内容へ

目次へ

より小さい者の精神を培いなさい

より小さい者の精神を培いなさい

「あなた方​すべて​の​間​で​より​小さい​者​と​し​て​行動​する​人​こそ​偉い​の​です」。―ルカ 9:48

1,2. イエス​は​使徒​たち​に​どんな​訓戒​を​与え​まし​た​か。なぜ​です​か。

西暦​32​年,イエス​が​ガリラヤ​地方​に​い​た​時,問題​が​生じ​ます。使徒​たち​数​人​が,自分​たち​の​中​で​だれ​が​一番​偉い​か,議論​を​始め​た​の​です。福音​書​筆者​の​ルカ​は​こう​記し​て​い​ます。「自分​たち​の​中​で​だれ​が​一番​偉い​だろ​う​か​と​いう​論議​が​彼ら​の​間​に​持ち上がっ​た。イエス​は​彼ら​の​心​の​中​の​論議​を​知り,ひとり​の​幼子​を​連れ​て​来​て​自分​の​わき​に​立た​せ,それ​から​彼ら​に​こう​言わ​れ​た。『だれ​で​も​わたし​の​名​に​よっ​て​この​幼子​を​迎える​者​は​わたし​を​も​迎える​の​で​あり,だれ​で​も​わたし​を​迎える​者​は​わたし​を​遣わし​た​方​を​も​また​迎える​の​です。あなた方​すべて​の​間​で​より​小さい​者​と​し​て​行動​する​人​こそ​偉い​の​です』」。(ルカ 9:46‐48)イエス​は​辛抱強く​毅然​と​し​た​態度​で,使徒​たち​が​謙遜​さ​の​必要​性​を​理解​できる​よう​助け​まし​た。

2 より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​よう​に​と​いう​イエス​の​訓戒​は,1​世紀​の​ユダヤ​人​の​価値​観​に​合っ​た​もの​でし​た​か。それとも,当時​の​一般​的​な​精神​と​逆​だっ​た​でしょ​う​か。当時​の​社会​状況​に​つい​て,「新約​聖書​神学​辞典」(英語)は​こう​説明​し​て​い​ます。「あらゆる​物事​に​おい​て,だれ​の​ほう​が​偉い​か​と​いう​問題​が​絶え​ず​生じ​た。各人​に​しかる​べき​誉れ​を​与える​こと​は,絶え​ず​気​に​かける​べき​重要​な​事柄​だっ​た」。イエス​は​使徒​たち​に,一般​の​人​たち​と​は​異なっ​て​いる​よう​訓戒​し​て​い​た​の​です。

3. (イ)より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​と​は​どう​いう​意味​です​か。そう​する​の​が​難しい​こと​が​ある​の​は​なぜ​です​か。(ロ)より​小さい​者​の​精神​を​培う​こと​に​つい​て,どんな​質問​が​生じ​ます​か。

3 「より​小さい​者」と​訳さ​れる​ギリシャ​語​が​意味​し​て​いる​の​は,慎み深い​人,謙遜​な​人,へりくだっ​た​人,重要​で​ない​ 人,ほとんど​影響​力​が​なく​重んじ​られ​て​い​ない​人​の​こと​です。イエス​は​幼子​を​用い​て,謙遜​で​慎み深く​ある​べき​こと​を​使徒​たち​に​はっきり​示し​まし​た。その​訓戒​は,1​世紀​と​同様,今日​の​真​の​クリスチャン​に​も​当てはまり​ます。より​小さい​者​と​し​て​行動​する​の​が,少なく​と​も​ある​状況​で​は,難しい​と​感じる​こと​も​ある​でしょ​う。人間​に​は​誇り​の​傾向​が​ある​の​で,目立っ​た​立場​を​得​たい​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。競争​社会​や​世​の​霊​の​影響​を​受ける​と,自己​中心​的​また​攻撃​的​に​なっ​たり,人​を​操ろ​う​と​し​たり​しかね​ませ​ん。では,より​小さい​者​の​精神​を​培う​の​に​何​が​助け​に​なる​でしょ​う​か。どういう​意味​で,わたしたち​の​間​で「より​小さい​者……こそ​偉い」の​でしょ​う​か。生活​の​どんな​分野​で​謙遜​な​精神​を​表わす​よう​努力​す​べき​です​か。

