内容へ

目次へ

 特集​記事

燃え尽き ― その対処法

燃え尽き ― その対処法

アニール​と​いう​男性​は,疲れきっ​て​い​まし​た。『名声​も​収入​も​上がる』と​約束​さ​れ​て​新しい​職​に​就い​た​もの​の,毎日​夜遅く​まで​働き,週末​に​も​仕事​を​し​て​い​た​の​です。週​に​最高​80​時間​働く​こと​も​あり​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「職場​は​てんやわんや​で,責任​が​すべて​わたし​に​のしかかっ​て​き​まし​た。それで,心​の​中​で『お前​は​何​を​やっ​て​いる​ん​だ。このまま​だ​と​死ん​で​しまう​ぞ』と​つぶやき​まし​た」。アニール​は​急速​に​燃え尽き​て​ゆき​まし​た。

職場​で​の​燃え尽き​と​は,単なる​疲れ​で​は​あり​ませ​ん。また,仕事​上​の​ストレス​を​多少​感じる​だけ​の​こと​で​も​あり​ませ​ん。よく​ある​特徴​は,慢性​的​な​疲労​感,強い​徒労​感​や​無力​感​です。自分​の​仕事​が​嫌​に​なり,意欲​を​なくし,非​生産​的​に​なる​傾向​が​あり​ます。種々​の​研究​に​よる​と,燃え尽き​た​人​は,感情​面​や​身体​面​で​様々​な​健康​上​の​問題​を​抱える​よう​に​なり​ます。

燃え尽き​の​原因​は​何​でしょ​う​か。一因​は,働き過ぎ​です。経済​的​苦境​に​ある​と​いう​理由​で,雇い主​が​従業​員​に,以前​より​も​長い​時間,時​に​は​少ない​給料​で​働く​よう​求める​場合​も​あり​ます。また,科学​技術​が​発達​し​た​こと​に​より,一部​の​従業​員​は,今や​絶え​ず​仕事​に​縛ら​れ,仕事​と​私生活​と​の​境界​が​あいまい​に​なっ​て​い​ます。ある​人​たち​に​とっ​て​は,雇用​が​安定​し​て​い​ない​こと​や,自分​の​能力​を​発揮​でき​ない​こと​や,職場​で​不​公平​な​扱い​を​受け​て​いる​と​感じる​こと​が,燃え尽き​の​原因​です。また,職場​で​何​を​優先​す​べき​か​が​明確​で​は​ない​こと​や​同僚​と​の​争い​が​ある​こと​も,一因​と​なり​ます。

燃え尽き​は​また,自分​で​引き起こし​て​しまう​場合​も​あり​ます。出世​し​よう,より​多く​の​収入​を​得​よう​と​し​て,仕事​を​増やす​の​です。その​よう​な​人​は,自分​に​過度​に​厳しく​なり,燃え尽き​て​しまう​こと​でしょ​う。

では,あなた​が​その​よう​に​燃え尽き​て​しまっ​て​いる​なら,どう​すれ​ば​回復​できる​でしょ​う​か。もちろん,『今​の​状況​は​自分​で​は​どう​する​こと​も​でき​ない。回復​は​無理​だ』と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。それでも,次​の​4​つ​の​対処​法​を​考慮​し​て​み​て​ください。知ら​なかっ​た​対処​法​が​見つかる​か​も​しれ​ませ​ん。

 1. 優先​順位​を​見直す。

あなた​に​とっ​て​特に​大切​な​もの​は​何​です​か。多く​の​人​は,家族​や​健康​を​上位​に​挙げる​こと​でしょ​う。それら​は,あなた​が​燃え尽き​て​しまっ​て​いる​なら,損なわ​れ​て​いる​可能​性​が​あり​ます。

優先​順位​を​はっきり​さ​せれ​ば,難しい​決定​を​下し​たり​妥協​し​たり​できる​よう​に​なり​ます。例えば,仕事​ゆえに​燃え尽き​そう​に​なっ​て​いる​と​し​ましょ​う。それでも,『収入​が​なけれ​ば​生活​でき​ない​から,仕事​を​替える​こと​や​仕事​量​を​減らす​こと​は​でき​ない』と​考える​か​も​しれ​ませ​ん。確か​に,収入​は​必要​です。しかし,自分​に​とっ​て​一番​大切​な​もの​が​何​か​を​知っ​て​いる​なら,何​より​も​それ​を​守ろ​う​と​する​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

周囲​の​人々​と​同じ​優先​順位​に​従わ​なけれ​ば​なら​ない,と​思い込ま​ない​よう​に​し​ましょ​う。恐らく,あなた​と​雇い主​と​では​優先​順位​が​異なる​こと​でしょ​う。人々​が​仕事​を​第​一​に​し​て​いる​と​し​て​も,それ​と​同じ​よう​に​する​必要​は​ない​の​です。

聖書​の​教え: 「満ちあふれる​ほど​に​豊か​で​あっ​て​も,人​の​命​は​その​所有​し​て​いる​物​から​は​生じ​ない」。―ルカ 12:15

2. 生活​を​簡素​化​する。

ストレス​を​軽減​し​て,本当​に​大切​な​事柄​に​時間​を​充てる​ため​に,勤務​時間​を​減らす​こと​を​考え​たり,雇い主​に​掛け合っ​て​仕事​量​を​減らし​て​もらっ​たり​する​こと​が​できる​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,仕事​を​替え​よう​と​決意​する​か​も​しれ​ませ​ん。どう​する​に​せよ,家計​の​やりくり​を​調整​し,生活​スタイル​を​変える​必要​が​ある​でしょ​う。そう​する​こと​は,思う​ほど​難しく​ない​か​も​しれ​ませ​ん。

