内容へ

目次へ

 特集​記事 | それでも​生き​て​ゆける

助けがあるから

助けがあるから

「自分​の​思い煩い​を​すべて​神​に​ゆだね​なさい。神​は​あなた方​を​顧み​て​くださる​から​です」。―ペテロ​第​一 5:7

『状況​を​良く​したく​て​も​何​も​でき​ない』と​感じる​と,『生き​て​ゆく​より​死ん​だ​ほう​が​いい』と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,次​の​よう​な​助け​が​あり​ます。

祈り。祈り​は,単なる​気休め​で​は​あり​ませ​ん。また,窮地​に​陥っ​た​時​だけ​の​最後​の​手段​で​も​あり​ませ​ん。エホバ​神​に​実際​に​意思​を​伝達​する​こと​で​あり,エホバ​は​気遣っ​て​ください​ます。心配事​を​ぜひ​話​し​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れる​の​です。事実,聖書​は,「あなた​の​重荷​を​エホバ​ご自身​に​ゆだねよ。そうすれば,神​が​自ら​あなた​を​支え​て​くださる」と​述べ​て​い​ます。―詩編 55:22

今,祈る​こと​に​よっ​て​神​に​語りかけ​て​は​いかが​です​か。エホバ​と​いう​お名前​を​呼ん​で,心​から​話​し​ましょ​う。(詩編 62:8)エホバ​は,ご自分​を​友​と​し​て​知っ​て​ほしい,と​思っ​て​おら​れ​ます。(イザヤ 55:6。ヤコブ 2:23)祈り​は,いつ​で​も,どこ​で​も​用いる​こと​の​できる,意思​伝達​の​手段​です。

米国​自殺​予防​財団​に​よれ​ば,「自殺​し​た​人​の​圧倒​的​大​多数 ― 90​%​以上 ― は,死ぬ​時点​で​精神​障害​を​抱え​て​い​た。研究​結果​は​一貫​し​て​その​事実​を​示し​て​いる。しかし,これ​まで​そう​し​た​障害​は,抱え​て​いる​こと​に​気づか​れ​ない,正しく​診断​さ​れ​ない,あるいは​適切​な​治療​を​施さ​れ​ない​こと​が​多かっ​た」。

気遣っ​て​くれる​人​たち。あなた​の​命​は,あなた​に​気遣い​を​示し​て​き​た​家族​や​友人​など,他​の​人​たち​に​とっ​て​大切​です。気遣っ​て​くれる​人​たち​の​中​に​は,あなた​が​一度​も​会っ​た​こと​の​ない​人​も​い​ます。例えば,エホバ​の​証人​は​宣教​奉仕​中​に,取り乱し​た​人​に​出会い,『必死​に​助け​を​求め​て​い​た​ん​です。命​を​絶つ​こと​も​考え​て​い​まし​た』と​打ち明け​られる​場合​が​あり​ます。エホバ​の​証人​は,戸別​訪問​に​よる​奉仕​の​際​に,その​よう​な​人​を​助ける​貴重​な​機会​を​得​て​き​まし​た。証人​たち​は,イエス​の​手本​に​倣っ​て,人間​同胞​の​こと,あなた​の​こと​を​気遣っ​て​い​ます。―ヨハネ 13:35

専門​家​に​よる​援助。自殺​を​考える​の​は,多く​の​場合,うつ病​など​の​気分​障害​を​抱え​て​いる​から​か​も​しれ​ませ​ん。感情​面​の​病気​を​患っ​て​いる​と​し​て​も,恥じる​必要​は​あり​ませ​ん。それ​は,身体​面​の​病気​を​患っ​た​場合​と​同じ​こと​です。実際,うつ病​は「心​の​風邪」と​呼ば​れ​て​い​ます。だれ​で​も​それ​に​かかる​こと​が​あり,治療​できる​の​です。 *

忘れ​ない​で​ください: 普通,うつ病​と​いう​深い​穴​から​自力​で​はい上がる​こと​は​不可能​です。しかし,助け​て​もらえ​ば,抜け出す​こと​は​可能​です。

いま​自分​に​できる​こと: うつ病​など​の​気分​障害​を​治療​し​て​くれる,評判​の​良い​専門​医​を​探し​ましょ​う。

^ 8節 自分​の​命​を​絶と​う​と​いう​気持ち​が​強い​なら,あるいは​長引い​て​いる​なら,相談​できる​機関​を​探し​て​み​て​ください。自殺​防止​ホットライン​など​の​相談​窓口​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。そこ​に​は,援助​を​差し伸べる​よう​訓練​さ​れ​た​人​たち​が​い​ます。