「ああ,神​の​富​と​知恵​と​知識​の​深さ​よ」

4,5. 何​に​よっ​て,謙遜​さ​を​培う​よう​動かさ​れ​ます​か。例​を​挙げ​て​ください。

4 謙遜​さ​を​培う​一つ​の​方法​は,自分​と​比べ​て​エホバ​が​どれ​ほど​偉大​で​ある​か​を​じっくり​考える​こと​です。「[神​の]理解​は​探り出す​こと​が​でき​ない」の​です。(イザ 40:28)エホバ​の​荘厳​さ​の​ある​面​に​つい​て,使徒​パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「ああ,神​の​富​と​知恵​と​知識​の​深さ​よ。その​裁き​は​何​と​探り​がたく,その​道​は​何​と​たどり​がたい​もの​な​の​でしょ​う」。(ロマ 11:33)パウロ​が​2,000​年​ほど​前​に​こう​記​し​て​から​人類​の​知識​は​多く​の​面​で​大幅​に​増し加わり​まし​た​が,この​言葉​は​今​で​も​真実​です。人間​が​どれ​ほど​の​知識​を​得​た​と​し​て​も,エホバ​と​その​み業​と​その​道​に​つい​て​学べる​事柄​に​は​限り​が​ない​と​いう​こと​を​認識​する​と,謙遜​に​させ​られ​ます。

5 レオ​ *と​いう​男性​は,神​の​道​を​探り出す​の​は​人間​の​能力​を​超え​て​いる​と​いう​こと​を​理解​し​た​の​で,自分​を​より​小さい​者​と​し​て​見る​こと​が​でき​まし​た。レオ​は​若い​頃,科学​に​魅了​さ​れ​まし​た。物質​宇宙​に​つい​て​できる​限り​の​こと​を​理解​し​たい​と​思い,天体​物理​学​を​研究​し​まし​た。そして​重要​な​結論​に​至り​ます。こう​語っ​て​い​ます。「自分​の​研究​から,現在​の​科学​理論​だけ​で​は​宇宙​を​完全​に​は​理解​でき​そう​に​ない​と​いう​こと​を​悟る​よう​に​なり​まし​た。それで,法学​に​転じ​まし​た」。地方​検事​に​なり,その​後,裁判​官​に​なり​まし​た。やがて,レオ​は​妻​と​共​に,エホバ​の​証人​と​聖書​を​学び,真理​を​受け入れ,神​の​献身​し​た​僕​に​なり​まし​た。こう​し​た​経歴​が​あっ​て​も​レオ​が​より​小さい​者​と​し​て​行動​する​の​に,何​が​助け​に​なっ​た​でしょ​う​か。「エホバ​と​宇宙​に​つい​て​どれ​ほど​知っ​た​ と​し​て​も,発見​さ​れ​て​い​ない​こと​が​まだまだ​ある,と​認識​し​た​こと​です」と,レオ​は​ためらわ​ず​に​答え​て​い​ます。

エホバ​は,わたしたち​の​尊厳​を​認め,良い​たより​を​宣べ伝える​特権​を​与え​て​くださっ​て​いる

6,7. (イ)エホバ​は,謙遜​さ​の​どんな​驚く​べき​手本​を​示し​て​おら​れ​ます​か。(ロ)神​の​謙遜​さ​は,どの​よう​に​人​を「大いなる​者」と​し​ます​か。

6 謙遜​に​なる​の​に​役立つ​別​の​要素​は,エホバ​ご自身​が​謙遜​さ​を​示し​て​おら​れる​こと​です。「わたしたち​は​神​と​共​に​働く​者」で​ある​と​いう​点​を​考え​ましょ​う。(コリ​一 3:9)想像​し​て​み​て​ください。比類​なく​偉大​な​神​エホバ​が,その​よう​に​わたしたち​の​尊厳​を​認め,み言葉 聖書​を​用い​て​宣教​奉仕​を​行なう​機会​を​与え​て​くださる​の​です。わたしたち​は​植え​て​水​を​注ぐ​だけ​で​エホバ​が​種​を​成長​さ​せ​て​おら​れる​の​に,ご自分​と​共​に​働く​と​いう​誉れ​ある​立場​を​与え​て​くださっ​て​いる​の​です。(コリ​一 3:6,7)神​の​驚く​べき​謙遜​さ​の​手本​で​は​ない​でしょ​う​か。エホバ​の​謙遜​さ​の​手本​に​よっ​て,わたしたち​各自​は,より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​よう​大いに​促さ​れる​はず​です。

