内容へ

目次へ

喜んで自分を差し出した人たち ― ノルウェー

喜んで自分を差し出した人たち ― ノルウェー

数​年​前​まで,ローアル​と​エルセベス​と​いう​夫婦​は,ノルウェー​第​二​の​都市​ベルゲン​で​快適​な​生活​を​送っ​て​い​まし​た。当時​は​40​代​後半​で,娘​イサベル​と​息子​ファビアン​と​共​に​忠実​に​会衆​の​活動​に​参加​し​て​い​まし​た。ローアル​は​長老​と​し​て,エルセベス​は​開拓​者​と​し​て​奉仕​し,子ども​たち​も​伝道​者​と​し​て​頑張っ​て​い​まし​た。

2009​年​9​月,この​家族​は​いつも​と​は​違う​こと​を​行なう​こと​に​し​まし​た。1​週​間,孤立​し​た​地域​で​奉仕​する​の​です。ローアル​と​エルセベス​は​当時​18​歳​だっ​た​ファビアン​を​連れ​て,北極​圏​に​ある,フィンマルク​県​ノールキュン​岬​に​行き,ヒェレフィヨール​と​いう​村​で,やはり​宣べ伝える​ため​に​来​た​兄弟​姉妹​たち​と​奉仕​し​まし​た。ローアル​は​こう​述懐​し​て​い​ます。「この​特別​な​活動​に​丸​1​週​間​を​費やせる​よう​自分​の​事情​を​調整​し​た​の​で,週​の​初め​は​満足​感​に​浸っ​て​い​まし​た」。しかし​その​週​の​後半,気持ち​が​落ち着か​なく​なり​まし​た。何​が​起き​た​の​でしょ​う​か。

 思い​も​寄ら​ぬ​誘い

ローアル​は​こう​述べ​ます。「フィンマルク​で​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​て​いる​マリーヨ​から​突然,ラクスエルブ​と​いう​町​に​引っ越し​て​来る​気​は​ない​か​と​尋ね​られ​まし​た。奉仕​者​23​名​から​成る​そこ​の​会衆​を​援助​し​て​ほしい​と​言わ​れ​た​の​です」。ローアル​は​思い​も​寄ら​ぬ​その​誘い​に​驚き​まし​た。こう​説明​し​て​い​ます。「妻​と​わたし​は,必要​の​大きな​所​で​の​奉仕​に​つい​て​考え​た​こと​は​あり​まし​た​が,それ​は,将来,子ども​たち​が​独立​し​て​から​の​こと​だ​と​思っ​て​い​まし​た」。それでも,この​孤立​し​た​所​で​数​日​奉仕​し​た​だけ​で,人々​が​エホバ​に​つい​て​学び​たい​と​願っ​て​いる​の​が​分かり​まし​た。人々​は,将来​で​は​なく,今​助け​を​必要​と​し​て​い​ます。「マリーヨ​の​言葉​が​気​に​かかり,数​日​間​よく​眠れ​ませ​ん​でし​た」と​ローアル​は​言い​ます。その​後,ローアル​と​家族​は​マリーヨ​に​連れ​られ​て,ヒェレフィヨール​から​南​に​240​㌔​ほど​離れ​た​ラクスエルブ​へ​行き​ます。マリーヨ​は​ラクスエルブ​の​小さな​会衆​を​じかに​見​て​もらい​たい​と​願っ​て​い​た​の​です。

ラクスエルブ​で​は,会衆​の​二​人​の​長老​の​うち​の​一​人​アンドレアス​が,区域​や​王国​会館​を​案内​し​て​くれ​まし​た。ローアル​と​家族​は​会衆​から​温か​な​歓迎​を​受け,王国​の​業​の​援助​の​ため​に​ここ​に​引っ越し​て​来​て​くれる​なら​本当​に​うれしい​と​言わ​れ​まし​た。また,アンドレアス​は​笑み​を​浮かべ​ながら,もう​すでに​ローアル​と​ファビアン​の​仕事​の​面接​を​お願い​し​て​ある,と​言い​まし​た。この​家族​は​どう​する​でしょ​う​か。

移動​する? し​ない?

