内容へ

目次へ

どのように他の人の必要を顧みることができますか

どのように他の人の必要を顧みることができますか

「激しい 選挙   終わっ  後,暴動  起き まし た。幾千    エホバ  証人       なけれ  なり ませ  でし た」と,ある 発展 途上   長老    奉仕   いる フランソワ  述べ ます。「食糧  医薬   品薄  なり,高騰  まし た。銀行  閉鎖  れ,現金 自動 預払     なる か,使え なく なり まし た」。

住む 場所  失い,各地  王国 会館  集まっ    兄弟 たち に,支部 事務   すぐ  資金  救援 物資  送る こと  取りかかり ます。道路  封鎖     まし  が,支部  車両  たいてい 通行 でき まし た。エホバ  証人  中立  立場  固く 守る こと  知ら     から です。

「ある 王国 会館  行く 途中,狙撃   わたしたち    発砲  まし た」と フランソワ  言い ます。「銃弾  わたしたち    かすめ  いき まし た。武器      兵士  こちら  向かっ  走っ  来る    て,わたしたち     転回  せ,全 速力  支部  戻り まし た。無事 だっ  こと  エホバ  感謝  まし た。わたしたち  行こ       王国 会館  130   兄弟 たち は,翌日   安全  場所  たどり着く こと  でき まし た。支部 事務      たち   まし た。情勢  落ち着く まで,支部  兄弟 たち  霊的 また 物質   必要  顧み まし た」。

フランソワ  さらに こう 述べ ます。「後日,支部 事務   深い 感謝  気持ち  記し  手紙  各地 から 寄せ られ まし た。仲間  兄弟 たち から 援助    差し伸べ られ,エホバ   信頼  強め られ    こと です」。

自然 災害  人災  生じ  とき,わたしたち  助け  必要  兄弟 姉妹 たち に,「暖かく  て,じゅうぶん 食べ なさい」と 言う だけ     ない わけ   あり ませ ん。(ヤコ 2:15,16)むしろ 物質   必要  顧みる こと  努め ます。1 世紀 当時,間  なく 飢きん  起きる   警告  受け    も,「弟子 たち は,各々  その できる ところ  応じ て,ユダヤ  住む 兄弟 たち  救援  送る こと  決め た」の です。―使徒 11:28‐30

エホバ   たち は,助け  必要  する 人々  進ん  物質   援助  与え ます。と  いえ,人間   霊的  必要  あり ます。(マタ 5:3)人々  霊的  必要  自覚 し,それ  満たせる よう 助ける ため,イエス  ご自分  追随  たち  弟子  作る 任務  お与え  なり まし た。(マタ 28:19,20)わたしたち 各自  自分  時間  体力  お金 を,その 任務  果たす ため  十分 活用  ます。組織  寄付    お金  物質   援助  ため   使い ます が,主  王国  関心事  推し進め,良い たより  広める ため  用い ます。その よう      隣人     示し ます。―マタ 22:37‐39

エホバ  証人  世界     支援 する ため  寄付  行なう  たち は,その 寄付  適正 に,また 最善  方法  用い られる こと  確信 でき ます。あなた は,困窮   いる 兄弟 たち  助ける こと  でき ます か。弟子  作る   支え たい  思わ  ます か。そう  あれ ば,「あなた      行なう   ある  に,それ  受ける べき  から 控え  は」なり ませ ん。―箴 3:27