内容へ

目次へ

古代ローマの水道 ― 土木工学の偉業

古代ローマの水道 ― 土木工学の偉業

古代​の​土木​工学​に​よる​偉業​の​中​で​も,ローマ​の​水道​は,特に​際立っ​て​い​ます。古代​ローマ​の​総督​で​水道​管理​官​で​あっ​た​セクストゥス​・​ユリウス​・​フロンティヌス(西暦​35​年‐103​年​ごろ)は,こう​書き​まし​た。「水​を​非常​に​多く​の​場所​に​供給​する​の​に​必要​不可欠​な,これ​ほど​広範囲​に​わたる​構造​物​を,その​気​が​ある​なら,無駄​な​ピラミッド​や,有名​ながら​も​無用​な​ギリシャ​の​芸術​作品​と​比べ​て​みよ」。 *

水道​が​必要​だっ​た​の​は​なぜか

古代​の​都市​は​大抵,水​が​豊富​に​得​られる​場所​の​近く​に​建設​さ​れ​まし​た。ローマ​も​例外​で​は​あり​ませ​ん。ごく​初期​に​は,ティベル​川(現在​の​テベレ​川)や​近く​の​泉​や​井戸​から​十分​の​水​を​得​て​い​まし​た。しかし,西暦​前​4​世紀​以降,ローマ​は​急速​に​発展​し,水​の​需要​も​増大​し​まし​た。

ローマ​市民​の​うち​水道​水​を​自宅​まで​引ける​人​は​ごく​少数​だっ​た​の​で,私設​や​公設​の​浴場​が​幾百​も​造ら​れ​まし​た。ローマ​市内​に​初めて​造ら​れ​た​公衆​浴場​は,完成​し​た​の​が​西暦​前​19​年​で,水​を​ウェルギネ​水道​から​引い​て​い​まし​た。その​水道​の​建設​者​で,カエサル​・​アウグスツス​と​親交​の​あっ​た​マルクス​・​アグリッパ​は,ローマ​の​給水​システム​の​整備​や​拡張​の​ため​に​巨額​の​私財​を​投じ​まし​た。

浴場​は​社交​の​場​と​も​なり,庭園​や​図書​館​を​併設​し​た​かなり​大​規模​な​もの​さえ​あり​まし​た。水道​水​は​流れ​を​止める​こと​が​でき​ず,浴場​から​あふれ出​た​後​は​下水​溝​へ​と​流れ,浴場​の​共同​便所​の​排水​も​含め,絶え​ず​汚水​や​汚物​を​流し去り​まし​た。

建設​と​維持​管理

“ローマ​水道”と​聞く​と,下部​が​アーチ​型​の​延々​と​続く​高架​橋​を​連想​する​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​実際​に​は,高架​橋​は​水道​全体​の​20​%​に​すぎ​ず,導水​路​の​大部分​は​地下​に​あり​まし​た。その​よう​に​経費​を​抑え​た​造り​に​し​た​の​で,浸食​さ​れ​なかっ​た​だけ​で​なく,畑地​や​居住​地​に​及ぼす​ 影響​も​最小限​で​済み​まし​た。例えば,西暦​前​140​年​に​完成​し​た​マルキア​水道​は,全長​92​㌔​です​が,高架​橋​に​なっ​て​いる​箇所​は​合計​約​11​㌔​しか​あり​ませ​ん​でし​た。

技師​たち​は,水道​を​建設​する​前​に,水源​に​なり​そう​な​所​の​水質​を​評価​し​まし​た。水​の​透明​度​や​流量​や​味​を​調べ,また,その​水​を​飲ん​で​いる​地元​住民​の​健康​状態​に​も​注目​し​た​の​です。いったん​そこ​が​水源​と​し​て​承認​さ​れる​と,測量​士​たち​が​導水​路​の​適正​な​経路​や​傾斜​度​を​決め,水路​の​大きさ​や​長さ​も​算定​し​まし​た。労働​力​と​なっ​た​の​は​奴隷​たち​で​あっ​た​と​思わ​れ​ます。水道​が​完成​する​まで​に​は,特に​高架​橋​が​必要​な​場合​は,長い​年月​と​多額​の​費用​が​かかり​まし​た。

加え​て,維持​管理​し​防護​する​こと​も​必要​でし​た。その​ため​に,ローマ​市​は​一​時期​700​人​も​の​人​を​雇っ​て​い​た​ほど​です。水道​は,維持​管理​する​こと​を​見越し​た​造り​に​なっ​て​い​まし​た。例えば,地下​の​水道​へ​は​地上​の​マンホール​から​立て坑​を​降り​て​ゆける​よう​に​なっ​て​おり,大きな​修理​が​必要​な​時​に​は,技師​たち​が​破損​箇所​から​水​を​一時​的​に​ほか​へ​流す​こと​も​でき​まし​た。

ローマ​の​都市​部​の​水道

西暦​3​世紀​初期,ローマ​市​に​は​11​の​主要​な​水道​が​敷設​さ​れ​て​い​まし​た。最初​に​造ら​れ​た​の​は,西暦​前​312​年​の​アッピア​水道​で,全長​が​16​㌔​余り​しか​なく,その​ほとんど​が​地下​水道​でし​た。現代​まで​一部​が​残っ​て​いる​クラウディア​水道​は,全長​が​約​69​㌔​あり​まし​た。その​うち​の​10​㌔​ほど​が​高架​橋​で,ある​箇所​は​高さ​が​27​㍍​も​あり​まし​た。

ローマ​市​の​水道​は​どれ​ほど​の​水​を​供給​し​た​の​でしょ​う​か。それ​は​膨大​な​量​でし​た。前述​の​マルキア​水道​は,日​ごと​に​約​19万​立方㍍​の​水​を​ローマ​市​に​流れ込ま​せ​まし​た。水​は,重力​に​よっ​て​都市​部​に​到達​する​と,今度​は​幾つ​か​の​配水​水槽​に​入り,そこ​から​枝分かれ​し​て,さらに​別​の​配水​水槽​へ,あるいは​水​を​使う​場所​へ​と​流れ​て​行き​まし​た。ある​推定​に​よれ​ば,ローマ​の​配水​システム​は​拡大​し,ついに​は​住民 1​人​当たり​1​日​1,000​㍑​以上​の​水​を​供給​できる​まで​に​なり​まし​た。

「ローマ​帝国​の​水道​と​給水」(英語)と​いう​本​に​よる​と,帝国​の​拡大​に​伴っ​て「ローマ​の​行く​先々​で​水道​の​敷設​が​進ん​で​行き」まし​た。今日​で​も,小​アジア​や,フランス,スペイン,北​アフリカ​を​旅行​する​人々​は,古代​の​それら​土木​工学​の​偉業​を​見つめ​て,驚嘆​し​ます。

^ 2節 導水​路​の​建設​を​行なっ​た​国​は,ローマ​が​最初​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それ​以前​に,古代​の​他​の​国々,例えば​アッシリア,エジプト,インド,ペルシャ​など​で​行なわ​れ​て​い​まし​た。