内容へ

目次へ

 インタビュー | ブレット​・​シェンク

「生命は神によって設計されたと確信するようになりました」

「生命は神によって設計されたと確信するようになりました」

米国​在住​の​ブレット​・​シェンク​は,動物​と​植物​と​環境​の​相互​依存​関係​を​研究​し,環境​コンサルタント​と​し​て​働い​て​い​まし​た。彼​は​どんな​理由​で​創造​者​の​存在​を​信じ​て​いる​の​でしょ​う​か。本誌​は,研究​分野​と​信仰​に​つい​て​インタビュー​し​まし​た。

この​分野​を​研究​する​よう​に​なっ​た​の​は​なぜ​です​か。

機械​技師​だっ​た​父​は​よく,数学​と​科学​の​魅力​に​つい​て​話​し​て​くれ​まし​た。わたし​は​子ども​の​ころ,米国​オハイオ​州​ニューパリス​の​自宅​近く​に​あっ​た​小川​や​池​で,植物​や​動物​を​観察​する​の​が​大好き​でし​た。それで,パーデュー​大学​で​生態​学​を​専攻​し​まし​た。

宗教​に​は​関心​が​あり​まし​た​か。

はい。父​から,我​が​家​の​宗教​の​ルーテル​派​に​つい​て​学ぶ​よう​勧め​られ​まし​た。聖書​の​原語​の​一つ​で​ある​コイネー(共通)ギリシャ​語​を​勉強​し,聖書​に​深い​敬意​を​抱く​よう​に​なり​まし​た。

進化​論​に​つい​て​は​どう​考え​て​い​まし​た​か。

うち​の​教会​は​進化​論​を​受け入れ​て​い​まし​た。同僚​たち​も​進化​論​を​信じ​て​い​まし​た。ですから,疑問​を​感じ​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ん​でし​た。でも,神​も​信じ​て​い​まし​た。進化​論​と​神​は​両立​し​得る​と​いう​漠然​と​し​た​概念​を​持っ​て​い​た​ん​です。聖書​に​敬意​を​抱い​て​は​い​まし​た​が,聖書​が​神​から​の​もの​だ​と​は​思っ​て​い​ませ​ん​でし​た。

何​が​きっかけ​で​聖書​に​対する​見方​が​変わり​まし​た​か。

スティーブ​と​サンディー​と​いう​エホバ​の​証人​が​訪ね​て​来​まし​た。そして,わたし​と​妻​の​デビー​に,聖書​は​科学​の​教科​書​で​は​ない​が​科学​的​に​正確​で​ある,と​いう​こと​を​話し​て​くれ​まし​た。例えば​聖書​は,神​が「地​の​円​の​上​に​住む​方」で​ある,と​述べ​て​い​ます。(イザヤ 40:22)また,「神​は……地​を​無​の​上​に​掛け​て​おら​れる」と​も​あり​ます。(ヨブ 26:7)その​ころ​わたし​は​生態​学​の​研究​に​衛星​写真​を​使っ​て​い​た​の​で,これら​の​聖句​に​感銘​を​受け​まし​た。何​も​ない​ところ​に​浮かぶ​丸い​ 地球​の​写真​など​まだ​なかっ​た​時代​に,こう​し​た​言葉​が​書か​れ​た​の​です。妻​と​一緒​に​スティーブ​と​サンディー​から​聖書​に​つい​て​学び,成就​し​た​預言,役立つ​アドバイス,納得​の​ゆく​説明​が​記さ​れ​て​いる​こと​を​知り​まし​た。そして​徐々​に,聖書​が​神​の​言葉​で​ある​こと​を​確信​する​よう​に​なり​まし​た。

生命​の​起源​に​関する​考え​が​変わっ​た​の​は​いつ​です​か。

スティーブ​が​聖書​の​明快​な​言葉​を​見せ​て​くれ​まし​た。「エホバ​神​は​地面​の​塵​で​人​を​形造……られ​た」と​いう​言葉​です。(創世記 2:7)最初​の​人間​に​は,きちんと​し​た​出生​記録​が​ある​の​です。それで,聖書​の​記述​は​科学​的​な​事実​と​調和​し​て​いる​の​だろ​う​か,と​考える​よう​に​なり​まし​た。スティーブ​に​勧め​られ,その​点​を​調べ​て​みる​こと​に​し​まし​た。

