内容へ

目次へ

エホバの許しはあなたにとって何を意味しますか

エホバの許しはあなたにとって何を意味しますか

「エホバ[は]憐れみ​と​慈しみ​に​富み,怒る​こと​に​遅く,……とが​と​違犯​と​罪​と​を​赦す​者」。―出 34:6,7

1,2. (イ)エホバ​は​イスラエル​国民​に​対し​て​どんな​神​で​ある​こと​を​示し​まし​た​か。(ロ)この​記事​で​は,どんな​点​を​取り上げ​ます​か。

ネヘミヤ​の​時代​に​レビ​人​たち​が​公​の​祈り​の​中​で​認め​た​とおり,父祖​たち​は​度々​エホバ​の​おきて​を「聴く​こと​を​拒み」まし​た。それでも​エホバ​は,「許す​こと​を​なさる​神​で​あり,慈しみ深く​て​憐れみ深く,怒る​の​に​遅く​て​愛​ある​親切​に​富ん​で​おら​れる」こと​を​幾​度​も​示さ​れ​まし​た。そして,ネヘミヤ​の​時代​に​捕囚​から​帰還​し​た​人​たち​に,引き続き​過分​の​ご親切​を​示さ​れ​ます。―ネヘ 9:16,17

2 わたしたち​は​個人​と​し​て,こう​自問​でき​ます。「エホバ​の​許し​は​自分​に​とっ​て​何​を​意味​する​だろ​う​か」。この​重要​な​質問​の​答え​を​得る​ため​に,エホバ​の​許し​から​益​を​得​た​ダビデ​と​マナセ​に​注目​し,この​二​人​の​王​に​対する​神​の​扱い​に​つい​て​考え​ましょ​う。

ダビデ​の​重大​な​罪

3‐5. ダビデ​は,どの​よう​に​重大​な​罪​を​犯す​こと​に​なり​まし​た​か。

3 ダビデ​は​神​を​恐れる​人​でし​た​が,何​度​か​重大​な​罪​を​犯し​まし​た。その​うち​の​二つ​に​は,ウリヤ​と​バテ​・​シバ​と​いう​夫婦​が​関係​し​て​い​ます。そして,関係​者​全員​に​痛ましい​結果​が​もたらさ​れ​まし​た。と​は​いえ,神​が​ダビデ​を​正し​た​方法​から,エホバ​の​許し​に​つい​て​多く​を​学べ​ます。何​が​起き​た​か​を​見​て​み​ましょ​う。

4 ダビデ​は,イスラエル​軍​を​派遣​し​て,アンモン​人​の​首都​ラバ​を​包囲​さ​せ​ます。ラバ​は​エルサレム​の​80​㌔​ほど​東,ヨルダン​川​の​向こう​側​に​あり​まし​た。エルサレム​に​残っ​て​い​た​ダビデ​は,宮殿​の​屋上​から,ウリヤ​の​妻​バテ​・​シバ​が​身​を​洗っ​て​いる​様子​を​目​に​し​ます。ウリヤ​は​不在​でし​た。ダビデ​は,バテ​・​シバ​を​眺め​て​欲望​が​かき立て​られ,宮殿​に​連れ​て​ 来さ​せ​ます。そして,彼女​と​姦淫​を​犯し​まし​た。―サム​二 11:1‐4

5 ダビデ​は,バテ​・​シバ​の​妊娠​を​知り,ウリヤ​が​バテ​・​シバ​と​性​関係​を​持つ​こと​を​期待​し​て,彼​を​エルサレム​に​連れ戻さ​せ​ます。しかし,家​に​帰ら​せ​よう​と​する​ダビデ​の​努力​も​むなしく,ウリヤ​は​家​に​入ろ​う​と​も​し​ませ​ん。それ​で​王​は​ひそか​に​軍​司令​官​に​手紙​を​書き,ウリヤ​を「戦い​の​最も​激しい​前線」に​置か​せ,仲間​の​兵士​を​彼​の​後ろ​から​退却​さ​せ​ます。ウリヤ​は​なす​術​も​なく,ダビデ​の​計画​どおり​戦死​し​まし​た。(サム​二 11:12‐17)こう​し​て​王​は,姦淫​の​罪​に​とどまら​ず​無実​の​人​を​殺す​こと​まで​し​て​しまい​ます。

