内容へ

目次へ

親のだれもが気にする危険

親のだれもが気にする危険

快活​で​仲​の​よい​夫婦​の​ヘザー​と​スコット​に​は,利発​で​元気​な​3​歳​の​息子​が​い​ます。 * 二​人​は​りっぱ​に​子育て​を​し​て​い​ます。しかし,今​の​世界​で​それ​は​たやすい​こと​で​は​なく,さまざま​な​心配事​や​責任​が​伴い​ます。実​に​多く​の​こと​を​子ども​に​教え​なけれ​ば​なり​ませ​ん。ヘザー​と​夫​の​スコット​に​は,特に​果たさ​なけれ​ば​なら​ない​と​感じ​て​いる​責任​が​あり​ます。性的​虐待​の​危険​から​我​が​子​を​守る​こと​です。なぜ​でしょ​う​か。

ヘザー​は​こう​言い​ます。「父​は​酒​に​溺れ,冷酷​で,すぐ​に​腹​を​立てる​人​でし​た。わたし​を​ひどく​殴り,わたし​や​妹​たち​を​性的​に​虐待​し​まし​た」。 * そう​し​た​虐待​は​深い​心​の​傷​を​負わ​せ​かね​ない​こと​が​広く​知ら​れ​て​い​ます。ヘザー​が​息子​を​守ろ​う​と​決め​て​いる​の​も,うなずけ​ます。スコット​も​同じ​気持ち​です。

多く​の​親​は,児童​虐待​に​つい​て​心配​し​て​い​ます。おそらく​あなた​も​そう​でしょ​う。スコット​や​ヘザー​の​よう​に​虐待​や​その​影響​を​体験​し​た​こと​は​ない​か​も​しれ​ませ​ん​が,この​忌まわしい​行為​の​まん延​を​伝える​ショッキング​な​報道​に​接し​た​こと​は​ある​でしょ​う。世界​各地​で,我​が​子​を​気遣う​親​たち​は,身近​な​所​で​子ども​たち​に​起き​て​いる​こと​を​知っ​て,恐れ​を​感じ​て​い​ます。

性的​虐待​の​分野​の​一​研究​者​が,児童​虐待​の​現状​を,「この​時代​に​おける​きわめて​意気​を​くじく​事柄」と​呼ん​で​いる​の​も​不思議​で​は​あり​ませ​ん。これ​は​確か​に​悲しい​こと​です​が,全く​予想​外​の​状況​な​の​でしょ​う​か。聖書​を​学ん​で​いる​人​に​とっ​て​は,そう​で​は​あり​ませ​ん。神​の​言葉 聖書​は,わたしたち​が「終わり​の​日」と​呼ば​れる​不穏​な​時代​に​生き​て​いる​こと​を​示し​て​い​ます。それ​は,「粗暴​な」行ない​が​まん延​し,人々​が「自分​を​愛する​者」や「自然​の​情愛​を​持た​ない​者」と​なる​時代​な​の​です。―テモテ​第​二 3:1‐5

性的​虐待​は,ぞっ​と​する​よう​な​問題​です。実際,虐待​目当て​で​子ども​を​物色​する​人​の​甚だしい​邪悪​さ​に​つい​て​考え,無力​感​に​襲わ​れる​親​も​い​ます。しかし,これ​は​親​に​とっ​て​なす​術​の​ない​問題​な​の​でしょ​う​か。それとも,親​が​子ども​を​危険​から​守る​ため​の​実際​的​な​対策​が​あり​ます​か。続く​記事​で​これら​の​問い​を​取り上げ​ます。

^ 2節 この​一連​の​記事​に​出​て​くる​名前​は​変え​て​あり​ます。

^ 3節 大人​が​自分​の​性欲​を​満たす​ため​に​子ども​を​用いる​なら,それ​は​子ども​に​対する​性的​虐待​に​なり​ます。それ​に​は​多く​の​場合,聖書​で​言う​淫行​すなわち​ポルネイア​が​関係​し​て​い​ます。ポルネイア​に​は,性器​を​愛撫​する​こと,性交,オーラルセックス(口腔​交接)や​アナルセックス(肛門​交接)など​が​含ま​れる​でしょ​う。乳房​を​愛撫​する,あからさま​に​不​道徳​な​誘い​を​する,子ども​に​ポルノ​を​見せる,のぞき見​を​する,性器​など​を​見せる​と​いっ​た​虐待​行為​は,聖書​が​非​と​し​て​いる「みだら​な​行ない」や『貪欲​な​汚れ』に​なる​こと​が​あり​ます。―ガラテア 5:19‐21。エフェソス 4:19