ファビアン​は​最初,「引っ越し​たい​と​いう​気持ち​は​あり​ませ​ん」でし​た。生ま​れ​育っ​た​地元​の​会衆​の​親しい​友人​たち​と​別れ​て,小さな​町​に​住む​こと​に​気乗り​し​ませ​ん​でし​た。それ​に,電気​技師​に​なる​ため​の​教育​も​まだ​終わっ​て​い​ませ​ん。一方,移動​に​つい​て​どう​思う​か​尋ね​られ​た​姉​の​イサベル(当時​21​歳)は,「そう​し​た​いと​ずっ​と​思っ​て​い​た!」と​言い​まし​た​が,「その​こと​に​つい​て​もっと​よく​考え​たら,『本当​に​大丈夫​だろ​う​か。友達​と​会え​なく​なっ​たら​寂しく​ない​だろ​う​か。慣れ親しん​だ​今​の​会衆​に​とどまる​ほう​が​いい​の​で​は​ない​か』と​も​思い​まし​た」。母親​の​エルセベス​は​どう​でしょ​う​か。こう​語っ​て​い​ます。「エホバ​から​わたしたち​家族​に​与え​られ​た​割り当て​だ​と​思い​まし​た。でも,リフォーム​し​た​ばかり​の​自宅​の​こと​や​25​年​の​間​に​増え​た​家財​の​こと​も​頭​を​よぎり​まし​た」。

エルセベス​と​イサベル

特別​な​1​週​間​が​終わる​と,ローアル​と​家族​は​ベルゲン​に​戻り​まし​た。しかし,2,100​㌔​離れ​た​ラクスエルブ​の​兄弟​姉妹​の​こと​が​頭​から​離れ​ませ​ん。エルセベス​は​こう​言い​ます。「エホバ​に​たくさん​祈り​まし​た。また,知り合い​に​なっ​た​兄弟​姉妹​たち​と,写真​や​経験​を​交換​し​て​連絡​を​取り合い​まし​た」。ローアル​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「移動​する​気持ち​が​固まる​まで,時間​が​かかり​まし​た。また,現実​的​な​事柄​も​考える​必要​が​あり​まし​た。どう​やっ​て​生計​を​立て​たら​いい​か,と​いう​よう​な​こと​です。何​度​も​エホバ​に​祈り,家族​や​経験​ある​兄弟​たち​と​話し合い​まし​た」。ファビアン​は​こう​振り返っ​て​い​ます。「考えれ​ば​考える​ほど,移動​でき​ない​と​言える​もっとも​な​理由​が​ない​こと​に​気づき​まし​た。頻繁​に​エホバ​に​祈っ​た​ところ,移動​し​たい​と​いう​気持ち​が​強く​なっ​て​いき​まし​た」。イサベル​は​どう​でしょ​う​か。移動​し​た​場合​に​備え​て,地元​で​開拓​者​に​なり,聖書​の​個人​研究​に​も​多く​の​時間​を​費やし​まし​た。そして,開拓​奉仕​を​始め​て​半年​後,“大​移動”の​用意​が​でき​た​と​感じ​まし​た。

目標​を​とらえる​ため​に​行動​する

必要​の​大きな​所​で​奉仕​し​たい​と​いう​願い​が​深まる​に​つれ,この​家族​は​目標​を​とらえる​ため​の​行動​を​起こし​ます。ローアル​は,やりがい​が​あり​給料​も​良い​仕事​に​就い​て​い​まし​た​が,1​年​間​の​休職​を​願い出​ます。ところが,雇い主​から​パート​従業​員​と​し​て​とどまる​の​は​どうか​と​提案​さ​れ​ます。2​週​間​働き,6​週​間​休む​と​いう​条件​です。「収入​は​激減​し​まし​た​が,物事​は​うまく​運び​まし​た」と​ローアル​は​言い​ます。

エルセベス​は​こう​語っ​て​い​ます。「主人​から​ラクスエルブ​に​家​を​見つけ,ベルゲン​の​家​の​借り手​を​探し​て​ほしい​と​言わ​れ​まし​た。時間​や​労力​は​かかり​まし​た​が,そう​でき​まし​た。しばらく​する​と​子ども​たち​も​パート​の​仕事​が​見つかり,食費​や​交通​費​など​の​出費​を​賄う​の​を​助け​て​くれ​まし​た」。

イサベル​は​こう​言い​ます。「小さな​町​に​引っ越し​た​の​で,開拓​者​と​し​て​自活​する​ため​の​仕事​を​見つける​の​が​本当​に​大変​でし​た。もう​だめ​だ​と​思っ​た​こと​も​あり​ます」。それでも,見つかっ​た​ちょっと​し​た​パート​の​仕事​を​何​で​も​行ない,最初​の​年​は​仕事​が​9​回​変わっ​た​もの​の,出費​を​賄う​こと​が​ でき​まし​た。ファビアン​の​場合​は​どう​でし​た​か。「電気​技師​の​課程​を​修了​する​ため​に​は,見習い​と​し​て​働く​こと​が​必要​でし​た。それで,ラクスエルブ​で​そう​し​まし​た。その​後,試験​に​合格​し,電気​技師​の​パート​の​仕事​を​見つけ​まし​た」と​述べ​て​い​ます。

