内容へ

目次へ

どのような霊を示していますか

どのような霊を示していますか

「主​イエス​・​キリスト​の​過分​の​ご親切​が​あなた方​の​示す​霊​と​共​に​あり​ます​よう​に」。―フィレ 25

1. パウロ​は​仲間​の​信者​へ​の​手紙​で,どんな​希望​を​言い表わし​まし​た​か。

使徒​パウロ​は​仲間​の​信者​へ​の​手紙​の​中​で,会衆​の​表わす​霊​を​神​と​キリスト​が​是認​し​て​くださる​よう​に​と​の​希望​を​たびたび​言い表わし​て​い​ます。例えば,ガラテア​人​に​こう​書い​て​い​ます。「兄弟​たち,わたしたち​の​主​イエス​・​キリスト​の​過分​の​ご親切​が,あなた方​の​示す​霊​と​共​に​あり​ます​よう​に。アーメン」。(ガラ 6:18)「あなた方​の​示す​霊」と​は​どう​いう​意味​でしょ​う​か。

2,3. (イ)パウロ​は​時​に,何​を​指し​て「霊」と​いう​言葉​を​用い​まし​た​か。(ロ)自分​の​示す​霊​に​つい​て,どんな​自問​が​でき​ます​か。

2 「霊」と​いう​言葉​は​ここ​で​は,ある​特定​の​仕方​で​物​を​言わせ​たり​物事​を​させ​たり​する​力​を​指し​て​用い​られ​て​い​ます。優しさ,思いやり,温和​な​気質,寛大​さ,快く​許す​態度​を​示す​人​が​い​ます。聖書​は,「もの静か​で​温和​な​霊」や「霊​を​冷静​に​保つ」こと​を​褒め​て​い​ます。(ペテ​一 3:4。箴 17:27)一方,皮肉​っぽく,物質​主義​的​で,すぐ​に​腹​を​立て,独立​的​な​態度​を​持つ​人​も​い​ます。さらには,汚れ​た,不​従順​な,反抗​的​な​霊​を​示す​人​も​い​ます。

3 それで,パウロ​は,「主​が​あなた​の​示す​霊​と​共​に​い​て​ください​ます​よう​に」と​いっ​た​表現​を​用い​て,神​の​ご意志​と​調和​し​た​霊​や​キリスト​の​よう​な​人格​を​示す​よう​兄弟​たち​を​励まし​て​い​た​の​です。(テモ​二 4:22。コロサイ 3:9‐12​を​読む。今日,次​の​よう​に​自問​する​の​は​良い​こと​です。「自分​は​どの​よう​な​霊​を​示し​て​いる​だろ​う​か。どう​すれ​ば,神​に​喜ば​れる​霊​を​いっそう​表わせる​だろ​う​か。会衆​全体​の​積極​的​な​霊​に​貢献​する​点​で,進歩​できる​だろ​う​か」。例えば,ひまわり​畑​で,一輪​一輪​が​その​鮮やか​な​色合い​で​花畑​全体​の​美しさ​に​貢献​し​て​い​ます。わたしたち​は,会衆​全体​の​美しさ​に​資する“花”と​なっ​て​いる​でしょ​う​か。そう​なる​よう​努力​す​べき​ です。では,神​に​喜ば​れる​霊​を​表わす​ため​に​何​が​できる​か​を​考え​ましょ​う。

世​の​霊​を​避け​なさい

4. 「世​の​霊」と​は​何​です​か。

4 聖書​が​告げ​て​いる​よう​に,「わたしたち​が​受け​た​の​は,世​の​霊​で​は​なく,神​から​の​霊​です」。(コリ​一 2:12)「世​の​霊」と​は​何​でしょ​う​か。エフェソス 2​章​2​節​に​述べ​られ​て​いる​の​と​同じ​霊​です。こう​あり​ます。「あなた方​は,この​世​の​事物​の​体制​に​したがい,また​空中[空気]の​権威​の​支配​者,不​従順​の​子​ら​の​うち​に​いま​働い​て​いる​霊​に​したがって,一時​は……歩ん​で​い​まし​た」。この『空気』と​は,世​の​霊​つまり​世​の​精神​態度​の​こと​で,文字通り​の​空気​の​よう​に​わたしたち​の​周り​の​どこ​に​で​も​あり​ます。至る​ところ​に​ある​の​です。それ​は,今日​の​多く​の​人​が​示す,“だれ​に​も​指図​さ​れ​たく​ない”あるいは“自分​の​権利​を​勝ち取ろ​う”と​いう​態度​に​表われ​て​い​ます。そう​し​た​人​たち​は​サタン​の​世​の「不​従順​の​子​ら」と​なっ​て​い​ます。

