内容へ

目次へ

 アーカイブ​から

「かつて聞いたことのない良い音信」

「かつて聞いたことのない良い音信」

「あれ​は​何​の​ため​の​もの​です​か」。カナダ​の​サスカチワン​州​サスカトゥーン​の​兵器​庫​で,ジョージ​・​ネイシュ​は​長さ​20​㍍​くらい​の​丸太​が​積ん​で​ある​の​を​指さし​ながら,そう​尋ね​まし​た。第​一​次​世界​大戦​中​に​信号​塔​を​建てる​の​に​用い​られ​た​もの​だ​と​いう​答え​でし​た。ネイシュ​兄弟​は​後​に​こう​述べ​て​い​ます。「それ​を​聞い​て,この​丸太​で​送信​塔​が​建て​られる,と​思い​まし​た。神権​的​な​ラジオ​局​を​開設​する​と​いう​考え​が​浮かん​だ​の​です」。ちょうど​1​年​後​の​1924​年,CHUC​が​放送​を​開始​し​まし​た。カナダ​で​宗教​的​な​内容​を​放送​する​最​初期​の​ラジオ​局​です。

(1)アルバータ​州​エドモントン​の​放送​局(2)送信​機​の​電力​増幅​管​を​扱う​兄弟,オンタリオ​州​トロント

ヨーロッパ​と​ほぼ​同じ​面積​が​ある​カナダ​は,ラジオ​放送​を​通し​て​証言​する​の​に​適し​て​い​まし​た。サスカトゥーン​の​ラジオ​局​で​働い​た​フローレンス​・​ジョンソン​は,こう​言っ​て​い​ます。「ラジオ​放送​の​おかげ​で,直接​会う​こと​の​でき​ない​多く​の​人々​に​真理​が​届き​まし​た。当時​ラジオ​は​まだ​珍しかっ​た​の​で,人々​は​とにかく​放送​を​聞き​たがり​まし​た」。1926​年​に​は​カナダ​の​四つ​の​都市​で,聖書​研究​者(エホバ​の​証人​は​当時​そう​呼ば​れ​て​い​た)が​自分​たち​の​ラジオ​局​を​運営​し​て​い​まし​た。 *

(3)CHUC​の​スタジオ,サスカチワン​州​サスカトゥーン

そう​し​た​放送​に​周波​数​を​合わせ​たら,どんな​内容​が​聞け​た​でしょ​う​か。地元​の​会衆​の​兄弟​姉妹​が​しばしば,楽器​や​小​編成​の​オーケストラ​に​合わせ​て​歌い​まし​た。もちろん,聖書​の​話​や​討議​も​行なわ​れ​まし​た。討議​に​参加​し​た​エイミー​・​ジョーンズ​は,こう​述懐​し​て​い​ます。「野外​宣教​で​自己​紹介​を​する​と,家​の​人​から,『まあ,ラジオ​に​出​て​いる​方​ね』と​言わ​れる​こと​が​あり​まし​た」。

「電話​が​殺到​し,局​は​パンク​寸前​でし​た」

ノバスコシア​州​ハリファックス​の​聖書​研究​者​たち​は,当時​と​し​て​は​斬新​な​方法​を​取り入れ​まし​た。トーク​番組​の​中​で,聖書​に​つい​て​の​電話​質問​を​受け付ける​の​です。「この​番組​は​相当​な​反響​が​あり​まし​た。電話​が​殺到​ し,局​は​パンク​寸前​でし​た」と,ある​兄弟​は​書い​て​い​ます。

使徒​パウロ​の​時​と​同様,人々​は​相異なる​反応​を​示し​まし​た。(使徒 17:1‐5)ある​人​たち​は​聞い​た​事柄​に​好感​を​持ち​まし​た。例えば​ヘクター​・​マーシャル​は,ラジオ​で「聖書​研究」と​いう​本​に​つい​て​聞き,六つ​の​巻​を​注文​し​まし​た。「日曜​学校​で​教える​の​に​役立つ​と​思っ​た​の​です」と,後​に​書い​て​い​ます。と​は​いえ,第​1​巻​を​読み​終え​た​時​に​は,教会​を​脱退​する​こと​に​決め​て​い​まし​た。ヘクター​は​熱心​な​福音​宣明​者​に​なり,1998​年​に​亡くなる​まで​エホバ​に​忠実​に​仕え​まし​た。ノバスコシア​州​東部​で​の​こと,ラジオ​で「神​の​国 ― 全地​の​希望」と​いう​講話​が​流さ​れ​た​翌日,J​・​A​・​マクドナルド​と​いう​大佐​が​地元​の​兄弟​に​こう​言い​まし​た。「ケープ​・​ブレトン​島​の​島民​は​きのう,世界​の​この​地方​で​かつて​聞い​た​こと​の​ない​良い​音信​を​聞き​まし​た」。

一方​で,聖職​者​たち​は​怒り​を​感じ​まし​た。ハリファックス​の​一部​の​カトリック​教徒​は,聖書​研究​者​たち​の​番組​を​流す​ラジオ​局​を​爆破​する,と​脅し​まし​た。1928​年,宗教​指導​者​に​唆さ​れ​た​政府​は​突然,聖書​研究​者​の​所有​する​ラジオ​局​に​つい​て,放送​許可​の​更新​を​認め​ない​こと​を​明らか​に​し​まし​た。兄弟​姉妹​は​そう​し​た​不当​な​扱い​に​抗議​し,「放送​は​だれ​の​もの​か」と​いう​ビラ​を​配り​まし​た。と​は​いえ,政府​の​役人​たち​は​考え​を​変え​ませ​ん​でし​た。

では,カナダ​の​エホバ​の​僕​たち​の​小さな​グループ​は,意気​を​くじか​れ​て​しまっ​た​でしょ​う​か。イザベル​・​ウェインライト​は​こう​述べ​て​い​ます。「最初​は​確か​に,敵​の​大​勝利​で​ある​か​に​思え​まし​た。でも,エホバ​は​それ​を​阻止​する​こと​が​ご自分​の​目的​に​かなう​の​で​あれ​ば,そう​なさっ​た​はず​です。ですから,王国​の​良い​たより​を​告げる​ため​の​もっと​優れ​た​方法​に​自分​たち​を​合わせる​べき​だ,と​いう​こと​に​違いあり​ませ​ん」。カナダ​の​聖書​研究​者​たち​は,ラジオ​で​の​証言​に​ばかり​頼る​の​で​は​なく,戸別​訪問​に​力​を​傾ける​よう​に​なり​まし​た。と​は​いえ,「かつて​聞い​た​こと​の​ない​良い​音信」を​広める​うえ​で,ラジオ​は​確か​に​大きな​役割​を​果たし​まし​た。―カナダ​の​アーカイブ​から。

^ 4節 カナダ​の​兄弟​たち​は,ラジオ​放送​を​通し​て​証言​する​ため​に​民間​放送​局​も​利用​し​まし​た。