内容へ

目次へ

私のことをあきらめずにいてくれました

私のことをあきらめずにいてくれました

私​は​かつて,酒​に​浸り​暴力​を​振るっ​て​い​まし​た。ある​日,悲しい​知らせ​を​聞い​て​自分​の​生き方​を​見つめ直す​よう​に​なり​まし​た。ご説明​し​ましょ​う。

私​は​1943​年​に​米国​オクラホマ​州​ルボトム​で​生ま​れ​まし​た。子ども​時代​から,すでに​暴力​が​染みつい​て​い​まし​た。高校​最後​の​年​に​は​常習​的​に​酒​を​飲む​よう​に​なり​まし​た。父​も​酒​に​依存​し​暴力​を​振るう​人​でし​た。私​が​飲む​こと​で​父​と​奇妙​な​絆​が​生ま​れ​まし​た。一緒​に​ダンス​や​近所​の​集まり​に​出かけ​て​は,ひたすら​飲ん​で​喧嘩​を​し​て​い​まし​た。

1966​年​に​結婚​し,妻​シャーリー​と​の​間​に​娘​の​アンジェラ​と​息子​の​ショーン​を​もうけ​まし​た。それでも​飲み過ぎ​を​改める​つもり​は​あり​ませ​ん​でし​た。生活​の​足し​に​マリファナ​を​栽培​し​て​売る​よう​に​なり​まし​た。また,地元​の​バー​で​用心​棒​と​し​て​雇っ​て​もらい,酒​と​暴力​が​好き​な​私​に​は​願っ​て​も​ない​仕事​でし​た。その​ころ​は​何​も​怖い​もの​など​ない​と​思っ​て​い​まし​た。ほか​の​人​の​気持ち​に​も​無​頓着​でし​た。

「俺​の​ところ​に​は​だれ​も​連れ​て​来る​な」

シャーリー​の​いとこ​が​カリフォルニア​州​に​引っ越し​て​から​聖書​を​学び,エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。彼​は​オクラホマ​に​戻っ​た​時,新た​に​学ん​だ​事柄​を​シャーリー​に​話し​まし​た。シャーリー​は​すぐ​に​真理​だ​と​思い,聖書​を​詳しく​学ん​だ​後,エホバ​の​証人​に​なる​こと​に​決め,1976​年​に​バプテスマ​を​受け​まし​た。私​は​妻​の​宗教​と​かかわり​を​持ち​たく​あり​ませ​ん​でし​た。「俺​の​ところ​に​は​だれ​も​連れ​て​来る​な。連れ​て​来​て​も​無駄​だ」と​言い​まし​た。

妻​は​聖書​の​原則​を​曲げる​こと​は​し​ませ​ん​でし​た。それ​と​とも​に,私​を​愛し​て​いる​こと​を​引き続き​示し​て​くれ​まし​た。子ども​を​連れ​て​地元​の​王国​会館​で​開か​れる​クリスチャン​の​集会​に​出かける​時​に​は,一緒​に​行く​よう​心​から​誘っ​て​くれ​た​もの​です。娘​の​アンジェラ​から​も,「パパ,一緒​に​集会​に​行こ​う​よ」と​言わ​れ​まし​た。

私​は​違法​な​活動​に​かかわっ​て​い​た​の​で,銃​を​いつも​持ち歩い​て​い​まし​た。また,家​を​何​日​も​空け​て​しまう​こと​も​あり,その​たび​に​妻​と​の​関係​が​ぎくしゃく​し​まし​た。家​に​戻っ​た​時​に​は,妻​を​なだめ​よう​と,集会​に​何​度​か​行っ​た​もの​です。集まっ​て​い​た​エホバ​の​証人​は​いつも​穏やか​に​接し​て​くれ,教え​て​いる​事柄​も​筋​が​通っ​て​いる​よう​に​思え​まし​た。

