内容へ

目次へ

 歴史​の​ひとこま

諸大陸を分けた回勅

諸大陸を分けた回勅

1493​年​に​クリストファー​・​コロンブス​が​アメリカ​大陸​へ​の​最初​の​航海​から​帰還​する​と,スペイン​国王​と​ポルトガル​国王​は,新た​に​発見​さ​れ​た​土地​に​おける​交易​と​入植​の​権利​を​めぐっ​て​対立​する​よう​に​なり​まし​た。スペイン​は​教皇​アレクサンデル​6​世​に​働きかけ,論争​の​決着​を​つけ​て​もらお​う​と​し​まし​た。

王​と​教皇​が​諸​大陸​を​切り分ける

スペイン​と​ポルトガル​と​歴代​教皇​は​かねて​から,新た​に​発見​する​土地​の​所有​権​に​つい​て​検討​し​て​い​まし​た。1455​年,教皇​ニコラウス​5​世​は​ポルトガル​に,アフリカ​の​大西洋​沿岸​の​土地​や​島​を​探検​し,そこで​発見​し​た​すべて​の​もの​を​所有​する​独占​的​な​権利​を​与え​まし​た。1479​年​に​は,アルカソバス​条約​に​より,ポルトガル​の​アフォンソ​5​世​と​その​息子​で​ある​ジョアン​王子​は,カナリア​諸島​の​領有​権​を​スペイン​の​王​フェルナンド​と​イサベル​に​渡し​まし​た。その​見返り​に​スペイン​は,アフリカ​で​の​ポルトガル​の​独占​的​交易​と,アゾレス​諸島,カボベルデ​諸島,マデイラ​諸島​に​対する​ポルトガル​の​領有​権​を​認め​まし​た。2​年​後,教皇​シクストゥス​4​世​は​この​条約​を​再​確認​し,カナリア​諸島​から​南側​また​東側​で​新た​に​発見​さ​れる​土地​など​は​すべて​ポルトガル​に​帰属​する​と​し​まし​た。

しかし,ポルトガル​の​国王​に​なっ​て​い​た​ジョアン​2​世​は,コロンブス​に​よっ​て​発見​さ​れ​た​土地​は​ポルトガル​の​もの​だ​と​主張​し​まし​た。スペイン​の​王​たち​は​その​主張​を​認め​ず,コロンブス​の​発見​し​た​地域​を​植民​地​に​し​て​キリスト​教​化​する​権利​を​求め​て,新しい​教皇​アレクサンデル​6​世​に​訴え​まし​た。

教皇​アレクサンデル​6​世​は,ペン​で​線​を​引く​だけ​で,諸​大陸​を​分け​た

それ​に​対​し​て,アレクサンデル​は​3​つ​の​正式​な​回勅​を​出し​まし​ た。第​1​の​回勅​は,「全能​の​神​の​権威​に​より」,スペイン​に​新しい​領土​の​独占​的​かつ​恒久​的​な​所有​権​を​認める​もの​でし​た。第​2​の​回勅​は,南北​に​走る​境界​線​を​カボベルデ​諸島​の​西​約​560​㌔​の​ところ​に​引く​もの​でし​た。アレクサンデル​は,その​線​の​西側​で​発見​さ​れ​た,あるいは​発見​さ​れる​土地​は​すべて​スペイン​の​もの​で​ある​と​定め​まし​た。教皇​は,ペン​で​線​を​引く​だけ​で,諸​大陸​を​分け​た​の​です。第​3​の​回勅​は,スペイン​の​影響​力​を​東​の​インド​に​まで​拡大​する​もの​だっ​た​よう​です。ジョアン​王​は​当然,激怒​し​まし​た。家臣​たち​が​アフリカ​の​先端​を​回る​こと​に​成功​し​た​ばかり​で,ポルトガル​の​独占​を​インド洋​に​まで​広げ​つつ​あっ​た​から​です。

地図​に​新しい​線​を​引く

アレクサンデル​ *に​うんざり​し​た​ジョアン​は,直接​フェルナンド​および​イサベル​と​交渉​し​まし​た。「スペイン​の​王​たち​は,残忍​な​ポルトガル​人​を​恐れ​て​おり,新​世界​を​勢力​下​に​置く​の​に​余念​が​なかっ​た​の​で,合理​的​な​妥協​案​を​歓迎​し​た」と​著述​家​の​ウィリアム​・​バーンスタイン​は​述べ​て​い​ます。こう​し​て,1494​年​に,スペイン​の​町​トルデシリャス​で​条約​が​調印​さ​れる​こと​に​なり​まし​た。その​町​の​名​を​取っ​て​トルデシリャス​条約​と​呼ば​れ​て​い​ます。

トルデシリャス​条約​で​は,アレクサンデル​の​引い​た​南北​の​線​を​西​へ​1480​㌔​移動​さ​せる​こと​に​なり​まし​た。今や,アフリカ​と​アジア​全土​は​ポルトガル​に,アメリカ​大陸​は​スペイン​に“帰属”すると​思わ​れ​まし​た。しかし,線​が​西​に​移動​し​た​こと​に​より,当時​まだ​発見​さ​れ​て​おら​ず,後​に​ブラジル​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なっ​た​土地​の​大部分​が​ポルトガル​領​に​なり​まし​た。

これら​の​回勅​は,新た​に​発見​し​た​土地​を​領有​し​防衛​する​権限​を​スペイン​と​ポルトガル​に​与える​もの​で​あり,多く​の​流血​行為​の​根拠​と​され​まし​た。そう​し​た​回勅​に​より,現地​に​住ん​で​い​た​人々​の​人権​は​踏みにじら​れ,征服​や​搾取​が​行なわ​れ​まし​た。また,権力​と​公海​の​自由​を​めぐる​諸​国家​の​紛争​が​何​世紀​も​続く​こと​に​なり​まし​た。

^ 9節 この​腐敗​し​た​悪名​高い​教皇​に​つい​て​詳しく​は,「ものみの塔」2003​年​6​月​15​日​号​26‐29​ページ​の「教皇​アレクサンデル​6​世 ― ローマ​は​忘れ​ない」と​いう​記事​を​ご覧​ください。