内容へ

目次へ

粋で愉快なハシグロアビ

粋で愉快なハシグロアビ

ハシグロアビ​の​物悲しい​鳴き声​は,一度​聞く​と,いつ​まで​も​耳​に​残り​ます。カナダ,アメリカ​北部,ヨーロッパ​の​人里​離れ​た​淡水​湖​や​川​に​響く,人恋しさ​を​かき立てる​よう​な​声​です。

ハシグロアビ​は,米国​ミネソタ​州​の​州鳥​に​なっ​て​いる​美しい​水鳥​です。カナダ​の​1​ドル​硬貨​の​絵柄​に​も​なっ​て​おり,その​硬貨​は​アビ(英語​で​ルーン)に​ちなん​で「ルーニー」と​呼ば​れ​て​い​ます。と​は​いえ,ハシグロアビ​は​渡り鳥​で,はるか​南​の​沿岸​地方​で​冬​を​過ごし​ます。さて,どんな​声​で​鳴く​の​でしょ​う​か。

ウェイル,フート,トレモロ,ヨーデル

鳴い​て​いる​ハシグロアビ

この​鳥​は,特徴​の​ある​声​を​使い分け​ます。その​一つ​ウェイル​は,夕方​や​夜​に​聞か​れる​悲しげ​な​声​で,何​キロ​も​先​まで​届き​ます。フート​は​優しい​声​で,つがい​の​相手,ひな,同じ​湖​に​いる​仲間​と​の​絆​を​確かめ合う​ため​に​使わ​れ​ます。トレモロ​は​警戒​信号​で,「気​の​狂っ​た​よう​な​笑い声」と​も​呼ば​れ​ます。飛行​中​に​発する​声​は,この​トレモロ​だけ​です。

ヨーデル​は,雄​だけ​が​出す​声​です。「縄張り​防衛​と​関係​が​ある​よう​だ」と「バードウォッチ​・​カナダ」誌(英語)は​述べ​て​い​ます。「雄​に​は​それぞれ​独特​の​ヨーデル​が​あり」,「体​が​大きけれ​ば​大きい​ほど​低い​声」を​出し​ます。「縄張り​を​変える​と​ヨーデル​も​変え」,「前​の​住人​と​は​できる​だけ​違う​ヨーデル​に​する」そう​です。

おしゃれ​で​機敏,でも​ちょっと……

ハシグロアビ​は,頭​が​黒​っぽい​玉虫色​で,赤い​目​を​し​て​おり,先​の​とがっ​た​黒く​て​長い​くちばし​が​あり​ます。羽毛​は​季節​に​よっ​て​生え替わり​ます。

水かき​の​付い​た​大きな​足​が​ある​の​で​泳ぎ​が​得意​です。機敏​に​水​に​潜っ​て,上手​に​えさ​を​捕り​ます。深さ​ 60​㍍​まで​潜っ​たり,数​分​間​ずっ​と​潜水​し​た​まま​で​い​たり​する​こと​も​あり​ます。

でも,“離着陸”は​苦手​です。体​が​重い​の​で,飛び立つ​の​に“滑走​路”が​必要​で,羽​を​バタバタ​さ​せ​ながら​水面​を​何百​メートル​も​滑走​する​こと​が​あり​ます。それで,水面​の​広い​場所​を​好み​ます。降りる​時​は,まるで“着陸​装置”が​故障​し​た​か​の​よう​に,脚​を​後ろ​に​伸ばし​た​まま​高速​で​突っ込ん​で​き​て,お腹​で​着水​し,水面​を​滑っ​て​ようやく​停止​し​ます。

ハシグロアビ​は,水かき​の​ある​大きな​足​が​体​の​かなり​後ろ​に​付い​て​い​ます。これ​は​泳ぐ​の​に​は​便利​です​が,歩く​の​に​は​不便​で,立っ​て​いる​の​さえ​大変​そう​です。それで,すぐ​に​水​に​入れる​よう​な​所​に​巣​を​作り​ます。

親​の​背中​で​休ん​で​いる​ひな

つがい​が​交替​で​卵(たいてい​二つ)を​温め​ます。卵​は​オリーブ​色​で,濃い​色​の​斑点​で​カムフラージュ​され​て​い​ます。29​日​くらい​で​ひな​が​かえり,2​日​後​に​ひな​は​泳げる​よう​に​なり​ます。短​時間​なら​潜る​こと​も​でき​ます。疲れる​と,親​の​背中​に​乗っ​て​休み​ます。二,三​か月​たつ​と​飛べる​よう​に​なり,巣立ち​の​時​を​迎え​ます。

天敵​は​ワシ,カモメ,アライグマ​など​です​が,一番​の​敵​は​人間​です。釣り​用​の​鉛​の​おもり​や​流出​し​た​原油​が,ハシグロアビ​の​体​を​むしばみ​ます。酸性雨​に​含ま​れる​化学​物質​に​よる​汚染​の​ため,えさ​の​魚​が​減っ​て​い​ます。船​の​立てる​波​で​巣​が​水浸し​に​なる​こと​も​あり​ます。湖畔​の​開発​に​より,静か​な​環境​を​好む​この​鳥​は​繁殖​地​から​追いやら​れ​て​い​ます。

と​は​いえ,ハシグロアビ​の​個体​数​は​健全​な​レベル​で​安定​し​て​い​ます。ですから,これ​から​も​この​小粋​な​鳥​は,独特​の​鳴き声​と​愉快​な​しぐさ​で​わたしたち​を​楽しま​せ​て​くれる​でしょ​う。