内容へ

目次へ

アンティオキア ― ローマ帝国第三の都市

アンティオキア ― ローマ帝国第三の都市

 アンティオキア ― ローマ帝国第三の都市

シリアの都市アンティオキアは,セレウコス1世(ニカトール)によって創建されました。それはセレウコス1世,およびカッサンドロスとリュシマコス両将軍が,西暦前301年,小アジア,フリギアのイプソスでの決戦で勝利を収めて間もなくのことでした。セレウコスは戦略上有利であるということでこの場所を選び,父アンティオコスにちなんでこの都市を命名しました。アンティオキアは,船の航行できるオロンテス川の,地中海から32㌔ほどさかのぼった湾曲部の南岸,つまり,今日トルコのアンタクヤと呼ばれている場所に建設されました。地理的にそのような場所にあったため,この都市はユーフラテス川と地中海との間の交通路を通って行なわれる北西シリア全域の通商を容易に支配することができました。ほどなくして同市は商業の中心地となりました。ぜいたく品の生産はこの国際都市に富と繁栄をもたらしました。セレウコスはアンティオキアのための海港として,自分にちなんで命名された海沿いの都市セレウキアも建設しました。セレウコスは西暦前281年に暗殺されましたが,それ以前に政庁所在地をバビロンからシリアのこの新しい首都アンティオキアに移していました。セレウコス王朝の歴代の王は西暦前64年までここで政権を執りましたが,その年にローマの将軍ポンペイウスはシリアをローマの属州としました。アンティオキアはローマの属州シリアの首都とされただけでなく,ローマおよびアレクサンドリアに次ぐ帝国第三の大都市ともなりました。

同市の外形的構成はアレクサンドリアの都市計画に合わせてなされており,大規模な列柱道路が交差していて,周辺の建造物の壮麗さに印象的な美観を添えていました。同市は「東方の女王」,「麗しのアンティオキア」,「ローマ帝国第三の大都市」と呼ばれ,整然とした街路照明を有する,他に類を見ない都市でもありました。同市は外観こそこのように美しく勤勉に見えましたが,宗教の名のもとになされた乱飲乱舞の祭儀という汚れた習わしのために道徳的に堕落した都市として不評を買いました。ユウェナリスは,「オロンテス川はティベル川に流れ込み,東方の迷信と不道徳をローマにはんらんさせた」と述べました。―「ユウェナリスとペルシウス」,風刺III,62-65。