内容へ

目次へ

喜んで自分を差し出した人たち ― フィリピン

喜んで自分を差し出した人たち ― フィリピン

10​年​ほど​前,30​代​だっ​た​グレゴリオ​と​マリールー​と​いう​夫婦​は,マニラ​で​全​時間​の​仕事​を​し​ながら​開拓​奉仕​を​行なっ​て​い​まし​た。仕事​と​奉仕​を​両立​さ​せる​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,立派​に​行なっ​て​い​まし​た。しかし​その​後,マリールー​が,働い​て​い​た​銀行​の​支店​長​に​昇進​し​まし​た。「主人​も​わたし​も​給料​が​よかっ​た​の​で,快適​な​暮らし​が​でき​まし​た」と​マリールー​は​言い​ます。実際,経済​的​な​余裕​が​でき,マニラ​の​東​20​㌔​ほど​の​場所​に​ある​一等地​に​念願​だっ​た​家​を​建てる​こと​に​し​まし​た。業者​と​契約​を​結び,10​年​の​ローン​を​組ん​で​毎月​分割​し​て​返済​する​こと​に​し​まし​た。

「エホバ​から​奪い取っ​て​いる​よう​に​感じ​まし​た」

「支店​長​の​仕事​は​多く​の​時間​や​体力​が​奪わ​れる​ため,霊的​な​活動​を​行なう​意欲​が​なえ​て​しまい​まし​た。わたし​は​エホバ​から​奪い取っ​て​いる​よう​に​感じ​まし​た。エホバ​に​ささげ​て​い​た​奉仕​時間​が​入ら​なく​なっ​た​から​です」と​マリールー​は​述べ​ます。こう​し​た​状況​を​残念​に​思っ​た​グレゴリオ​と​マリールー​は​ある​日,このまま​だ​と​どう​なっ​て​しまう​の​か,話し合い​まし​た。グレゴリオ​は​こう​言い​ます。「何​と​か​し​たい​と​思い​まし​た​が,どう​すれ​ば​よい​の​か​分かり​ませ​ん​でし​た。わたしたち​に​は​子ども​が​い​なかっ​た​の​で,エホバ​へ​の​奉仕​を​もっと​行なえる​の​で​ は​ない​か,どう​すれ​ば​それ​が​できる​だろ​う​か,と​考え​まし​た。そして​エホバ​に​導き​を​祈り​求め​まし​た」。

その​ころ​二​人​は,王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​場所​で​の​奉仕​に​関する​話​を​何​度​か​聞く​機会​が​あり​まし​た。「それら​の​話​は,祈り​に​対する​エホバ​の​答え​だ​と​思い​まし​た」と​グレゴリオ​は​言い​ます。二​人​は,正しい​決定​を​下す​勇気​が​持てる​よう,さらに​信仰​を​与え​て​ください,と​祈り​まし​た。大きな​障害​と​なっ​た​の​は,建設​中​の​家​でし​た。すでに​3​年​分​の​ローン​の​支払い​を​済ませ​て​い​た​の​です。この​夫婦​は​どう​し​た​でしょ​う​か。マリールー​は​こう​語り​ます。「契約​を​破棄​する​なら​支払っ​た​お金​は​戻っ​て​き​ませ​ん。結構​な​額​です。でも​それ​は,エホバ​の​ご意志,あるいは​自分​たち​の​望み​の​どちら​を​優先​さ​せる​の​か​と​いう​問題​だ​と​思い​まし​た」。二​人​は,使徒​パウロ​が​述べ​た,「すべて​の​もの​を​損失​し​まし​た」と​いう​言葉​を​心​に​留め,家​の​建築​を​断念​し,仕事​を​辞め,大半​の​所有​物​を​売っ​て,マニラ​の​南​約​500​㌔​に​ある​パラワン​島​の​へんぴ​な​村​に​移動​し​まし​た。―フィリ 3:8

「秘訣​を​学び取り​まし​た」

グレゴリオ​と​マリールー​は​移動​する​前​から​簡素​な​生活​を​心がけ​まし​た​が,どれ​ほど​原始​的​な​生活​を​送る​こと​に​なる​の​か​は,実際​に​移動​する​まで​分かり​ませ​ん​でし​た。「ショック​を​受け​まし​た。電気​も​便利​品​も​あり​ませ​ん。炊飯​器​の​スイッチ​を​押す​代わり​に,薪​を​割っ​て​火​を​おこし,料理​する​の​です。モール​に​行っ​たり​外食​し​たり​と​いっ​た​都会​の​生活​が​恋しかっ​た​です」と​マリールー​は​述べ​ます。それでも​二​人​は,移動​し​た​目的​を​忘れ​ませ​ん​でし​た。しばらく​する​と,生活​に​順応​できる​よう​に​なり​まし​た。マリールー​は​こう​言い​ます。「今​で​は,夜空​に​輝く​たくさん​の​星​など,美しい​自然​を​楽しん​で​い​ます。そして​何​より​も,証言​を​受け​た​人​の​幸福​そう​な​笑顔​を​見る​こと​が​できる​の​は,喜び​です。ここ​で​奉仕​する​よう​に​なっ​て,満足​する『秘訣​を​学び取り​まし​た』」。―フィリ 4:12