5. イスラエル​の​一部​の​人​は,どんな​悪い​霊​を​示し​まし​た​か。

5 こう​し​た​態度​は​新しい​もの​で​は​あり​ませ​ん。モーセ​の​時代,コラ​は​イスラエル​の​会衆​の​権威​ある​人​たち​に​対し​て​立ち上がり​まし​た。特に,祭司​と​し​て​仕える​特権​を​得​て​い​た​アロン​と​息子​たち​の​こと​を​問題​に​し​ます。彼ら​の​不​完全​さ​を​目​に​し​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,モーセ​が​身びいき​を​し,親族​に​特権​を​与え​て​いる​と​主張​し​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。いずれ​に​し​て​も,明らか​に​コラ​は,人間​の​観点​で​物事​を​見る​よう​に​なり,エホバ​に​任命​さ​れ​た​人​たち​を​非難​し​まし​た。不敬​に​も​こう​言い​ます。「あなた方​の​こと​は​もう​沢山​だ。……どうして​あなた方​は​自分​を​エホバ​の​会衆​の​上​に​高める​の​か」。(民 16:3)ダタン​と​アビラム​も,モーセ​に​不満​を​抱い​て​おり,「我々​に​対し​て​全く​君​の​ごとく​に​振る舞お​う​と​する」と​言い​ます。モーセ​の​前​に​出る​よう​に​言わ​れ​た​時,「我々​は​上っ​て​は​行か​ない」と​尊大​に​応じ​まし​た。(民 16:12‐14)エホバ​が​彼ら​の​霊​を​喜ば​れ​なかっ​た​こと​は​明らか​です。反逆​者​すべて​を​処刑​なさい​まし​た。―民 16:28‐35

6. 1​世紀​に,ある​人​たち​は,悪い​態度​を​抱い​て​いる​こと​を​どの​よう​に​明らか​に​し​まし​た​か。その​理由​と​し​て​どんな​こと​が​考え​られ​ます​か。

6 1​世紀​に​も,ある​人​たち​は,会衆​で​権威​を​委ね​られ​た​人​に​対し​て​批判​的​に​なり,「主​たる​者​の​地位​を​無視​し」まし​た。(ユダ 8)自分​の​特権​に​満足​し​なかっ​た​よう​です。他​の​人​たち​に​働きかけ​て,神​から​の​務め​を​良心​的​に​果たして​いる​任命​さ​れ​た​人​たち​に​反対​さ​せ​よう​と​し​ます。―ヨハネ​第​三 9,10​を​読む。

7. 今日,会衆​内​で​どんな​こと​に​注意​が​必要​か​も​しれ​ませ​ん​か。

7 クリスチャン​会衆​内​に,そう​し​た​霊​が​占める​場所​は​あり​ませ​ん。それゆえ,注意​が​必要​です。会衆​の​年長​者​たち​は​完全​で​は​あり​ませ​ん。モーセ​の​時代​や​使徒​ヨハネ​の​時代​と​同じ​です。長老​も​間違い​を​し,それ​が​わたしたち​個人​に​影響​する​場合​も​あり​ます。その​よう​な​場合,世​の​霊​に​従っ​て​反応​し,強硬​に“公正”を​要求​し​たり“あの​長老​を​何​と​か​す​べき​だ”と​強く​求め​たり​する​と​し​たら,なんと​不​適切​な​こと​でしょ​う。エホバ​は,小さな​失敗​を​見過ごす​こと​に​なさる​場合​が​あり​ます。わたしたち​も​同じ​よう​に​できる​でしょ​う​か。重大​な​悪行​を​犯し​た​人​の​中​に​は,長老​たち​の​欠点​と​考える​事柄​の​ゆえに,助ける​ため​に​割り当て​られ​た​長老​たち​の​委員​会​の​前​に​出​よう​と​し​ない​人​が​い​ます。そう​し​た​人​は,医師​に​つい​て​気​に​入ら​ない​点​が​ある​と​いう​理由​で​治療​を​拒否​し​て​益​を​得損なう​患者​に​例え​られる​か​も​しれ​ませ​ん。

