内容へ

目次へ

エホバの導きにより,結婚の絆を強め,守る

エホバの導きにより,結婚の絆を強め,守る

「エホバ​ご自身​が​都市​を​守る​の​で​なけれ​ば,見張り​が​目覚め​て​い​て​も​無駄​で​ある」。―詩 127:1後半

1,2. (イ)2万4,000​人​の​イスラエル​人​が​素晴らしい​祝福​を​得損なっ​た​の​は,なぜ​です​か。(ロ)昔​の​その​出来事​が​わたしたち​に​とっ​て​重要​な​意味​を​持つ​の​は​なぜ​です​か。

イスラエル​国民​が​約束​の​地​に​入る​少し​前​の​こと,幾万​も​の​男​たち​が「モアブ​の​娘​たち​と​不​道徳​な​関係」を​持ち​まし​た。その​結果,2万4,000​人​が​エホバ​に​滅ぼさ​れ​まし​た。考え​て​み​て​ください。まさに​待望​の​土地​を​相続​し​よう​と​し​て​い​た​その​時​に,誘惑​に​屈し,素晴らしい​祝福​を​得損なっ​て​しまっ​た​の​です。―民 25:1‐5,9

2 この​悲惨​な​出来事​が​記さ​れ​た​の​は,「事物​の​諸​体制​の​終わり​に​臨ん​で​いる​わたしたち​に​対する​警告​の​ため」です。(コリ​一 10:6‐11)「終わり​の​日」の​最終​部分​で​ある​今,神​の​僕​たち​は,義​の​宿る​新しい​世​の​門口​に​い​ます。(テモ​二 3:1。ペテ​二 3:13)しかし​残念​ながら,エホバ​の​崇拝​者​の​中​に​は,警戒​を​弱め​て​しまっ​た​人​も​い​ます。その​結果,不​道徳​行為​の​わな​に​掛かり,その​苦い​結果​を​刈り取っ​て​い​ます。そう​し​た​人​たち​は,永遠​の​祝福​を​得損なう​危険​に​さらさ​れ​て​い​ます。

3. 夫婦​が​エホバ​の​導き​と​保護​を​必要​と​する​の​は​なぜ​です​か。(冒頭​の​挿絵​と​写真​を​参照。)

3 今​は​不​道徳​行為​が​多く​の​災い​を​引き起こし​て​いる​時代​です。 ですから​夫婦​は,結婚​の​絆​を​守る​努力​が​無駄​に​終わら​ない​よう,エホバ​の​導き​と​保護​を​必要​と​し​て​い​ます。詩編 127:1​を​読む。)この​記事​で​は,どの​よう​に​結婚​の​絆​を​守れる​か​を​考え​ましょ​う。心​を​守り,神​に​近づき,新しい​人格​を​着け,意味​ある​コミュニケーション​を​行ない,結婚​の​分​を​与える​こと​が​必要​です。

心​を​守る

4. ある​クリスチャン​たち​が​不​道徳​な​行ない​に​引き込ま​れ​て​しまっ​た​の​は,なぜ​です​か。

4 クリスチャン​は​一体​どの​よう​に​し​て,不​道徳​な​行ない​に​引き込ま​れ​て​しまう​の​でしょ​う​か。その​悲惨​な​歩み​は​大抵,目​から​始まり​ます。イエス​は​こう​説明​し​て​おら​れ​ます。「女​を​見​つづけ​て​これ​に​情欲​を​抱く​者​は​みな,すでに​心​の​中​で​その​女​と​姦淫​を​犯し​た​の​です」。(マタ 5:27,28。ペテ​二 2:14)不​道徳​な​こと​を​行なっ​て​しまっ​た​クリスチャン​の​多く​は,ポルノ​を​見​たり,性欲​を​かき立てる​本​や​雑誌​を​読ん​だり,インターネット​で​生々しい​画像​を​見​たり​し​て,道徳​的​な​防備​を​弱め​て​しまい​まし​た。性的​に​露骨​な​映画​や​ショー​や​テレビ​を​見​た​人​も​い​ます。ナイトクラブ​や​ストリップショー​に​行っ​たり,性的​な​満足​を​得る​ため​の​マッサージ​店​に​行っ​たり​し​た​人​も​い​ます。

