内容へ

目次へ

 家族​の​ため​に | 結婚​生活

“だんまり戦術”を回避するには

“だんまり戦術”を回避するには

現実​の​問題

愛し合う​こと​を​誓っ​た​二​人​が,何​時間​も ― 場合​に​よっ​て​は​何​日​も ― 口​を​きか​ない​こと​が​あり​ます。「少なく​と​も​言い争い​は​し​て​い​ない」と​考え​て​そう​する​の​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,問題​は​解決​さ​れ​て​おら​ず,二​人​と​も​居​心地​が​よく​あり​ませ​ん。

なぜ​そう​なる​の​か

報復。ある​人​は,仕返し​に​だんまり​を​決め込み​ます。例えば,夫​が​妻​に​相談​せ​ず​に​週末​の​予定​を​立てる​と​し​ます。その​こと​を​知っ​た​妻​は​怒り​出し,無​神経​だ​と​夫​に​言い​ます。それ​に​対し​夫​は,「すぐ​に​腹​を​立てる​な」と​言い返し​ます。妻​は​逆上​し​て​その​場​を​離れ,口​を​きか​なく​なり​ます。「傷つけ​られ​た​から,お返し​よ」と​言わ​ん​ばかり​です。

相手​を​操る。自分​の​思いどおり​に​なる​よう​仕向ける​ため​に​だんまり​を​決め込む​人​も​い​ます。例えば,夫婦​が​旅行​を​計画​し,妻​は​自分​の​両親​を​連れ​て​行き​たい​と​し​ます。夫​は​反対​し,「君​は​僕​と​結婚​し​た​ん​だろ​う」と​言い​ます。そして,妻​を​避け,口​を​きか​なく​なり​ます。そう​すれ​ば​妻​は​あきらめ,自分​の​言う​とおり​に​する​だろ​う​と​考える​の​です。

もちろん,口論​が​ヒートアップ​し​た​時​に​少し​間​を​置く​なら,頭​を​冷やす​こと​が​でき​ます。その​よう​な​無言​の​時間​は​益​と​なる​でしょ​う。聖書​も,「黙っ​て​いる​の​に​時​が」ある​と​述べ​て​い​ます。(伝道​の​書 3:7)しかし,報復​や​相手​を​操る​ため​に​だんまり​戦術​を​使う​なら,争い​が​長引く​だけ​で​なく,互い​に​対する​敬意​も​薄れ​て​ゆき​ます。どう​すれ​ば​そう​し​た​事態​を​回避​できる​でしょ​う​か。

 どう​すれ​ば​よい​か

だんまり​戦術​を​回避​する​ため​の​最初​の​ステップ​は,その​戦術​に​は​せいぜい​一時​的​な​効果​しか​ない​と​いう​点​を​認める​こと​です。確か​に,口​を​きか​ない​こと​で​うさ晴らし​に​なっ​たり,配偶​者​に​言う​こと​を​きか​せ​たり​できる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,愛する​こと​を​誓っ​た​相手​に,その​よう​な​接し方​を​す​べき​でしょ​う​か。もっと​よい​方法​で​争い​を​解決​できる​はず​です。

識別​力​を​働か​せる。聖書​に​よれ​ば,愛​は「刺激​さ​れ​て​も​いら立ち​ませ​ん」。(コリント​第​一 13:4,5)ですから,「あなた​は​全然​聞い​て​くれ​ない」と​か,「君​は​いつも​遅い」と​いっ​た​感情​的​な​言葉​に,過剰​に​反応​し​ない​よう​に​し​ましょ​う。相手​が​どんな​気持ち​で​そう​言う​の​か​を​識別​する​よう​に​し​ます。例えば,「あなた​は​全然​聞い​て​くれ​ない」と​いう​言葉​は,「わたし​の​意見​を​まじめ​に​取り合っ​て​くれ​て​い​ない」と​いう​気持ち​の​表われ​か​も​しれ​ませ​ん。―聖書​の​原則: 箴言 14:29

配偶​者​を​対戦​相手​で​は​なく​チームメート​と​みなす

声​を​和らげる。言い争い​は​だんだん​激しく​なる​もの​です。しかし,ヒートアップ​し​ない​よう​に,行なえる​こと​が​あり​ます。「結婚​の​絆​を​守る」(英語)と​いう​本​は​こう​述べ​て​い​ます。「緊張​を​緩和​し,感情​の​高ぶり​を​抑える​ため​に​非常​に​有効​な​の​は,声​の​トーン​を​下げ,相手​の​見方​を​受け入れる​こと​で​ある。それ​だけ​で​丸く​収まる​こと​も​多い」。―聖書​の​原則: 箴言 26:20

“二​人​は​チーム”と​いう​考え方​を​する。聖書​に​は,「おのおの​自分​の​益​で​は​なく,他​の​人​の​益​を​求め​て​ゆき​なさい」と​あり​ます。(コリント​第​一 10:24)配偶​者​を​対戦​相手​で​は​なく​チームメート​と​みなす​なら,すぐ​に​腹​を​立て​て​口論​し​た​あげく​口​を​きか​なく​なる,と​いう​こと​を​避け​られる​でしょ​う。―聖書​の​原則: 伝道​の​書 7:9

だんまり​戦術​は,聖書​の​次​の​諭し​と​相いれ​ませ​ん。「あなた方​一人一人​も,それぞれ​自分​を​愛する​よう​に​妻​を​愛し​なさい。一方,妻​は​夫​に​対し​て​深い​敬意​を​持つ​べき​です」。(エフェソス 5:33)配偶​者​と​話し合い,だんまり​戦術​は​使わ​ない​こと​に​する​の​は​いかが​でしょ​う​か。