7 詩編​作者​ダビデ​は,神​の​謙遜​さ​の​手本​から​非常​に​大きな​影響​を​受け​まし​た。エホバ​に​こう​歌っ​て​い​ます。「あなた​は​その​救い​の​盾​を​わたし​に​下さい​ます。あなた​の​謙遜​さ​が​わたし​を​大いなる​者​と​し​ます」。(サム​二 22:36)ダビデ​は,自分​が​イスラエル​で​大いなる​者,偉い​者​で​ある​の​は,すべて​エホバ​の​謙遜​さ​の​おかげ​で​ある​と​し​て​い​ます。神​が​ご自分​を​低く​し​て​注意​を​払っ​て​くださっ​た​と​いう​わけ​です。(詩 113:5‐7)わたしたち​の​場合​も​そう​で​は​ない​でしょ​う​か。エホバ​から「もらっ​た​の​で​は​ない」特質,能力,特権​を​持っ​て​いる​人​が​いる​でしょ​う​か。(コリ​一 4:7)より​小さい​者​と​し​て​行動​する​人​は,エホバ​の​僕​と​し​て​いっそう​価値​ある​者​と​なる​と​いう​点​で「偉大」です。(ルカ 9:48,脚注)どうして​そう​言える​か​を​考え​ましょ​う。

「あなた方……の​間​で​より​小さい​者……こそ​偉い」

8. 謙遜​さ​は,エホバ​の​組織​に​対する​態度​に​どう​影響​し​ます​か。

8 謙遜​さ​は,神​の​神権​組織​の​中​で​満ち足り​て​会衆​の​取り決め​を​支持​する​うえ​で,不可欠​です。一例​と​し​て,若い​ペトラ​と​いう​女性​の​こと​を​考え​ましょ​う。ペトラ​は​エホバ​の​証人​の​家族​の​中​で​育ち​まし​た​が,自分​の​好き​な​よう​に​し​たく​て​会衆​から​離れ​まし​た。幾​年​も​たっ​て​から,再び​会衆​と​交わる​よう​に​なり​ます。現在,エホバ​の​組織​の​中​に​いる​こと​を​幸せ​に​感じ​て​おり,会衆​の​取り決め​を​意欲​的​に​支持​し​て​い​ます。何​が​変化​を​もたらし​た​の​でしょ​う​か。ペトラ​は​こう​言い​ます。「神​の​組織​内​で​居​心地​よく​感じる​ため​に,理解​し​培う​必要​の​あっ​た​特に​重要​な​特質​が​二つ​あり​ます。謙遜​さ​と​慎み​です」。

9. 謙遜​な​人​は,受け取る​霊的​な​食物​に​対し​て​どんな​態度​を​取り​ます​か。そう​する​こと​に​よっ​て,いっそう​価値​ある​者​と​なる​の​は,なぜ​です​か。

9 謙遜​な​人​は,エホバ​の​備え​に​心​から​の​感謝​を​抱い​て​い​ます。霊的​な​食物​も​その​一部​です。それゆえ,聖書​を​勤勉​に​研究​し,「ものみの塔」誌​や「目ざめよ!」誌​を​熱心​に​読み​ます。他​の​多く​の​エホバ​の​忠実​な​僕​と​同じく,新しい​出版​物​が​出る​たび​に,本棚​に​しまい込む​前​に​読む​よう​に​し​て​いる​でしょ​う。聖書​に​基づく​出版​物​を​読ん​で​研究​する​こと​に​よっ​て​謙遜​に​感謝​を​表わす​なら,霊的​に​進歩​し,エホバ​から​いっそう​用い​て​いただけ​ます。―ヘブ 5:13,14

10. 会衆​内​で,より​小さい​者​の​態度​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か。

10 より​小さい​者​と​し​て​行動​する​人​は,別​の​点​で​も「偉い」と​言え​ます。どの​会衆​で​も,エホバ​ の​聖霊​の​導き​の​もと​に​任命​さ​れ​た​資格​ある​男子​が​長老​と​し​て​仕え​て​い​ます。長老​は,会衆​の​集会,野外​奉仕,牧羊​など​の​霊的​な​事柄​を​取り決め​ます。そう​し​た​取り決め​を​進ん​で​支持​し​て,より​小さい​者​の​態度​を​表わす​なら,会衆​の​喜び,平和,一致​に​貢献​でき​ます。ヘブライ 13:7,17を​読む。また,長老​や​奉仕​の​僕​と​し​て​仕え​て​いる​なら,そう​し​た​奉仕​の​特権​を​委ね​て​くださっ​た​エホバ​に​謙遜​に​感謝​し​て​いる​でしょ​う​か。