5. 心​を​守る​必要​が​ある​の​は​なぜ​です​か。

5 ある​人​たち​は,配偶​者​以外​の​人​の​関心​を​引こ​う​と​し​て,誘惑​に​屈し​ます。今​の​世​は​自制​心​に​欠け,あり​と​あらゆる​不​道徳​な​事柄​が​もてはやさ​れ​ます。また,不​完全​な​心​は​人​を​欺き,必死​に​なる​の​で,いとも​簡単​に,配偶​者​以外​の​人​に​恋愛​感情​を​抱い​て​しまう​こと​が​あり​ます。エレミヤ 17:9,10​を​読む。)イエス​は,「心​から,邪悪​な​推論,殺人,姦淫,淫行……が​出​て​来​ます」と​述べ​て​おら​れ​ます。―マタ 15:19

6,7. (イ)人​を​欺く​心​は,どんな​道​を​進ま​せる​こと​が​あり​ます​か。(ロ)どう​すれ​ば,道徳​的​な​防備​の​崩壊​を​避ける​こと​が​でき​ます​か。

6 不実​な​心​に​悪い​欲望​が​根​を​下ろす​と,引か​れ​合っ​て​いる​2​人​は​いつ​の​間​に​か,配偶​者​以外​の​人​に​は​話す​べき​で​ない​事柄​を​話題​に​する​よう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。やがて,何​か​と​口実​を​作っ​て​一緒​に​い​よう​と​し​ます。偶然​を​装っ​て,頻繁​に​会う​よう​に​なり​ます。互い​へ​の​思い​が​強まる​に​つれ​て,道徳​的​な​防備​は​弱く​なり​ます。自分​たち​の​し​て​いる​こと​は​悪い​と​分かっ​て​い​て​も,罪​へ​の​道​を​進め​ば​進む​ほど,どう​に​も​止まら​なく​なっ​て​しまう​の​です。―箴 7:21,22

7 悪い​欲望​と​不​適切​な​会話​から​始まっ​て,手​を​握る​こと,キス,抱擁,情欲​を​かき立てる​ヘビーペッティング​など​に​進ん​で​ゆく​と,霊的​な​防備​は​徐々​に​崩れ​て​ゆき​ます。そう​し​た​愛情​表現​は​配偶​者​に​対し​て​のみ​許さ​れ​て​いる​こと​です。この​2​人​は,最後​に​は「自分​の​欲望​に​引き出さ​れ​て​誘わ​れる[「えさ​に​よる​か​の​よう​に​し​て​捕らえ​られる」,脚注]」こと​に​なり​ます。欲望​は​はらん​だ​とき​に,「罪​を​産み​ます」。罪​と​は​この​場合,性​の​不​道徳​です。(ヤコ 1:14,15)何​と​悲惨​な​こと​でしょ​う。2​人​が​エホバ​の​導き​を​求め,結婚​の​神聖​さ​を​重んじる​態度​を​培っ​て​い​た​なら,そう​し​た​道徳​的​な​防備​の​崩壊​は,避け​られ​た​はず​な​の​です。では,どう​すれ​ば​そう​し​た​態度​を​培える​でしょ​う​か。

神​に​絶え​ず​近づく

8. エホバ​と​の​友情​関係​は,どの​よう​に​道徳​的​な​保護​と​なり​ます​か。

8 詩編 97:10​を​読む。エホバ​と​の​友情​ 関係​は,道徳​的​な​保護​を​得る​ため​に​不可欠​です。神​の​魅力​的​な​特質​に​つい​て​学び,「愛さ​れる​子供​と​し​て」懸命​に「神​を​見倣う​者​と​なり」,「愛​の​うち​に​歩ん​で​ゆ(く)」なら,「淫行​や​あらゆる​汚れ」を​退ける​力​が​得​られ​ます。(エフェ 5:1‐4)「神​は​淫行​の​者​や​姦淫​を​行なう​者​を​裁か​れる」と​いう​こと​を​知っ​て​いる​夫婦​は,結婚​を​誉れ​ある​もの,汚れ​の​ない​もの​と​する​ため​に​努力​を​惜しみ​ませ​ん。―ヘブ 13:4

