内容へ

目次へ

 家族​の​ため​に | 結婚​生活

腹立たしい気持ちを抱かないためには

腹立たしい気持ちを抱かないためには

現実​の​問題

相手​の​厳しい​言葉​や​思いやり​の​ない​行為​を​忘れる​こと​が​でき​ませ​ん。事​ある​ごと​に​思い出し​て​しまい​ます。その​結果,それ​まで​抱い​て​い​た​愛情​が​消え​て​ゆく​と​とも​に,腹立たしい​気持ち​が​募っ​て​き​ます。愛​の​ない​結婚​生活​を​送っ​て​ゆく​しか​道​は​ない​よう​に​思え​ます。そう​思う​と​また,相手​の​こ​と​が​腹立たしく​なっ​て​き​ます。

しかし,対処​法​は​あり​ます。まず,腹立たしい​気持ち​に​関する​事実​を​幾つ​か​考え​て​み​ましょ​う。

知っ​て​おき​たい​事実

腹立たしい​気持ち​で​いる​と,結婚​生活​が​スムーズ​に​進ま​なく​なる

腹立たしい​気持ち​で​いる​と,結婚​生活​が​破綻​しかね​ない。なぜなら,愛​や,信頼,誠実​さ​など,結婚​生活​の​基盤​で​ある​特質​が​損​な​われ​て​ゆく​から​です。それで,腹立たしい​気持ち​は,夫婦​間​の​問題​の​結果​で​は​なく,問題​そのもの​と​言え​ます。ですから​聖書​も,「すべて​悪意​の​ある​苦々しさ(を)あなた方​から​除き去り​なさい」と​述べ​て​いる​の​です。―エフェソス 4:31

腹立たしい​気持ち​を​抱く​と,自分​が​傷つく​こと​に​なる。腹立たしい​気持ち​で​いる​こと​は,自分​を​平手打ち​し​て​相手​が​痛がる​の​を​期待​する​よう​な​もの​です。マーク​・​ジケル​氏​は​自著「家庭​内​の​不和​を​解消​する」(英語)の​中​で,「あなた​が​家族​内​の​だれ​か​の​こと​を​腹立たしく​思っ​て​い​て​も,その​人​は​元気​で,生活​を​楽しみ,もしか​し​たら​全く​気​に​し​て​い​ない​か​も​しれ​ない」と​述べ​て​い​ます。要する​に,「腹立たしい​気持ち​で​いる​と,相手​より​も​自分​の​ほう​が​ひどく​傷つく」と​いう​こと​です。

腹立たしい​気持ち​で​いる​こと​は,自分​を​平手打ち​し​て​相手​が​痛がる​の​を​期待​する​よう​な​もの

腹立たしく​思う​か​どう​か​は​自分​次第。『いや,こちら​が​腹立たしく​思う​の​は​相手​の​せい​だ』と​考える​人​も​いる​こと​でしょ​う。そう​し​た​考え方​が​良く​ない​の​は,自分​で​は​どう​する​こと​も​でき​ない​事柄 ― 相手​の​行動 ― に​重点​を​置い​て​いる​から​です。聖書​は,別​の​考え方​を​勧め,「各人​は​自分​の​業​が​どんな​もの​か​を​吟味​す​べき​です」と​述べ​て​い​ます。(ガラテア 6:4)わたしたち​は​だれ​も,ほか​の​人​の​言動​は​制御​でき​ませ​ん​が,自分​が​それ​に​どう​反応​する​か​は​制御​でき​ます。腹立たしく​思う​か​どう​か​は​自分​次第​な​の​です。

 何​が​できる​か

相手​の​せい​に​し​ない。つい​相手​を​責め​て​しまい​がち​です。しかし,腹立たしく​思う​か​どう​か​は​自分​次第​だ,と​いう​こと​を​忘れ​ない​で​ください。相手​を​許す​か​どう​か​も​自分​次第​です。「怒り立っ​た​まま​日​が​沈む​こと​の​ない​よう​に​し​なさい」と​いう​聖書​の​勧め​に​従い​ましょ​う。(エフェソス 4:26)進ん​で​許す​気持ち​が​あれ​ば,夫婦​間​の​問題​に,より​良い​精神​で​取り組む​こと​が​でき​ます。―聖書​の​原則: コロサイ 3:13

正直​に​自分​を​見つめる。聖書​も​認め​て​いる​とおり,「怒り​やすい」人​や「すぐ​に​激怒​する」人​が​い​ます。(箴言 29:22)自分​に​つい​て,こう​考え​て​み​ましょ​う。『わたし​は,いらいら​する​傾向​が​ある​だろ​う​か。すぐ​腹​を​立て​て​しまう​だろ​う​か。ささい​な​こと​を​大げさ​に​言う​きらい​が​ある​だろ​う​か』。聖書​に​は,「事​を​言い立てる​者​は​親密​な​者​たち​を​引き離し​て​ゆく」と​あり​ます。(箴言 17:9。伝道​の​書 7:9)そういう​こと​は​夫婦​間​に​も​生じ​得​ます。ですから,腹立たしく​思う​傾向​が​ある​なら,『相手​に​もっと​辛抱強く​なれ​ない​だろ​う​か』と​自問​し​て​ください。―聖書​の​原則: ペテロ​第​一 4:8

どちら​が​本当​に​重要​な​の​か​を​判断​する。聖書​は,「黙っ​て​いる​の​に​時​が​あり,話す​の​に​時​が​ある」と​述べ​て​い​ます。(伝道​の​書 3:7)腹立たしく​思う​度​に​話し合わ​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。「言い​たい​こと​は​心​の​中​で,寝床​の​上​で​言い,黙っ​て​い(る)」だけ​で​済む​場合​も​あり​ます。(詩編 4:4)腹​が​立っ​た​こと​を​話す​必要​が​実際​に​ある​の​なら,いらだっ​た​気持ち​が​収まっ​て​から​に​し​ましょ​う。ベアトリス​と​いう​主婦​は​こう​言っ​て​い​ます。「傷つけ​られ​た​と​思っ​た​時​に​は,まず​気持ち​を​静める​よう​に​し​て​い​ます。そうすれば,それ​ほど​大きな​問題​で​は​なかっ​た​こと​に​気づく​場合​も​あり,もっと​敬意​を​こめ​て​話そ​う​と​いう​気​に​なり​ます」。―聖書​の​原則: 箴言 19:11

「許す」と​は​どう​する​こと​な​の​か​を​理解​する。聖書​中​で「許す」と​訳さ​れ​て​いる​原語​の​一つ​に​は,何​か​を​去ら​せる​と​いう​考え​が​含ま​れ​て​い​ます。ですから,許す​と​は,過失​を​軽く​見る,あるいは​何事​も​なかっ​た​か​の​よう​に​行動​する,と​いう​こと​で​は​あり​ませ​ん。腹立たしい​気持ち​を​ただ​去ら​せる​こと,と​考え​られ​ます。腹​を​立てる​と,自分​の​健康​や​結婚​生活​に,過失​そのもの​から​生じる​より​も​多く​の​害​が​生じかね​ない​こと​を​認め​て,そう​する​の​です。