内容へ

目次へ

 聖書​の​見方

うつ病

うつ病

うつ病​と​は​何​です​か

「わたし​は​度​を​失い,極度​に​身​を​かがめ,一日​じゅう​悲しみ​を​抱い​て​歩き回り​まし​た」。―詩編 38:6

研究​者​たち​の​見方

だれ​で​も​落ち込む​こと​は​あり​ます​が,うつ病​は​一過​性​の​もの​で​は​なく,日常​生活​を​送る​こと​も​難しく​させる​消耗​性​の​疾患​です。何​が“普通​の​悲嘆”で,何​が“疾患”な​の​か​に​つい​て​は,専門​家​すべて​の​意見​が​一致​し​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。しかし,『自分​は​だめ​な​人間​だ』と​いっ​た​気持ち​や​過度​の​罪悪​感​を​伴う​こと​も​ある,非常​に​消極​的​な​感情​に​悩まさ​れる​人​が​いる​こと​は​確か​です。

聖書​の​見方

聖書​に​は,消極​的​な​感情​に​悩まさ​れ​た​様々​な​人​の​こと​が​述べ​られ​て​い​ます。例えば,ハンナ​は「魂​が​苦しん​で」い​た,と​記さ​れ​て​い​ます。この​表現​は,「悲嘆​に​暮れ​て」と​か「ひどく​苦悩​し​て」と​も​訳せ​ます。(サムエル​第​一 1:10)預言​者​エリヤ​は,ある​時​など,あまりに​も​打ちひしが​れ​て,命​を​取り去っ​て​ほしい​と​祈っ​た​ほど​です。―列王​第​一 19:4

1​世紀​の​クリスチャン​たち​は,「憂い​に​沈ん​だ​魂​に​慰め​の​ことば​を​かけ(る)」よう​諭さ​れ​まし​た。(テサロニケ​第​一 5:14)ある​参考​文献​に​よれ​ば,「憂い​に​沈ん​だ​魂」と​訳さ​れ​て​いる​元​の​言葉​は,「一時​的​に​生活​上​の​ストレス​に​押しつぶさ​れ​そう​に​なっ​て​いる」人​を​指す​こと​も​あり​ます。それら​の​例​から,聖書​中​の​忠実​な​人​で​も​時​に​は​憂うつ​に​なっ​た​こと​が​分かり​ます。

 うつ病​に​なる​の​は​当人​の​せい​です​か

「創造​物​すべて​は​今​に​至る​まで​共​に​うめき,共​に​苦痛​を​抱い​て​いる」。―ローマ 8:22

聖書​の​見方

聖書​に​よれ​ば,病気​は​最初​の​人間​夫婦​の​反逆​に​よっ​て​生じ​た​弊害​の​一つ​です。例えば​詩編 51​編​5​節​に​は,「わたし​は​とが​と​共​に,産み​の​苦しみ​を​もっ​て​産み出され,わたし​の​母​は​罪​の​うち​に​わたし​を​宿し​まし​た」と​述べ​られ​て​い​ます。また​ローマ 5​章​12​節​で​は,「一​人​の​人[最初​の​人間​アダム]を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」と​説明​さ​れ​て​い​ます。だれ​も​が​アダム​から​罪​つまり​不​完全​さ​を​受け継い​で​いる​ため,身体​面​で​も​感情​面​で​も​病気​に​なり​やすい​の​です。その​結果,聖書​の​言う​とおり,「創造​物​すべて​は​今​に​至る​まで​共​に​うめき,共​に​苦痛​を​抱い​て」い​ます。(ローマ 8:22)と​は​いえ​聖書​は,どんな​医師​も​差し伸べる​こと​の​でき​ない​希望​を​与え​て​くれ​て​い​ます。神​の​約束​し​て​くださっ​て​いる​平和​な​新しい​世​で​は,うつ病​を​含め​病気​や​疾患​すべて​が​なくなる,と​いう​希望​です。―啓示 21:4

うつ病​に​どの​よう​に​対処​でき​ます​か

「エホバ​は​心​の​打ち砕か​れ​た​者​たち​の​近く​に​おら​れ,霊​の​打ちひしが​れ​た​者​たち​を​救っ​て​くださる」。―詩編 34:18

考え​て​おく​と​よい​の​は​なぜか

だれしも​自分​の​状況​を​いつ​で​も​思いどおり​に​できる​わけ​で​は​なく,災難​に​見舞わ​れる​こと​も​あり​ます。(伝道​の​書 9:11,12)それでも,消極​的​な​感情​に​支配​さ​れ​ない​よう​実際​的​な​対策​を​講じる​こと​が​でき​ます。

聖書​の​見方

聖書​も​認め​て​いる​とおり,病気​の​人​に​は​医者​が​必要​です。(ルカ 5:31)ですから,もし​消耗​性​の​気分​障害​を​抱え​て​いる​の​で​あれ​ば,医師​に​診​て​もらう​の​は​良い​こと​です。聖書​は,祈り​の​価値​も​強調​し​て​い​ます。例えば​詩編 55​編​22​節​に​は,「あなた​の​重荷​を​エホバ​ご自身​に​ゆだねよ。そうすれば,神​が​自ら​あなた​を​支え​て​くださる。神​は​義​なる​者​が​よろめかさ​れる​こと​を​決して​お許し​に​なら​ない」と​あり​ます。祈り​は​単なる​気休め​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​神​と​実際​に​意思​を​通わせる​こと​です。神​は「心​の​打ち砕か​れ​た​者​たち​の​近く​に​おら​れ(る)」の​です。―詩編 34:18

また,自分​の​気持ち​を​親しい​友​に​打ち明ける​こと​も,助け​に​なり​ます。(箴言 17:17)エホバ​の​証人​で​ある​ダニエラ​は,こう​述べ​て​い​ます。「仲間​の​一​人​が​優しく​わたし​に,うつ病​の​こと​を​話す​よう​促し​て​くれ​まし​た。わたし​は,それ​まで​幾​年​も​その​よう​な​会話​を​避け​て​い​た​の​です​が,話し​て​ゆく​うち​に,わたし​が​必要​と​し​て​い​た​の​は​心​を​打ち明ける​こと​だっ​た​の​だ,と​気づき​まし​た。自分​で​も​驚い​た​の​です​が,話し​たら​本当​に​気持ち​が​楽​に​なり​まし​た」。