内容へ

目次へ

平和な千年間 ― そしてその先!

平和な千年間 ― そしてその先!

「こう​し​て,神​が​だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの​と​なる​よう​に​する​の​です」。―コリ​一 15:28

1. 「大​群衆」に​は,興奮​を​誘う​どんな​見込み​が​あり​ます​か。

公正​で​同情​心​に​あふれ​た​支配​者​の​治める​強力​な​政府​が,千​年​の​あいだ​臣民​に​どんな​祝福​を​もたらす​か,想像​し​て​み​て​ください。「大​患難」に​よっ​て​現在​の​邪悪​な​事物​の​体制​が​完全​に​終わっ​た​後,数えつくせ​ない​ほど​多く​の​人​から​成る「大​群衆」は,素晴らしい​事柄​を​経験​し​ます。―啓 7:9,14

2. 人間​は​6,000​年​に​わたっ​て,どんな​こと​を​経験​し​て​き​まし​た​か。

2 6,000​年​に​わたる​歴史​を​通じ​て,人間​の​自己​決定​と​自己​支配​は​多く​の​悲惨​な​苦しみ​を​もたらし​て​き​まし​た。聖書​は​ずっ​と​昔,「人​が​人​を​支配​し​て​これ​に​害​を​及ぼし​た」と​述べ​まし​た。(伝 8:9)では,今日​は​どう​でしょ​う​か。戦争​や​暴動​だけ​で​なく,貧困,病気,環境​破壊,異常​気象​など,生活​を​脅かす​問題​は​後​を​絶ち​ませ​ん。政府​高官​の​中​に​は,人間​が​従来​の​考え方​を​変え​なけれ​ば​恐ろしい​結果​に​なる,と​警告​する​人​も​い​ます。

3. 千​年​統治​の​期間​中,どんな​こと​が​実現​し​ます​か。

3 メシア​なる​王​イエス​・​キリスト​と​その​共同​支配​者​14万4,000​人​の​支配​の​もと​で,神​の​王国​は,人間​と​その​住まい​で​ある​地球​に​加え​られ​た​すべて​の​害​を​漸進​的​に​取り除き​ます。千​年​統治​の​期間​中,エホバ​神​に​よる​次​の​よう​な​温か​な​約束​が​成就​し​ます。「いま​わたし​は​新しい​天​と​新しい​地​を​創造​し​て​いる……。以前​の​こと​は​思い出さ​れる​こと​も,心​の​中​に​上る​こと​も​ない」。(イザ 65:17)では,これ​から​どんな​素晴らしい​こと​が​起こる​の​でしょ​う​か。まだ「見え​ない」,つまり​まだ​起こっ​て​い​ない​驚嘆​す​べき​事柄​を,預言​的​な​神​の​言葉​を​通し​て​垣間見る​こと​に​し​ましょ​う。―コリ​二 4:18

 『彼ら​は​家​を​建て,ぶどう​園​を​設ける』

4. 今日,どんな​住宅​事情​が​広く​見​られ​ます​か。

4 家族​全員​が​安心​し​て​暮らせる​自分​の​家​を​持ち​たい,と​思わ​ない​人​が​いる​でしょ​う​か。しかし​今日,住宅​問題​は​深刻​に​なっ​て​い​ます。人々​は​大​都市​で​ひしめき合っ​て​生活​し,スラム​街​の​掘っ立て​小屋​で​暮らす​人​も​少なく​あり​ませ​ん。自分​の​家​を​持つ​こと​など,夢​の​世界​の​話​です。

5,6. (イ)イザヤ 65​章​21​節​と​ミカ 4​章​4​節​は,どの​よう​に​成就​し​ます​か。(ロ)どう​すれ​ば,そう​し​た​祝福​を​受ける​こと​が​でき​ます​か。

5 しかし,王国​の​支配​の​もと​で​は,自分​の​家​を​持ち​たい​と​いう​願い​は​必ず​満たさ​れ​ます。「彼ら​は​必ず​家​を​建て​て​住み,必ず​ぶどう​園​を​設け​て​その​実​を​食べる」と​イザヤ​の​預言​に​ある​から​です。(イザ 65:21)自分​の​家​を​持てる​と​いう​だけ​で​は​あり​ませ​ん。今​で​も​自分​の​家​を​持つ​人​は​い​ます。大​邸宅​や​広い​土地​を​所有​する​人​さえ​いる​でしょ​う。しかし,経済​状態​が​悪化​し​て​家​を​失う​の​で​は​ない​か,強盗​に​入ら​れる​の​で​は​ない​か,と​いう​心配​は​いつも​付きまとい​ます。王国​の​支配​下​で​は​その​よう​な​こと​は​全く​あり​ませ​ん。預言​者​ミカ​は​こう​書い​て​い​ます。「彼ら​は​まさに,各々​自分​の​ぶどう​の​木​の​下,自分​の​いちじく​の​木​の​下​に​座り,これ​を​おののか​せる​者​は​だれ​も​い​ない」。―ミカ 4:4

