内容へ

目次へ

思いを活動させる力において新たにされる

思いを活動させる力において新たにされる

 思いを活動させる力において新たにされる

「思い」を意味する英語の“mind<マインド>”という言葉は,思考力,知力,知覚力,知性,理知,思考,意思,記憶,精神状態もしくは精神的な見方,意見,および精神的傾向,精神的態度,もしくは精神力といった,思いの属性を表わす,互いに関連のあるギリシャ語の幾つかの言葉を訳したものです。様々な翻訳の中で「思い」という訳語が時々用いられていますが,他の翻訳ではその同じ箇所に上記の描写的で明確な用語が使われています。ヘブライ語本文では,「覚える」,および「考慮する」という意味の言葉が,ある箇所では「思いに留める」とか「念頭に置く」といった表現で訳される場合があります。字義的には,また正しくは「心」,「魂」,および「霊」を表わしているヘブライ語の言葉の訳語として「思い」という語がヘブライ語聖書に出て来る訳本もあります。―申命記 4:39,脚注[英文]; 列王第二 9:15,ロザハム訳; エゼキエル 20:32,「エルサレム聖書」と比較してください。

「あなた方の思いを活動させる力において新たに」

当然のことながら,不完全な人間の思いには間違った考え方に向かう傾向があります。聖書はそれを「肉の思い」(コロサイ 2:18)と呼んでいます。クリスチャンは以前,自分の思いが邪悪な業に向けられていたために神の敵であったことを思い起こさせられます。―コロサイ 1:21

「霊的な」人とは異なり,「物質の」(字義,「魂の」)人の思いは物質上のものに向いています。「物質の」人の思いを活動させる力は一部は遺伝によって,一部は当人が教えられてきた事柄や経験してきた事柄によって形作られています。ある事柄が当人に示されると,その力は当人の思いを物質的な,もしくは肉的な方向に動かしたり,傾かせたりします。クリスチャンが『思いを活動させる力[霊]において新たにされる』ようにと命じられているのはそのためです。(エフェソス 4:23)神の真理の言葉を研究し,神の霊の働きを受けるなら,思いを活動させるこの力を変えることができます。そうすれば,その人の支配的な精神態度は正しい方向に向くようになります。そうなると,ある事柄がその人に示される時,思いはこの力によって正しい霊的な歩み方に向けられます。(コリント第一 2:13-15)そのような人は「キリストの思い」を持つようになります。キリストは終始正しい力によって動かされ,その精神的傾向は常に霊的なものに向いていました。―コリント第一 2:16。ローマ 15:5

神の恵みを得させるよう人を導くには知識や知力だけでは不十分です。知識や知力それ自体は思いを神のご意志に向くよう作り直すものとはなりません。(ローマ 12:2)エホバは,「わたしは賢人たちの知恵を滅ぼし,知能のたけた者たちのそう明さを押しのける」と述べておられます。(コリント第一 1:19)真の理解(箴言 4:5-7。コリント第一 2:11),知恵,および分別を得るには神の霊の助けが必要です。―エフェソス 1:8,9

「思いの律法」

使徒パウロはこの新たにされた思いの働きを導くものを思いの律法と呼んでいます。その律法は新たにされた思いを「神の律法」にしたがって制御し,新たにされた思いはこの律法を喜びます。しかし,堕落した肉の中に働いている「罪の律法」は「思いの律法」と闘うので,クリスチャンの内面には絶え間ない闘いがあります。勝利を収めることができますか。できます。「わたしたちの主イエス・キリストを通してただ神に感謝すべきです!」 神の過分のご親切により,キリストの贖いの犠牲に基づいて肉の罪に対する許しが与えられ,さらに聖霊の助けも備えられているのです。クリスチャンはクリスチャンではない人たちと異なった状況に置かれています。そのことをパウロはこう要約しています。「こうして,わたし自身は,思いでは神の律法に対する奴隷ですが,肉においては罪の律法に対する奴隷なのです」。―ローマ 7:21-25。ガラテア 5:16,17

この闘いで,思いはどのようにして勝ち抜くのでしょうか。同使徒は問題をさらに解明して,次のように述べています。「肉にしたがう者は自分の思いを肉の事柄に向けるのに対し,霊にしたがう者は霊の事柄に向けるからです。肉の思うことは死を意味するのに対し,霊の思うことは命と平和を意味するのです。肉の思うことは神との敵対を意味するからです。それ[堕落した,不完全な肉]は神の律法に服従しておらず,また,現に服従しえないのです。……そして,イエスを死人の中からよみがえらせた方の霊があなた方のうちに宿っているのなら,キリスト・イエスを死人の中からよみがえらせたその方は,あなた方のうちに住むご自分の霊によって,あなた方の死ぬべき体をも生かしてくださるのです」。―ローマ 8:5-11