内容へ

目次へ

ヨーロッパにおける魔女狩り

ヨーロッパにおける魔女狩り

数百​年​前​に​ヨーロッパ​で,魔術​を​恐れる​風潮​が​生じ,魔女​を​探し出し​て​処刑​する​こと​が​行なわ​れ​まし​た。そう​し​た​こと​が,主​に​フランス,ドイツ,イタリア​北部,スイス,および​北海​沿岸​低地​帯,すなわち​ベルギー,ルクセンブルク,オランダ​で​起き​まし​た。「西洋​に​おける​魔女​狩り」(英語)と​いう​本​に​は,「ヨーロッパ​と​ヨーロッパ​人​の​植民​地​で​何十万​と​いう​数​の​人々​が​死​に,……その​ほか​に,拷問​に​かけ​られ,逮捕​さ​れ,尋問​さ​れ,憎ま​れ,罪科​を​負わさ​れ,あるいは​恐怖​心​を​抱かさ​れ​た​人​の​数​は,幾百万​に​も​上っ​た」と​あり​ます。 * 妄想​に​よる​そう​し​た​魔女​狩り​は,なぜ,どんな​経緯​で​始まっ​た​の​でしょ​う​か。

異端​審問​と「魔女​へ​の​鉄槌」

その​背景​に​ある​の​が​異端​審問​です。それ​は,「魔女​狂騒」(ドイツ​語)と​いう​本​の​説明​に​よれ​ば,13​世紀​の​ローマ​・​カトリック​教会​が「背教​者​たち​を​転向​さ​せ,他​の​信徒​たち​が​離れ落ちる​の​を​防ぐ」ため​に​設け​た​制度​で,教会​の​ため​の​警察​の​よう​な​働き​を​し​まし​た。

1484​年​12​月​5​日,教皇​インノケンティウス​8​世​は,魔術​を​断罪​する​勅書​つまり​文書​を​出し,また​異端​審問​官​の​ヤーコプ​・​シュプレンガー​と​ハインリヒ​・​クレーマー(ラテン​語​で​の​別名,ヘンリクス​・​インスティトリス)に,魔術​を​一掃​する​ため​に​闘う​権限​を​与え​まし​た。その​二​人​は,「魔女​へ​の​鉄槌」(ドイツ​語)と​題する​本​を​著わし,カトリック​も​プロテスタント​も​それ​を​魔術​に​関する​権威​と​し​て​受け入れ​まし​た。その​本​に​は,民間​伝承​に​基づく​魔術​に​つい​て​の​空想​的​な​物語​が​幾つ​も​含ま​れ​て​い​まし​た。それ​に​よっ​て,魔術​に​反対​する​神学​上​また​法律​上​の​論議​が​提出​さ​れ,どの​よう​に​魔女​を​見分け​て​排除​する​か​に​関する​指針​が​示さ​れ​まし​た。その「魔女​へ​の​鉄槌」は,「世界​文学​すべて​の​中​で​最も​悪質​で……最も​有害​な​本」と​評さ​れ​て​き​まし​た。

「魔女​へ​の​鉄槌」は,「世界​文学​すべて​の​中​で​最も​悪質​で……最も​有害​な​本」と​評さ​れ​て​き​た

魔術​を​行なっ​た​と​訴える​際,証拠​を​提出​する​こと​は​求め​られ​ませ​ん​でし​た。「魔女​と​魔女​裁判」(ドイツ​語)と​いう​本​に​よれ​ば,裁判​は「専ら​自白​さ​せる​ため,被告​に​言って聞かせ,圧力​を​かけ,あるいは​強要​する​だけ​の​もの」で​あり,大抵,拷問​を​伴い​まし​た。

「魔女​へ​の​鉄槌」と​教皇​インノケンティウス​8​世​の​勅書​に​こたえ​て,ヨーロッパ​で​魔女​狩り​が​大々的​に​始まり​まし​た。さらに,印刷​機​と​いう​新た​な​技術​が​開発​さ​れ​た​結果,魔女​狩り​は​助長​さ​れ,大西洋​を​渡っ​て​アメリカ​に​まで​広まり​まし​た。

嫌疑​を​かけ​られ​た​の​は​どんな​人​たち​か

嫌疑​を​かけ​られ​た​人​たち​の​優​に​70​%​は​女性​で​あり,大抵​は​やもめ​でし​た。やもめ​に​は​自分​を​弁護​し​て​くれる​人​が​い​なかっ​た​から​です。犠牲​者​の​中​に​は,貧しい​人​や,年配​者,薬草​に​よる​治療​を​施し​た,とりわけ​それ​に​よっ​て​治せ​なかっ​た​女性​が​含ま​れ​まし​た。しかし,富ん​で​い​て​も,男性​で​あっ​て​も,高い​地位​に​あっ​て​も,嫌疑​を​かけ​られる​恐れ​は​だれ​に​で​も​あり​まし​た。