「霊的​な​成長​を​目​に​する​こと​に​勝る​喜び​は​あり​ませ​ん。これ​まで​に​なく,充実​し​た​生活​を​送っ​て​い​ます」。―グレゴリオ​と​マリールー

グレゴリオ​は​次​の​よう​に​述べ​ます。「ここ​に​来​た​時​は,エホバ​の​証人​は​4​人​しか​い​ませ​ん​でし​た。わたし​が​公開​講演​を​毎週​行なう​よう​に​なる​と,兄弟​たち​は​とても​喜び​まし​た。そして​うれし​そう​に,わたし​の​ギター​の​伴奏​に​合わせ​て​王国​の​歌​を​歌い​まし​た」。この​夫婦​は​1​年​も​し​ない​うち​に,小さな​群れ​が​24​人​の​奉仕​者​から​成る​活発​な​会衆​へ​と​成長​する​の​を​見る​こと​が​でき​まし​た。「この​会衆​の​兄弟​姉妹​たち​から​示さ​れる​愛​に​心​を​打た​れ​ます」と​グレゴリオ​は​言い​ます。孤立​し​た​地域​で​の​6​年​余り​の​奉仕​を​振り返り,グレゴリオ​と​マリールー​は​こう​述べ​ます。「霊的​な​成長​を​目​に​する​こと​に​勝る​喜び​は​あり​ませ​ん。これ​まで​に​なく,充実​し​た​生活​を​送っ​て​い​ます」。

 「『エホバ​が​善良​で​ある​こと』を​味わっ​て​い​ます」

フィリピン​で​は,3,000​人​近い​兄弟​姉妹​が​王国​伝道​者​の​必要​の​大きな​地域​に​移動​し​まし​た。その​うち​の​500​人​ほど​が​独身​の​姉妹​たち​です。カレン​の​例​を​取り上げ​ましょ​う。

カレン

現在​20​代​半ば​の​カレン​は,カガヤン​州​バッガオ​と​いう​町​で​育ち​まし​た。10​代​の​ころ,奉仕​を​拡大​する​こと​に​つい​て​よく​考え​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「残さ​れ​た​時間​が​少なく​なっ​て​い​ます​し,あらゆる​人​たち​が​王国​の​音信​を​聞く​必要​が​あり​ます。それで,奉仕​者​の​必要​が​大きな​場所​で​奉仕​し​たい​と​思い​まし​た」。幾​人​か​の​親族​から,遠く​に​行っ​て​伝道​する​の​で​は​なく,高等​教育​を​受ける​よう​勧め​られ​まし​た​が,カレン​は​導き​を​求め​て​エホバ​に​祈り​まし​た。また,孤立​し​た​地域​で​奉仕​し​た​こと​の​ある​兄弟​姉妹​から​も​話​を​聞き​まし​た。そして​18​歳​の​時​に,生ま​れ​育っ​た​町​から​65​㌔​ほど​離れ​た​地域​に​移動​し​まし​た。

移動​し​た​小さな​会衆​の​区域​は,太平洋​沿岸​の​山地​です。「バッガオ​から​新しい​会衆​へ​行く​の​に​歩い​て​3​日​かかり​まし​た。幾つ​も​の​山​を​越え,川​を​30​回​も​渡り​まし​た」と​カレン​は​語り,こう​続け​ます。「幾​人​か​の​研究​生​の​所​へ​行く​に​は​徒歩​で​6​時間​かかり​ます。その​日​は​研究​生​の​家​に​泊まり,翌日​また​6​時間​歩い​て​家​に​戻り​ます」。そこ​まで​する​価値​が​ある​でしょ​う​か。「足​が​痛く​なる​こと​も​あり​ます。でも,研究​を​18​件​も​司会​する​こと​が​でき​まし​た。『エホバ​が​善良​で​ある​こと』を​味わっ​て​い​ます」と,カレン​は​満面​に​笑み​を​たたえ​ながら​言い​ます。―詩 34:8

「エホバ​に​依り頼む​こと​を​学び​まし​た」

スーキー

米国​出身​の,40​代​初め​の​スーキー​と​いう​独身​の​姉妹​は,なぜ​フィリピン​に​移動​し​よう​と​思っ​た​の​でしょ​う​か。2011​年​の​巡回​大会​で​一​組​の​夫婦​の​インタビュー​を​聞き​まし​た。この​夫婦​は,宣べ伝える​業​を​援助​する​ため​大半​の​家財​道具​を​売っ​て​メキシコ​へ​移動​し​た​こと​に​つい​て​話​し​まし​た。「その​インタビュー​を​聞い​て,考え​た​こと​も​なかっ​た​目標​に​つい​て​考える​よう​に​なり​まし​た」と​スーキー​は​言い​ます。フィリピン​の​パンジャブ​語​を​話す​人​たち​に​宣べ伝える​ため​に​多く​の​援助​が​必要​と​され​て​い​まし​た。それ​を​知っ​た​インド​系​アメリカ​人​の​スーキー​は,その​手助け​を​し​たい​と​思い,移動​する​こと​に​し​まし​た。では,何​も​問題​は​なかっ​た​の​でしょ​う​か。