ほか​の​人​たち​は​どの​よう​に​奉仕​を​拡大​し​た​か

サーミ​族​の​女性​に​証言​し​て​いる​マレリヤス​と​ケシア,ノルウェー

マレリヤス​と​妻​の​ケシア​も,必要​の​大きな​所​で​奉仕​し​たい​と​思っ​て​い​まし​た。現在​29​歳​に​なる​マレリヤス​は,「大会​で​開拓​奉仕​に​つい​て​の​話​や​インタビュー​を​聞い​て,自分​の​奉仕​を​拡大​する​こと​を​考える​よう​に​なり​まし​た」と​言っ​て​い​ます。一方,現在​26​歳​の​ケシア​に​とっ​て,家族​から​離れ​た​所​に​引っ越す​こと​は​障害​に​なり​まし​た。「家族​から​遠く​離れ​て​しまう​と​考える​だけ​で,怖ろしく​なり​まし​た」と​言い​ます。さらに,マレリヤス​は​家​の​ローン​の​支払い​の​ため​に​全​時間​働い​て​い​まし​た。「生活​を​調整​し​たい​の​で​助け​て​ください​と​いう​祈り​を​たくさん​し​まし​た。エホバ​が​助け​て​くださっ​た​の​で​移動​でき​まし​た」と​マレリヤス​は​述べ​ます。二​人​は​まず,聖書​の​研究​に​もっと​多く​の​時間​を​費やす​よう​に​し​まし​た。次い​で​自宅​を​売却​し,仕事​を​やめ,2011​年​8​月​に​ノルウェー​北部​の​アルタ​に​移動​し​まし​た。マレリヤス​は​会計​士​と​し​て,ケシア​は​店員​と​し​て​働き​ながら,開拓​奉仕​を​行なっ​て​い​ます。

現在​30​代​半ば​に​なる​夫婦​クヌート​と​リスベト​は,「年鑑」で,王国​伝道​者​の​必要​が​大きな​場所​で​奉仕​し​て​いる​兄弟​姉妹​に​関する​記述​を​読み,心​を​打た​れ​まし​た。リスベト​は​こう​語っ​て​い​ます。「それら​の​経験​を​読ん​で,外国​で​奉仕​する​こと​に​つい​て​考え​させ​られ​まし​た。でも,気後れ​が​し​まし​た。わたし​の​よう​な​普通​の​人​に​は​でき​そう​に​ない,と​感じ​た​から​です」。それでも,二​人​は​目標​に​向かっ​て​努力​し​ます。クヌート​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「住ん​で​い​た​アパート​を​売り,資金​を​蓄える​ため​に​母​の​家​に​同居​さ​せ​て​もらい​まし​た。その​後,外国​語​の​畑​で​働く​と​は​どう​いう​もの​か​知る​ため​に,1​年​間,ベルゲン​の​英語​会衆​に​移動​し​まし​た。ベルゲン​で​は​リスベト​の​母親​と​同居​し​まし​た」。クヌート​と​リスベト​は​間​も​なく,外国​へ​移動​できる​と​感じ​まし​た。移動​先​は,何​と​ウガンダ​です。二​人​は​年​に​2​か​月​ノルウェー​に​戻っ​て​仕事​を​し​ます。こう​し​て,残り​の​月​の​間​ウガンダ​で​生活​し​全​時間​奉仕​を​する​ため​の​お金​を​得​て​い​ます。

「エホバ​が​善良​で​ある​こと​を​味わい知れ」

「家族​が​いっそう​親密​に​なり​まし​た」。―ローアル

これら​の​奉仕​者​は​何​と​言っ​て​いる​でしょ​う​か。ローアル​は​こう​言い​ます。「この​孤立​し​た​場所​に​来​て​から,ベルゲン​の​時​より​も​家族​で​過ごす​時間​が​多く​なり,家族​が​いっそう​親密​に​なり​まし​た。また,子ども​たち​の​霊的​な​進歩​を​目​に​できる​の​は​祝福​です。それ​に,物質​の​こと​を​あまり​気​に​し​なく​なり​まし​た。わたしたち​家族​に​とっ​て,物質​は​それ​ほど​重要​で​は​なくなり​まし​た」。

エルセベス​は​別​の​言語​を​学ぶ​必要​を​感じ​まし​た。どうして​でしょ​う​か。ラクスエルブ​会衆​の​区域​に​は,カラショク​と​いう​村​が​含ま​れ​て​おり,そこ​は​サーミ​族 ― ノルウェー,スウェーデン,フィンランド,ロシア​の​北部​地域​に​住む​先住​ 民 ― の​中心​地​だ​から​です。エルセベス​は,その​人​たち​に​耳​を​傾け​て​もらえる​よう​サーミ​語​の​講座​を​受講​し,今​で​は​サーミ​語​で​簡単​な​会話​が​できる​よう​に​なり​まし​た。姉妹​は​この​新しい​区域​で​の​奉仕​を​楽しん​で​いる​でしょ​う​か。目​を​輝かせ​ながら,こう​言い​ます。「聖書​研究​を​6​件​司会​し​て​い​ます。ほか​の​場所​へ​行き​たく​は​あり​ませ​ん」。