ダビデ​の​態度​の​変化

6. 神​は​ダビデ​の​罪​を​どう​扱わ​れ​まし​た​か。その​こと​から​エホバ​に​つい​て​何​が​分かり​ます​か。

6 もちろん,エホバ​は​すべて​を​見​て​おら​れ​まし​た。エホバ​の​注意​を​免れる​もの​は​あり​ませ​ん。(箴 15:3)王​は​その​後​バテ​・​シバ​と​結婚​し​まし​た​が,「ダビデ​の​し​た​事​は​エホバ​の​目​に​は​明らか​に​悪い​こと​で」した。(サム​二 11:27)では​神​は,ダビデ​の​重大​な​罪​を​どう​扱わ​れ​た​でしょ​う​か。預言​者​ナタン​を​ダビデ​の​もと​に​遣わし​ます。許す​神​エホバ​は,憐れみ​を​差し伸べる​根拠​を​見いだそ​う​と​なさっ​た​よう​です。この​エホバ​の​扱い方​に​心​温まる​もの​を​感じる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。エホバ​は​ダビデ​に​告白​を​強いる​の​で​は​なく,その​罪​の​由々しさ​を​例示​する​話​を​する​よう​ナタン​に​命じ​た​だけ​でし​た。サムエル​第​二 12:1‐4を​読む。これ​は,微妙​な​状況​を​扱う​本当​に​効果​的​な​方法​でし​た。

7. ダビデ​は,ナタン​の​例え​に​どう​反応​し​まし​た​か。

7 ナタン​の​例え​は,王​の​公正​の​感覚​を​呼び覚まし​ます。ダビデ​は,話​に​出​て​くる​富ん​だ​人​に​怒り​を​覚え,ナタン​に​こう​言い​ます。「エホバ​は​生き​て​おら​れる。そんな​こと​を​し​た​男​は​死​に​値する!」 さらに,そう​し​た​不​公正​の​犠牲​者​に​は​償い​が​なさ​れる​べき​だ​と​述べ​ます。すると,衝撃​的​な​言葉​が​返っ​て​き​ます。「あなた​が​その​人​です!」と​言わ​れ​た​の​です。そして,自分​の​行動​の​結果​と​し​て「剣」が​自分​の​家​から​離れ​ず,災い​が​家族​に​臨む​こと​を​告げ​られ​ます。加え​て,自分​の​間違い​ゆえに​公​に​辱め​られる​こと​に​なり​ます。ダビデ​は,自分​の​し​た​こと​の​重大​さ​を​悟り,深く​悔い​て,「わたし​は​エホバ​に​対し​て​罪​を​おかし​た」と​述べ​まし​た。―サム​二 12:5‐14

ダビデ​の​祈り​と​神​の​許し

8,9. 詩編 51​編​に​は,ダビデ​の​内奥​の​考え​が​どの​よう​に​表われ​て​い​ます​か。その​詩編​から​エホバ​に​つい​て​何​を​学べ​ます​か。

8 その​後​に​ダビデ​王​が​作っ​た​歌​に​は,心​から​の​悔恨​の​情​が​表われ​て​い​ます。詩編 51​編​に​は,エホバ​に​対する​ダビデ​の​感動​的​な​哀願​が​記さ​れ​て​おり,とが​を​認める​以上​の​こと​を​し​た​こと​が​はっきり​示さ​れ​て​い​ます。罪​を​悔い改める​こと​も​し​た​の​です。ダビデ​は,主​に​神​と​の​関係​を​気​に​かけ​て​い​まし​た。「あなた​に,ただ​あなた​に​対し​て​のみ,わたし​は​罪​を​犯し​まし​た」と​告白​し,エホバ​に​こう​嘆願​し​て​い​ます。「神​よ,わたし​の​うち​に​浄い​心​を​創造​し​て​ください。わたし​の​内​に​新た​な​霊,揺るぎない​霊​を​置い​て​ください。……あなた​に​よる​救い​の​歓喜​を​わたし​に​回復​さ​せ​て​ください。喜ん​で​行なう​霊​を​もっ​て,あなた​が​わたし​を​支え​て​ください​ます​よう​に」。(詩 51:1‐4,7‐12)あなた​も,自分​の​失敗​に​つい​て​エホバ​に​祈る​際,同じ​ほど​真剣​かつ​包み隠さ​ず​に​話す​でしょ​う​か。