9. (イ)ヨセフ​は​どの​よう​に,不​道徳​へ​の​誘惑​を​退け​まし​た​か。(ロ)ヨセフ​の​例​から​どんな​教訓​を​学べ​ます​か。

9 神​の​忠実​な​僕​たち​の​中​に​は,勤務​時間​の​後​に​エホバ​の​証人​で​ない​同僚​と​交わり,道徳​的​な​防備​を​弱め​て​しまっ​た​人​が​い​ます。勤務​時間​内​で​あっ​て​も,誘惑​と​なる​状況​は​生じ​ます。ヨセフ​と​いう​名​の​美しい​青年​も,職場​で,雇い主​の​妻​が​自分​に​強い​関心​を​抱い​て​いる​の​を​知り​まし​た。その​女​は​日​ごと​に​ヨセフ​を​誘惑​し,「ヨセフ​の​衣​を​つかん​で,『わたし​と​寝​て​ちょうだい!』と​言(う)」まで​に​なり​まし​た。しかし​ヨセフ​は​誘い​を​拒み,逃げ​まし​た。霊的​な​防備​を​保ち,清さ​と​忠誠​を​守る​こと​が​でき​た​の​は​なぜ​です​か。神​と​の​友情​関係​を​損なう​まい​と​する​固い​決意​を​抱い​て​い​た​から​です。結果​と​し​て​仕事​を​失い,不当​に​も​投獄​さ​れ​まし​た​が,エホバ​は​ヨセフ​を​祝福​さ​れ​まし​た。(創 39:1‐12; 41:38‐43)クリスチャン​は​職場​に​限ら​ず​どこ​に​い​て​も,誘惑​と​なる​状況​を​避ける​必要​が​あり​ます。

新しい​人格​を​着ける

10. 新しい​人格​を​着ける​なら,道徳​的​に​どの​よう​に​保護​さ​れ​ます​か。

10 新しい​人格​は,「神​の​ご意志​に​そい​つつ​真​の​義​と​忠節​の​うち​に​創造​さ​れ」る​もの​な​の​で,夫婦​が​霊的​な​防備​を​固める​うえ​で​不可欠​です。(エフェ 4:24)新しい​人格​を​着ける​人​は,「淫行,汚れ,性的​欲情,有害​な​欲望,また​強欲……に​関し​て」自分​の​肢体​を「死ん​だ​もの​と​し」ます。コロサイ 3:5,6​を​読む。)「死ん​だ​もの​と​する」と​いう​語​は,不​道徳​な​肉​の​欲望​と​闘う​ため​に​強力​な​手段​を​講じる​べき​で​ある,と​いう​こと​を​示唆​し​て​い​ます。配偶​者​以外​の​人​に​対する​性的​な​欲望​を​抱か​せる​よう​な​もの​は,一切​避け​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ヨブ 31:1)神​の​ご意志​に​沿っ​た​生活​を​する​なら,「邪悪​な​こと​は​憎悪​し,善良​な​こと​に​は​しっかり​と​付(く)」よう​に​なり​ます。―ロマ 12:2,9

11. 新しい​人格​を​身​に​着ける​なら,結婚​の​絆​は​どの​よう​に​強まり​ます​か。

11 新しい​人格​を​身​に​着ける​とき,「それ​を​創造​し​た​方」で​ある​エホバ​の​特質​に​倣え​ます。(コロ 3:10)夫婦​が「優しい​同情​心,親切,へりくだっ​た​思い,温和,そして​辛抱強さ」を​身​に​着け​て​道徳​的​な​防備​を​強化​する​なら,素晴らしい​祝福​を​受ける​こと​が​でき​ます。(コロ 3:12)また,「キリスト​の​平和​が……心​の​中​を​制御​する​よう​に」なる​とき,いっそう​仲​むつまじく​なり​ます。(コロ 3:15)「互い​に​対する​優しい​愛情​を​抱」く​なら,大きな​報い​が​得​られ​ます。「互い​を​敬う​点​で​率先」する​なら,喜び​が​もたらさ​れ​ます。―ロマ 12:10

12. あなた​は,幸福​な​結婚​生活​に​とっ​て​大切​な​の​は​どんな​特質​だ​と​思い​ます​か。

12 シド​と​いう​男性​は,幸福​な​結婚​生活​を​送る​の​に​役立つ​特質​を​尋ね​られ,こう​答え​まし​た。「いつも​努力​し​て​いる​の​は​愛​です。これ​は​一番​大切​な​特質​です。温和​も​とても​大切​だ​と​思い​ます」。妻​の​ソニア​は​それ​に​同意​し​て​から,こう​述べ​て​い​ます。「親切​も​欠か​せ​ ませ​ん。それ​から,謙遜​さ​を​示す​よう​に​も​心がけ​て​い​ます。難しい​とき​も​あり​ます​が」。