8. 会衆​内​で​指導​の​任​に​当たっ​て​いる​人​たち​に​対する​ふさわしい​見方​を​保つ​の​に,どんな​聖句​が​助け​に​なり​ます​か。

 8 こう​し​た​霊​を​避ける​ため​に,聖書​の​中​で​イエス​が「右​の​手​に​七つ​の​星​を」持つ​者​と​し​て​描か​れ​て​いる​こと​を​銘記​でき​ます。「星」は,油そそが​れ​た​監督​たち​を,さらに​言え​ば,会衆​内​の​すべて​の​監督​たち​を​表わし​て​い​ます。イエス​は,自分​の​手​に​ある「星」を,適切​と​思う​どんな​仕方​で​も​導く​こと​が​でき​ます。(啓 1:16,20)イエス​は,クリスチャン​会衆​の​頭​と​し​て,長老​団​を​完全​に​統御​し​て​いる​の​です。長老​団​の​だれ​か​に​本当​に​矯正​が​必要​なら,「火​の​炎​の​よう」な​目​を​持つ​方​が,ご自分​の​時​に​ご自分​の​方法​で​矯正​が​与え​られる​よう​に​し​ます。(啓 1:14)それ​まで​の​間,わたしたち​は,聖霊​に​よっ​て​任命​さ​れ​た​人​たち​へ​の​ふさわしい​敬意​を​保ち​ます。パウロ​は​こう​書い​て​い​ます。「あなた方​の​間​で​指導​の​任​に​当たっ​て​いる​人​たち​に​従い,また​柔順​で​あり​なさい。彼ら​は​言い開き​を​する​者​と​し​て,あなた方​の​魂​を​見守っ​て​いる​の​です。こう​し​て​あなた方​は,彼ら​が​これ​を​喜び​の​うち​に​行ない,嘆息​し​ながら​行なう​こと​の​ない​よう​に​し​なさい。その​よう​な​こと​は​あなた方​に​とっ​て​損失​と​なる​の​です」。―ヘブ 13:17

イエス​の​役割​に​つい​て​黙想​する​と,助言​に​対する​反応​の​仕方​は​どんな​影響​を​受ける​か

9. (イ)クリスチャン​に​とっ​て,矯正​や​懲らしめ​は,どの​よう​に​試み​と​なる​場合​が​あり​ます​か。(ロ)戒め​に​対し​て​どう​反応​する​の​が​最善​です​か。

9 また,クリスチャン​の​霊​は,会衆​で​矯正​を​受け​たり​特権​を​失っ​たり​し​て​試み​られる​場合​が​あり​ます。ある​若い​兄弟​は,暴力​的​な​テレビゲーム​を​し​て​いる​こと​に​つい​て​長老​たち​から​ 親切​な​助言​を​受け​まし​た。しかし,その​助言​を​きちんと​受け止め​ず,もはや​聖書​的​な​資格​に​かなっ​て​い​ない​と​し​て​奉仕​の​僕​を​削除​さ​れ​まし​た。(詩 11:5。テモ​一 3:8‐10)その​後,兄弟​は,納得​し​て​い​ない​こと​を​言っ​て​回り,長老​たち​を​批判​する​手紙​を​支部​に​何​度​も​書き​まし​た。さらに,会衆​の​人​たち​に​働きかけ​て​同じ​こと​を​させ​よう​と​し​まし​た。わたしたち​が​自分​の​行動​を​正当​化​し​よう​と​し​て​会衆​全体​の​平和​を​脅かす​と​し​たら,それ​は​本当​に​非​生産​的​です。戒め​を​与え​られ​た​なら,自分​で​は​分から​なかっ​た​弱さ​に​気づか​せ​て​もらっ​た​と​考え,矯正​を​穏やか​に​受け入れる​ほう​が,はるか​に​勝っ​て​い​ます。―哀歌 3:28,29​を​読む。

10. (イ)ヤコブ 3​章​16‐18​節​から​良い​霊​と​悪い​霊​に​つい​て​どんな​こと​を​学べる​か,説明​し​て​ください。(ロ)「上​から​の​知恵」を​表わす​なら,どんな​結果​に​なり​ます​か。

10 ヤコブ 3​章​16‐18​節​は,会衆​内​で​表わす​の​が​ふさわしく​ない​霊​と​ふさわしい​霊​に​関し​て,健全​な​導き​と​なり​ます。こう​あり​ます。「ねたみ​や​闘争​心​の​ある​ところ​に​は,無​秩序​や​あらゆる​いとう​べき​もの​が​ある​から​です。しかし,上​から​の​知恵​は​まず​第​一​に​貞潔​で​あり,次い​で,平和​を​求め,道理​に​かな​い,進ん​で​従い,憐れみ​と​良い​実​と​に​満ち,不​公平​な​差別​を​せ​ず,偽善​的​で​あり​ませ​ん。そのうえ,義​の​実​は,平和​を​作り出し​て​いる​人​たち​の​ため​に,平和​な​状態​の​もと​に​種​を​まか​れ​ます」。「上​から​の​知恵」と​調和​し​て​働く​なら,敬虔​な​特質​に​よっ​て​兄弟​たち​の​間​の​良い​霊​に​貢献​でき​ます。

