内容へ

目次へ

信頼できる書物―第7部

第​七​世界​強国

信頼できる書物―第7部

この​記事​は,聖書​の​歴史​に​おける​七つ​の​世界​強国​を​取り上げ​た,7​部​から​成る​連載​の​最後​です。連載​の​目的​は,聖書​が​神​の​霊感​を​受け​た​信頼​できる​書物​で​あり,人間​の​残酷​な​支配​に​よる​苦しみ​が​終わる​と​の​希望​を​与え​て​いる,と​いう​点​を​示す​こと​です。

わたしたち​は,まさに​特別​かつ​重大​な​時代​に​生き​て​い​ます。それ​は​聖書​の​歴史​に​おける​7​番​目​の​世界​強国​が​登場​する​時代​な​の​です。さらに,聖書​の​中​で​厳密​に​言っ​て​出現​が​予告​さ​れ​て​い​た​の​は​この​強国​だけ​です。それ​以前​の​六つ​の​強国​は,すでに​聖書​で​過去​の​歴史​と​し​て​扱わ​れ​て​いる​から​です。七つ​の​強国​もしくは「王」に​つい​て,聖書​は​こう​予告​し​て​い​まし​た。「七​人​の​王​が​いる。五​人​は​すでに​倒れ,一​人​は​今​おり,他​の​一​人​は​まだ​到来​し​て​い​ない。しかし​到来​し​た​なら,少し​の​間​とどまら​なけれ​ば​なら​ない」。 *啓示 17:10

この​言葉​が​記さ​れ​た​1,900​年​以上​前,7​人​の「王」もしくは​政治​上​の​帝国​の​うち,5​人​が『すでに​倒れ​て』い​まし​た。それ​は​エジプト,アッシリア,バビロン,メディア‐ペルシャ,ギリシャ​です。「一​人​は​今​おり」と​言わ​れ​て​いる​の​は​ローマ​です。しかし​ローマ​は​永久​に​続く​わけ​で​は​あり​ませ​ん。もう​一つ​の​帝国​が​来​ます。「他​の​一​人​は​まだ​到来​し​て​い​ない」と​預言​さ​れ​て​い​まし​た。この​聖書​預言​の​とおり,7​番​目​の「王」は​実際​に​世界​の​舞台​に​登場​し​まし​た。この​帝国​は​何​でしょ​う​か。その​統治​は​いつ​まで​も​続き​ます​か。続か​ない​と​すれ​ば,どの​よう​に​世界​の​舞台​を​去る​の​でしょ​う​か。聖書​は​明確​な​答え​を​与え​て​い​ます。

信頼​できる​預言

7​番​目​の​強国​が​形成​され​はじめ​た​の​は,ローマ​帝国​北西​部​の​辺境​の​地​で​英国​が​影響​力​を​拡大​さ​せ​て​き​た​時​の​こと​です。1760​年代​に​は,この​島国​は​大英​帝国​に​なっ​て​い​まし​た。英国​は​引き続き​富​と​権力​を​増し加え,19​世紀​に​は​世界​で​最も​裕福​で​権力​の​ある​国​でし​た。ある​参考​文献​に​よれ​ば,「大英​帝国​の​版図​は​史​上​類​を​見​ない​広さ​を​占め​て」い​まし​た。「人口​は​3億7,200万​人,面積​は​2,800万​平方㌔」に​まで​なっ​て​い​まし​た。

しかし,第​一​次​世界​大戦(1914​年​から​1918​年)を​契機​に,英国​は​旧​植民​地​で​ある​米国​と​の​特別​な​関係​を​築く​よう​に​なり​ます。その​結果,英米​同盟​が​大英​帝国​に​取って代わり​まし​た。英語​を​話す​二​重​世界​強国​の,多く​の​面​に​及ぶ​同盟​関係​は,現在​まで​続い​て​い​ます。― 「顕著​な​同盟​関係」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