やがて​会衆​の​長老​が​聖書​を​一緒​に​学ぶ​よう​勧め​て​くれ​た​の​で,応じ​まし​た。しかし,残念​ながら​生活​態度​ は​変わり​ませ​ん​でし​た。おも​な​理由​は,良く​ない​仲間​と​の​付き合い​が​続い​て​い​た​こと​に​あり​ます。状況​を​察し​た​その​長老​は,悪い​仲間​と​交わる​こと​の​危険​に​つい​て​述べ​た​聖書​の​原則​を​示し​て​くれ​まし​た。(コリント​第​一 15:33)その​勧め​は​聖書​に​基づく​もの​でし​た​が,私​は​腹​を​立て​て​学ぶ​の​を​やめ,以前​に​も​まして​素行​は​ひどく​なり​まし​た。愚か​に​も​意地​を​張っ​た​こと​で,妻​と​子ども​たち​を​傷つけ​て​しまい​まし​た。

「あなた​の​こと​は​忘れ​て​い​ませ​ん​よ」

1983​年​に​悲しい​知らせ​を​受け​まし​た。かわいがっ​て​い​た​甥​が​亡くなっ​た​の​です。強い​衝撃​を​受け,自分​の​生き方​を​見つめ直す​よう​に​なり​まし​た。妻​や​子ども​と​の​絆​こそ​かけがえ​の​ない​もの​だ​と​思っ​て​い​ながら,実際​に​は​家族​に​ひどい​態度​を​取っ​て​いる​こと​に​気づい​た​の​です。こう​し​て​目​が​覚め​た​こと​が​転機​と​なり​まし​た。甥​の​葬式​で,ジョン​と​いう​高齢​の​エホバ​の​証人​が​私​の​肩​に​腕​を​まわし,「あなた​の​こと​は​忘れ​て​い​ませ​ん​よ。ずっ​と​気​に​かけ​て​い​た​ん​です​よ」と​言っ​て​くれ​まし​た。まさに​必要​と​し​て​い​た​励まし​でし​た。翌日​ジョン​に​電話​で,また​聖書​を​学び​たい​と​伝え​まし​た。遅まき​ながら​この​たび​は​自分​を​変え​よう​と​心​に​決め​て​い​まし​た。

1​回​目​の​聖書​研究​で​祈り​に​つい​て​取り上げ​られ,祈っ​て​み​ます,と​ジョン​に​伝え​まし​た。翌日,まっとう​な​仕事​を​探し​始め​まし​た​が,見つかり​ませ​ん​でし​た。小型​トラック​を​運転​し​て​い​た​時​に,「エホバ,ここ​で​生活​しろ​って​言う​ん​だっ​たら,仕事​を​見つけ​て​くれ​なきゃ​だめ​です​よ」と​声​に​出し​て​祈り​まし​た。その​直後​に,「何​ばか​な​こと​言っ​て​る​ん​だ。独り​で​ぶつぶつ​言っ​て​なん​に​なる?」と​思い​まし​た。「祈り​を​聞か​れる​方」と​し​て​の​神​に​対する​信仰​は,まだまだ​不足​し​て​い​まし​た。また,祈り​の​質​も​とても​褒め​られ​た​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。(詩編 65:2)それなのに,何​と​翌日​に​仕事​の​話​が​あっ​た​の​です。

祈り​の​力​を​知っ​た​こと​で,エホバ​へ​の​愛​は​深まり,エホバ​が​導い​て​くださる​と​いう​確信​が​強まり​まし​た

その​後,もっと​頻繁​に,真剣​に​祈る​よう​に​なり​まし​た。折​ある​ごと​に​エホバ​が​祝福​し​て​くださっ​て​いる​の​が​分かり​まし​た。神​の​存在​は​かねて​から​認め​て​い​まし​た​が,こう​し​た​経験​を​通し​て​ヨハネ​第​一 5​章​14​節​が​真実​で​ある​こと​を​理解​でき​まし​た。「何​で​あれ​わたしたち​が​その​ご意志​に​したがって​求める​こと​で​あれ​ば,神​は​聞い​て​くださる」と​ある​とおり​です。祈り​の​力​を​知っ​た​こと​で,エホバ​へ​の​愛​は​深まり,エホバ​が​導い​て​くださる​と​いう​確信​が​強まり​まし​た。―箴言 3:5,6