9 エホバ​は,ダビデ​に​罪​の​痛ましい​結果​を​免れ​させる​こと​は​され​ませ​ん。それ​は​ダビデ​の​生涯​中​続き​ます。と​は​いえ,ダビデ​の​悔い改め​の​霊,「砕か​れ,打ちひしが​れ​た​心」を​認め​ て,ダビデ​を​お許し​に​なり​まし​た。詩編 32:5を​読む。詩 51:17)全能​の​神​は,罪​の​背後​に​ある​本当​の​態度​と​動機​を​理解​なさい​ます。エホバ​は,姦淫​を​犯し​た​二​人​が​人間​の​裁き人​に​よっ​て​モーセ​の​律法​どおり​死​に​定め​られる​よう​に​は​せ​ず,憐れみ深く​も​介入​し​て,自ら​ダビデ​と​バテ​・​シバ​を​裁か​れ​まし​た。(レビ 20:10)そして,二​人​の​息子​で​ある​ソロモン​を​イスラエル​の​次​の​王​と​する​こと​さえ​なさい​ます。―代​一 22:9,10

10. (イ)エホバ​は​ダビデ​を​許さ​れ​まし​た​が,それ​に​は​どんな​根拠​が​あっ​た​と​考え​られ​ます​か。(ロ)エホバ​は​どんな​要素​に​動かさ​れ​て,許し​を​差し伸べ​られ​ます​か。

10 エホバ​が​ダビデ​を​お許し​に​なっ​た​別​の​要素​は,ダビデ​自身​が​サウル​に​憐れみ​を​示し​た​こと​でしょ​う。(サム​一 24:4‐7)イエス​の​言わ​れ​た​よう​に,エホバ​は,わたしたち​が​他​の​人​を​扱う​よう​に,わたしたち​を​扱わ​れ​ます。イエス​は​こう​述べ​まし​た。「自分​が​裁か​れ​ない​ため​に,人​を​裁く​の​を​やめ​なさい。あなた方​が​裁い​て​いる​その​裁き​で​あなた方​も​裁か​れる​こと​に​なる​から​です。そして,あなた方​が​量り出し​て​いる​その​量り​で​人​は​あなた方​に​量り出す​でしょ​う」。(マタ 7:1,2)エホバ​が​わたしたち​の​罪​を​お許し​に​なる​と​いう​の​は,本当​に​慰め​と​なり​ます。姦淫​や​殺人​と​いっ​た​重大​な​罪​で​あっ​て​も​許し​て​くださる​の​です。わたしたち​が​快く​許す​精神​を​持ち,エホバ​に​罪​を​告白​し,間違っ​た​行動​に​対する​態度​の​変化​を​表わす​なら,エホバ​は​許し​て​ください​ます。罪​を​犯し​た​人​が​誠実​に​悔い改める​時,「さわやか​に​する​時期」が​エホバ​から​到来​し​ます。―使徒 3:19を​読む。

マナセ​は​由々しい​罪​を​犯す​が,悔い改める

11. マナセ​王​は,神​の​目​に​悪い​どんな​こと​を​行ない​まし​た​か。

11 エホバ​が​どれ​ほど​進ん​で​許し​て​くださる​か​を​示す​聖書​中​の​別​の​記述​を​考え​ましょ​う。ダビデ​が​支配​を​開始​し​た​時​から​360​年​ほど​後​に,マナセ​が​ユダ​の​王​に​なり,55​年​間​治め​ます。その​統治​は​邪悪​さ​で​悪名​高く,彼​の​忌む​べき​行ない​は​エホバ​から​の​有罪​宣告​を​招き​まし​た。何​より​も,マナセ​は​バアル​の​ため​に​祭壇​を​立て,「天​の​全軍」を​崇拝​し,自分​の​子​ら​に​火​の​中​を​通ら​せ,心霊​術​の​行ない​を​奨励​し​まし​た。「エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​大​規模​に​行なっ」た​の​です。―代​二 33:1‐6