意味​ある​コミュニケーション​を​行なう

13. 結婚​生活​を​安定​さ​せる​重要​な​要素​の​一つ​は​何​です​か。なぜ​そう​言え​ます​か。

13 慈しみ​の​ある​言葉​は,間違い​なく,結婚​生活​を​安定​さ​せる​重要​な​要素​の​一つ​です。夫婦​が​互い​に​対​し​て,見ず知らず​の​人​や​ペット​に​話す​とき​より​も​敬意​の​欠け​た​話し方​を​する​と​し​たら,それ​は​何​と​も​残念​な​こと​です。「悪意​の​ある​苦々しさ,怒り,憤り,わめき,ののしり​の​ことば」で​配偶​者​を​攻撃​する​と,結婚​生活​の​霊的​な​防備​は​崩れ​て​ゆき​ます。(エフェ 4:31)絶え​ず​批判​し​たり​辛らつ​な​皮肉​を​浴びせ​たり​し​て​夫婦​の​絆​を​弱める​の​で​は​なく,親切​で​優しく,同情​心​に​富ん​だ​言葉​で​夫婦​の​関係​を​強化​する​必要​が​あり​ます。―エフェ 4:32

14. どんな​こと​を​避ける​の​は​賢明​です​か。

14 聖書​は,「黙っ​て​いる​の​に​時​が​あ(る)」と​述べ​て​い​ます。(伝 3:7)これ​は,沈黙​の​殻​に​閉じこもる​べき​だ​と​いう​意味​で​は​あり​ませ​ん。必要​な​コミュニケーション​が​阻ま​れ​て​しまう​から​です。ドイツ​に​住む​ある​女性​は,「そういう​状況​で​黙っ​て​いる​と​配偶​者​が​傷つき​ます」と​述べ​て​い​ます。しかし,こう​も​言い​ます。「ストレス​の​もと​で​冷静​で​いる​の​は​必ずしも​簡単​で​は​あり​ませ​ん​が,怒り​を​爆発​さ​せる​の​は​良く​あり​ませ​ん。そういう​とき​に​配偶​者​を​傷つける​よう​な​こと​を​衝動​的​に​言っ​たり​行なっ​たり​する​と,問題​は​悪化​する​だけ​です」。わめい​たり​話す​の​を​やめ​たり​し​て​も,結局​の​ところ​問題​は​解決​さ​れ​ませ​ん。意見​の​食い違い​が​あっ​て​も​すぐ​に​解決​し,口論​に​なら​ない​よう​に​し​て,結婚​の​絆​を​強め​ましょ​う。

15. 良い​コミュニケーション​に​より,夫婦​の​絆​は​どの​よう​に​強め​られ​ます​か。

15 夫婦​が​時間​を​取っ​て​気持ち​や​意見​を​伝え​合う​なら,絆​は​強く​なり​ます。その​際,何​を​言う​か​と​同じ​ほど​大切​な​の​は,どの​よう​に​言う​か​です。ですから,たとえ​難しい​状況​で​あっ​ て​も,慈しみ​の​ある​親切​な​言葉​を​選び,優しい​トーン​で​話​し​ましょ​う。そう​すれ​ば​話​を​聞い​て​もらい​やすく​なり​ます。コロサイ 4:6​を​読む。)夫​も​妻​も,「必要​に​応じ,どんな​こと​に​せよ​築き上げる​の​に​良い​ことば」だけ​を​出し,配偶​者​に「恵み​と​なる​よう​に」する​なら,良い​コミュニケーション​が​でき,夫婦​の​絆​を​強める​こと​が​でき​ます。―エフェ 4:29

夫婦​は​良い​コミュニケーション​に​より,結婚​の​絆​を​強める​こと​が​できる(15​節​を​参照)

