内容へ

目次へ

喜んで自分を差し出した人たち ― ミクロネシア

喜んで自分を差し出した人たち ― ミクロネシア

米国​で​生ま​れ​育っ​た​キャサリン​は,16​歳​の​時​に​バプテスマ​を​受け,エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。奉仕​に​打ち込み​まし​た​が,王国​の​音信​に​好意​的​な​反応​を​示す​人​は​区域​に​ほとんど​い​ませ​ん​でし​た。こう​言い​ます。「ある​人​たち​が​神​に​祈り,『あなた​の​こと​を​知る​こと​が​できる​よう​だれ​か​を​遣わし​て​ください』と​願い求め​た​経験​を​読む​に​つけ,わたし​も​そういう​人​に​会い​たい​と​思っ​た​もの​です。でも​会え​ませ​ん​でし​た」。

同じ​区域​で​幾​年​も​奉仕​し​た​キャサリン​は,王国​の​音信​に​もっと​好意​的​な​反応​を​示す​区域​に​移動​し​たい​と​思う​よう​に​なり​まし​た。でも​不安​も​あり​まし​た。これ​まで​家族​と​離れ​た​こと​が​一度​しか​なく,それ​も​たっ​た​2​週​間​でし​た​が,毎日​家族​が​恋しく​て​たまら​なかっ​た​から​です。それでも,エホバ​を​探し求める​人​を​援助​する​喜び​を​味わい​たい,と​いう​気持ち​が​勝り​まし​た。幾つ​か​の​候補​地​を​検討​し​た​後,グアム​支部​に​手紙​を​書き,必要​な​情報​を​得​まし​た。そして​2007​年​7​月,26​歳​の​時​に,太平洋​に​浮かぶ​サイパン​島​に​移動​し​まし​た。自国​から​約​1万​㌔​ほど​離れ​た​島​です。どんな​結果​に​なっ​た​でしょ​う​か。

2​つ​の​祈り​が​聞き届け​られる

新しい​会衆​へ​移動​し​て​すぐ,40​代​半ば​の​ドリス​と​いう​女性​に​会い,聖書​研究​が​始まり​まし​た。しかし,ドリス​と『聖書​の​教え』の​本​の​最初​の​3​つ​の​章​を​研究​し​た​キャサリン​は,不安​に​なり​まし​た。こう​語り​ます。「ドリス​は​本当​に​良い​研究​生​だっ​た​の​で,自分​の​せい​で​だめ​に​なっ​て​ほしく​あり​ませ​ん​でし​た。それ​まで​定期​的​な​聖書​研究​を​持っ​た​こと​が​なかっ​た​わたし​は,もっと​経験​の​ある,ドリス​と​年齢​の​近い​姉妹​が​司会​し​た​ほう​が​良い​の​で​は​ない​か,と​思い​まし​た」。キャサリン​は​エホバ​に,研究​生​を​託せる​ふさわしい​姉妹​が​見つかる​よう​助け​て​ください,と​祈り​まし​た。そして​ドリス​に,研究​司会​者​の​変更​に​つい​て​話す​こと​に​し​まし​た。

キャサリン​は​こう​続け​ます。「その​こと​を​話す​前​に,ドリス​から​相談​を​持ちかけ​られ​まし​た。その​話​を​聞い​て​から,自分​も​同じ​よう​な​経験​を​し​た​こと​が​あり,問題​に​対処​できる​よう​エホバ​が​どの​よう​に​助け​て​くださっ​た​か​を​話し​た​ところ,ドリス​から​感謝​さ​れ​まし​た」。そして​キャサリン​は​ドリス​から​次​の​よう​に​言わ​れ​まし​た。「エホバ​は​姉妹​を​用い​て​わたし​を​助け​て​くださっ​て​いる​の​です​ね。姉妹​が​初めて​我​が​家​に​来​た​日,わたし​は​聖書​を​何​時間​も​読ん​で​い​て,聖書​を​理解​できる​よう​助け​て​くれる​人​を​遣わし​ て​ください,と​泣き​ながら​神​に​祈っ​て​い​た​ん​です。その​時,姉妹​が​ドア​を​ノック​し​た​ん​です​よ。エホバ​は​わたし​の​祈り​を​聞き届け​て​ください​まし​た」。キャサリン​は​ドリス​の​この​言葉​を​聞い​た​時​の​こと​を​思い出し,目​に​涙​を​浮かべ​ながら,「ドリス​の​言葉​は,わたし​の​祈り​の​答え​でし​た。エホバ​は​わたし​に,研究​を​続け​て​も​よい,と​教え​て​くださっ​た​の​です」と​述べ​ます。

