内容へ

目次へ

 特集​記事

精神障害について知っておきたいこと

精神障害について知っておきたいこと

「息​が​止まり​そう​でし​た。精神​病​に​かかっ​て​いる​と​いう​恥ずかしさ​に​は​とても​耐え​られ​ない,と​思い​まし​た」。クローディア​と​いう​女性​は,双極​性​障害​と​心的​外傷​後​ストレス​障害​と​診断​さ​れ​た​時​の​こと​を​振り返っ​て,そう​言い​ます。

クローディア​の​夫​マーク​は,こう​言っ​て​い​ます。「自分​たち​に​生じ​て​いる​事柄​を​受け入れ​られる​よう​に​なる​まで​に​は​時間​が​かかり​まし​た。それでも​わたし​は,妻​を​支える​こと​に​専ら​努力​を​払わ​なけれ​ば​なら​ない,と​悟り​まし​た」。

あなた​は,もしも​自分​や​家族​が​精神​障害​を​抱え​て​いる​と​診断​さ​れ​た​なら,どんな​気持ち​に​なる​でしょ​う​か。幸い,精神​病​は​治療​でき​ます。知っ​て​おく​べき​事柄​を​幾つ​か​調べる​なら,精神​障害​に​つい​て​より​よく​理解​する​こと​が​でき​ます。 *

 精神​衛生​に​関する​重大​な​事実

「世界​各地​の​幾千万​と​いう​人々​が​精神​障害​を​抱え,その​家族​の​生活​に​も​影響​が​及ん​で​いる。4​人​に​1​人​が,生き​て​いる​間​に​一度​は​精神​障害​を​経験​する。世界​中​に​見​られる​精神​疾患​の​最大​の​原因​と​なっ​て​いる​の​は,うつ病​で​ある。統合​失調​症​と​双極​性​障害​は,特に​重い​精神​疾患​の​部類​に​入る。……精神​障害​は,非常​に​多く​の​人​が​抱え​て​いる​に​も​かかわら​ず,依然​と​し​て​隠さ​れ,無視​さ​れ,差別​さ​れ​て​いる」。―世界​保健​機関(WHO)。

WHO​に​よれ​ば,精神​病​を​患っ​て​いる​人​の​中​に​は,それ​を​恥ずかしい​こと​と​感じ,治療​を​受け​よう​と​し​ない​人​が​少なく​あり​ませ​ん。

全米​精神​疾患​患者​家族​会​に​よる​と,ほとんど​の​精神​障害​は​治療​可能​です​が,米国​で​は,精神​障害​を​抱え​て​いる​人​の​うち,成人​の​およそ​60​%​また​8​歳​から​15​歳​まで​の​若者​の​ほぼ​50​%​が,過去​1​年​間,治療​を​受け​て​い​ませ​ん。

 精神​障害​を​理解​する

精神​病​と​は​何​でしょ​う​か。専門​家​たち​は​精神​障害​を,人​の​思考​や,感情​の​コントロール,また​行動​に​おける​著しい​機能​不全​と​定義​し​て​い​ます。そう​し​た​機能​不全​の​ゆえに,しばしば,他​の​人​と​かかわり合っ​て​生活​上​必要​な​事柄​を​処理​する​能力​が​阻害​さ​れ​ます。

精神​障害​は,当人​の​弱さ​や​人格​的​欠陥​が​原因​で​は​ない

症状​は,人​に​よっ​て,また​特定​の​疾患​や​環境​に​よっ​て,長さ​や​重さ​が​様々​に​異なり​ます。人​は​性別​や​年齢,文化​や​人種​や​宗教,また​教育​や​収入​の​違い​に​は​関係​なく,障害​を​抱える​可能​性​が​あり​ます。精神​障害​は,当人​の​弱さ​や​人格​的​欠陥​が​原因​で​は​あり​ませ​ん。適切​な​診察​を​受ける​こと​に​より,治療​が​可能​で​あり,生産​的​で​充実​し​た​生活​を​送れ​ます。

精神​障害​を​治療​する

精神​衛生​の​専門​家​たち​は,様々​な​精神​障害​を​首尾​よく​治療​する​こと​が​でき​ます。ですから,極めて​重要​な​第​一​段階​は,精神​状態​の​診療​に​経験​の​ある​有能​な​専門​家​に,十分​詳しく​調べ​て​もらう​こと​です。

