よう​に​美しく,きらめく​太陽​の​よう​に​浄(い)」など​と​褒め言葉​を​浴びせ​まし​た。(歌 1:9‐11; 6:10)それでも​娘​は​恋人​の​羊飼い​に​忠節​を​保ち​まし​た。恋人​から​離れ​て​い​た​間,娘​は​何​に​よっ​て​強め​られ,慰め​られ​た​の​でしょ​う​か。当人​が​答え​て​い​ます。ソロモン​の​歌 1:2,3​を​読む。)羊飼い​から​の「愛情​の​表現」を​思い起こし​た​の​です。娘​に​とっ​て​その​表現​は,心​を​歓ばせる「ぶどう​酒​に​勝る​もの」となり,恋人​ の​名​は​頭​に「注ぎ出さ​れる[香り​の​良い]油」の​よう​に,さわやか​さ​を​もたらし​まし​た。(詩 23:5; 104:15)そう​です,表現​さ​れ​た​愛​に​関する​快い​記憶​は,愛​を​いっそう​揺るぎない​もの​と​する​こと​が​でき​ます。夫婦​が​互い​に​対する​愛情​を​表現​する​の​は,なんと​大切​な​こと​な​の​でしょ​う。

「愛​が​その​気​に​なる​まで​は」目覚め​させ​て​は​なら​ない

11. シュラム​の​娘​が​ソロモン​の​宮廷​の​女​たち​に​述べ​た​言葉​から,何​を​学べ​ます​か。

11 「ソロモン​の​歌」は,独身​の​クリスチャン,特に​結婚​相手​を​探し​て​いる​クリスチャン​に​とっ​て​も​教訓​と​なり​ます。この​歌​に​出​て​くる​娘​は​ソロモン​に​愛​を​抱き​ませ​ん​でし​た。そして,宮廷​の​女​たち​に,「愛​が​その​気​に​なる​まで​は,わたし​の​うち​に​それ​を​目覚め​させ​たり,呼び起こし​たり」し​て​は​なり​ませ​ん,と​はっきり​告げ​まし​た。(歌 2:7; 3:5)なぜ​でしょ​う​か。目​の​前​に​現われる​人​に,相手​構わ​ず​恋愛​感情​を​抱く​の​は​決して​正しい​こと​で​は​ない​から​です。ですから,結婚​を​望む​クリスチャン​が,心​から​愛せる​人​を​辛抱強く​待つ​の​は​賢明​な​こと​です。

12. シュラム​の​娘​が​羊飼い​を​愛し​た​の​は​なぜ​です​か。

12 シュラム​の​娘​が​羊飼い​の​青年​を​愛し​た​の​は​なぜ​です​か。確か​に,青年​は「ガゼル」の​よう​に​美しく,その​手​は「金​の​円柱」の​よう​に​強く,その​脚​は「大理石​の​柱」の​よう​に​美​と​強さ​を​兼ね備え​て​い​まし​た。しかし​羊飼い​は,強く​て​ハンサム​だっ​た​だけ​で​は​あり​ませ​ん。娘​は,その​青年​が​エホバ​を​愛し,優れ​た​特質​を​幾つ​も​持っ​て​いる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。ですから​青年​は​娘​に​とっ​て,「森林​の​木々​の​中​の​りんご​の​木​の​よう」な,特別​な​存在​でし​た。―歌 2:3,9; 5:14,15

13. 羊飼い​の​青年​が​シュラム​の​娘​を​愛し​た​の​は​なぜ​です​か。

13 シュラム​の​娘​は​どんな​人​でし​た​か。「六十​人​の​王妃,八十​人​の​そばめ,そして​数​知れ​ぬ​乙女​ら」を​持つ​王​の​心​を​とらえる​ほど​美しかっ​た​に​も​かかわら​ず,自分​を「沿岸​の​平原​の​ただ​の​サフラン」,つまり​平凡​な​花​と​みなし​まし​た。娘​は​際立っ​て​慎み深く,謙遜​でし​た。しかし,羊飼い​に​とっ​て​は「とげ草​の​中​の​ゆり」の​よう​でし​た。エホバ​に​忠実​な​女性​だっ​た​から​です。―歌 2:1,2; 6:8