ドリス​は​2010​年​に​バプテスマ​を​受け,今​で​は​聖書​研究​を​何​件​か​司会​し​て​い​ます。キャサリン​は​こう​言い​ます。「エホバ​の​僕​に​なる​よう​誠実​な​人​を​援助​し​たい​と​いう​長年​の​夢​が​かな​い,本当​に​うれしく​思っ​て​い​ます」。現在,キャサリン​は​太平洋​の​コスラエ​島​で​特別​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​ます。

試み​と​なる​3​つ​の​事柄 ― どう​対処​できる​か

海外​から​の​100​人​を​超す​兄弟​姉妹(19​歳​から​79​歳)が,ミクロネシア​の​必要​の​大きな​所​で​奉仕​し​て​き​まし​た。2006​年​に​19​歳​で​グアム​島​へ​移動​し​た​エリカ​は,それら​の​熱心​な​奉仕​者​たち​の​気持ち​を​代弁​し​て,こう​語り​ます。「真理​に​飢え渇く​人​たち​が​いる​区域​で​の​開拓​奉仕​は,とても​楽しい​です。この​奉仕​を​行なえる​よう,エホバ​が​助け​て​くださっ​た​こと​に​感謝​し​て​い​ます。最高​の​生き方​です!」 現在​エリカ​は​マーシャル​諸島​の​イバイ​島​で,特別​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​ます。もちろん,外国​で​の​奉仕​に​は,試み​と​なる​事柄​も​あり​ます。では​これ​から,その​うち​の​3​つ​を​取り上げ,ミクロネシア​へ​移動​し​た​兄弟​姉妹​たち​が​どの​よう​に​対処​し​た​か​を​見​て​み​ましょ​う。

エリカ

生活。サイモン​が​パラオ​島​へ​移動​し​た​の​は,2007​年,22​歳​の​時​です。移動​し​て​すぐ​に,パラオ​島​で​得​られる​賃金​は,出身​地​の​英国​で​の​賃金​と​は​比べもの​に​なら​ない​ほど​少ない​こと​を​知り​まし​た。サイモン​は​こう​述べ​ます。「欲しい​物​を​何​で​も​買う​こと​は​でき​ない,と​分かり​まし​た。今​は,どんな​食料​品​を​買う​か​を​よく​考え,店​を​何​軒​か​回っ​て​一番​良い​物​を​選ぶ​よう​に​し​て​い​ます。何​か​が​壊れる​と,中古​の​部品​を​見つけ,修理​を​手伝っ​て​くれる​人​を​探し​ます」。サイモン​は​簡素​な​生活​を​する​必要​が​あり​まし​た​が,結果​は​どう​でし​た​か。「本当​に​必要​な​物​は​何​か​が​分かり​まし​た。そして​わずか​な​もの​で​生活​できる​よう​に​なり​まし​た。エホバ​の​優しい​み手​に​よっ​て​養わ​れ​て​いる,と​幾​度​も​感じ​まし​た。ここ​に​来​て​7​年​に​なり​ます​が,食べる​物​や​寝る​場所​に​困っ​た​こと​は​あり​ませ​ん」と​言い​ます。確か​に​エホバ​は,王国​を​第​一​に​する​ため​に​簡素​な​生活​を​送る​人​たち​を​支え​て​ください​ます。―マタ 6:32,33

ホームシック。「わたしたち​家族​は​とても​親密​だっ​た​の​で,ホームシック​に​なっ​て​奉仕​に​影響​が​出​ない​か,心配​でし​た」と​エリカ​は​言い​ます。では,どんな​備え​を​し​た​でしょ​う​か。「移動​する​前,ホームシック​に​つい​て​書か​れ​た『ものみの塔』の​記事​を​幾つ​も​読み​まし​た。それ​で​心​の​準備​が​でき​まし​た。ある​記事​に​は,母親​が​娘​に,『あなた​の​こと​は,わたし​より​も​エホバ​の​ほう​が​よく​世話​を​し​て​くださる​わ』と​言っ​て​安心​さ​せ​た​こと​が​書か​れ​て​い​まし​た​が,その​ 母親​の​言葉​に​本当​に​強め​られ​まし​た」。ハンナ​と​夫​の​パトリック​は,マーシャル​諸島​の​マジュロ​島​で​奉仕​し​て​い​ます。ハンナ​は,交わっ​て​いる​会衆​の​兄弟​姉妹​たち​に​関心​を​向ける​こと​に​よっ​て,ホームシック​に​対処​し​て​い​ます。こう​言い​ます。「わたし​は​世界​的​な​兄弟​関係​に​つい​て​エホバ​に​いつも​感謝​し​て​い​ます。兄弟​たち​も​わたし​の​家族​だ​から​です。兄弟​姉妹​の​支え​が​ない​なら,わたし​は​必要​の​大きな​場所​で​奉仕​する​こと​など​でき​なかっ​た​と​思い​ます」。