12. マナセ​は​どの​よう​に​エホバ​に​立ち返り​まし​た​か。

12 ついに,マナセ​は​故国​から​連れ​て​行か​れ,バビロン​の​獄​に​入れ​られ​ます。獄​の​中​で,モーセ​が​イスラエル​に​述べ​た​次​の​言葉​を​思い起こし​た​か​も​しれ​ませ​ん。「後​の​日​に​あなた​が​窮境​に​陥り,これら​の​すべて​の​言葉​が​その​とおり​ あなた​に​起き​た​なら,その​時​あなた​は​自分​の​神​エホバ​に​立ち返っ​て,その​声​に​聴き従う​で​あろ​う」。(申 4:30)マナセ​は​確か​に​エホバ​に​立ち返り​まし​た。どの​よう​に​でしょ​う​か。「大いに​へり​くだ」り,「神​に​祈り​続け​た」の​です。(21​ページ​の​挿絵​を​参照。)(代​二 33:12,13)マナセ​が​祈っ​た​言葉​そのもの​の​記録​は​あり​ませ​ん​が,きっと​詩編 51​編​に​記録​さ​れ​て​いる​ダビデ​王​の​言葉​と​似​て​い​た​こと​でしょ​う。いずれ​に​し​て​も,マナセ​は​完全​に​心​を​変化​さ​せ​まし​た。

13. エホバ​が​マナセ​を​許さ​れ​た​の​は​なぜ​です​か。

13 マナセ​の​祈り​に​エホバ​は​どう​反応​さ​れ​た​でしょ​う​か。「神​は​彼​の​願い​を​聞き入れ,恵み​を​求める​その​願い​を​聞」かれ​まし​た。マナセ​は​ダビデ​と​同様,自分​の​罪​の​重大​さ​を​認め,真に​悔い改め​まし​た。それゆえ​神​は​マナセ​を​許し,エルサレム​で​王位​に​復帰​さ​せ​ます。結果​と​し​て,「マナセ​は​エホバ​こそ​まこと​の​神​で​ある​こと​を​知る​よう​に」なり​まし​た。(代​二 33:13)憐れみ深い​神​エホバ​が​真に​悔い改める​人​を​許し​て​くださる​こと​を​示す​この​証拠​から​も,大いに​力づけ​られ​ます。

エホバ​の​許し​の​おかげ​で,マナセ​は​エルサレム​で​王位​に​復帰​し​た

エホバ​の​許し​は​無​制限​か

14. エホバ​が​罪​を​犯し​た​人​を​許す​か​どう​か​は​何​に​よっ​て​決まり​ます​か。

14 今日​の​神​の​民​の​間​で,ダビデ​や​マナセ​ほど​の​重大​な​罪​の​許し​を​求め​なけれ​ば​なら​ない​人​は​ごく​わずか​でしょ​う。それでも,エホバ​が​この​二​人​の​王​を​お許し​に​なっ​た​こと​から,罪​を​犯し​た​人​が​真に​悔い改める​なら,由々しい​罪​で​も​神​は​進ん​で​許し​て​くださる,と​いう​こと​が​理解​でき​ます。

15. エホバ​の​許し​が​自動​的​な​もの​で​ない​こと​は,どうして​分かり​ます​か。

15 言う​まで​も​なく,エホバ​は​すべて​の​人​の​罪​を​自動​的​に​お許し​に​なる,と​考える​べき​で​は​あり​ませ​ん。ダビデ​と​マナセ​の​態度​を​イスラエル​と​ユダ​の​強情​な​人々​の​態度​と​比較​し​て​み​ましょ​う。神​は​ダビデ​の​もと​に​ナタン​を​遣わし, 態度​を​変化​さ​せる​機会​を​与え​まし​た。ダビデ​は​感謝​し​て​その​機会​を​受け入れ​まし​た。マナセ​は,窮境​に​陥っ​た​時,心​を​動かさ​れ​て​誠実​に​悔い改め​まし​た。しかし,イスラエル​と​ユダ​の​住民​は​往々​に​し​て​悔い改め​ませ​ん​でし​た。それゆえ,エホバ​は​彼ら​を​お許し​に​なり​ませ​ん​でし​た。預言​者​たち​を​通し​て,その​不​従順​な​振る舞い​を​どう​ご覧​に​なる​か​を​何​度​も​お告げ​に​なり​ます。ネヘミヤ 9:30を​読む。民​が​バビロン​捕囚​から​故国​に​戻っ​た​後​も,エホバ​は​引き続き,祭司​エズラ​や​預言​者​マラキ​と​いっ​た,忠実​な​使者​を​起こさ​れ​まし​た。民​は,エホバ​の​ご意志​と​調和​し​て​行動​し​た​時,大いなる​喜び​を​経験​し​まし​た。―ネヘ 12:43‐47

16. (イ)イスラエル​国民​は​全体​と​し​て,悔い改め​なかっ​た​結果,どう​なり​まし​た​か。(ロ)古代​イスラエル​人​の​子孫​一人一人​に​は,どんな​機会​が​あり​ます​か。