多く​の​国​が​消費​志向​社会​と​なっ​て​おり,『幸せ​に​は​高​収入​や​所有​物​が​欠か​せ​ない』と​いう​メッセージ​が​発信​さ​れ​て​い​ます。しかし​実際​に​は,生活​スタイル​は​簡素​な​ほう​が,より​大きな​自由​や​満足​を​得る​こと​が​でき​ます。その​よう​な​生活​を​送る​ため​に,まずは​支出​を​少なく​し​て​貯金​し​ましょ​う。負債​は,できる​だけ​減らす,あるいは​全く​し​ない​よう​に​努め​ましょ​う。生活​を​変える​必要​性​に​つい​て​家族​と​話し合い,家族​の​協力​を​求め​て​ください。

聖書​の​教え: 「命​を​支える​物​と​身​を​覆う​物​と​が​あれ​ば,わたしたち​は​それ​で​満足​する」。―テモテ​第​一 6:8

 3. 仕事​を​断わる​べき​時​を​わきまえる。

もし​仕事​量​が​現実​に​即し​た​もの​で​ない​なら,あるいは​職場​に​何らか​の​根深い​問題​が​ある​なら,その​状況​を​雇い主​と​話し合っ​て​み​ましょ​う。できれ​ば,合意​でき​そう​な​解決​策​を​提案​し​て​み​て​ください。仕事​に​打ち込む​こと​を​約束​し,自分​が​どう​し​たい​の​か​を​説明​し​ます。しかし,何​が​でき​ない​か​に​つい​て​も,はっきり​述べ​て​ください。

先​を​見越し,現実​的​な​考え方​を​し​ましょ​う。仕事​を​減らし​たい​と​申し出れ​ば,雇い主​は,あなた​が​報酬​の​減額​を​受け入れる​もの​と​期待​する​か​も​しれ​ませ​ん。解雇​する​など​と​脅さ​れる​こと​を​予期​し,それ​に​対する​返答​も​考え​て​おき​ましょ​う。また,雇わ​れ​て​いる​間​に​転職​先​を​探す​ほう​が​容易​で​ある,と​いう​こと​も​覚え​て​おく​と​よい​でしょ​う。

仕事​上​の​取り決め​に​関し​て​雇い主​と​合意​でき​た​と​し​て​も,再び​多く​の​仕事​を​引き受ける​よう​に​と​の​圧力​を​受ける​か​も​しれ​ませ​ん。その​圧力​に​屈し​ない​よう​に​する​うえ​で,何​が​助け​に​なる​でしょ​う​か。自分​が​雇い主​に​し​た​約束​を​守る​こと​です。そうすれば,雇い主​に​も,仕事​量​を​合意​し​た​限度​内​に​保つ​こと​を​含め,約束​どおり​に​し​て​くれる​よう​求める​こと​が​でき​ます。

聖書​の​教え: 「あなた方​の“はい”と​いう​言葉​は,はい​を,“いいえ”は,いいえ​を​意味​する​よう​に​し​なさい」。―マタイ 5:37

 4. 体​と​心​を​休める。

職場​に​大きな​問題​は​なく​て​も,ストレス​を​感じ,気難しい​人​と​接し,不​愉快​な​状況​を​我慢​する​こと​は​ある​でしょ​う。そんな​時​に​は,十分​な​休息​を​取り,適度​な​気晴らし​を​楽しむ​と​よい​でしょ​う。費用​を​かけ​なく​て​も,あなた​と​ご家族​が​さわやか​な​ひととき​を​過ごす​こと​は​できる​はず​です。

仕事​以外​の​趣味​や​同僚​以外​の​友人​を​持つ​よう​に​し​ましょ​う。自分​の​価値​を,し​て​いる​仕事​の​種類​や​量​に​よっ​て​定め​て​は​なり​ませ​ん。「お金​か​人生​か」(英語)と​いう​本​に​は,「お金​を​稼ぐ​ため​に​何​を​し​て​いる​か​より​も,どんな​人​か​の​ほう​が,はるか​に​重要​です」と​書か​れ​て​い​ます。もし​自分​らしさ​や​自分​の​価値​を,主​に​どんな​仕事​を​どれ​ほど​する​か​で​決め​て​しまう​なら,仕事​を​減らす​こと​は​難しく​思える​でしょ​う。

聖書​の​教え: 「一握り​の​憩い​は,二握り​の​骨折り​と​風​を​追う​こと​に​勝る」。―伝道​の​書 4:6

燃え尽き​から​回復​する​ため​に​必要​な​変化​を​遂げる​こと​は,本当​に​できる​の​でしょ​う​か。もちろん,でき​ます。この​記事​の​冒頭​で​紹介​し​た​アニール​は,その​良い​例​です。こう​述べ​て​い​ます。「以前​の​雇い主​と​連絡​を​取っ​て,もう​一度​雇っ​て​もらえ​ない​か​尋ね​た​ところ,雇っ​て​もらえ​まし​た。“もっと​いい​所”に​行く​と​言っ​て​転職​し​た​の​で,元​の​同僚​たち​と​顔​を​合わせる​の​は​気恥ずかしい​こと​でし​た。給料​も​大幅​に​減り​まし​た。でも,心​は​平安​です​し,家族​の​ため,また​自分​が​本当​に​大切​だ​と​思っ​て​いる​事柄​の​ため​に,より​多く​の​時間​を​取れる​よう​に​なり​まし​た」。