6 こう​し​た​素晴らしい​見込み​が​ある​の​ですから,わたしたち​は​どう​す​べき​でしょ​う​か。もちろん​だれ​で​も,住む​家​は​必要​です。しかし,大きな​借金​まで​し​て​理想​の​家​を​手​に​入れ​よう​と​する​より,エホバ​の​約束​に​思い​を​向ける​ほう​が​賢明​で​は​ない​でしょ​う​か。イエス​が​ご自分​に​つい​て​述べ​た​次​の​言葉​を​思い起こし​ましょ​う。「きつね​に​は​穴​が​あり,天​の​鳥​に​は​ねぐら​が​あり​ます。しかし​人​の​子​に​は​頭​を​横たえる​所​が​あり​ませ​ん」。(ルカ 9:58)イエス​は,その​気​に​なれ​ば​世界​最高​の​家​を​建てる​こと​も​買う​こと​も​でき​た​はず​です。でも,そう​し​なかっ​た​の​は​なぜ​です​か。明らか​に​イエス​は,王国​を​第​一​に​する​生活​の​妨げ​と​なる​もの​を​避け​たい​と​思っ​て​おら​れ​まし​た。あなた​は​その​手本​に​倣い,物質​主義​の​わな​や​思い煩い​を​避け​て,目​を​純一​に​保つ​こと​が​でき​ます​か。―マタ 6:33,34

『おおかみ​と​子羊​が​一つ​に​なっ​て​食べる』

7. エホバ​は​当初,人間​が​動物​を​どう​扱う​よう​に​命じ​まし​た​か。

7 エホバ​は​創造​の​業​の​最後​に,地上​に​おける​最高​傑作​で​ある​人間​を​造ら​れ​まし​た。エホバ​は,優れ​た​働き手​に,つまり​ご自分​の​初子​に,人間​を​創造​する​目的​を​具体​的​に​告げ,こう​述べ​て​おら​れ​ます。「わたしたち​の​像​に,わたしたち​と​似​た​様​に​人​を​造り,彼ら​に​海​の​魚​と​天​の​飛ぶ​生き物​と​家畜​と​全地​と​地​の​上​を​動く​あらゆる​動く​生き物​を​服従​さ​せ​よう」。(創 1:26)ですから,アダム​と​エバ,そして​ゆくゆく​は​すべて​の​人間​が,動物​を​支配​する​よう​お命じ​に​なっ​て​い​た​の​です。

8. 動物​の​どんな​態度​が​今日​普通​に​見​られ​ます​か。

8 人間​が​すべて​の​動物​を​服従​さ​せ,なおかつ​平和​な​関係​で​いる​こと​は,本当​に​可能​でしょ​う​か。犬​や​猫​など,ペット​が​大好き​な​人​は​大勢​い​ます。では,野生​動物​は​どう​でしょ​う​か。ある​報告​に​よれ​ば,「野生​動物​に​密着​し​て​研究​し​た​科学​者​たち​は,すべて​の​哺乳​類​に​は​深い​感情​が​ある​こと​を​発見​し​た」と​の​こと​です。もちろん,動物​は​威嚇​さ​れる​と​おびえ​たり​凶暴​に​なっ​たり​し​ます。しかし,ある​人​たち​が​言う​よう​な​優しい​気持ち​は​本当​に​ある​の​でしょ​う​か。その​報告​は​こう​続け​て​い​ます。 「哺乳​類​が​子ども​を​育てる​際,その​最高​の​特性,つまり​温か​な​愛情​に​関する​驚異​的​な​可能​性​が​発揮​さ​れる」。

