内容へ

目次へ

まさに必要としていた時に希望を見いだしました

まさに必要としていた時に希望を見いだしました

突然,気​が​つく​と,わたし​は​水面​に​うつぶせ​の​状態​に​なっ​て​い​まし​た。息​を​する​ため​顔​を​上げ​よう​と​し​まし​た​が,首​の​筋肉​が​反応​し​ませ​ん。恐怖​に​襲わ​れ,体​を​回転​さ​せ​て​仰向け​に​なろ​う​と​し​た​の​です​が,腕​も​脚​も​動き​ませ​ん。肺​に​水​が​入っ​て​き​まし​た。1991​年,暑い​夏​の​その​日​に,わたし​の​人生​は​一変​し​まし​た。

わたし​は,ハンガリー​北東​部​に​ある,セレンチュ​市​で​生まれ,ティサラダニュ​と​いう​村​で​育ち​まし​た。1991​年​6​月,幾​人​か​の​友人​と​一緒​に,ティサ​川​の​それ​まで​行っ​た​こと​の​ない​所​に​行き​まし​た。わたし​は,深さ​が​ある​と​思っ​て,川​に​飛び込み​まし​た​が,それ​は​大きな​間違い​でし​た。頸椎​の​骨​が​3​か所​で​つぶれ,脊髄​が​損​な​われ​て​しまっ​た​の​です。友人​は,わたし​が​動け​なく​なっ​て​いる​の​を​見​て,わたし​の​体​を​注意深く​持ち上げ,おぼれる​前​に​岸​に​引き上げ​て​くれ​まし​た。

わたし​は​意識​が​あり,自分​が​深刻​な​事態​に​陥っ​て​いる​こと​に​は​気づい​て​い​まし​た。だれ​か​が​救急​隊​に​電話​し​て​くれ​た​の​で,ヘリコプター​で​病院​へ​搬送​さ​れ,脊椎​を​固定​する​処置​を​施さ​れ​まし​た。後​に​わたし​は,リハビリ​を​受ける​ため​に​首都​ブダペスト​へ​移り,そこ​の​病院​で​は​3​か​月間​ずっ​と​仰向け​の​状態​でし​た。頭​は​動か​せ​まし​た​が,肩​から​下​は​どの​筋肉​も​動か​せ​ませ​ん。20​歳​と​いう​若さ​で,何​も​か​も​人​に​頼ら​ざる​を​得​なく​なっ​た​の​です。すっかり​失意​落胆​し,死に​たい​と​思い​まし​た。

それでも,ようやく​家​に​帰る​こと​が​でき,両親​は​必要​な​訓練​を​受け​て​わたし​を​介護​し​て​くれ​まし​た​が,父​と​母​に​とっ​て​それ​は​身体​的​に​も​感情​的​に​も​大変​な​こと​でし​た。1​年​たっ​た​ころ,世話​を​受け​て​い​た​わたし​は​うつ​状態​に​陥り​まし​た。それで,専門​家​の​カウンセリング​を​受け,自分​の​抱え​て​いる​障害​に​対する​見方​を​変える​こと​が​でき​まし​た。

わたし​は​人生​に​つい​て​一層​深く​考える​よう​に​も​なり​まし​た。人生​に​は​目的​が​ある​の​か,わたし​の​身​に​こんな​悲劇​が​起き​た​の​は​なぜか,と​いっ​た​疑問​の​答え​を​探し​て,いろいろ​な​本​や​雑誌​を​読み​まし​た。聖書​も​読ん​で​み​まし​た​が,理解​でき​なかっ​た​の​で,読む​の​を​やめ​まし​た。司祭​に​尋ね​て​も​み​まし​た​が,返っ​て​き​た​答え​は​納得​の​ゆく​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。

その​後,1994​年​の​春,二​人​の​エホバ​の​証人​が​うち​に​来​まし​た。応対​に​出​た​父​が​その​二​人​に,わたし​と​話し​て​くれる​よう​頼ん​だ​の​で,わたし​は​二​人​から,神​が​地球​を​楽園​に​し​て​病気​や​苦しみ​を​なくし​て​くださる,と​いう​こと​を​聞き​まし​た。素晴らしい​こと​だ​と​は​思い​まし​た​が,懐疑​的​でし​た。それでも,聖書​研究​用​の​手引き​書​を​2​冊​受け取り​まし​た。そして,それら​の​本​を​読ん​だ​後,証人​たち​から​聖書​の​勉強​を​勧め​られ​た​の​で,応じ​まし​た。また,祈る​こと​も​勧め​られ​まし​た。