進化​論​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​まし​た​か。

いろいろ​な​こと​が​分かり​まし​た。例えば,進化​論​は​種​の​起源​を​説明​し​よう​と​し​て​い​ます。生物​は,心臓​や​肺​や​目​と​いっ​た​精巧​な​器官​で​でき​て​い​ます。顕微鏡​で​細胞​を​見る​と,その​中​に​見事​に​設計​さ​れ​た​システム​が​ある​こと​に​気づき​ます。これら​の​設計​は​どこ​から​生じ​た​の​でしょ​う​か。進化​論​者​は,最も​優れ​た​メカニズム​が​適者​生存​に​よっ​て​自然​選択​さ​れる,と​言い​ます。しかし​そもそも,その​メカニズム​は​どこ​から​生じ​た​の​でしょ​う​か。多く​の​科学​者​は,進化​論​が​その​答え​に​なる​と​は​考え​て​い​ませ​ん。ある​動物​学​の​教授​から,自分​は​進化​論​など​全く​信じ​て​い​ない,と​打ち明け​られ​た​こと​が​あり​ます。しかし​彼​は,職​を​失う​こと​を​恐れ​て,自分​の​意見​を​公​に​し​ませ​ん​でし​た。

生態​学​の​知識​に​よっ​て​信仰​が​深まり​まし​た​か。

はい。わたし​は,生物​の​相互​依存​も​研究​し​て​い​まし​た。地球​上​の​すべて​の​生物​は​他者​に​依存​し​て​い​ます。例えば,花​と​ミツバチ​が​そう​です。花​の​色,香り,蜜,構造​は,ミツバチ​を​引きつけ​て​その​体​に​花粉​を​付ける​よう​に​設計​さ​れ​て​い​ます。ミツバチ​は,蜜​を​吸い,花粉​を​ほか​の​花​に​運ん​で​受粉​さ​せる​よう​に​設計​さ​れ​て​い​ます。花​と​ミツバチ​は​互い​の​必要​を​満たす​よう​に​設計​さ​れ​て​いる​の​です。

「地球​の​生命​システム​全体​の​回復​力​に​つい​て​考え,生命​は​神​に​よっ​て​設計​さ​れ​た​と​確信​する​よう​に​なり​まし​た」

生態​系​に​は,壮大​な​スケール​の​相互​依存​関係​が​見​られ​ます。生態​系​と​は,多種​多様​な​動物​・​植物​・​細菌​・​菌類​など​の​生物​群集​と​それ​を​取り巻く​環境​の​こと​です。すべて​の​動物​は,食物​と​酸素​を​供給​し​て​くれる​植物​に​依存​し​て​おり,花​を​つける​植物​の​大半​は​動物​に​依存​し​て​い​ます。生態​系​は​極めて​複雑​で​あり,その​中​に​いる​生物​は​脆弱​な​存在​です​が,生態​系​は​何千​年​も​存続​し​ます。たとえ​汚染​に​よっ​て​ダメージ​を​受け​て​も,汚染​源​が​なくなれ​ば,複雑​な​生態​系​が​すぐ​に​再生​し​始め​ます。わたし​は,地球​の​生命​システム​全体​の​回復​力​に​つい​て​考え,生命​は​神​に​よっ​て​設計​さ​れ​た​と​確信​する​よう​に​なり​まし​た。

エホバ​の​証人​に​なっ​た​の​は​なぜ​です​か。

わたし​は,人間​社会​に​よる​環境​破壊​を​憂慮​し​て​い​まし​た。生態​系​に​は​回復​力​が​ある​と​は​いえ,限界​も​あり​ます。でも,神​が「地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せる」と​聖書​に​記さ​れ​て​いる​こと​を,エホバ​の​証人​から​学び​まし​た。(啓示 11:18)その​言葉​は​心​に​響き​まし​た。そして,聖書​を​学ぶ​に​つれ,聖書​の​差し伸べ​て​いる​希望​は​信頼​できる​こと​が​分かり​まし​た。

わたし​は,自分​の​信じ​て​いる​事柄​を​他​の​人​に​話す​の​が​好き​です。これ​まで​に​何​人​か​の​科学​者​が​聖書​を​学ぶ​の​を​援助​でき​まし​た。もっと​多く​の​時間​を​費やし​たい​と​思い,55​歳​で​早期​退職​し​まし​た。生命​の​創造​者​と,この​素晴らしい​地球​に​対する​創造​者​の​目的​に​つい​て​語る​こと​が​でき,本当​に​うれしく​思っ​て​い​ます。