結婚​の​分​を​与える

16,17. 夫婦​が​互い​の​感情​的​必要​と​性的​必要​に​敏感​で​ある​こと​は​大切​です。なぜ​です​か。

16 また​夫婦​は,相手​の​ため​に​なる​こと​を​求め,自分​の​益​より​配偶​者​の​益​を​優先​する​とき,強い​絆​を​築く​こと​が​でき​ます。(フィリ 2:3,4)夫​も​妻​も,互い​の​感情​的​必要​と​性的​必要​に​敏感​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん。―コリント​第​一 7:3,4​を​読む。

17 残念​な​こと​に,配偶​者​に​対し​て​愛情​を​表現​する​こと​や,性的​に​親密​な​関係​を​持つ​こと​を​好ま​ない​人​が​い​ます。男性​の​中​に​は,妻​に​優しく​する​の​は​男らしく​ない,と​考える​人​も​い​ます。しかし​聖書​は,「あなたがた​夫​たち​は​共​に​生活​する​妻​を​理解​する​よう​に​努め(なさい)」と​述べ​て​い​ます。(ペテ​一 3:7,フィリップス​訳[英語])夫​は​次​の​こと​を​理解​する​必要​が​あり​ます。結婚​の​分​に​は,身体​的​な​結び付き​以上​の​もの​が​関係​し​て​い​ます。妻​は,性的​な​交わり​以外​の​時​に​も​夫​から​愛情​を​示さ​れる​と,夫婦​と​し​て​の​交わり​に​喜び​を​いっそう​感じる​の​です。夫婦​は​優しい​思いやり​を​示し合う​と​き,互い​の​感情​的​必要​と​身体​的​必要​を​満たす​こと​が​でき​ます。

18. 夫婦​は​どの​よう​に,結婚​の​絆​を​強める​こと​が​でき​ます​か。

18 配偶​者​を​裏切っ​て​よ​い​理由​は​あり​ませ​ん​が,優しさ​が​示さ​れ​ない​と,愛情​と​親密​な​関係​を​別​の​人​に​求める​よう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。(箴 5:18。伝 9:9)ですから​聖書​は​夫婦​に​対し​て,「互い​に[結婚​の​分]を​奪う​こと​が​ない​よう​に​し​なさい。ただし,定め​られ​た​時​の​あいだ​相互​に​同意​し(た)場合​は​別​です」と​述べ​て​い​ます。なぜ​結婚​の​分​を​奪う​べき​で​は​ない​の​でしょ​う​か。「あなた方​の​自己​抑制​が​欠け​て​いる​こと​の​ゆえに,サタン​が​あなた方​を​誘惑​し​つづける​こと​の​ない​ため​です」。(コリ​一 7:5)「自己​抑制​が​欠け​て​いる」こと​を​サタン​に​利用​さ​れ,夫婦​の​どちら​か​が​誘惑​に​屈し​て​姦淫​を​犯す​と​し​たら,それ​は​本当​に​悲惨​な​こと​です。逆​に,おのおの​が「自分​の​益​で​は​なく,他​の​人​の​益​を​求め​て​ゆき」,義務​感​から​で​は​なく​愛情​の​表現​と​し​て​結婚​の​分​を​与える​なら,結婚​の​絆​は​愛​に​あふれ​た​その​親密​な​関係​に​より,いっそう​強め​られ​ます。―コリ​一 10:24

結婚​の​絆​を​守り​続ける

19. どんな​決意​を​抱く​べき​です​か。なぜ​です​か。

19 わたしたち​は​義​の​宿る​新しい​地​の​門口​に​い​ます。ですから,肉​の​欲望​に​屈する​なら,モアブ​の​平原​で​2万4,000​人​の​イスラエル​人​が​経験​し​た​よう​に,悲惨​な​結果​を​身​に​招きかね​ませ​ん。聖書​は​その​恥ず​べき​残念​な​出来事​に​言及​し​て​から,「立っ​て​いる​と​思う​人​は,倒れる​こと​が​ない​よう​に​気​を​つけ​なさい」と​警告​し​て​い​ます。(コリ​一 10:12)ですから,天​の​父​エホバ​と​配偶​者​へ​の​忠実​を​保つ​こと​に​よっ​て​結婚​の​絆​を​強める​の​は,何​と​重要​な​こと​な​の​でしょ​う。(マタ 19:5,6)今​は​以前​に​も​まして,「最終​的​に​汚点​も​きず​も​ない,安らか​な​者​と​し​て​見いださ​れる​よう​力​を​尽くし​て​励(む)」べき​時​な​の​です。―ペテ​二 3:13,14