人々​は,悪い​こと​は​みな​魔女​の​せい​だ,と​考え​まし​た。「霜​を​降り​させ​たり,カタツムリ​や​毛虫​の​災厄​を​もたらし​たり​し​て,地​の​種​や​果実​を​台なし​に​し​た」と​される​こと​も​あり​まし​た。ドイツ​の​雑誌「ダマルス」は​そう​述べ​て​い​ます。穀物​が​雹​に​打た​れ​て​も,雌牛​の​乳​が​出​なく​なっ​て​も,男性​が​不能,女性​が​不妊​に​なっ​て​も,それ​は​魔女​の​せい​に​され​た​の​です。

魔女​に​は​重さ​が​全く,あるいは​ほとんど​ない,と​考え​られ​て​い​た​ため,嫌疑​を​かけ​られ​た​人​たち​は​体重​を​測定​さ​れ​た

だれ​が​魔女​な​の​か​を,どの​よう​に​し​て​見分け​た​の​でしょ​う​か。魔女​で​は​ない​か​と​疑わ​れ​た​場合,縛ら​れ​て“祝福​さ​れ​た”大量​の​冷水​の​中​に​入れ​られる​人​も​い​まし​た。その​人​は,もし​沈む​なら,無実​と​みなさ​れ​て,引き上げ​られ​まし​た。しかし,浮かぶ​なら,魔女​と​みなさ​れ,その​場​で​処刑​さ​れる​か,さらに​試さ​れ​まし​た。中​に​は,体重​を​測定​さ​れる​人​も​い​まし​た。魔女​に​は​重さ​が​全く,あるいは​ほとんど​ない,と​考え​られ​て​い​た​から​です。

さらには,「悪魔​の​印」を​探す​こと​も​行なわ​れ​まし​た。その​印​は「悪魔​が​付け​た,魔女​と​の​契約​の,目​に​見える​しるし」で​あっ​た,と「西洋​に​おける​魔女​狩り」と​いう​本​は​述べ​て​い​ます。役人​たち​は​その​印​を​探す​ため​に,「嫌疑​を​かけ​られ​た​人​の​全身​の​毛​を​すべて​そり,体​じゅう​を​くまなく​検査​し」まし​た。それ​も​なんと,公衆​の​面前​で​そう​し​た​の​です。そして,生まれつき​の​あざ​や​ほくろ,いぼ,傷あと​など,見つけ​た​どの​箇所​に​も​針​を​突き刺し​まし​た。刺し​て​も​痛み​が​ない​か​血​が​出​ない​なら,それ​は​悪魔​の​印​と​みなさ​れ​まし​た。

カトリック​の​政府​も​プロテスタント​の​政府​も,魔女​狩り​を​奨励​し​まし​た。プロテスタント​の​支配​する​地域​で​は,所​に​よっ​て​は​カトリック​の​支配​する​地域​より​も​厳しく​推し進め​られ​まし​た。しかし,時​たつ​うち​に​道理​が​受け入れ​られる​よう​に​なり​まし​た。例えば​1631​年,イエズス​会​の​司祭​フリードリヒ​・​シュペー​は,それ​まで​魔女​と​され​た​多く​の​人​が​杭​に​付け​られ​て​生き​た​まま​火あぶり​に​される​際​に​付き添い​まし​た​が,自分​の​見​た​ところ​で​は​それら​の​人​の​だれ​も​有罪​で​は​なかっ​た,と​書き​まし​た。そして,もし​魔女​狩り​が​いつ​まで​も​続く​なら​ドイツ​に​は​人​が​だれ​も​い​なく​なっ​て​しまう,と​警告​し​まし​た。その​頃,医師​たち​も,発作​など​の​症状​は​悪霊​に​取りつか​れ​た​の​で​は​なく​健康​上​の​問題​と​関係​が​ある​か​も​しれ​ない,と​いう​こと​を​認める​よう​に​なり​まし​た。それで,17​世紀​の​期間​中​に​魔女​裁判​の​件数​は​激減​し,その​世紀​の​終わり​頃​に​は​ほとんど​なくなり​まし​た。

そう​し​た​暗黒​時代​を​振り返っ​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。それ​は,自ら​を​クリスチャン​と​唱え​て​い​た​人​たち​が​イエス​・​キリスト​の​純粋​な​教え​を​宗教​上​の​うそ​や​迷信​で​置き換え​始め​た​時​に,ひどく​悪らつ​な​こと​を​行なう​よう​に​なっ​た,と​いう​こと​です。聖書​は,その​よう​な​不​忠実​な​人​たち​に​よっ​て​真​の​キリスト​教​が​汚さ​れる​こと​を​予告​し,「真理​の​道​が​あしざま​に​言わ​れる​でしょ​う」と​警告​し​て​い​た​の​です。―ペテロ​第​二 2:1,2

^ 2節 ヨーロッパ​人​の​植民​地​に​は,南北​アメリカ​も​含ま​れ​て​い​まし​た。