内容へ

目次へ

信頼すべきか,信頼せざるべきか

信頼すべきか,信頼せざるべきか

「腐っ​た​板​を​信用​し​て​は​なり​ませ​ん」と,英国​の​劇​作家​ウィリアム​・​シェークスピア​は​書い​て​い​ます。確か​に,船板​の​上​に​立つ​時​に​は,腐っ​て​い​ない​こと​を​確かめ​た​ほう​が​良い​でしょ​う。

シェークスピア​と​同様​の​こと​を,今​から​3,000​年​ほど​前​に​古代​イスラエル​の​賢王​ソロモン​も​こう​書い​て​い​まし​た。「愚か者​は​何​で​も​信じ,目ざとい​者​は​足元​に​気​を​つける」。(箴言 14:15,「今日​の​英語​訳」)まさに​その​とおり​です。聞い​た​事柄​を​確かめ​ず​に​何​で​も​真に​受ける​人,軽薄​な​アドバイス​や​根拠​の​ない​教え​に​基づい​て​決定​し​たり​行動​し​たり​する​人​は,愚か​な​人​で​ある​と​言わ​ざる​を​得​ませ​ん。頼り​に​なら​ない​もの​に​頼る​の​は,腐っ​た​船板​の​上​に​立つ​の​と​同じく​危険​な​こと​です。では,本当​信頼​に​値する​導き​と​なる​もの​が​ある​の​でしょ​う​か。

世界​中​の​多く​の​人​たち​は,ある​非常​に​古い​本​を​心​から​信頼​し​て​い​ます。その​本​と​は​聖書​です。自分​の​歩み​を​導く​もの​と​し​て,聖書​に​頼っ​て​いる​の​です。聖書​の​アドバイス​に​基づい​て​物事​を​決定​し,聖書​の​教え​に​のっとっ​て​行動​し​ます。その​よう​な​人​たち​は“腐っ​た​船板”の​上​に​立っ​て​いる​の​でしょ​う​か。それ​を​見極める​ため​に​は,まず​次​の​点​を​考え​なけれ​ば​なら​ない​でしょ​う。聖書​は​信頼​できる​と​言える​だけ​の​確か​な​根拠​が​ある​の​か,と​いう​点​です。この​特別​号​の「目ざめよ!」では,その​証拠​を​検討​し​ます。

この​特別​号​の​目的​は,読者​に​宗教​的​な​信条​や​見方​を​押しつける​こと​で​は​あり​ませ​ん。納得​の​いく​証拠​を​ありのまま​に​提出​する​こと​です。多く​の​人​は​それら​の​証拠​を​調べ,聖書​が​信頼​に​値する​こと​を​得心​し​まし​た。あなた​も,この​一連​の​記事​を​お読み​に​なり,聖書​が​信頼​できる​か​どう​か​を​ご自分​で​判断​なさっ​て​ください。

ここ​で​考える​の​は,ただ​好奇​心​を​そそる​だけ​の​事柄​で​は​あり​ませ​ん。もし​聖書​が​本当​に​信頼​できる​導き​で​あり,創造​者​から​の​もの​で​ある​なら,あなた​も​ご家族​も​聖書​の​言葉​を​真剣​に​受け止める​必要​が​ある​でしょ​う。

では​まず,聖書​に​関する​幾つ​か​の​際立っ​た​事実​を​取り上げ​ましょ​う。実​の​ところ,聖書​は​とても​ユニーク​な​本​な​の​です。