会衆​内​で​敬意​の​こもっ​た​霊​を​表わし​なさい

11. (イ)ふさわしい​霊​を​保つ​なら,どう​なら​ず​に​済み​ます​か。(ロ)ダビデ​の​例​から,何​を​学べ​ます​か。

11 エホバ​が​長老​たち​を​割り当て​て「神​の​会衆​を​牧さ​せ」て​いる,と​いう​こと​を​銘記​す​べき​です。(使徒 20:28。ペテ​一 5:2)それで,長老​と​し​て​仕える​特権​が​あっ​て​も​なく​て​も​神​の​取り決め​に​敬意​を​払う​の​が​知恵​の​道​で​ある​こと​が​分かり​ます。ふさわしい​霊​を​保つ​なら,立場​に​関し​て​過敏​に​なら​ず​に​済み​ます。イスラエル​の​サウル​王​は,ダビデ​が​自分​の​王権​に​とっ​て​脅威​に​なる​と​感じ,「絶え​ず​ダビデ​を​疑る​よう​に​見​て​い」まし​た。(サム​一 18:9)悪い​霊​を​募ら​せ,ダビデ​を​殺そ​う​と​さえ​し​ます。サウル​の​よう​に​立場​を​過度​に​気​に​する​の​で​は​なく,ダビデ​に​倣う​ほう​が​はるか​に​優れ​て​い​ます。若い​ダビデ​は,数々​の​不​公正​を​経験​し​ながら​も,神​の​任命​さ​れ​た​権威​に​対する​敬意​を​保ち​まし​た。―サムエル​第​一 26:23​を​読む。

12. どんな​こと​が​会衆​の​一致​に​貢献​し​ます​か。

12 会衆​内​で,見解​の​違い​が​いら立ち​の​原因​と​なる​こと​が​あり​ます。これ​は​監督​たち​の​間​で​も​生じ​得​ます。この​点​で,聖書​の​助言​が​助け​に​なり​ます。「互い​を​敬う​点​で​率先​し​なさい」,「ただ​自分​の​目​から​見​て​思慮深い​者​と​なっ​て​は​なり​ませ​ん」と​いう​助言​です。(ロマ 12:10,16)自分​が​正しい​と​言い張る​の​で​は​なく,物事​に​対する​妥当​な​見方​は​一つ​と​は​限ら​ない​と​いう​こと​を​認める​べき​です。他​の​人​の​見方​を​理解​する​よう​に​努める​なら,会衆​の​一致​に​貢献​でき​ます。―フィリ 4:5

13. 自分​の​意見​を​どう​見る​べき​です​か。聖書​中​の​どんな​手本​が​その​こと​を​示し​て​い​ます​か。

13 会衆​内​で​調整​が​必要​と​感じる​点​が​あっ​て​も​観察​を​述べる​の​は​間違っ​て​いる,と​いう​こと​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。1​世紀,ある​問題​が​生じ,かなり​議論​を​引き起こし​まし​た。兄弟​たち​は,「パウロ​と​バルナバ​および​自分​たち​の​うち​の​ほか​の​幾​人​か​が,この​論争​の​こと​で​エルサレム​に​いる​使徒​や​年長​者​たち​の​もと​に​上る​こと​を​取り決め」ます。(使徒 15:2)その​兄弟​たち​に​は,それぞれ​意見​が​あり,問題​ を​どう​扱う​の​が​よい​か​に​つい​て​考え​が​あっ​た​に​違いあり​ませ​ん。それでも,それぞれ​が​自分​の​考え​を​述べ,霊​に​導か​れ​た​決定​が​なさ​れ​た​後​は,兄弟​たち​は​それ​以上,個人​的​な​意見​を​持ち出し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。決定​を​記し​た​手紙​が​会衆​に​届く​と,「人々​は​その​励まし​に​歓ん」で,「信仰​に​おい​て​堅く​され」まし​た。(使徒 15:31; 16:4,5)今日​で​も,ある​問題​に​つい​て,責任​ある​兄弟​たち​の​注意​を​喚起​し​た​なら,兄弟​たち​が​祈り​の​うち​に​考慮​する​の​に​任せる​べき​です。