16 イエス​が​地​に​遣わさ​れ,完全​な​贖い​の​犠牲​が​備え​られる​と,エホバ​が​イスラエル​の​動物​の​犠牲​を​受け入れる​こと​は​なくなり​ます。(ヨハ​一 4:9,10)イエス​は​地上​で,み父​の​見方​を​反映​し,次​の​よう​な​感動​的​な​言葉​を​語り​ます。「エルサレム,エルサレム,預言​者​たち​を​殺し,自分​に​遣わさ​れ​た​人々​を​石打ち​に​する​者​よ ― わたし​は​幾たび​あなた​の​子供​たち​を​集め​たい​と​思っ​た​こと​でしょ​う。めんどり​が​その​ひな​を​翼​の​下​に​集める​か​の​よう​に。しかし,あなた方​は​それ​を​望み​ませ​ん​でし​た」。そして,「見よ,あなた方​の​家​は​あなた方​の​もと​に​見捨て​られ​て​い​ます」と​宣告​し​ます。(マタ 23:37,38)こう​し​て,罪深く​て​悔い改め​ない​国民​は​霊的​イスラエル​に​取って代わら​れ​まし​た。(マタ 21:43。ガラ 6:16)では,生来​の​イスラエル​の​個々​の​人​は​どう​でしょ​う​か。それら​の​人​は,神​および​イエス​・​キリスト​の​犠牲​に​信仰​を​働か​せる​こと​に​よっ​て,エホバ​の​許し​と​憐れみ​から​益​を​得る​こと​が​でき​ます。そう​し​た​機会​は,罪​を​悔い改める​こと​なく​死ん​だ​もの​の,清め​られ​た​地​に​復活​し​て​くる​人​に​も​差し伸べ​られ​ます。―ヨハ 5:28,29。使徒 24:15

エホバ​の​許し​から​益​を​得る

17,18. どう​すれ​ば,エホバ​の​許し​を​受け​られ​ます​か。

17 エホバ​は​進ん​で​許し​て​くださる​の​ですから,わたしたち​は​どう​す​べき​でしょ​う​か。ダビデ​や​マナセ​の​よう​に​行動​す​べき​です。自分​の​罪深さ​を​認め,とが​を​悔い改め,エホバ​の​許し​を​真剣​に​嘆願​し,自分​の​うち​に​浄い​心​を​創造​し​て​くださる​よう​お願い​する​の​です。(詩 51:10)重大​な​罪​を​犯し​た​なら,長老​たち​の​霊的​な​援助​も​求める​べき​です。(ヤコ 5:14,15)どんな​状況​に​あろ​う​と,エホバ​が​どんな​方​か​を​心​に​留める​の​は​慰め​と​なり​ます。エホバ​は​自ら​モーセ​に​述べ​られ​た​とおり,「憐れみ​と​慈しみ​に​富み,怒る​こと​に​遅く,愛​ある​親切​と​真実​と​に​満ちる​神,愛​ある​親切​を​幾千​代​まで​も​保ち,とが​と​違犯​と​罪​と​を​赦す​者」な​の​です。エホバ​は​変わっ​て​おら​れ​ませ​ん。―出 34:6,7

18 エホバ​は​悔い改め​た​イスラエル​人​に,罪​と​いう​染み​を​完全​に​除き去る​こと​を​強力​な​対比​を​用い​て​約束​なさい​まし​た。「緋」の​よう​な​染み​が「雪」の​よう​に​白く​される​の​です。イザヤ 1:18を​読む。では,エホバ​の​許し​は​わたしたち​に​とっ​て​何​を​意味​する​でしょ​う​か。感謝​に​あふれ​た​悔い改め​の​態度​を​表わす​なら,わたしたち​の​罪​や​とが​は​完全​に​赦さ​れる​の​です。

19. 続く​記事​で​は,どんな​こと​を​考え​ます​か。

19 エホバ​の​許し​を​受ける​者​と​し​て,他​の​人​と​の​関係​に​おい​て​どの​よう​に​エホバ​に​倣える​でしょ​う​か。重大​な​罪​を​真に​悔い改め​た​人​を​許そ​う​と​し​ない​態度​を,どう​すれ​ば​避け​られ​ます​か。次​の​記事​は,「善良​で​進ん​で​許し​て​くださる」父​エホバ​に​いっそう​見倣える​よう​自分​の​心​を​調べる​の​に​役立ち​ます。―詩 86:5