14. 「ソロモン​の​歌」で​描か​れ​て​いる​愛​は,結婚​を​望む​独身​の​クリスチャン​に​どんな​こと​を​教え​て​い​ます​か。

 14 聖書​に​は,クリスチャン​は「主​に​ある​者​と​だけ」結婚​する​よう​に,と​いう​強い​訓戒​が​含ま​れ​て​い​ます。(コリ​一 7:39)結婚​を​望む​独身​の​クリスチャン​は,不​信者​に​恋愛​感情​を​抱か​ない​よう​に​し,エホバ​の​忠節​な​崇拝​者​の​中​から​結婚​相手​を​選ぶ​よう​に​し​ます。日々​の​生活​の​ストレス​に​面し​て​も,夫婦​と​し​て​平和​と​霊的​な​一致​を​保つ​に​は,神​へ​の​信仰​と​献身​の​思い​が​必要​です。その​よう​な​特質​を​持つ​人​を,結婚​相手​に​選​ん​で​ください。羊飼い​の​青年​も​シュラム​の​娘​も,まさしく​それら​の​特質​を​互い​の​うち​に​見いだし​て​い​まし​た。

クリスチャン​は,不​信者​に​対し​て​恋愛​感情​を​抱か​ない​よう​に​する(14​節​を​参照)

わたし​の​花嫁​は「横木​で​閉じ​られ​た​園」

15. シュラム​の​娘​が​示し​た​忠節​は,独身​の​カップル​に​とっ​て​どの​よう​な​手本​と​なっ​て​い​ます​か。

15 ソロモン​の​歌 4:12​を​読む。羊飼い​が​恋人​の​こと​を「横木​で​閉じ​られ​た​園」と​述べ​た​の​は​なぜ​です​か。壁​や​垣​に​囲ま​れ​た​園​に​は,だれ​で​も​自由​に​入れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。門​の​かぎ​を​開け​なけれ​ば​入る​こと​が​でき​ませ​ん。シュラム​の​娘​は​かぎ​の​掛かっ​た​園​の​よう​です。娘​の​愛情​は,将来​の​夫​で​ある​羊飼い​の​青年​に​しか​向け​られ​て​い​ない​から​です。王​から​の​誘惑​に​屈し​なかっ​た​娘​は,自分​が「城壁」の​よう​で​あり,すぐ​に​広く​開い​て​しまう「扉」の​よう​で​は​ない​こと​を​示し​まし​た。(歌 8:8‐10)同様​に,結婚​を​予定​し​て​いる​カップル​は,互い​に​対し​て​忠節​を​保ち,ほか​の​異性​に​恋愛​感情​を​抱く​こと​は​し​ませ​ん。

16. 交際​期間​中​の​振る舞い​に​つい​て,「ソロモン​の​歌」は​何​を​教え​て​い​ます​か。

16 ある​春​の​日,青年​は​娘​に,一緒​に​散歩​に​行こ​う,と​誘い​ます。しかし,娘​の​兄弟​たち​は​行く​こと​を​許さ​ず,ぶどう​園​の​番​を​言いつけ​まし​た。なぜ​でしょ​う​か。娘​を​信頼​し​なかっ​た​の​でしょ​う​か。きっと​みだら​な​こと​を​する​つもり​だ,と​考え​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。娘​が​誘惑​と​なる​状況​に​陥ら​ない​よう​に,予防​策​を​講じ​た​の​です。(歌 1:6; 2:10‐15)ここ​に​は,独身​の​クリスチャン​が​学ぶ​べき​教訓​が​含ま​れ​て​い​ます。交際​期間​中​に​は,清い​関係​を​保てる​よう​に​必要​な​予防​策​を​講じ​て​ください。2​人​きり​に​なっ​て​しまう​場所​を​避け,互い​へ​の​愛情​表現​は​清い​もの​に​し​て​ください。

17,18. あなた​は「ソロモン​の​歌」の​研究​から,どんな​益​を​得​まし​た​か。

17 クリスチャン​の​夫婦​は​大抵,互い​へ​の​深い​愛​を​抱い​て​結婚​生活​を​始め​ます。エホバ​が​創始​さ​れ​た​結婚​の​取り決め​は​永続​的​な​もの​な​の​で,夫婦​が​愛​の​炎​を​絶やさ​ない​よう​に​し,愛​が​成長​できる​雰囲気​を​保つ​の​は​重要​な​こと​です。―マル 10:6‐9

18 結婚​を​望ん​で​いる​なら,心​から​愛せる​人​を​探し​て​ください。その​よう​な​人​が​見つかっ​た​なら,互い​に​対する​強い​愛​を​保つ​よう​一緒​に​努力​し​て​ください。「ソロモン​の​歌」が​教え​て​いる​よう​に,永続​する​真​の​愛​は​存在​し​ます。それ​は「ヤハ​の​炎」だから​です。―歌 8:6

^ 6節 「洞察」第​2​巻​96​ページ「『ソロモン​の​歌』の​際立っ​た​点」を​参照。