啓示 17​章​10​節​の​預言​は,ダニエル​書​に​出​て​くる​別​ の​預言​と​相関​関係​に​あり​ます。ダニエル​は,バビロン​の​王​ネブカドネザル​が​神​から​与え​られ​た​幻​の​中​で​見​た「途方​も​なく​大きな​像」に​つい​て​書い​て​い​ます。(ダニエル 2:28,31‐43)この​帝王​に​対し​て​ダニエル​は,像​の​体​の​各部​が,当時​の​世界​強国​で​あっ​た​バビロン​から​続く​一連​の​政治​上​の​帝国​を​表わす​こと​を​明らか​に​し​まし​た。(エジプト​と​アッシリア​は​すでに​舞台​を​去っ​て​い​た。)歴史​は​以下​の​点​を​裏書き​し​て​い​ます。

金​の​​は​バビロニア​帝国​を​象徴​し​て​い​ます。

銀​の​​は​メディア‐ペルシャ​を​表わし​て​い​ます。

銅​の​​は​古代​ギリシャ​を​指し​て​い​ます。

鉄​の​脚部​は​ローマ​帝国​を​表わし​て​い​ます。

​は​鉄​と​粘土​が​混ざり合っ​た​もの​で,英米​世界​強国​の​時代​に​おける,政治​的​に​も​社会​的​に​も​結合​する​こと​の​ない​状態​を​描写​し​て​い​ます。

啓示 17​章​10​節​は​また,7​番​目​の​世界​強国​が「少し​の​間​とどまら​なけれ​ば​なら​ない」と​述べ​て​い​ます。それ​は​どれ​ほど​の​長さ​でしょ​う​か。その​強国​は​どの​よう​に​世界​の​舞台​を​去る​の​でしょ​う​か。その​後,どんな​こと​が​起き​ます​か。ダニエル​は​これら​の​問い​に​光​を​当て​て​い​ます。

信頼​の​置ける​希望

前述​の​像​に​つい​て​描写​し​た​後,ダニエル​は​こう​書い​て​い​ます。「ひとつ​の​石​が​人手​に​よら​ず​に[山​から]切り出さ​れ,それ​が​像​の​鉄​と​成形​し​た​粘土​と​で​で​き​た​足​の​ところ​を​打っ​て,これ​を​砕き​まし​た」。(ダニエル 2:34)強烈​な​印象​を​与える​この​場面​に​は,どんな​意味​が​ある​の​でしょ​う​か。

ダニエル​の​説明​は​続き​ます。「それら​の[最後​の]王​たち​の​日​に,天​の​神​は​決して​滅びる​こと​の​ない​ひとつ​の​王国​を​立て​られ​ます。そして,その​王国​は​ほか​の​どんな​民​に​も​渡さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。それ​は[地上​に​ある]これら​の​すべて​の​王国​を​打ち砕い​て​終わらせ,それ​自体​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​続き​ます」。 *ダニエル 2:44,45)以下​の​重要​な​点​に​注目​し​て​ください。

  1. 大きな​石​が​表わす​の​は,勝利​を​得る​王国​で,「人手」に​よら​ず​神​ご自身​に​よっ​て「立て​られ」ます。その​よう​な​わけ​で,​王国​と​呼ぶ​の​は​当​を​得​て​い​ます。

  2. 神​の​王国​は​人間​の​支配​勢力​すべて​を『打ち砕き』ます。7​番​目​の​世界​強国​も​その​中​に​含ま​れ​ます。なぜなら,それら​の​人々​すべて​は​権力​を​手放そ​う​と​は​せ​ず,ハルマゲドン​と​呼ば​れる​象徴​的​な​場所​に​おける​最終​的​な​大​戦争​で​神​に​立ち向かう​から​です。聖書​は​この​戦争​に「人​の​住む​全地​の​王​たち」が​加わる​こと​を​明らか​に​し​て​い​ます。―啓示 16:13,14,16