「どんな​物​を​手元​に​残し,どんな​物​を​売る​か​を​決める​の​は,思っ​た​以上​に​大変​でし​た。居​心地​の​良い​アパート​に​13​年​一​人​で​暮らし​て​い​まし​た​が,実家​に​戻っ​て​ほとんど​荷物​を​解か​ず​に​生活​し​まし​た。楽​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,簡素​な​生活​に​備える​良い​方法​でし​た」と​スーキー​は​ 言い​ます。フィリピン​に​移動​し​て​から​は,どんな​困難​に​直面​し​た​でしょ​う​か。「一番​大変​だっ​た​の​は,大嫌い​な​虫​と​ホームシック​でし​た。それ​まで​以上​に​エホバ​に​依り頼む​こと​を​学び​まし​た」と​語っ​て​い​ます。そういう​生活​に​は​意味​が​あっ​た​でしょ​う​か。「エホバ​は,『わたし​を​試みる​よう​に,……あなた方​の​上​に​祝福​を​注ぎ出す​か​どう​か​を​見よ』と​述べ​て​い​ます。家​の​人​から,『まだ​質問​が​たくさん​ある​ん​です。いつ​また​来​て​くれ​ます​か』と​言わ​れる​と,エホバ​の​言葉​どおり​の​祝福​を​しみじみ​と​感じ​ます。霊的​に​飢え渇い​て​いる​人​たち​を​援助​でき,大きな​喜び​と​満足​を​味わっ​て​い​ます」と​スーキー​は​笑顔​で​答え​ます。(マラ 3:10)そして​こう​付け加え​ます。「移動​を​決意​する​まで​が​一番​大変​でし​た。その​後​は​エホバ​の​おかげ​で,物事​が​驚く​ほど​とんとん​拍子​に​進み​まし​た」。

「恐れ​を​克服​し(まし​た)」

現在​30​代​後半​の​サイム​と​いう​兄弟​は,結婚​し​て​い​まし​た​が,稼ぎ​の​良い​仕事​に​就く​ため​に​ある​中東​の​国​へ​出稼ぎ​に​行き​まし​た。その​国​で​巡回​監督​から​励まさ​れ,また​統治​体​の​成員​の​話​から​励み​を​得,生活​の​中​で​エホバ​を​第​一​に​し​たい​と​思い​まし​た。「でも​仕事​を​辞める​こと​を​考え​た​だけ​で,恐ろしく​なり​まし​た」と​サイム​は​言い​ます。それでも,仕事​を​辞め​て​フィリピン​に​戻り​まし​た。現在​サイム​は​妻​の​ハイディ​と​共​に,フィリピン​南部​の​南​ダバオ​州​で​奉仕​し​て​い​ます。区域​が​広大​で,王国​伝道​者​の​必要​が​大きな​所​です。サイム​は​こう​語り​ます。「仕事​を​失う​こと​へ​の​恐れ​を​克服​し​て​エホバ​を​第​一​に​でき​た​こと​を,本当​に​うれしく​思い​ます。最善​の​もの​を​エホバ​に​ささげる​こと​以上​の​喜び​は​あり​ませ​ん」。

サイム​と​ハイディ

「深い​満足​感​が​得​られ​ます」

30​代​初め​の​開拓​者​の​夫婦​ラミーロ​と​ジュリエット​は,自宅​から​わずか​30​㌔​ほど​離れ​た​会衆​が​助け​を​必要​と​し​て​いる​こと​を​知り,援助​を​申し出​まし​た。毎週​何​度​か,雨​の​日​も​晴れ​の​日​も,集会​や​奉仕​に​バイク​で​出かけ​て​い​ます。凸凹​道​を​走っ​たり​吊り橋​を​渡っ​たり​と​大変​な​こと​も​あり​ます​が,奉仕​を​拡大​でき​た​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます。「妻​と​わたし​は,二​人​で​研究​を​11​件​司会​し​て​い​ます。必要​の​大きな​所​の​奉仕​は​犠牲​も​求め​られ​ます​が,深い​満足​感​が​得​られ​ます」と​ラミーロ​は​述べ​て​い​ます。―コリ​一 15:58

ジュリエット​と​ラミーロ

あなた​は,自国​あるいは​外国​の​必要​の​大きな​所​で​の​奉仕​に​関心​が​あり​ます​か。もし​そう​なら,巡回​監督​に​相談​し​て​ください。また,「わたしたち​の​王国​宣教」2011​年​8​月​号​の「あなた​は『マケドニア​へ​渡っ​て​行く』こと​が​でき​ます​か」と​いう​記事​も​お読み​ください。