11,12. どんな​態度​が​あれ​ば,エホバ​の​組織​に​とっ​て​いっそう​価値​ある​者​と​なれ​ます​か。なぜ​です​か。

11 より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​人​は,「偉い」者,すなわち​エホバ​の​組織​に​とっ​て​いっそう​価値​ある​者​と​なり​ます。謙遜​さ​ゆえ​に,神​の​善良​で​有用​な​僕​と​なる​から​です。イエス​は​弟子​たち​に,より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​よう​訓戒​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。当時​よく​見​られ​た​精神​に​影響​さ​れ​て​いる​弟子​たち​が​い​た​から​です。「自分​たち​の​中​で​だれ​が​一番​偉い​だろ​う​か​と​いう​論議​が​彼ら​の​間​に​持ち上がっ​た」と,ルカ 9​章​46​節​は​述べ​て​い​ます。わたしたち​も,自分​が​何らか​の​点​で,仲間​の​信者​より​も​優れ​て​いる,あるいは​一般​の​人​たち​に​勝っ​て​いる,と​考え​始める​こと​が​ある​でしょ​う​か。周囲​の​世​の​多く​の​人​は​誇り​や​利己​心​を​動機​と​し​て​行動​し​て​い​ます。誇り高い​人々​から​離れ,謙遜​に​行動​し​ましょ​う。その​よう​に​行動​し,エホバ​の​ご意志​を​前面​に​出す​とき,兄弟​姉妹​に​一層​の​さわやか​さ​を​与える​友​に​なれ​ます。

12 より​小さい​者​と​し​て​行動​する​よう​に​と​の​イエス​の​訓戒​は,本当​に​刺激​と​なり​ます。生活​の​あらゆる​面​で,より​小さい​者​の​精神​を​表わす​よう​励む​べき​で​は​ない​でしょ​う​か。では,三つ​の​分野​に​特に​注意​を​向け​ましょ​う。

より​小さい​者​と​なる​よう​励み​なさい

13,14. 夫​や​妻​は​どの​よう​に,より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​べき​です​か。それ​は​結婚​関係​に​どう​影響​し​ます​か。

13 結婚​関係​に​おい​て。今日,多く​の​人​は,自分​の​権利​に​こだわり,他​の​人​の​権利​を​侵害​する​こと​に​なっ​て​も​自分​の​権利​を​主張​し​ます。しかし,より​小さい​者​は,パウロ​の​勧める​態度​を​指針​と​し​ます。ローマ​人​へ​の​手紙​の​中​で,パウロ​は​こう​書い​て​い​ます。「平和​に​役だつ​事柄​や​互い​を​築き上げる​事柄​を​追い求め​ましょ​う」。(ロマ 14:19)より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​人​は,すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​追い求め​ます。とりわけ,大切​な​配偶​者​に​対し​て​そう​し​ます。

14 レクリエーション​に​つい​て​考え​ましょ​う。夫婦​は,娯楽​の​好み​が​異なる​場合​も​あり​ます。例えば,夫​は,暇​な​時間​は​家​で​ゆっくり​本​を​読む​の​が​好き​で,妻​は,食事​に​出かけ​たり​友人​を​訪ね​たり​する​の​が​好き,と​いう​こと​が​あり​ます。夫​が​謙遜​さ​を​示し,自分​の​好み​だけ​を​気​に​かけ​ず​に​妻​の​好み​を​誠実​に​考慮​する​なら,それ​を​見る​妻​は,夫​に​敬意​を​示し​やすい​の​で​は​ない​でしょ​う​か。また,妻​が​自分​の​し​たい​こと​ばかり​し​よう​と​せ​ず​に​夫​の​願い​も​考える​なら,それ​を​見る​夫​は,どれ​ほど​妻​を​愛し​慈しむ​こと​でしょ​う。夫婦​が​互い​に,より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​なら,結婚​の​きずな​は​強まり​ます。―フィリピ 2:1‐4を​読む。

