内容へ

目次へ

 聖書​の​見方

清さ

清さ

神​は​わたしたち​が​体​を​清潔​に​保つ​こと​を​重視​し​て​おら​れ​ます​か

「肉​と​霊​の​あらゆる​汚れ​から​自分​を​清め」なさい。―コリント​第​二 7:1

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

人間​を​創造​さ​れ​た​神​は,人​を​愛し,わたしたち​に​健康​を​保っ​て​長生き​し,充実​し​た​生活​を​送っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れ​ます。「あなた​の​心​が​わたし​の​おきて​を​守り行なう​よう​に。そうすれば,長い​日々​と​命​の​年​と​平和​が​あなた​に​加え​られる​から​で​ある」と​述べ​て​おら​れる​とおり​です。(箴言 3:1,2)人間​に​対する​神​の​愛​は,古代​イスラエル​に​与え​た​おきて​に​反映​さ​れ​て​おり,それら​の​おきて​に​は​保健​と​衛生​に​関する​明確​な​指示​も​含ま​れ​て​い​まし​た。(申命記 23:12‐14)イスラエル​人​は,それら​道理​に​かなっ​た​規準​に​従っ​た​とき,良い​健康​状態​を​保つ​こと​が​でき​まし​た。その​よう​な​高度​な​法典​を​有し​て​い​なかっ​た,エジプト​など,他​の​諸​国民​を​悩まし​て​い​た​様々​な​疾患​に​かから​ず​に​済ん​だ​の​です。―申命記 7:12,15

今日​で​も,喫煙,アルコール​や​薬物​の​乱用​など,「あらゆる​汚れ​から​自分​を​清め」る​人​は,身体​面​や​精神​面​の​病気​に​かかっ​たり​早死に​し​たり​する​危険​性​が​低く​なり​ます。また,わたしたち​は​大抵,人々​と​かかわり​を​持っ​て​生活​し​て​いる​の​で,清潔​さ​に​関する​神​の​規準​に​従う​なら,周り​の​人​に​気遣い​を​示し​て​いる​こと​に​も​なり​ます。―マルコ 12:30,31

 神​は​道徳​的​清さ​や​霊的​清さ​を​気​に​かけ​て​おら​れ​ます​か

「淫行,汚れ,性的​欲情,有害​な​欲望,また​強欲​つまり​偶像​礼拝​に​関し​て,……あなた方​の​肢体​を​死ん​だ​もの​と​し​なさい。こう​し​た​事柄​の​ゆえに​神​の​憤り​は​臨も​う​と​し​て​いる​の​です」。―コロサイ 3:5,6

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

前述​の​とおり,聖書​は,「肉​と​霊​の​あらゆる​汚れ​から​自分​を​清め」る​よう​勧め​て​い​ます。イエス​・​キリスト​の​時代,ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​を​はじめ​多く​の​人​は,身体​的​清さ​を​保つ​こと​に​躍起​に​なっ​て​い​まし​た​が,道徳​的​また​霊的​な​規準​を​無視​し​て​い​まし​た。(マルコ 7:1‐5)イエス​は,物事​を​正しい​視点​から​見る​よう​勧め,『外​から​入っ​て​行く​もの​は​何一​つ​と​し​て​その​人​を​汚す​こと​が​でき​ませ​ん。それ​は,腸​の​中​に​入っ​て​行き,それ​から​下水​に​出​て​行く​から​です』と​言い​まし​た。そして,さらに​こう​述べ​て​い​ます。「人​から​出​て​来る​もの​が​人​を​汚す​の​です。内側​から,つまり​人​の​心​から,害​に​なる​推論​が​出​て​来る​の​です。すなわち,淫行​・​盗み​・​殺人​・​姦淫​・​貪り​・​邪悪​な​行為​・​欺まん​・​みだら​な​行ない​・​ねたむ​目……理不尽​さ​です。これら​邪悪​な​事柄​は​みな……人​を​汚し​ます」。―マルコ 7:18‐23

イエス​に​よれ​ば,体​の​衛生​に​関する​極端​な​見方​を​持ち​ながら​も​神​の​道徳​的​また​霊的​な​規準​を​無視​する​人​は,外側​は​きれい​で​も​内側​が​汚い​コップ​の​よう​です。―マタイ 23:25,26

聖書​の​規準​は​道理​に​かなっ​て​い​ます​か

「その​おきて​を​守り行なう​こと,これ​が​すなわち​神​へ​の​愛​だ​から​です。それでも,その​おきて​は​重荷​で​は​あり​ませ​ん」。―ヨハネ​第​一 5:3

聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か

ミカ 6​章​8​節​に​は,「エホバ​が​あなた​に​求め​て​おら​れる​の​は,ただ​公正​を​行ない,親切​を​愛し,慎み​を​もっ​て​あなた​の​神​と​共​に​歩む​こと​で​は​ない​か」と​記さ​れ​て​い​ます。とても​道理​に​かなっ​た​要求​で​は​ない​でしょ​う​か。それ​に,創造​者​で​ある​神​は​わたしたち​に,愛​の​動機​で​従っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れ​ます。わたしたち​は​そう​する​とき,深い​喜び​を​味わい​ます。(詩編 40:8)たとえ​過ち​を​犯し​た​と​し​て​も,神​から​憐れみ​を​示し​て​いただけ​ます。「父​が​自分​の​子​ら​を​憐れむ​よう​に,エホバ​は​ご自分​を​恐れる​者​たち​を​憐れん​で​くださっ​た。神​ご自身​が​わたしたち​の​造り​を​よく​ご存じ​で​あり,わたしたち​が​塵[つまり,もろく​て​不​完全​な​存在]で​ある​こと​を​覚え​て​おら​れる​から​だ」と​書か​れ​て​いる​とおり​です。―詩編 103:13,14

まとめる​と​こう​なり​ます。神​は​人間​に​対し​て​善良​で,人間​を​愛する​から​こそ,わたしたち​の​身体​的,道徳​的,霊的​清さ​の​規準​を​設け​て​おら​れ​ます。一方,わたしたち​は​賢く​歩み,神​を​愛する​から​こそ,進ん​で​その​規準​に​従う​の​です。