クリスチャン​の​集会​に​再び​出席​し​始める​と,エホバ​の​証人​から​温かく​歓迎​さ​れ​まし​た。その​人​たち​が​確か​ に「互い​に​心​から​熱烈​に​愛し合」っ​て​いる​こと​も​分かり,深く​感動​し​まし​た。(ペテロ​第​一 1:22箴言 13​章​20​節​の​言葉​が​真実​で​ある​こと​も​認識​する​よう​に​なり​まし​た。「賢い​者​たち​と​共​に​歩ん​で​いる​者​は​賢く​なり,愚鈍​な​者​たち​と​交渉​を​持つ​者​は​苦しい​目​に​遭う」と​述べ​られ​て​い​ます。

長い​あいだ​家族​を​困らせ​悲しま​せ​て​き​まし​た​が,平和​な​態度​を​取り,良い​夫,父親,話し​相手​に​なろ​う​と​努力​し​まし​た。聖書​の​次​の​諭し​を​当てはめる​よう​に​し​た​の​です。「夫​は​自分​の​体​の​よう​に​妻​を​愛す​べき​です」,また「子供​を​いらいら​させ​て​気落ち​さ​せる​こと​の​ない​よう​に​し​なさい」と​いう​父親​に​対する​諭し​です。―エフェソス 5:28。コロサイ 3:21

当然​ながら,私​の​変化​に​よっ​て​家族​に​良い​影響​が​及び​まし​た。マタイ 5​章​3​節​に​ある,「自分​の​霊的​な​必要​を​自覚​し​て​いる​人​たち​は​幸い​です」と​いう​イエス​の​言葉​の​とおり​でし​た。ついに​真​の​幸福​を​見いだし​た​の​です。

1984​年​6​月,娘​の​アンジェラ​は​エホバ​の​証人​の​大会​で​インタビュー​を​受け​まし​た。父親​が​かつて​は​どんな​人​だっ​た​か,また​どの​よう​に​変わっ​た​か​を​話す​もの​でし​た。そして​うれしい​こと​に,父親​が​会場​の​最前列​に​座っ​て​今日​バプテスマ​を​受ける,と​結び​まし​た。

妻​シャーリー​と​共​に

エホバ​が​私​の​よう​な​者​を​見限ら​なかっ​た​こと​に​深く​感謝​し​て​い​ます。妻​と​子ども​たち​も​あきらめ​ませ​ん​でし​た。その​こと​も​ありがたく​思っ​て​い​ます。妻​シャーリー​は​まさに​クリスチャン​と​し​て,ペテロ​第​一 3​章​1,2​節​の​次​の​訓戒​を​真剣​に​当てはめ​て​き​た​の​です。「妻​たち​よ,自分​の​夫​に​服し​なさい。それ​は,み言葉​に​従順​で​ない​者​が​いる​と​し​て​も,言葉​に​よら​ず,妻​の​行状​に​よっ​て……引き寄せ​られる​ため​です」。私​が​身勝手​な​生き方​を​し​て​い​た​間​も,妻​は​私​から​離れ​ず,辛抱​し,りっぱ​に​振る​舞っ​て​くれ​まし​た。その​よう​に​手​を​差し伸べ​続け​て​くれ​た​の​で,ついに​心​を​改める​こと​が​でき​まし​た。

バプテスマ​を​受け​て​から​は,信者​で​ない​配偶​者​を​持つ​人​たち​に,あきらめ​ない​よう​励ます​ため​に​妻​の​手本​を​よく​用い​て​き​まし​た。こう​話​し​て​い​ます。「時​が​来れ​ば​エホバ​は,み言葉​聖書​の​持つ​力​を​用いる​こと​が​おでき​に​なり​ます。最初​は​とても​無理​に​思え​て​も,あなた​の​良い​振る舞い​を​見​て,ご主人​も​変わる​か​も​しれ​ませ​ん」。