現在​開拓​者​また​奉仕​の​僕​と​し​て​仕え​て​いる​ファビアン​は,イサベル​と​共​に​会衆​の​3​人​の​十​代​の​若者​を​援助​し​た​こと​に​つい​て​語っ​て​い​ます。3​人​は​会衆​の​活動​に​もっと​加わる​よう​励まし​が​必要​でし​た。今​で​は​3​人​と​も​活発​に​奉仕​し​て​い​ます。その​うち​二​人​は​バプテスマ​を​受け,2012​年​3​月​に​は​補助​開拓​者​と​し​て​奉仕​し​まし​た。そして,真理​から​漂い出そ​う​に​なっ​て​い​た​一​人​の​子​は,「また​頑張れる​よう」助け​て​くれ​た​こと​を​ファビアン​と​イサベル​に​感謝​し​まし​た。「その​言葉​を​聞い​て​本当​に​うれしく​なり​まし​た。だれ​か​を​援助​する​の​は​喜び​です」と​ファビアン​は​語っ​て​い​ます。イサベル​も,「割り当て​られ​た​この​地​で,『エホバ​が​善良​で​ある​こと​を​味わい​知』り​ま​し​た」と​言い​ます。(詩 34:8)そして​こう​続け​ます。「ここ​で​の​奉仕​は​本当​に​楽しい​です」。

マレリヤス​と​妻​の​ケシア​は​以前​より​質素​な​生活​を​し​て​い​ます​が,より​豊か​な​人生​を​送っ​て​い​ます。移動​し​た​アルタ​の​会衆​に​は,現在​41​人​の​奉仕​者​が​い​ます。マレリヤス​は​次​の​よう​に​述べ​ます。「振り返っ​て​みる​と,生活​が​大きく​変わっ​た​こと​を​実感​し,元気づけ​られ​ます。ここ​で​開拓​者​と​し​て​エホバ​に​お仕え​で​きる​こと​を​感謝​し​て​い​ます。これ​以上​充実​し​た​生活​は​ない​と​思っ​て​い​ます」。ケシア​は​こう​付け加え​ます。「エホバ​に​もっと​依り頼む​こと​を​学び​まし​た。そして​エホバ​は​わたしたち​を​本当​に​よく​世話​し​て​くださっ​て​い​ます。また,親族​と​遠く​離れ​て​暮らす​よう​に​なっ​て​から,親族​と​過ごす​時間​を​以前​より​大切​な​もの​と​見る​よう​に​なり​まし​た。移動​し​た​こと​を​後悔​し​た​こと​は​あり​ませ​ん」。

ある​家族​と​研究​を​行なっ​て​いる​クヌート​と​リスベト,ウガンダ

クヌート​と​リスベト​は​ウガンダ​で​元気​に​やっ​て​いる​でしょ​う​か。クヌート​は​こう​伝え​て​い​ます。「新しい​環境​や​文化​に​順応​する​の​に​時間​が​かかり​まし​た。また,断水​や​停電,それ​に​お腹​を​こわす​と​いっ​た​こと​も​時々​あり​ます。でも,聖書​研究​を​望む​だけ​司会​できる​ん​です」。リスベト​は​こう​言い​ます。「わたしたち​の​家​から​30​分​も​行く​と,良い​たより​が​まだ​一度​も​伝え​られ​て​い​ない​区域​が​幾つ​も​あり​ます。それら​の​区域​で​は,人々​は​聖書​を​読ん​で​い​て,わたしたち​に​聖書​を​教え​て​ほしい​と​言い​ます。そう​し​た​謙遜​な​人​たち​に​聖書​の​音信​を​伝える​際​に​感じる​喜び​は,ほか​で​は​味わえ​ませ​ん」。

わたしたち​の​指導​者​で​ある​キリスト​・​イエス​は,ご自分​の​開始​さ​れ​た​宣べ伝える​業​が​ますます​多く​の​地域​で​なさ​れ​て​いる​の​を​天​から​ご覧​に​なり,本当​に​喜ん​で​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。そう​です,神​の​民​すべて​は,心​から​喜ん​で​自ら​を​差し出し,「すべて​の​国​の​人々​を​弟子​と​し」なさい​と​の​イエス​の​命令​を​遂行​し​て​いる​の​です。―マタ 28:19,20