15,16. ダビデ​は​詩編 131​編​で​どんな​態度​を​勧め​まし​た​か。これ​は,会衆​で​の​振る舞い​に​どう​影響​し​ます​か。

15 会衆​に​おい​て。世​で​は,欲望​を​すぐ​に​満足​さ​せる​こと​しか​考え​て​い​ない​人​が​少なく​あり​ませ​ん。そう​し​た​人​は,辛抱​が​足り​ず,待つ​の​を​苦​に​し​ます。より​小さい​者​の​精神​を​培う​こと​は,わたしたち​が​エホバ​を​待つ​助け​に​なり​ます。詩編 131:1‐3を​読む。謙遜​に​なっ​ て​エホバ​を​待つ​こと​の​益​は,安心​と​祝福,安らぎ​と​満足​です。ダビデ​が​仲間​の​イスラエル​人​に​神​を​辛抱強く​待ち望む​よう​促し​た​の​も,当然​です。

16 謙遜​に​エホバ​を​待つ​とき,同じ​よう​な​平安​を​経験​でき​ます詩 42:5)あなた​は「りっぱ​な​仕事​を​望ん​で」,「監督​の​職​を​とらえ​よう​と​努め​て​いる」か​も​しれ​ませ​ん。(テモ​一 3:1‐7)監督​に​必要​な​特質​が​聖霊​に​よっ​て​育ま​れる​よう​に,自分​に​無理なく​できる​こと​を​すべて​行なう​べき​です​が,他​の​人​より​進歩​に​時間​が​かかっ​て​いる​よう​に​思える​と​し​たら,どう​でしょ​う​か。より​小さい​者​は,奉仕​の​特権​を​辛抱強く​待つ​の​で,喜び​の​うち​に​エホバ​に​仕え続け,与え​られる​どんな​割り当て​も​喜ん​で​果たし​ます。

17,18. (イ)許し​を​求め,進ん​で​他​の​人​を​許す​なら,どんな​益​が​あり​ます​か。(ロ)箴言 6​章​1‐5​節​で​は,どんな​こと​が​勧め​られ​て​い​ます​か。

17 他​の​人​と​の​関係​に​おい​て。たいてい​の​人​に​とっ​て,謝る​の​は​難しい​こと​です。しかし​神​の​僕​は,より​小さい​者​の​精神​を​培い,自分​の​間違い​を​認め​て​許し​を​求め​ます。また,他​の​人​の​違犯​を​進ん​で​許し​ます。誇り​は​分裂​や​争い​を​生じ​させ​ます​が,許し​は​会衆​内​の​平和​を​促進​し​ます。

18 どう​に​も​なら​ない​事情​ゆえ​に,合意​し​た​事柄​を​果たせ​なかっ​た​時​は,誠実​に​謝っ​て「自分​を​低く」する​必要​が​ある​でしょ​う。相手​の​責任​と​言える​よう​な​点​が​幾らか​あっ​た​と​し​て​も,謙遜​な​クリスチャン​は,自分​自身​の​落ち度​に​つい​て​考え,それ​を​進ん​で​認め​ます。―箴言 6:1‐5を​読む。

より​小さい​者​と​し​て​行動​する​どんな​機会​が​ある​か

19. より​小さい​者​と​し​て​振る舞う​よう​に​と​の​聖書​の​助言​に,わたしたち​一人一人​が​感謝​す​べき,どんな​理由​が​あり​ます​か。

19 わたしたち​は,より​小さい​者​の​精神​を​培う​よう​に​と​の​聖書​の​励まし​に,本当​に​感謝​でき​ます。そう​し​た​精神​を​表わす​の​が​難しい​時​が​ある​と​し​て​も,創造​者​と​の​関係​で​自分​が​どんな​立場​に​ある​か​を​わきまえ,創造​者​の​謙遜​さ​を​認識​し​て​いる​なら,その​立派​な​特質​を​培う​よう​動かさ​れ​ます。その​よう​に​し​て,エホバ​の​僕​と​し​て​いっそう​価値​ある​者​と​なれる​の​です。それゆえ,わたしたち​一人一人​が,より​小さい​者​と​し​て​行動​でき​ます​よう​に。

^ 5節 名前​は​変え​て​あり​ます。