9. 動物​たち​が​どの​よう​に​変化​する​こと​を​期待​でき​ます​か。

9 ですから,人間​と​動物​が​平和​な​関係​に​なる​と​いう​聖書​の​言葉​も​驚く​に​は​当たり​ませ​ん。イザヤ 11:6‐9; 65:25​を​読む。なぜ​でしょ​う​か。エホバ​は,大​洪水​後​に​箱船​から​出​た​ノア​と​その​家族​に,「あなた方​に​対する​恐れ,また​あなた方​に​対する​おののき​は,地​の​あらゆる​生き物……に​引き続き​とどまる​で​あろ​う」と​言わ​れ​まし​た。そう​し​た​恐れ​に​よっ​て,動物​たち​は​自ら​の​身​を​守る​こと​が​でき​まし​た。(創 9:2,3)エホバ​は,ご自分​の​当初​の​命令​が​果たさ​れる​よう​に,人間​に​対する​恐れ​や​おののき​を​ある​程度​取り除ける​の​で​は​ない​でしょ​う​か。(ホセ 2:18)生き残っ​て​地上​で​生活​する​人​たち​に​は,何​と​楽しい​時​が​待ち受け​て​いる​の​でしょ​う。

『神​は​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださる』

10. 人間​が​よく​涙​を​流す​の​は​なぜ​です​か。

10 ソロモン​は,「日​の​下​で​行なわ​れ​て​いる​すべて​の​虐げ​の​行為」を​観察​し,「見よ,虐げ​られ​て​いる​者​たち​の​涙​が​ある。しかし,彼ら​に​は​慰め​て​くれる​者​が​い​なかっ​た」と​嘆き​まし​た。(伝 4:1)今日​の​物事​は​以前​と​変わり​ませ​ん。悪く​なっ​て​いる​場合​さえ​あり​ます。実際,一度​も​涙​を​流し​た​こと​の​ない​人​が​いる​でしょ​う​か。確か​に,喜び​の​涙​も​ある​か​も​しれ​ませ​ん​が,一般​に​人​は,苦しみ​の​あまり​涙​を​流し​ます。

11. あなた​は,聖書​中​の​どんな​記述​に​特に​心​を​動かさ​れ​ます​か。

11 聖書​に​出​て​くる,心​を​揺さぶる​多く​の​記述​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。サラ​が​127​歳​で​亡くなっ​た​時,「アブラハム​は​そば​に​来​て​サラ​の​死​を​嘆き,泣い​て​悲しん​だ」と​あり​ます。(創 23:1,2)ナオミ​が,やもめ​と​なっ​た​ふたり​の​嫁​に​別れ​を​告げ​た​時,「ふたり​は​声​を​上げ​て​泣き​はじめ」,それ​から「ふたり​は​声​を​上げ​て​さらに​泣い​た」と​記さ​れ​て​い​ます。(ルツ 1:9,14)病気​に​冒さ​れ​た​ヒゼキヤ​王​は,死​を​目前​に​し​て​神​に​祈り,「激しく​泣きだし」まし​た。その​気持ち​は​エホバ​に​届い​た​よう​です。(王​二 20:1‐5)さらに,使徒​ペテロ​が​イエス​を​否認​し​た​くだり​を​読む​と,胸​に​ぐっ​と​くる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。ペテロ​は​おんどり​が​鳴く​の​を​聞い​て,「外​に​出​て,激しく​泣い​た」の​です。―マタ 26:75

12. 王国​の​支配​は,人間​に​真​の​解放​を​もたらし​ます。どの​よう​に​です​か。

12 わたしたち​は​程度​こそ​違え,悲しい​出来事​を​経験​し​ます。ですから​人間​は,慰め​と​解放​を​大いに​必要​と​し​て​い​ます。千​年​統治​で​は​その​必要​が​満たさ​れ​ます。聖書​に​は​こう​記さ​れ​て​い​ます。「神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない」。(啓 21:4)嘆き​や​叫び​や​苦痛​が​もはや​ない,と​いう​の​も​素晴らしい​こと​です​が,神​は,人類​最大​の​敵​で​ある​死​を​取り除く​こと​も​約束​し​て​おら​れ​ます。その​約束​は​どの​よう​に​実現​する​の​でしょ​う​か。

