内容へ

目次へ

世界展望

世界展望

 世界展望

■ 北大西洋の海底から採取された二枚貝が「史上最高齢の動物」と認定された。科学者たちは貝殻の成長層を数え,405歳と断定した。―サンデー・タイムズ紙,英国。

■ 「景気悪化に伴い,純資産数十億の大物たちも締めつけを感じている。彼らのかかりつけの心理カウンセラーに尋ねればすぐ分かる」。―ニューヨーク・タイムズ紙,米国。

テレビが性行動に影響

「テレビの性描写の視聴が性に関する若者の見方と行動を形成する,ということを示す証拠が次々と提出されている」と,ピディアトリックス誌は述べている。ある研究によれば,そうした番組をよく見る若者は,ほとんど見ない若者に比べて「妊娠の可能性が2倍」である。性行動に大したリスクはない,というイメージをテレビが与えるからかもしれない。望まれない妊娠や性感染症が現実問題として描かれることが少ないからである。言うまでもなく,若者の性行動に影響を与えるのはテレビだけではない。雑誌やインターネットや音楽にも目を光らせるべきである,と研究者たちは述べている。

ハンセン病の新たな患者

米国では3,000人がハンセン病の治療を受けており,年に150人ほどが新たにハンセン病と診断されている。多くの患者は外国から移って来た人たちである。とはいえ,アメリカ熱帯医学会によれば,ルイジアナ州バトンルージュに拠点を置く国立ハンセン病対策プログラムは「ルイジアナ州南部とテキサス州メキシコ湾岸の住民の中から,米国生まれで多発国への旅行経験のない患者を毎年新たに30名ほど確認している」。ハンセン病拡大の過程はまだ十分には解明されていない。ハンセン病は早期に発見すれば根治可能だが,病状が進行すると回復不能の神経障害が残る。

放射性物質の盗難

「核などの放射性物質がテロリストの手に渡る危険性は依然としてあり,深刻な脅威となっている」と,国際原子力機関の事務局長モハメド・エルバラダイは述べている。「我々が報告を受けた核もしくは放射性物質の盗難・紛失件数は極めて多く,2008年上半期だけで250件近い。それだけではない。かなりの量が回収されないままになっている」。これが放射性物質の需要増大による結果なのか,加盟国の報告が正確になった結果なのかは不明である。

イスラエルで古代の文書を発見

イスラエルの考古学者たちが,キルベト・カイヤファで,死海文書より1,000年古いと思われる古代文書を発見した。土器片にインクで記された5行だけの文書で,西暦前10世紀のユダの要塞の発掘作業中に見つかった。まだ完全には解読されていないが,熟練した書士によって記された法的文書と見られており,「『裁き人』,『奴隷』,『王』という言葉の元になった語」が含まれている,とエルサレムのヘブライ大学のニュースリリースは述べている。

[30ページの図版のクレジット]

Gabi Laron/Institute of Archaeology/Hebrew University © Yosef Garfinkel