しかし,患者​が​その​よう​な​診断​から​益​を​受ける​に​は,ふさわしい​治療​に​応じ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。他​の​人​に​精神​病​に​つい​て​話す​こと​を​ためらう​の​で​あれ​ば,それ​を​克服​する​必要​が​あり​ます。治療​に​は,訓練​を​受け​た​精神​衛生​の​専門​家​に​話す​こと​も​含ま​れる​場合​が​ある​から​です。それら​専門​家​は​当人​が​自分​の​病気​を​理解​し,生活​上​の​問題​を​解決​し,治療​を​続ける​必要​が​ある​と​いう​認識​を​深める​よう​助け​て​くれ​ます。その​よう​な​診察​を​受ける​際​に​は​家族​や​友人​も,当人​を​安心​さ​せ​て​支える​点​で​重要​な​役割​を​果たす​こと​が​でき​ます。

多く​の​人​は,自分​の​状態​を​より​よく​理解​し,精神​衛生​の​専門​家​に​よる​治療​法​に​従う​こと​に​よっ​て,精神​障害​の​対処​法​を​学ん​で​き​まし​た。冒頭​で​紹介​し​た​マーク​は,こう​言っ​て​い​ます。「妻​が​診断​を​受ける​前,わたしたち​は​精神​病​の​こと​を​ほとんど​知り​ませ​ん​でし​た。でも​今​で​は,生活​面​で​一度​に​一歩​ずつ​進み,自分​たち​の​状況​に​適応​できる​よう​に​なっ​て​い​ます。わたしたち​は​これ​まで,信頼​できる​専門​家​たち,また​家族​や​友人​に​支え​られ​て​き​まし​た」。

極めて​重要​な​第​一​段階​は,有能​な​専門​家​に,十分​詳しく​調べ​て​もらう​こと

 クローディア​も​同感​で,こう​述べ​て​い​ます。「最初,診断​が​あっ​た​時​に​は,刑務​所​行き​を​告げ​られ​た​よう​な​気​が​し​まし​た。実際,病気​の​ため​に​わたし​も​夫​も,できる​こと​は​限ら​れ​て​い​ます​が,わたし​は,乗り越え​られ​ない​か​に​思える​難しい​事態​を​も​乗り越え​られる,と​いう​こと​を​学ん​で​き​まし​た。それで,自分​の​治療​チーム​と​一緒​に​努力​し,他​の​人​たち​と​の​関係​を​育み,その​時​その​時​を​やっ​て​ゆく​こと​に​よっ​て,自分​の​精神​病​に​対処​し​て​い​ます」。

霊的​な​健康​が​肝要

神​の​言葉 聖書​は,霊性​が​高けれ​ば​疾患​は​治る,と​言っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それでも,世界​に​は,聖書​の​教え​から​大きな​慰め​や​力​を​得​て​き​た​家族​が​少なく​あり​ませ​ん。例えば,聖書​が​保証​し​て​いる​ところ​に​よれ​ば,愛情​深い​創造​者​は「心​の​打ち砕か​れ​た」人​や「霊​の​打ちひしが​れ​た」人​たち​を​慰める​こと​に​深い​関心​を​抱い​て​おら​れ​ます。―詩編 34:18

聖書​は,医療​に​関する​ガイドブック​で​は​あり​ませ​ん​が,つらい​気持ち​や​苦しい​状況​に​対処​する​の​に​役立つ​実際​的​な​指針​を​示し​て​おり,地上​で​の​生活​が​病気​も​苦痛​も​ない​もの​と​なる​と​いう​将来​の​希望​も​与え​て​くれ​ます。「その​時,盲人​の​目​は​開か​れ,耳​の​聞こえ​ない​者​の​耳​も​開け​られる。その​時,足​の​なえ​た​者​は​雄鹿​の​よう​に​登っ​て​行き,口​の​きけ​ない​者​の​舌​は​うれしさ​の​余り​叫び​を​上げる」と​約束​し​て​いる​の​です。―イザヤ 35:5,6

^ 5節 この​記事​で​言う「精神​障害」に​は,一貫​し​て,行動​面​や​精神​面​の​障害​を​はじめ​と​する​種々​の​精神​病​が​含ま​れ​ます。

^ 32節 「目ざめよ!」誌​は,特定​の​治療​法​を​勧める​こと​は​し​ませ​ん。クリスチャン​は,どんな​治療​を​受ける​に​せよ,それ​が​聖書​の​原則​に​反し​た​もの​で​は​ない​こと​を​確認​す​べき​です。

^ 40節 「目ざめよ!」2014​年​5​月​号​の「ストレス ― うまく​対処​する​に​は」と​いう​記事​を​ご覧​ください。