『記念​の​墓​の​中​に​いる​者​が​みな​出​て​来る』

13. アダム​が​罪​を​犯し​て​以来,死​は​人間​に​どんな​影響​を​及ぼし​て​き​まし​た​か。

13 アダム​が​罪​を​犯し​て​以来,死​は​人類​に​対し​て​王​と​し​て​支配​し​て​き​まし​た。死​は,打ち負かす​こと​の​でき​ない​敵,罪深い​人間​に​とっ​て​避け​難い​終わり,計り知れない​悲しみ​と​嘆き​の​源​です。(ロマ 5:12,14)実際,「死​に​対する​ 恐れ​の​ため​に​生涯​奴隷​の​状態​に​服し​て」き​た​人​は​数​知れ​ませ​ん。―ヘブ 2:15

14. 死​が​無​に​帰せ​しめ​られる​時,どんな​結果​が​生じ​ます​か。

14 聖書​は,「最後​の​敵​と​し​て,死​が​無​に​帰せ​しめ​られ」る​時​の​こと​を​述べ​て​い​ます。(コリ​一 15:26)その​こと​から​益​を​得​られる​二つ​の​グループ​を​挙げる​こと​が​でき​ます。いま​生き​て​いる「大​群衆」は,終わり​の​ない​命​の​希望​を​抱い​て,約束​の​新しい​地​に​生き残る​こと​が​でき​ます。すでに​死​の​眠り​に​就い​て​いる​幾十億​も​の​人々​は,復活​を​経験​でき​ます。前者​の​グループ​が​後者​の​グループ​を​迎える​時​の​喜び​と​興奮​を​想像​できる​でしょ​う​か。聖書​中​の​復活​の​記述​を​詳しく​調べる​と,その​喜び​と​興奮​を​推し量る​こと​が​でき​ます。―マルコ 5:38‐42; ルカ 7:11‐17​を​読む。

15. 愛する​人​が​生き返る​の​を​見​て,あなた​は​どんな​反応​を​示す​と​思い​ます​か。

15 「彼ら​は,狂喜​の​あまり​我​を​忘れる​ほど​に​なっ​た」,「すべて​の​者​は……神​の​栄光​を​たたえ……だし​た」と​いう​表現​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。その​場​に​居合わせ​たら,あなた​も​同じ​よう​に​感じ​た​こと​でしょ​う。復活​が​起こり,死ん​で​い​た​愛する​人​たち​が​生き返る​の​を​見る​時,わたしたち​は​驚く​べき​喜び​と​高揚​感​を​味わう​こと​でしょ​う。イエス​は,「記念​の​墓​の​中​に​いる​者​が​みな,彼​の​声​を​聞い​て​出​て​来る​時​が​来​よう​と​し​て​いる」と​述べ​まし​た。(ヨハ 5:28,29)こう​し​た​大​規模​な​復活​を​目撃​し​た​人​は​まだ​い​ませ​ん。これ​は​確か​に,この​上​なく​壮大​な「見え​ない​もの」の​一つ​です。

神​が「だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの​と​なる」

16. (イ)まだ​見え​ない​祝福​に​つい​て​熱心​に​語る​べき​な​の​は,なぜ​です​か。(ロ)コリント​会衆​の​クリスチャン​を​励ます​ため,パウロ​は​どんな​こと​を​述べ​まし​た​か。

16 そう​です,この​危機​の​時代​に​エホバ​に​忠実​を​保つ​人​たち​に​は,栄光​ある​将来​が​待ち受け​て​い​ます。その​ 壮大​な​祝福​は​まだ​見え​ませ​ん​が,それ​を​いつも​思い​に​銘記​する​なら,本当​に​重要​な​もの​に​注意​を​集中​する​こと​が​でき,現在​の​事物​の​体制​が​提供​する​魅力​的​な​もの​に​心​を​奪わ​れる​こと​も​ない​でしょ​う。(ルカ 21:34。テモ​一 6:17‐19)家族​で​行なう​研究​や​崇拝​の​際​に,また​兄弟​姉妹​と​の​会話​で,さらに​は​研究​生​や​関心​ある​人​たち​と​の​話し合い​の​中​で,この​素晴らしい​希望​に​つい​て​熱心​に​語り​ましょ​う。そうすれば,希望​を​心​と​思い​に​鮮明​に​保つ​こと​が​できる​でしょ​う。使徒​パウロ​は​仲間​の​クリスチャン​を​励ます​に​当たり,その​よう​に​し​まし​た。彼ら​を​いわば​キリスト​の​千​年​統治​の​終わり​まで​連れ​て​行っ​た​の​です。コリント​第​一 15​章​24,25,28​節​の​パウロ​の​言葉​の​意味​を​十分​に​理解​する​よう​に​し​ましょ​う。―読む。