サイモン

会衆​に​溶け込む。「外国​に​移動​する​と,何​も​か​も​が​違っ​て​いる​と​感じ​ます。冗談​を​言っ​て​も​通じ​ない​こと​が​あり,少し​寂しく​思う​こと​が​あり​ます」と​サイモン​は​述べ​ます。エリカ​も​こう​語り​ます。「最初​は,疎外​感​を​感じ​まし​た。でも​それ​が,移動​し​て​来​た​動機​を​考える​きっかけ​に​なり​まし​た。自分​の​ため​で​は​なく,エホバ​の​ため​に​もっと​多く​の​こと​を​行ない​たい​と​思っ​た​の​で,来​た​の​です。やがて,本当​に​大切​に​思う,素晴らしい​友達​が​何​人​も​でき​まし​た」。一生​懸命​パラオ​語​を​学ん​だ​サイモン​は,地元​の​兄弟​姉妹​に​対し​て「自分​を​広く」する​こと​が​でき​まし​た。(コリ​二 6:13)また​地元​の​兄弟​たち​も,新しい​言語​を​習得​し​よう​と​努力​する​姿​を​見​て,サイモン​に​親しみ​を​感じる​よう​に​なり​まし​た。会衆​に​移動​し​て​来​た​人​と​地元​の​兄弟​たち​が​共​に​働く​と,その​どちら​も,親しい​友​に​なる​と​いう​喜び​を​味わう​こと​が​でき​ます。では,必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​ため​に​喜ん​で​自分​を​差し出す​人​たち​は,さらに​どんな​報い​が​得​られる​でしょ​う​か。

「豊か​に​刈り取る」

使徒​パウロ​は,「惜しみなく​まく​者​は​豊か​に​刈り取る」と​述べ​まし​た。(コリ​二 9:6)この​原則​は,宣教​を​拡大​する​人​たち​に​も​確か​に​当てはまり​ます。では,兄弟​姉妹​たち​は​ミクロネシア​で,どんな​実​を「豊か​に​刈り取」っ​て​いる​でしょ​う​か。

パトリック​と​ハンナ

ミクロネシア​で​は,今​で​も​聖書​研究​が​たくさん​取り決まり​ます。そして,人々​が​神​の​言葉​から​真理​を​学ん​で​当てはめ,霊的​に​進歩​する​の​を​目​の​当たり​に​でき​ます。パトリック​と​ハンナ​は​アンガウル​島​で​も​奉仕​し​まし​た。島民​320​人​の​小さな​島​です。奉仕​を​始め​て​2​か月​が​たっ​た​ころ,一​人​の​シングルマザー​に​会い​まし​た。その​女性​は​すぐ​に​聖書​研究​に​応じ,真理​を​意欲​的​に​受け入れ,生活​を​大きく​変化​さ​せ​まし​た。ハンナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「研究​後,彼女​の​家​から​自転​車​で​帰る​時,いつも​主人​と​顔​を​見合わせ,『エホバ,ありがとう​ござい​ます!』と​言っ​た​もの​です。もちろん​エホバ​は,どんな​方法​で​も​彼女​を​ご自分​の​もと​に​引き寄せる​こと​が​でき​ます。でも,わたしたち​が​必要​の​大きな​所​で​奉仕​し​て​い​た​の​で,羊​の​よう​な​この​女性​を​見つけ​て,援助​する​こと​が​でき​た​の​です。それ​は,これ​まで​の​人生​の​中​で,とりわけ​素晴らしい​経験​でし​た」。エリカ​も,「エホバ​を​知る​よう​人​を​援助​する​と,言葉​で​は​言い表わせ​ない​喜び​を​感じ​ます」と​語り​ます。

あなた​も​加われ​ます​か

もっと​多く​の​王国​伝道​者​を​必要​と​する​国​は,少なく​あり​ませ​ん。助け​の​必要​な​地域​に,あなた​も​移動​する​こと​が​でき​ます​か。宣教​を​拡大​し​たい​と​の​願い​を​強め​て​くださる​よう,エホバ​に​祈っ​て​ください。会衆​の​長老​たち​や​巡回​監督​に​相談​し​て​ください。また,必要​の​大きな​国​で​奉仕​し​た​経験​を​持つ​兄弟​姉妹​たち​と​話し​て​ください。計画​が​具体​化​し​たら,移動​し​たい​国​を​世話​し​て​いる​支部​に​手紙​を​書い​て​情報​を​求め​て​ください。 * あらゆる​年齢​層​の,独身​や​既婚​の​幾千​人​も​の​兄弟​姉妹​たち​は,喜ん​で​自分​を​差し出し,「豊か​に​刈り取る」喜び​を​経験​し​て​い​ます。もしか​する​と​あなた​も,その​隊伍​に​加われる​か​も​しれ​ませ​ん。

^ 17節 「わたしたち​の​王国​宣教」2011​年​8​月​号​の「あなた​は『マケドニア​へ​渡っ​て​行く』こと​が​でき​ます​か」と​いう​記事​を​参照。