  3.   人間​の​政府​は,7​番​目​の​世界​強国​も​含め​て​移ろいゆく​もの​です​が,神​の​王国​は「決して​滅びる​こと​の​ない」もの​です。その​王国​は​また​全地​を​支配​し​ます。―ダニエル 2:35,44

神​に​反対​する​者​たち​の​最終​的​な​滅び​は,この​一連​の​記事​の​第​1​部​で​触れ​られ​た,創世記 3​章​15​節​の​預言​の​輝かしい​成就​と​なり​ます。女​の​胤​で​ある​イエス​・​キリスト​は,象徴​的​な​蛇​で​ある​サタン​と​その​胤​を​砕き​ます。(ガラテア 3:16)サタン​の​胤​に​は,サタン​の​邪悪​な​性向​に​倣い,神​と​キリスト​の​支配​に​反対​し​て​独自​に​物事​を​進め​よう​と​する​すべて​の​人々​が​含ま​れ​ます。―詩編 2:7‐12

ここ​で​極めて​重要​な​問い​が​生じ​ます。その​最終​的​な​滅び​が​起きる​の​は​いつか,と​いう​点​です。「石」,すなわち​神​の​王国​が​人間​に​よる​支配​を​根底​から​ぬぐい去る​の​は​いつ​の​こと​でしょ​う​か。聖書​は​その​問い​に​答え​て,終わり​の​日​を​指し示す「しるし」を​挙げ​て​い​ます。―マタイ 24:3

「しるし」を​見分ける

終わり​の​しるし​に​は,世界​戦争,「大きな​地震」,「疫病」,深刻​な「食糧​不足」が​含ま​れ​て​い​ます。(ルカ 21:10,11。マタイ 24:7,8。マルコ 13:8)さらに,「終わり​の​日」を​特徴​づける​の​は,道徳​面​また​霊的​な​面​で​の​社会​の​甚だ​し​い​退廃​です。(テモテ​第​二 3:1‐5)「これら​すべて」は​実際​に​起き​て​いる​でしょ​う​か。(マタイ 24:8)起き​て​い​ます。現に​多く​の​人​は,将来​を​危ぶむ​よう​に​なっ​て​い​ます。グローブ​・​アンド​・​メール​紙(英語)は​こう​述べ​て​い​ます。「科学​や​社会​の​分野​に​おける​著名​な​識者​たち​は,人類​の​滅亡​を​予測​し,警鐘​を​鳴らし​て​いる」。

と​は​いえ,これら​の​予測​は​一つ​の​極めて​重要​な​点​で​間違っ​て​い​ます。人類​そのもの​が​滅びる​こと​は​あり​ませ​ん。実際,そう​断言​できる​の​は,神​の​王国​が​介入​する​から​です。イエス​・​キリスト​は​終わり​の​しるし​を​挙げ​た​時,次​の​よう​に​も​述べ​まし​た。「王国​の​この​良いたより​は,あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる​でしょ​う。それ​から​終わり​が​来る​の​です」。(マタイ 24:14)この​預言​は​どの​よう​に​実現​し​て​き​まし​た​か。

エホバ​の​証人​は​230​を​超える​国​や​地域​で,神​の​王国​に​つい​て​人々​に​知らせ​て​い​ます。実際,エホバ​の​証人​の​主要​な​雑誌​の​題​は,「エホバ​の​王国​を​告げ知らせる ものみの塔」です。エホバ​と​は​神​の​固有​の​名​です。(詩編 83:18)さらに,エホバ​の​証人​が​推し進める​聖書​教育​に​よっ​て,非常​に​多く​の​個人​や​家族​は,害​に​なる​ライフスタイル​を​改め,神​の​規準​に​沿っ​た​平和​的​で​清い​振る舞い​を​する​よう​に​なり​まし​た。(コリント​第​一 6:9‐11)結果​と​し​て​幾百万​も​の​人々​は,神​の​王国​が​人間​の​物事​に​介入​する​時​に​神​に​保護​し​て​いただける,と​確信​する​よう​に​なり​まし​た。