神​は​わたし​の​こと​を​本当​に​気遣っ​て​くださっ​て​いる,と​いう​確信​を​持てる​よう​に​なり​まし​た

聖書​に​基づく​討議​が​進む​に​つれ,それ​まで​抱い​て​い​た​多く​の​疑問​は​解け​て​ゆき​まし​た。答え​を​聖書​から​ 直接​得​た​の​です。また,神​は​わたし​の​こと​を​本当​に​気遣っ​て​くださっ​て​いる,と​いう​確信​も​持てる​よう​に​なり​まし​た。そう​し​て​ついに,聖書​の​勉強​を​始め​て​2​年​後,1997​年​9​月​13​日​に,自宅​の​浴槽​で​バプテスマ​を​受け​まし​た。その​日​は,人生​の​中​で​とりわけ​幸福​な​日​でし​た。

わたし​は​2007​年​に,身体​障害​者​用​の​施設​に​入居​する​ため​ブダペスト​へ​移転​し,以来​ずっ​と​そこで​生活​し​て​い​ます。その​結果,それ​まで​に​聖書​から​学ん​だ​素晴らしい​事柄​に​つい​て​他​の​人​たち​に​話す​機会​が​多く​なり​まし​た。天気​の​良い​日​に​は,外​に​出​て​人々​に​話しかける​こと​さえ​でき​ます。それ​は,あご​で​操縦​できる​特別​仕様​の​電動​車​椅子​の​おかげ​です。

また,会衆​内​の​ある​ご家族​が​寛大​に​金銭​的​支援​を​し​て​くださり,ノートパソコン​を​入手​する​こと​が​でき​まし​た。その​パソコン​は,わたし​が​頭​を​動かす​こと​に​よっ​て​操作​できる​仕組み​に​なっ​て​い​ます。それ​が​ある​の​で,わたし​は​インターネット​を​介し​て​いろ​いろ​な​人​に​電話​を​かけ​たり,会衆​の​だれ​か​が​訪問​し​た​時​に​留守​だっ​た​家​の​人​に​手紙​を​書い​たり​する​こと​が​でき​ます。その​よう​に​し​て​他​の​人​を​助け​て​いる​の​で,コミュニケーション​の​能力​が​かなり​向上​し​まし​た​し,自分​の​こと​ばかり​気​に​かけ​ず​に​済ん​で​い​ます。

頭​を​動かす​こと​に​よっ​て​操作​できる​パソコン​を​使い,インターネット​を​介し​て,聖書​の​メッセージ​を​伝え​て​いる

わたし​は​クリスチャン​の​集会​に​出席​する​こと​も​でき​ます。王国​会館に​到着​する​と,仲間​たち​が,わたし​を​車椅子​ごと​慎重​に​抱え上げ​て,上​の​階​の​ホール​まで​運ん​で​くれ​ます。集会​中,聴衆​が​注解​を​述べる​よう​勧め​られる​時​に​は,隣​に​座っ​て​いる​人​が​わたし​に​代わっ​て​手​を​挙げ,わたし​が​注解​する​間,聖書​や​手引き​書​を​見える​よう​に​持っ​て​い​て​くれ​ます。

わたし​は,絶え​ず​痛み​が​あり,ほとんど​すべて​の​こと​を​他​の​人​に​し​て​もらわ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。ですから,今​で​も​感情​面​で​落ち込む​こと​が​あり​ます。しかし,わたし​を​友​と​みなし​て​くださる​エホバ​神​に​心配事​を​すべて​打ち明けれ​ば,エホバ​が​耳​を​傾け​て​くださる,と​分かっ​て​いる​の​で,慰め​られ​ます。また,聖書​を​毎日​読む​こと​や​信仰​の​仲間​と​の​交友​から​も​力​を​得​て​い​ます。それら​仲間​の​友情,感情​面​で​の​支え,ささげ​て​くれる​祈り​など​が,精神​や​感情​の​バランス​を​保つ​助け​に​なっ​て​いる​の​です。

エホバ​は,わたし​が​まさに​必要​と​し​て​い​た​時​に,慰め​を​与え​て​くださり,新しい​世​で​完全​な​健康​体​に​なれる​と​いう​希望​も​与え​て​ください​まし​た。ですから​わたし​は,「歩い​たり,躍っ​たり」,エホバ​の​偉大​な​愛​と​親切​を「賛美​し​たり」できる​時​を​切​に​待ち望ん​で​い​ます。―使徒 3:6‐9