個人​的​な​関係​に​おい​て​立派​な​霊​を​示し​なさい

14. 個人​的​な​関係​に​おい​て,立派​な​霊​を​どの​よう​に​示せ​ます​か。

14 個人​的​な​関係​に​おい​て,立派​な​霊​を​示す​機会​は​多く​あり​ます。他​の​人​に​感情​を​害さ​れ​た​時​に​快く​許す​霊​を​表わす​なら,多く​の​善​を​行なえ​ます。神​の​言葉​は​こう​述べ​て​い​ます。「だれ​か​に​対し​て​不満​の​理由​が​ある​場合​で​も,引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し合い​なさい。エホバ​が​惜しみなく​許し​て​くださっ​た​よう​に,あなた方​も​その​よう​に​し​なさい」。(コロ 3:13)「不満​の​理由​が​ある​場合​で​も」と​いう​表現​が​示唆​し​て​いる​よう​に,時​に​は​他​の​人​に​いら立つ​正当​な​理由​が​ある​でしょ​う。それでも,相手​の​欠点​を​気​に​し過ぎ​て​会衆​の​平和​を​乱す​の​で​は​なく,エホバ​に​倣っ​て​惜しみなく​許す​よう​に​努め,共​に​奉仕​を​続け​ます。

15. (イ)許す​こと​に​つい​て,ヨブ​から​何​を​学べ​ます​か。(ロ)祈り​は,好ましい​霊​を​示す​の​に​どの​よう​に​助け​に​なり​ます​か。

15 許す​こと​に​つい​て,ヨブ​から​学べ​ます。ヨブ​は,慰め​に​来​た​はず​の​3​人​から​不​親切​な​こと​を​いろいろ​言わ​れ,感情​を​害さ​れ​まし​た。それでも​快く​許し​まし​た。どうして​そう​でき​た​の​でしょ​う​か。「その​友​の​ため​に​祈っ​た」の​です。(ヨブ 16:2; 42:10)他​の​人​の​ため​に​祈る​なら,その​人​に​対する​態度​が​変わる​か​も​しれ​ませ​ん。仲間​の​クリスチャン​全体​の​ため​に​祈る​こと​に​よっ​て,キリスト​の​よう​な​霊​を​培え​ます。(ヨハ 13:34,35)兄弟​たち​の​ため​に​祈る​こと​に​加え​て,聖霊​を​祈り​求める​べき​です。(ルカ 11:13)神​の​霊​の​助け​に​より,他​の​人​と​の​関係​に​おい​て​真​の​クリスチャン​の​特質​を​表わせ​ます。―ガラテア 5:22,23​を​読む。

神​の​組織​に​おける​健全​な​霊​に​貢献​し​なさい

16,17. わたしたち​の「示す​霊」に​つい​て,どう​する​こと​を​決意​し​て​い​ます​か。

16 会衆​の​成員​一人一人​が​会衆​の​健全​な​霊​に​貢献​する​こと​を​目指す​なら,大いに​喜ばしい​結果​が​得​られる​でしょ​う。ここ​まで​学ん​で​き​て,築き上げる​霊​を​表わす​点​で​改善​の​余地​が​ある​こと​が​分かっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。そう​で​あれ​ば,み言葉​を​通し​て​神​に​調べ​て​いただく​こと​を​ためらっ​て​は​なり​ませ​ん。(ヘブ 4:12)パウロ​は,会衆​に​おける​自分​の​行動​に​とても​注意​を​払っ​て​おり,こう​述べ​て​い​ます。「わたし​自身,責め​られる​よう​な​こと​は​何​も​意識​し​ない​から​です。しかし​それ​に​よっ​て,わたし​は​義​に​かなっ​て​いる​と​証明​さ​れ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。わたし​を​調べる​方​は​エホバ​な​の​です」。―コリ​一 4:4

17 上​から​の​知恵​と​調和​し​て​行動​する​よう​努力​し,自分​や​自分​の​立場​を​過度​に​重視​し​ない​なら,会衆​の​健全​な​霊​に​貢献​でき​ます。快く​許す​霊​を​持ち,他​の​人​に​つい​て​積極​的​な​見方​を​する​こと​に​よっ​て,仲間​の​崇拝​者​と​の​平和​な​関係​を​楽しめ​ます。(フィリ 4:8)そう​する​なら,エホバ​と​イエス​が​わたしたち​の「示す​霊」を​喜ん​で​くださる​こと​を​確信​でき​ます。―フィレ 25