実際​その​人​たち​は,主​の​祈り​と​も​呼ば​れる,キリスト​の​模範​的​な​祈り​の​言葉​が​実現​する​の​を​目撃​する​でしょ​う。その​祈り​に​は​一部​こう​あり​ます。「御国​が​き​ます​ よう​に。みこころ​が​天​に​行わ​れる​とおり,地​に​も​行わ​れ​ます​よう​に」。(マタイ 6:10,「口語​訳」,日本​聖書​協会)すべて​の​人​が​神​を​愛し​神​に​従う​時,この​地上​で​どんな​生活​を​送れる​の​だろ​う,と​思わ​れ​ます​か。以下​の​聖書​の​言葉​から,「良い​たより」と​いう​表現​が​なぜ​ふさわしい​か​を​ご理解​いただける​でしょ​う。

みこころ​が​地​に​も​行なわ​れる​時​に​は……

聖書​は​神​の​王国​の​支配​下​で​真​の​平和​が​行き渡る​こと​を​約束​し​て​いる

  • ただ戦争ないだけなく,真平和実現する。「エホバ……は​地​の​果て​に​至る​まで​戦い​を​やめ​させ​て​おら​れる。神​は​弓​を​折り,槍​を​断ち切り,もろもろ​の​車​を​火​で​焼か​れる」。(詩編 46:8,9)「柔和​な​者​たち​は​地​を​所有​し,豊か​な​平和​に​まさに​無上​の​喜び​を​見いだす​で​あろ​う」。―詩編 37:11

  • すべて食べ物じゅうぶん行き渡る。「地​に​は​穀物​が​豊か​に​実り,山々​の​頂​で​あふれ​ん​ばかり​に​実り​ます」。―詩編 72:16

  • だれ完全健康得る。「『わたし​は​病気​だ』と​言う​居住​者​は​い​ない」。―イザヤ 33:24

  • 快適住まい持つ。「彼ら​は​必ず​家​を​建て​て​住み,必ず​ぶどう​園​を​設け​て​その​実​を​食べる。彼ら​が​建て​て,だれ​か​ほか​の​者​が​住む​こと​は​ない。彼ら​が​植え​て,だれ​か​ほか​の​者​が​食べる​こと​は​ない」。―イザヤ 65:21,22

  • あらゆる苦しみなくなる。「神​の​天幕​が​人​と​共​に​あり,……神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない。以前​の​もの​は​過ぎ去っ​た​の​で​ある」。―啓示 21:3,4

これら​の​約束​に​心​を​引か​れ​ます​か。そう​で​あれ​ば,聖書​を​さらに​お調べ​に​なる​よう,エホバ​の​証人​は​皆さん​に​お勧め​し​て​い​ます。人間​の​残酷​な​支配​に​よる​苦しみ​が​間​も​なく​終わる​と​いう​証拠​を​さらに​見いだせる​でしょ​う。また,聖書​が​全幅​の​信頼​に​値する​書物​で​あり,紛れ​も​なく​神​の​霊感​に​よる​書​で​ある​と​いう​こと​も​お分かり​いただける​でしょ​う。―テモテ​第​二 3:16 *

^ 4節 聖書​に​述べ​られ​て​いる​帝国​は​たいてい​王​が​支配​し​た​の​で,しばしば​帝国​そのもの​を​指し​て「王」や「王国」と​いう​言い方​が​され​て​い​ます。―ダニエル 8:20‐22

^ 18節 神​の​天​の​王国​に​つい​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​8​章​と​9​章​を​ご覧​ください。

^ 35節 聖書​に​つい​て​さらに​学び​たい​と​思わ​れる​なら,どうぞ​地元​の​エホバ​の​証人​に​ご連絡​ください。本誌​の​5​ページ​に​ある​宛先​に​手紙​を​お寄せ​いただく​か,エホバ​の​証人​の​ウェブサイト​www.watchtower.org​を​ご覧​に​なる​こと​も​でき​ます。