17,18. (イ)人類​史​の​初め,エホバ​は​どの​よう​に「だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの」と​なっ​て​おら​れ​まし​た​か。(ロ)イエス​は​一致​と​調和​を​回復​する​ため,何​を​行なわ​れ​ます​か。

17 「神​が​だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの​と​なる​よう​に​する」と​いう​言い方​は,壮大​な​最高潮​を​表わす​実​に​適切​な​言葉​です。この​言葉​は​どう​いう​意味​でしょ​う​か。エデン​で​完全​な​人間​アダム​と​エバ​が,エホバ​の​平和​で​調和​し​た​宇宙​的​な​家族​の​一員​で​あっ​た​時​の​こと​を​思い起こし​て​ください。宇宙​主権​者​エホバ​は,創造​物​で​ある​み使い​と​人間​の​両方​を​直接​に​支配​し​て​い​た​の​です。それら​の​創造​物​は​エホバ​と​一対一​で​意思​を​通わせる​こと​が​でき,エホバ​を​崇拝​し,エホバ​の​祝福​を​受ける​こと​が​でき​まし​た。エホバ​は「だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの」だっ​た​の​です。

イエス​は​王​と​し​て​割り当て​を​果たし​た​後,謙遜​に​王国​を​み父​に​渡さ​れる

18 サタン​に​感化​さ​れ​た​人間​が​エホバ​の​主権​に​反逆​し​た​時,エホバ​と​の​調和​し​た​関係​は​損なわ​れ​まし​た。しかし,1914​年​以来,メシア​の​王国​は​一致​と​調和​を​回復​する​ため​に​漸進​的​な​行動​を​取っ​て​き​まし​た。(エフェ 1:9,10)千​年​統治​の​期間​中,現在​は「見え​ない」素晴らしい​事柄​が​現実​と​なり​ます。それ​から,「終わり」つまり​キリスト​の​千​年​統治​の​終わり​が​来​ます。その​後​は​どう​なる​の​でしょ​う​か。イエス​は「天​と​地​に​おける​すべて​の​権威」を​与え​られ​て​い​ます​が,野心​的​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​地位​を​奪う​こと​など​全く​考え​ませ​ん。謙遜​に,「王国​を​自分​の​神​また​父​に​渡し​ます」。ご自身​の​特別​な​立場​と​権威​を​用い​て,「神​に​栄光​を​帰する」の​です。―マタ 28:18。フィリ 2:9‐11

19,20. (イ)王国​の​臣民​すべて​は,エホバ​の​主権​を​受け入れ​て​いる​こと​を,どの​よう​に​示し​ます​か。(ロ)わたしたち​の​前​に​は,どんな​壮大​な​見込み​が​あり​ます​か。

19 その​時​まで​に,王国​の​地上​の​臣民​は,完全​さ​へ​と​引き上げ​られ​て​いる​こと​でしょ​う。イエス​の​手本​に​従い,エホバ​の​主権​を​謙遜​に​また​進ん​で​認め​ます。そう​し​た​認識​を,最後​の​試み​を​通過​する​こと​に​よっ​て​示す​の​です。(啓 20:7‐10)次い​で,人間​と​霊者​の​別​を​問わ​ず,すべて​の​反逆​者​が​永久​に​除き去ら​れ​ます。何​と​喜び​に​満ち​た​時​と​なる​の​でしょ​う。宇宙​的​な​家族​全体​は​幸福​に​満たさ​れ,「だれ​に​対し​て​も​すべて​の​もの」と​なら​れる​エホバ​を​賛美​する​の​です。―詩編 99:1‐3​を​読む。

20 目前​に​ある​栄光​に​満ち​た​王国​の​祝福​は,注意​と​努力​を​傾け​て​神​の​ご意志​を​行なう​よう,わたしたち​を​促す​の​で​は​ない​でしょ​う​か。あなた​は,サタン​と​その​世​が​提供​する​偽り​の​希望​と​慰め​に​惑わさ​れ​ない​よう​に​する​こと​が​でき​ます​か。エホバ​の​主権​を​支持​し​て​擁護​する​決意​を​強める​こと​が​でき​ます​か。ご自分​の​行動​に​よっ​て,その​永遠​に​わたる​決意​を​示せ​ます​よう​に。そう​する​なら,千​年​間​に​わたっ​て,そして​その​先​も,平和​と​繁栄​を​享受​する​特権​が​与え​られる​の​です。